4371109 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

札幌宮丘公園野鳥日記

札幌の蝶,シジミ科1

ミドリシジミの仲間は、「ゼフィルス」(ラテン語で西風の意)と呼ばれ、日本産蝶類の中で注目をあびています。

というのも、どれも美しい斑紋を持つこと、彼らの住む森が豊かな自然の証となるからなのです。

日本には、このすばらしいグループが、25種知られています。


ルリシジミ
8/20


2004,8/16





7/4


2004,7/29



ベニシジミ






9/25




10/5





2004,8/24
ミズイロオナガシジミ




2004,8/24カラスシジミ






2004,8/9
ツバメシジミ↓





9/5




9/12





2005.8/4







6/23
アカシジミ




7/21




2004,8/25スギタルルリシジミ?
スギタルリシジミ
















シルビアシジミ?

2004,8/2




2004,8/5
ミドリシジミの仲間↓

ミドリシジミとは違い、オレンジの斑が離れているので、

+羽を広げて飛翔時見たら、緑色だったから。





2004,8/6




小さく小さく、葛の葉っぱに止まってるのが

蝶々=オナガシジミです。




そっと、そっと、抜き足差し足。ちょっと近づけましたよ。↓



少し羽を広げて、ささっ、体温を上げましょう♪。

なんたって、私は変温なんだから、

体温上げなきゃ飛べないのーお。





ハあ~イ、開きましたア~。





で、野鳥大好きがもっと近寄るから

いつもみたいに閉じちゃった(;_;)。










2004,8/9カラスシジミ↓



2005.7/27




2004.8/9カバイロルリシジミ↓





ウラミスジシジミ(別名ダイセンシジミ)
2004,8/31






アイノミドリシジミ
成虫は年1回、(大抵)6~7月に出現します。湿地のハンノキ林に多く、卵で越冬します。
これは羽を閉じていますが、♂だと、開くと名の通り、緑色をしています




エゾミドリシジミ?
9/7



2005,8/16








Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.