2341738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

宮 寿陵 Lyrics of Love&Life

PR

Recent Posts

Category

Freepage List

自作の詩のリスト


Can't Help Falling In Love


Endless Love


Goodbye To Love


Life Goes On


「詩」用テンプレート


テンプレートについて


↓虫干し(過去の自作の再アップ)


桜散川


欠けた月


男の細腕


デリバリー


片耳ステレオ


していせき


君と散歩


sunset


a metaphor


Hate Me


こんな夢を見た(一)~(六)


監禁


story


夢の後で


もう少し


I'm Free


こぼれ落ちた詞(外国語詞和訳)


外国語詞和訳(逐語訳)


和訳 02


Secret Tracks


和訳 03


和訳 04


和訳 05


和訳 06


和訳 07


和訳 08


和訳 09


和訳 10


和訳 11


和訳 12


和訳 13


和訳 14


和訳 15


和訳 16


和訳 17


CM洋楽(2007-2013)


和訳 18


和訳 19


和訳 20


CM洋楽(2014-)15/12/9 UP!!


過去の掲示板


(2005.01-2005.04)


(2005.05-2005.09)


(2005.10-2005.12)


(2006.01-2006.12)


(2007.01-2007.12)


(2008.01-2008.12)


(2009.01-2009.12)


(2010.01-2010.12)


(2011.01-2012.1.12)


...


チャリティをインターネットで


おすすめ募金 12/2UP!!


僕のチャリティ 12/10UP!!


高橋邦典写真展


音楽賞


歴代グラミー賞


歴代ブリット・アワーズ


歴代アカデミー歌曲賞(主題歌賞)


歴代MTV VMA


日本ゴールドディスク大賞(洋楽部門)


Rock and Roll Hall of Fame (ロックの殿堂)


500 Songs That Shaped Rock


来日公演・洋楽映画・ライブ動画 7/21UP!!


UDO MUSIC FES.


僕のウドーフェス日記


Live Earth (ライヴ・アース)


ラグビー


大畑大介65トライ分析


W杯への道


トップリーグ2006


プロフィール


訪問者の多かった日


トラックバックの代わりに


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

☆AKB48グループ♪「第… New! ruzeru125さん

4年ぶりの大雪 New! 拝大五郎さん

防災士研修講座・資… 防災宮城さん

いろいろ 俵のねずみさん

Hey Bulldog・Black … lavender80さん

1/14(日)定期メンテ… 楽天ブログスタッフさん

T48さん

風のように・・・vol… volty250さん
ロックな話 ザ・ブーさん
ALL TOMOR… にょにょ2265さん

Free Space

Profile


宮 寿陵

2008/12/24
XML
テーマ:クリスマス(1923)
カテゴリ:外国語詞和訳
疲労感まる出しのまま、長らく御無沙汰いたしました。

クリスマス・イブに1日限定の復活です。

------------------------------------クリスマスツリー



ポーグス(The Pogues)「Fairytale Of New York (ニューヨークの夢)」 は掛け値なしの名曲ですが、日本ではクリスマス・ソングの定番にはなっていません。

ヘッドホン 視聴(ワーナー)
http://www.wmg.jp/artist/pogues/WPCR000075335.html

鈴の音シャンシャン系や聖歌系ではないのも理由のひとつでしょうし(もちろん、アイリッシュ・フォークの中にパンクを溶かし込んだ彼らのサウンドでなければならないのですが)、歌詞も予備知識がなければ深い感動を得られません。
何の予備知識か。

アイリッシュ・アメリカンの。

------------------------------------クリスマスツリー

作品世界は、クリスマス・イブに男が泥酔して留置されたところから始まります。以降の詞の内容からして、場所はニューヨーク、男はアイルランド系。ニューヨークに多いアイリッシュ・パブ(つまりそれだけアイルランド系が多い)で黒ビールのギネス(Guinness) か whiskey(アイリッシュ・ウイスキーは whisky ではなく、こう綴る。ポーグスは「Streams Of Whiskey」なんて曲もあります) を飲みすぎたのでしょうね。(時に度を越した)酒好きはアイリッシュの一典型です。
留置所には先客の老人がいて、「The Rare Old Mountain Dew」というアイルランドの山河を歌った古い歌(ポーグスもレコーディングしています)を歌います。つまりその老人もアイリッシュ。自分の末路を想像させる老人から背を向けて男は眠りに落ち、恋人と夢を分かち合った若い頃を幻想します。
幻想好きというものアイリッシュのパブリック・イメージ。「Fairytale」(直訳すれば精霊譚)というタイトルが相応しいのは、熱心なカトリックでありながらケルト説話が生き生きと並存しているアイルランドからの移民以外にありえません。
そして、精霊の地ではないニューヨークでの幻想は苦いものです。

アメリカにおけるアイルランド移民(特に大多数を占めるカトリック系)は決して恵まれた存在ではありませんでした。そもそもアメリカ合衆国は彼らの天敵(1922年まで併合されていた。完全独立は48年)である英国人(アングロサクソン・プロテスタント)が建国し、上流階級を形成。しかも農作物が育ちにくく近代産業を起こす環境にもなかった母国からこぼれ落ちるように移民した人が多く(高収入に結びつく職能や資本の蓄積がないまま移民し)、白人社会の底辺で暮らす人が多かったのです。

その裏返しとして、若い二人は儚い夢を見る。しかし現実は厳しく、男はギャンブル(収録アルバム『If I Should Fall from Grace with God(堕ちた天使)』(1988年) の別の曲から察するに競馬)と酒に浸り、女はドラッグに手を出す。そして口汚く罵り合うようになる。

そんな彼らを良き時も悪き時も包み込んでいたのは、クリスマスにNYPD(ニューヨーク市警)の合唱隊が歌う、「Galway Bay」。この曲も故国アイルランドへの郷愁に満ちた歌(ゴールウェイ湾はアイルランド西側つまり大西洋側の大きな湾)。言うまでもなく(なのですが)、ニューヨーク市警というのはアイルランド移民が就くことのできた数少ない安定した(そして数多くの者が就いた)職場です。ちなみにPVの冒頭でボーカルのシェイン扮する男を連行する警官は映画スターのマット・ディロンが演じています。彼の両親もアイリッシュ・カソリックです。

------------------------------------クリスマスツリー

こんな事を踏まえて、改めてこの名曲(英国および(言うまでもなく)アイルランドでは根強い人気があり、最高のクリスマス・ソングに推す声がミュージシャンからも一般聴衆からも多い。)を味わってみてください。


ヘッドホン 視聴(ワーナー)
http://www.wmg.jp/artist/pogues/WPCR000075335.html


ノート 歌詞の和訳
http://plaza.rakuten.co.jp/miyajuryou/3019#newyork


下矢印 楽天ダウンロード(視聴できます)
The Pogues『Fairytale Of New York』

------------------------------------クリスマスツリー

ボーカルのシェイン・マガウアン(Shane MacGowan、アイルランドからロンドンに移民した両親のもとに生まれる。1991年、過度の飲酒による不行跡からポーグスから離れる事になる。96年解散後の2001年以降の再結成には参加)と共に歌っている歌手は、カースティ・マッコール(Kirsty MacColl。水難事故で2000年に死去)。彼女の家系はアイリッシュではないのですが、親戚筋と言ってもいい(同じケルト族。Mac~ あるいは Mc~ はケルト特有の姓)スコットランド系。プロデューサーを務めたスティーブ・リリーホワイト(Steve Lillywhite)の奥さんでもあります。

1987年の11月にシングル・リリース。アイルランドのチャートでは(もちろん)1位。UKのクリスマス・ウィークのチャートではペット・ショップ・ボーイズの「Always On My Mind」(プレスリーのカバー)に阻まれ、惜しくも2位。
1991年と2005年にシングルが再発。2006年以降はダウンロード販売のみながらクリスマス・シーズンには必ずチャート・インします。
  2005年 3位/4位 (UK/Irish, 以下同)
  2006年 6位/----
  2007年 4位/3位
  今週 12位/11位






Last updated  2008/12/24 06:05:27 AM
コメント(4) | コメントを書く

Rakuten Ranking

Headline News

fortune

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.