000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欲張り人生かもしれないけど・・・

PR

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

カテゴリ未分類

2009年11月06日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日開催したコーチングセミナーのあと、参加者の方からアンケートによる感想をいただいている。

何かイベントを行なった際には必ず「アンケート」をお配りして、皆さまからのフィードバックをいただくのが私なりのスタイル。
もちろんすべてが好意的な(自分にとって都合のよい)コメントであるはずもなく時に厳しいご指摘もある。

だけど、厳しいご指摘やネガティブなコメントにこそ実は重要なポイントが隠されていることが多い。
若かりし時代はなかなか受け入れることができなかった厳しいコメントが、最近ではすごく有難く貴重に感じられるようになった。
これぞまさに、コーチングを学んだ成果だな~と思うのだスマイル
コーチとして的確なフィードバックができること、自分自身もフィードバックを的確に受けられること。
これはコーチングの根幹ともいえる。

もちろん「年の功」とも言えるけど・・・ウィンク

率直なコメントを何度も読んで自身を反省したり、次回への教訓にすることで、
自分の中で何かが変わっていき、少しずつでも進化している。
そう信じてコメントを丁寧に読ませていただくことにしている。


前置きが長くなったけど、今回のはそんな厳しいご指摘じゃなくて・・・
涙が出てくるほどすごくすごーーく嬉しい感想をいただいたので、ここに残しておきたくなったハート(手書き)

前回のセミナー参加者のKさん。
我娘と同級生のお嬢さんを持つKさん、ご家庭の事情やら子育てがうまく廻らず
それが全部自分のせいなのだ、とご自身を攻め続けていらした。
お会いするたびに暗く沈んでいて、お嬢さんともご主人とも正面から向き合えない、
私は最低な母親であり、妻です・・・と言っては涙ぐんでいらした。

見ていられなくなって・・・コーチングセミナーのお話をしたら、さっそく参加してくださった。
セミナー中も食い入るような真剣なまなざしで聞いてくださったし、ペアワークなどにも
すごく積極的に参加してくださって、そのお姿に私は心打たれていたのだ。

そして昨日いただいた感想が以下のとおり↓


(以下、アンケートより引用)

セミナーの日の夜は、特に何もしていないのに家族に対して「居てくれるだけでありがとう」と
なんだか不思議なくらい嬉しく優しい気持になれました。

娘は本当に優しい子に育ってくれていますが、親子関係がうまくいかない時はいつも自分に原因があると思っていました。
実母との同居も、衝突があるたびに主人や娘に申し訳なくて、自分を責め続けていました。

でも、コーチングの日から今日まで3日間、劇的な変化はありませんが、
母の話に顔を向けて内容までしっかりと聴くようにしているせいか、母も怒ったような態度を見せません。
数日前まで体調が悪かったのに今はかなり元気になり、「元気でいてくれることが有難い」と素直に思えるのです。

主人に対しても娘に対しても穏やかな気持でいられるので、物言いも優しくなり
心の中が不思議なくらい温かい気持で満たされています。

私自身が自分を見つめなおすことで、少しずつですが確実に変化し、相手への接し方が変わったんだと思います。

セミナーを受講して本当によかったです。有難うございました。
次回もとても楽しみにしています。




何度も読ませていただき、泣けた。すごく嬉しかったどきどきハート
セミナーを開催して心を込めてお話したことで、そのメッセージが参加者の心に伝わり
さっそく実践してくださった結果、こんなあったかい気持になってくださったなんて。

ほんの少しの変化だって、確実に前進している証拠。
そこからもっともっと変わっていけるのだから。


セミナーやレッスン、子育てなどを通して、私のまわりの方たちがもっともっと幸せになり
笑顔で日々を送れるように・・・・

新米コーチ、微力ながらこれからも頑張るぞ~~ぐーぐー


今日の秋晴れの空同様に、私もとっても満たされた気持で過ごしている晴れ







最終更新日  2009年11月06日 14時39分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年11月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2日(月)は今年第3回目のコーチングセミナー。

(↓前回の日記に書いたのは第1回目のまとめだった…雫

まだまだ駆け出しコーチだけど、5月、7月に続いて11月にも開催できたことはすごく嬉しいスマイル

今回も「初級セミナー2回シリーズ」で、コーチングの最も基本「聞く」「承認する」「タイプわけ」などを
参加者の皆さんとご一緒に学んでいくサロン形式のセミナーだ。

今回集まってくださったのは、アカデミー生徒のお母さん方や元生徒さん、私の個人的な友人など6名。
お子さんがインフルにかかられて数名お休みだったので残念だったが、
少人数だからこそできるアットホームで濃い内容に主催側としても大満足だったし、
参加者の皆さまからも好評いただけたようでよかったハート(手書き)

遠く福山から参加してくれたNさん、アクティブでアツい貴女の想いに感動してしまいました。
ありがとう!

講義形式でなく、椅子を円形に並べてどなたでも自由に話ができるスタイル。
こういう雰囲気は私の理想とする形だな、と今回も実感することができた。
大人数ではこうはいかないから。

私の話はおよそ半分くらい?
あとは、ペアワークをたくさん取り入れ、皆さん一緒に「実体験」していただくことで
あーー、なるほどね!
こういう経験、よくある~!!
という声もあちこちで上がり、すごく盛り上がっていただけたようだ。

コーチとして、母として、指導者として、私自身が体験してきたエピソードも
今後なるべくご紹介していきたいと思っている。

今日も、我家や教室での笑える失敗談やエピソード、感動話などをいくつかお話したら
そこからどんどん発展して、参加者の皆さんからのコメントや体験談もいくつも出てきて
時間がいくらあっても足りない状態に・・・
皆さんのお話から私はたくさんのヒントをいただいているし、学ぶ点も多いのだ。

皆さん、心の奥深くにある思いを吐き出すことで救われたり、あーー私だけじゃないんだ、と安心したりウィンク

「さっそく今日から実践してみます」
「心が軽くなった。自分自身を見つめなおす機会になってよかった~」

そんなご感想をいただけて一安心。

ますますガンバルぞ~ぐー


参加者の皆さま、次回「タイプわけ」もほんとにおもしろいテーマなので、
どうぞ期待していてくださいね!


次回開催は
●11月16日(月)10時~12時
●11月30日(月)10時~12時

以上2回を同じ内容で(「タイプわけ」というテーマ)開催します。
場所はアカデミー教室にて。

両日ともあと若干名参加可能です。

ご関心をお持ちの方、ご一報くださいねスマイル







最終更新日  2009年11月04日 14時50分54秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回書いたのが6月。
もう半年近くたってしまったとは・・・ショック

日記を複数持っているとついついバランスが悪くなってしまい
結局こちらの日記は放置状態になっているのが現状だ。


さてさて、我アカデミーも無事に7周年を迎え、今8年目。
まだ先のことだけど、10周年に向けて今いろいろと策を練っているところだウィンク

ブログに関しても近々お引越しを考えている。
それまでの間、書けるうちに書いてしまおうというわけで久々の書き込み。

アツい夏を越え、秋になってさらにいろいろとあり、
相変わらずかなり濃い冬を過ごしそうな気配~ぐー

でも、我家も、生徒たちも、私自身も、とっても元気です!!!!


さーーー、2009年の締めとなるように、あと2ヶ月走るぞーーーダッシュ








最終更新日  2009年11月04日 13時35分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
バタバタの年度末をなんとかくぐり抜けて・・・新年度が無事に始まった(はず!)雫

今週から新年度体制に入り、3月までとは少し違うサイクルでのスタート。

今まで幼稚園だった子もついに小学生。
今週末からはランドセルを背負って通学するんだね~~ オメデトウ目がハート

この世代の子たちは、まだ乳幼児の頃から「親子サークル」で育ててきた子が多い。
だからかな~~私の中ではまだまだ3、4歳のチビちゃんというイメージが強いんだな~
彼らももう小学生なのかと思うと、我子同様に感激しちゃったりしてハート(手書き)

そういえば去年の今頃は・・娘の学童保育入所→小学校入学準備で超バタバタしていた記憶あり。
入学式の日もあいにくの雨ですごく寒かった。

今年は天候もよさそうだし、桜もまだ大丈夫そうだし、みんな良かったねオーケー

我家の二人は5年生&2年生に進級。
「早く学校へ行きたい~~!」と昨日まで叫びまくっていた息子。
今朝は大喜びで出かけていった。

こっちだって同じだわよ。
「もう、さっさと学校へ行ってよね!!」何回思ったことか。

ついでに言うなら「早く給食が始まっておくれ~~ウィンク

2年生の娘。
1年生だけがつけることになっている岡山市専用のランドセルのカバーを外したとき
なんだか感慨深いものがあった。

春休み中もずっと学童にお世話になっており、ついに下級生を迎えたここ数日
「今日は○○ちゃんとお友達になったよ。○○ちゃんにもいろいろ教えてあげたよ」
ほんとに嬉しそうだスマイル
まあ、世話好きの彼女だからシャキシャキやってるんだろうな。
学童さまさまです、ほんとにウィンク


我子も、そしてアカデミーっ子たちも。
今年1年もどうか元気で、心身ともにたくましく成長してほしい。

そして「4年間皆勤」を続けている息子よ、今年もガンバレ~~!!

いっそのことこの勢いで『6年間皆勤』を目指しちゃえーーーぐーぐーぐー









最終更新日  2009年04月07日 13時59分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は4月1日だけれど。。。ほんとの話。

今日から我岡山市が政令指定都市になった

全国で18番目。
中四国地方では広島市に次いで2番目らしい。

新聞には華々しい広告がいっぱい。
「2009年4月1日、新しい岡山市の誕生日」
「新岡山 咲く」
「70万の豊かな未来へ 新岡山市」

ふーーーん、モノは言いようだな~ウィンク

政令指定都市への格上げ問題はかなり前から検討されていて、
新しい話題でもなんでもなくなっていた気がしていたが、やっぱり動いてたんだ!

というわけで、本日より岡山市○○区という「区」が付け加わることとなった。

北、南、中、東の4区。
我家もアカデミーも「中区」に属する。

ついでに言えば。。。私の故郷「瀬戸町」
岡山市のベッドタウンでいいトコなのだが、数年前に岡山市と合併した。
そして今回「東区」となるらしい。

ほーーーー、なんだか妙な気分だな~びっくり


学生時代、東京に住んでいながらも「小平市民」「国分寺市民」のみ。
23区民に憧れたりなんかしてた若かりしあの日々が懐かしい~~

社会人となって初めて「中野区民」となったとき、すんごく嬉しかったんだっけうっしっし
なんて単純なわ・た・し!

あれからは「区」など関係ない暮らしだったのに。


ここに来てついに「区民」か。。。
岡山にこんなことが起きるとは想像すらつかなかった。

それにしても政令市になったからって何ひとつ変化はないんだけど。

最も大きな変化というと「住所変更」じゃーーん!!
名刺、封筒、チラシ・・・諸々の住所をまたもや変更しなくちゃいけないのーー?!
あーーー、面倒だな、もうわからん

そうでなくても長い我家の住所がもっと長くなる。
ゲーーーーーーって感じだショック


とはいえ、リフレッシュ岡山の誕生を喜ぶとするかな~

これからイイコトありますように晴れ









最終更新日  2009年04月01日 15時58分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
小学生たちの発表。

親子で取り組んでくれる幼児と比べて、小学生も学年が上がってくるとモチベーションアップに一苦労する。

が、アカデミーは保護者にとっても恵まれていて、私がある程度提案やお願いをすると
即実践したり努力してくださるママ・パパたちが多いので、本当に有難いな~と思う。

1年~3年生たち。
スピコンのトピックや、創作スキットなど、バラエティーに富んだ内容で、見応えのある発表が多かったグッド
短期間の練習でよくここまで頑張ったね!
臨場感あるスキットも観客を楽しませてくれてよかった。

今回も高学年の子たち数人にはかなり難しめのスピーチを課題にした。
この世代はプチ反抗期もあったり、他の習い事との両立が大変だったりで、指導もなかなか難しいのだ。
家でもお母さんたちはかなり苦労をされたようで、
「その気にさせるのがホントに大変なんです」と口々に言われてた。

でも、全員なんとか間に合わせてきたのでホッと一安心。

今回練習不足でベストが尽くせなかった生徒には、発表直後に本人の感想を聞いた後
「まずは最後までできてよかった。今の気持ちを大切にこれから一緒にガンバロウね」と。

それぞれの発表の後に、まずはママ・パパたちからの生の感想を伺う。
これってとっても大切だし、ここで親子関係もよく分かるのだ。
皆さん、とっても効果的なコメントをしてくださるので、私が一人でコメントするよりずっといい。

続いて私からのコメントは、普段のレッスンでの様子やその子の「強み」を紹介する形で。

全員の前で親と先生からのコメントを聞けるというのは、生徒達も楽しみにしてくれている様子だひよこ

この発表スタイルはようやく定着してきた感じがするので、今後も続けようと思う。


で、発表の後は「保護者とのミニ懇談会」
実は私にとってはここが最もポイント高いかも・・・!
私の伝えたいメッセージをA4一枚にまとめて、とにかくアツく語るのだ、アツくウィンク
今回もいろいろしゃべったなーーー。

保護者との信頼関係なしには生徒指導はできないし、三者が一体となったあったかい関係づくり。
これをアカデミーのカラーにしたいと心から思っているので、今後もこの形がベストかな。


さっそくママたちからの感想メールをいただいている。

*具体的な目標があることで、子供が確実に成長しているのがわかる。
*準備段階で親の協力が不可欠なので、今後はもう少し工夫してみたいと思う
*わが子の発表だけでなく、ハイレベルな発表を見ることはとても刺激的で有難い
*先生とわが子との信頼関係が感じられてとても嬉しい
*ステージを重ねることの大切さが身にしみてわかる
*今後はもっともっと自信をつけていろんなことにチャレンジしてほしい

前回同様に有難いコメントやフィードバックが多く、
ほんとにやって良かった~!と胸をなでおろしているところ。


4日の参観は正直「楽」なことではない。
エネルギーレベルを常にハイレベルにセットすることは容易じゃーないのだが、
生徒達からたくさんの感動とゲンキをもらい、保護者からも温かいサポートをいただけるのが何よりも有難いし
「やっぱりこの仕事、やめられないな~~」というのが正直な感想かな。。。うっしっし


これでやっとアカデミーの2008年が無事に終わった。

めでたし、めでたし旗


明日からは・・・新年度が待っている!











最終更新日  2009年03月30日 00時25分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年03月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
一日遅れてちょっと間抜けだが。。。
改めて「サムライ・ジャパン」に有難うと言いたい心境だスマイル

野球狂の夫と息子を横目で見ながら、いつもシラ~っとしている私だけれど
今回のWBCはほんとエキサイトさせてもらった。

一昨日の決勝戦の日は、幸か不幸かアカデミー参観日の中日でオフにしていた。

決勝戦のあった午前~午後にかけて、テレビとデスクを一体何往復しただろう、私!?
こんなことなら最初から仕事なんて諦めてテレビ前に座っておけばいいのに
貧乏性ゆえにそうもいかず、でも感動シーンをどうしても「生」で観たくてウロウロ・・・!

ただ、8回あたりからはもう目が離せなくなって、まさにスタジアムの観客気分で
ひとりで盛り上がったり叫んだりの繰り返しだった~~。

イチローの決勝打から勝利の瞬間まで、まあ何度目頭が緩んだことか・・・泣き笑い

最後の最後は。。。誰もいないのを幸いに「やった~」と叫び
Vサインして部屋を走り回った次第で。。。うっしっし


感動劇が多すぎてここに全部書くなんて無理だけど

イチローの最後の一打にはただただ脱帽!!
世界中の目が注がれていることを本人はちゃーんと想定し、
ドラマの筋書きも何もかもすべてが彼の明晰な頭脳の中で整理整頓されていたようだった。

世界中からのプレッシャーをも跳ね除けて結果を残す真のツワモノ。
心技体すべてが一体となった彼の存在の大きさに
「あっぱれ~~~!」と叫ばずにはいられなかった。

「サムライが負けたんじゃー格好つかんでしょう」
そうさらりと言ってのけるクールさがたまんない。

紛れもなく彼も「最上志向」のヒトだろうな~~オーケー

チームジャパンのチームワークもたいしたものだ。
オリンピックのときにはサイアクな状態だったらしいから、
あのどん底から這い上がった彼らの逞しさとアツさはホンモノだ。
一戦一戦強くなっていくチーム力、決断力、これこそ必要不可欠なものだから!

それをまとめた若大将・原監督も流石!!
王さんほどのカリスマではないのだろうけど、
選手の良さや能力を最大限に生かそうとする姿勢が印象的でとっても好感が持てた。
選手と監督が大きな信頼関係で結ばれているんだな~と心温まる瞬間が多々あった。


「野球はアジア」そんな時代がついにやってきたんだな~~きらきら
韓国の底力も怖いくらいすごかった。

でも、その韓国を精神的にも凌いだジャパンはほんとにスゴイよ!


何があっても日本が一番好き。
英語も好きだけど、やっぱり最も愛すべきは「日本」と「日本語・日本人」
そう公言する私にとって

『このWBCチャンピオン』の朗報は

「あーーー、やっぱり日本人で良かった~ハート(手書き)

と心から思えた瞬間だった。


ありがとう、サムライ・ジャパンスマイル







最終更新日  2009年03月26日 13時41分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
仲間たちとともに立ち上げた

わ塾プロジェクト『お仕事講座』

去る11月30日、無事に第1回目を終えることができてホッとしているスマイル

開催からかなり経ってしまったが、ようやくまとめが出来上がったので画像とともにレポートしたいと思う。

まずはコチラ↓

http://www.franklinschool.co.jp/wajuku_action1_report.html

↑当日はこんな感じ。
ごく一部しか画像が掲載できなくて残念だが、雰囲気だけでも伝わったらいいな~~


第1回目ということで、スタッフ側にももちろん緊張感と不安があったことは確かだ。
でも、アツい想い&参加者と一緒に楽しみたい!との想いがあれば何とかなる!!とみんなで一致団結。

その甲斐あってか、当日は予想を上回る100名以上もの参加をいただいて、子供だけでなく大人の皆さまもかなり熱心に参加してくださったようだ。


お二人の講演者。

お一人目は検事さん、ということで、子供達には遠い世界の人だったかもしれない。
でも、検事さんのお仕事って何?から始まり、事件発生から裁判に至るまでの世界のことを、子供達にも分かりやすい例(スーパーの窃盗etc.)などいくつか例を挙げて分かりやすく説明してくださった。
罪を犯した人をきちっと裁くこと、被害を受けた方を何としてでも救うこと。
当たり前のようで実はとても大変な業務をこなされている中でやはり遣り甲斐を感じられることが多い、という話は子供達の心にも響いたようだ。

おりしも裁判員制度スタートが間近ということで、そのあたりにも関心が高かったみたい。

30分の講演の後、10分のQ&Aセッションがあったのだが、質問もドンドン出てきてもっと時間が欲しいな~と思ったくらいだったウィンク


お二人目は、熱血高校教師&サッカー部監督。

名門「明徳義塾高校サッカー部」の監督さんもされたY氏はそれはそれはアツい方で、この人なら子供たちが「どこまででもついていきたい!」と思うだろうな~と推察された晴れ

生徒から見る先生像は実にさまざまだろうけど、困難の末に生徒と教師の心の通い合いが生まれたとき、その関係はもう生涯続くかけがえのないものとなる。
そんな生徒たちとのかかわりあいの中で仕事ができるのは本当に幸せなこと!とY氏。

ほんとにその通りだな~ハート(手書き)

有名無名は別としても、子どものころからの夢を実現して社会で活躍している人物に共通しているのは

赤ハート「本人の夢が実に明確で、心から実現したい! 自分ならやれる!と思ってること」

赤ハート「どんなときでも周りへの感謝の気持ちをずっと持ち続けていること」

そんなお話もして下さった。
まさに私たちが描いてきた「わ塾プロジェクト」の原点はここにある。

自分だけの「夢」をもち、それを追い求める情熱があること。
それを人のため、社会のために実現したいという「志」があること。

言うはやすし・・・かもしれないけど、子供たちならきっとやってのけるはずだと信じたいし、そのために大人の私たちができることを可能な限りやっていきたいぐー

大きなことはできなくても、少しずつ、少しずつ・・・!


今回のイベントを通して、私たちを想いを共有してくださる保護者や大人たちが少なくないこともわかって、とても嬉しかったスマイル

アンケートにもいろいろと感想が書かれていたが

「次回のお仕事講座にも参加してみたいですか?」とのQに対し、ほとんどの方がYESと答えてくださっていたこと。
これにもスタッフ一同 安堵&感激したのだった~~ウィンク


願わくば年に2回くらいのペースで開催していきたいと思っている。
次回は6月ごろかな??

次回の講演者は誰に来ていただこうかな~~?
企画している時って何故だかほんとに楽しいし、ワクワクするものだ音符

今回の反省点も活かしながら、次回も実り多いものにしていきたい!










最終更新日  2008年12月12日 10時44分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類

****************************************

★★★★ 『わ塾プロジェクト』 のイベント 第一弾! ★★★★

Action 1  『お仕事講座』



異なる職業のお二方を招いて、それぞれの『仕事』についてお話していただきます。

『夢』と『志』が満載の楽しいトーク! 子供向けにわかりやすくお話してくださいますので

親子そろって是非ご参加ください。



●日 時 :11月30日(日曜日) 10:00~11:30 ※9:30から入場可

●場 所 :岡山県生涯学習センター (情報・創作棟1F 視聴覚室)

●対 象 :子供~大人まで どなたでもご参加いただけます。

●会  費 :無 料 

   ※スタッフ、講演者、全て完全なボランティアです。 

        会場費やその他の経費も、全て主催者側で負担します。

 

  ●今回の 『お仕事講座』 でお話をしていただくのは・・・● 

     岡山区検察庁 副検事  岡邉茂樹 様

 2 学校法人 生光学園  山田浩史 様 (元 明徳義塾サッカー部監督)

 

・・・のお二方です。 乞う ご期待!

 

 

 

以上が今回のご案内。

講演者の選定にはかなりの時間を要したが、上記のお二方は快く承諾してくださり本当に有難く思っているスマイル

お二方はまったく異なった分野のお仕事。

特に「検事さん」という分野は子ども達には馴染みがないだろう。ドラマHEROのキムタクで少しは知られたかな?少なくとも私は2回も見たけど・・・うっしっし

正義を追求するお仕事がどんなものか。とっても興味深いところだ!

 

そして生まれながらのサッカーマン山田氏からは、子ども達がゲンキになる素や夢をもつことのすばらしさを惜しみなくシェアーしていただけるはず。

 

当イベントはどなたでも参加可能です(定員あり、先着順での受付)

ご関心をお持ちの方、ご一報いただければ幸いです。

 

 







最終更新日  2008年10月03日 10時15分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アツい夏もようやく終わろうとしている。

公私ともに超バタバタだった2008年の夏休みも終わった。
明日から子供たちは学校だ。

やった~~~ちょき

この夏、my private lifeはかなりタイトでピアノ色に染まっていたかもしれないけど・・・
おかげでこちらの日記は1ヶ月以上も更新をサボってしまったので、なんだか本業はどこへやら~~!?って感じだが

もーーちろん、仕事もした。 うんぐー

アカデミーの2008年夏を振り返りながら、少しずつまとめてみようと思う。


●まずは保護者との個別面談から●

夏休みに入る前、保護者向けに出したアンケートで最も希望の多かった「個別懇談」
ここまで親御さんが熱心である以上、私もそれに応えなくちゃ!!
心からそう思い、とっても嬉しかった。

そして、7月15日から8月末まで、ほとんどの保護者(ママたち)と個別に懇談してたっぷりとお話をさせてもらった。
仕事の関係でどうしても都合がつかないというママたちとは、夜間に電話で懇談も実施。

いったいナン十回同じ内容を話し、悩み相談を受け、アドバイスをしたことかしら??

次から次へと流れ作業のように続く小学校の懇談とはわけが違う!
親の立場からして、そんな10分そこらじゃ真剣に話もできないし、とっても中途半端に終わってしまうと分かってるから。

アカデミーの懇談はその3倍、お1人約30分!
場合によっては1時間近くに及ぶ方もいた。
電話の場合など、1時間超えたときもあったもの。

でも、不思議なくらい疲れなかったハート(手書き)
せっかくやるからには、誠心誠意尽くしたい。
大切なお子さんたちを預かる身としては、少しでも良い方向に伸びていって欲しい。
そのためにも、お母さんたちのホンネや悩み、率直なご意見を聞いておきたい。

そんなアツい気持ちが私を支えていたのかもパンチ

たしかにあの時期、プライベートではとーっても大変な時期を過ごしていたので、私の身体はヒーヒー言っていたかもしれないし、目の下クマだらけですんごい顔をしていたかもしれない。
ママさんたちからも「先生、お疲れのようですけど、大丈夫ですか?」何度聞かれただろう・・・

でも、気持ちが前向きである以上、なぜか大丈夫なのだ、私って!!
ヒマすぎる方がよっぱど病気になりそうだし、頭もボケボケになるから~うっしっし


懇談の内容としては

1・クラスでの様子、進捗度、今後のレッスンの流れなど

2・お勧めの勉強方法

3・夏休みの課題

4・今後の予定(新クラス・イベントなど)



以上の内容をベースにレジメをつくり、ママたちに渡した。
これがないと、言い忘れやら脱線やらで30分が有効に使えないので。
(正直、これを作ったおかげでとっても有難かったオーケー


1については、保護者の最も気になるところだろう。
基本的に親とは別にレッスンをするので、クラスでの彼らの様子や素顔をママたちは知らないことも多い。
ただし、幼児や低学年の場合は送迎時にママたちにお会いできるので、なるべくお話をするようにしているけど、バタバタしていたらそれも無理。

やっぱり、こうして30分くらいの時間をとって落ち着いて話ができるというのは必要不可欠なんだ~~と実感したスマイル

私も率直にお話ししたので、ママたちも安心して色々とお子さんの様子を教えてくれた。
お互いに安心したり、大きな刺激になったり、注意点として心にとめておくきっかけになったり、それはそれは貴重な話がたくさんあって良かった。


2については、また改めて別の機会に書きたいと思うが、中でも私が最もお勧めした方法をいくつかご紹介しよう。


<録音・録画の勧め>
 
 クラスでは暗唱や音読を積極的に行っていて、家での課題のひとつにもしている。
 これをもっと効率よく進めるには「録音・録画」が超おススメだオーケー
 せっかく覚えるのなら、単に私や母の前で暗唱するだけじゃなくてテープやMDに残しておくべき。
 こうして残したモノは将来「宝物」のひとつにもなるしね。
 それに。。録音することで適度の緊張感が生まれるので、練習もおのずと真剣になる。

録音

↑教室の片隅にある「アカデミー文庫」
あんまり充実してないけど・・・生徒に英語絵本を貸し出ししている
この絵本を練習して録音して出す生徒もいる



録音 003.jpg

↑提出ボックスには生徒たちのMD・テープ・ビデオが沢山ハート(手書き)



我家の二人はあまり真剣に取り組んでくれないのだが、録音する!となると姿勢とノリが違う。
やっぱり自信をもっておススメしたい勉強方のひとつだ晴れ



つづく









最終更新日  2008年09月04日 09時40分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.