2016.02.19

改めまして ばらかもん Act99.「帰る?」感想です。

カテゴリ:本や漫画の感想
先月感想が書けなくて、
でも 「はんだくん」アニメ化だ!というのは叫ばせていただき(^0^)
今月その辺りも含めて改めて書こうと思っていたらばっ!!


・・・そうだった、ガンガンオンラインでは先月号のお話は読めないのだった・・・(^^;)


そんな訳で 今月号のお話のみの感想ですが 改めて書かせて下さいませm(__)m


Act99.「帰る?」です。


先生に東京に残って、書道家として自分を助けてほしいと半田先生に頼む半田パパ。


それを聞いてしまったなるちゃん・・・。


この子はこういう別れには・・・慣れているのかそうでないのか。

半田ママが「どうしたの?」と聞くと「なんでもない」と元気に答えて
更には「新しい筆買ってもらうんだ」「楽しみ」とか 
ホントに何でもない風ができる子なんですが・・・。



でも 半田先生は


そんなお父さんの仕事ぶりを見て 自分にはムリだと思ったって言うんですよ、お嬢に。

自分の字の良し悪しも ひとの字のよさも分からないと。



お嬢、今回頑張ってそんな半田先生を水族館に誘ったんですがっっ!!!


なるちゃんの学校が始まるので 島に帰ると断られ・・・(^^;;;)


ああ、頑張れと言ってあげたいような そうでないような・・・(^^;;;)



そんななるちゃんは 先生の家への帰り道に立ち寄った公園で
建物の隙間に沈む夕陽を見て 涙を流すんです。


「先生もちゃんと帰る?」「なるだけ連れて帰って 先生はまた東京へ行く?」


なるちゃん、心の底にためてた言葉を吐き出します。



そんななるちゃんに

半田先生は


「お前にとってオレは何の先生なんだ?」

「呼びやすいとか 郷長がそう読んでるからとか そんなんじゃなくて・・・」

「オレは何なんだ」


自分でも子供に何を聞いてるんだかと思いながらのこの質問。


「半田先生は半田先生 それ以外思いつかないや」


なるちゃんの笑顔を見た途端、


書くものを要求する先生(^0^;)


「白い」からと なるちゃんのトレーナーに先生が書いたのは

「清」の文字。



何故その文字を書いたんだろう、先生。


そして 先生はその時 決意をなるちゃんに話しました。



島へ戻る、と。



そしてお父さんへは



自分は書道家をやめる、と。




自分の道を決めたと言う半田先生ですが


何かどこか ヒロシ君と同じ様な頼りなさも感じるのは気のせいですかね(^^;)



そんなに簡単な道がそこにあるとは思えないけれども

でも一度、書道を離れるのかな、それもいいかもしれないな、半田先生(^^)










TWITTER

最終更新日  2016.02.24 11:41:19
コメント(0) | コメントを書く