200845 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

欲張り人生かもしれないけど・・・

PR

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

嬉しいこと

2008年11月04日
XML
カテゴリ:嬉しいこと
日記を読んでくださった方からお見舞いメールをいただいたり、電話をいただいたりして、皆さまの思いやりが本当に有難かったです。
ありがとう!

お陰さまで、なんとか復活晴れ
子ども達は薬でかなり改善されたようで、お腹具合もまあまあ、熱も完全に下がり、あっという間にパワー全開となっているウィンク
これだからといって油断禁物ではあるが、家の中にようやく爽やかな秋の空に近い空気が漂うようになったきたスマイル

良かった~!

私や夫ににうつることもなく、家族全員パワーを充電できた感じだぐー

アカデミーだけでなく親としても、秋冬は大小イベントがやたらと多くて気ぜわしいのだが、いい調子で今年度の締めができるようにひとつひとつ無事に終えていけたらいいな~


●11月 「わ塾」の『お仕事講座』

日曜にスタッフのミーティングを終え、全体像もほぼ見えてきた。
初回だけに、なんとかいいものにして次につなげていけるよう頑張りたい!


●12月 ピアノステージ(STEP)

今年3回目のステージ演奏になる。
今までこれほど本番をこなしたことはないけど、なぜか今年はそのエネルギーが湧き上がってくるので、気持ちのままに弾くことにした。
少女時代からの憧れだった曲を弾けるのが夢のようどきどきハート(まだ仕上がりにはほど遠いが…!)
アツい想いをピアノにたくし、自分の音楽が奏でられますように・・・音符


●12月 ピアノ発表会

子ども達の発表会。
ソロあり、アンサンブルありとかなりバラエティーのあるステージになりそう。
「くるみ割り人形」のステージを門下生で創り上げることになり、私もナレーター兼MCでお手伝いさせていただく。


●1月 生徒のスピーチコンテスト

英語部門、日本語部門 両方によるスピコン。
今回でもう5回目となる。
昨年同様に生徒達の堂々たる発表に感動する日を楽しみに~~ハート(手書き)
課題文も連休中に決めたので、あとは要綱作成して配布→練習→特訓の日々かな~うっしっし


●コーチング学習

10月からスタートした「コーチング」の勉強。
今、私の中でもっともヒットしているものの一つで、夢だったコーチ道へのスタートラインに立てたことが嬉しい。
まだまだ長い道のりではあるが、いつの日かプロのコーチとして「英語界」にもコーチングを取り入れてみたい。

夢は常に大きく(大きすぎるかもしれないけど・・ウィンク
夢達成への情熱だけは失わないように、前進したいと思う今日この頃。

疲れたーーー!なんて言ってはいられないな~

まずは今週末の娘の七五三からか雫



というわけでいろいろとあるのだが、プラスのエネルギーが出てくることばかりで嬉しい!!

ひとつひとつ無事にこなし、次へつなげていけますように・・・!

みんな、一緒にがんばろうねぐー








最終更新日  2008年11月04日 13時25分44秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年10月05日
カテゴリ:嬉しいこと
私にしては珍しく、とっても真面目な重く深いトピックが続いたので・・・
軽~いネタを書きたくなったウィンク

去年の10月、私は「とある大きなお買い物」をしたのだ。

その後こちらのブログでもかなり書いていたので、覚えてくださっている方もいらっしゃるかもしれない。

そう。JOBA!!

家族の冷たい視線を浴びながら強引に購入しちゃったこの大物物体!

あれから数ヶ月(少なくとも2,3ヶ月)はちゃんとガンバッたぐー
それなりに効果も感じられたし、何よりも爽快感がたまらなく気に入っていた。
さらには・・・JOBA mateの友人に教えてもらった秘策
「15分のNHKラジオ講座を聞きながら、身体はエクササイズ。耳は英語エクササイズきらきら
という一石二鳥のやり方が妙に気に入ってしまい、あの頃はNHK講座もなんとか続いていたような記憶あり。。。


すべてを「過去形」で書いちゃっているところが事の顛末を物語っているのだがショック

冬になり寒さが増してきた頃、JOBAを置いている和室のあまりの寒さにだんだんと足が遠のき、ズルズルとやらなくなること数ヶ月。
そのうち、JOBAの存在そのものすら忘れ去ってしまっていた。

「春になったらヤル!!」という宣言もむなしく、なんと夏を越えてもうすぐ1年になろうとしているではないか~~びっくり涙ぽろり

夫なんて
「やっぱりな~~。ホコリかぶらないようにタオルでもかけておけばうっしっし
なんて嫌味言うし、子ども達ときたらすっかり遊び道具にしちゃっていて、最高速度に設定して二人で乗りあって遊んでる。

要するに。。。
あれだけ気合の入っていたはずの私がJOBAと目もあわせず触ることすらなかったわけ失敗


そして私、いったい何を思ったか・・・
ついにさっき「解禁」してしまったのだ、JOBAビクスを!!
突然乗りたくなって、エクササイズDVDなんぞを取り出してインストラクターのお姉さんと一緒に15分、ガンバッタぞーーーーーちょき

ホントにホントに久しぶり!!!

15分が長くも短くも感じられた。

しかーーーーーーーーし!
いきなりやってしまったものだから、今、腕がだるーいし、足も同様。
明日はゼッタイに「筋肉痛」に決まっているショック

あーー、自業自得。

でも、これを乗り越えないと再開などできたもんじゃないわ。

年末に向けて、MY BIRTHDAYに向けて、今年最後のピアノステージに向けて。。
『なるべく毎日JOBAエクササイズ』

ガンバロウぐー










最終更新日  2008年10月05日 23時04分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年05月08日
カテゴリ:嬉しいこと
え~~っと・・・↑は私のことではありません。

私、もうちょっと年下だから。。。ええっ!?ショック
いいの、いいの。年齢なんか関係ないんだ! 心はいつも20代だからね晴れ

やりたいことはテンコ盛りなのに体と頭がついていかぬ~~ 悲しい現実を愚痴ったばかりだけど、かつて世界を極めた37歳の女性が再挑戦を試みている!
そう、テニスの伊達公子さんだ。

「低迷の続く日本テニス界に刺激を!」との声に応えて、11年半ものブランクを経てcomeback。
現役復帰の初戦を見事な勝利で飾るとは、サスガだグッド

37歳。。。 これがどういう意味を持つか、体験者だけによく分かる。
30代前半と大きく異なる体力、回復力ショック
ましてや、あの激しいテニスというスポーツでの復帰は並大抵のことではないはずだ。

世界の競合と渡り合った勝負勘や強靭な精神力は健在だったパンチ
若者たちが速さで向かってくれば、相手の動きを完全に読み逆に切り返す。勝負どころは決して逃さない。
世界の伊達さんはやっぱりタダモノではないのだ!

それにしても、なんとも不甲斐ない現役選手たちよ・・・と嘆きたくもなるのは私だけ??
国内上位の選手たちがことごとく伊達さんに敗れていくのは、なんだか痛々しくもあった。

元エースがここまでの決意で現役たちに刺激を与えてくれている以上、若い選手たちにもぜひぜひ燃えてほしいな~と思う。


考えてみれば、今の日本、スポーツのみならず活躍の場はいくらでもある。
芸術、文学、音楽。。。あげればキリがないけど、全国や世界に進むということがどれほど困難で意義深いものであるか。
そしてその影には本人だけでなく周囲の並々ならぬ努力と支援があってのこと。
そういう大舞台を経験することで、ヒトは無限大な力を発揮し、ますます成長していくんだろうな。
そうして培われた本物の実力、精神力、勝負強さなどはそうそう簡単に衰えるものではないのだろう。
本人の情熱が失われない限りは・・・!


「過去のヒト」に留まることなくまたもや「時のヒト」となりつつある伊達さん、やっぱり素晴らしいね!!

比べ物にはならないけど、私も「3◎歳の挑戦」を目指したいものだぐー
疲れた~なんて愚痴ってばかりじゃダメだわ!








最終更新日  2008年05月08日 15時15分21秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年03月18日
カテゴリ:嬉しいこと
久々に午後がフリーだったので、美容院に駆け込むべく予約を入れていた。

今週から来月にかけて「母」としてのイベント目白押し。
「母」として~なんて何のこっちゃ!? って感じだが、アカデミーのセンセイとしてのイベントの方をついつい優先してしまう悪~い母なので、こういうときはちゃんと「母」しないといけないのだ。

今週末は娘の卒園式、来週末は学童の卒所式(息子)&入所式(娘)、さらに来月は娘の入学式。
あーー、考えただけでも疲れそうだショック
学童の方は役員のお仕事もあるし、うーーむ、またバタバタしそうだな。

せめて自分の身の回りだけでも早めにすませておこう! というわけでボサボサの頭を何とかすべく美容院へ。

私って髪の量が多いのでとっても広がりやすい。
それがホントにイヤで、年に1度はストレートをかけて量を抑えているのが現状。
今日もストパ目的で美容院入りしたのだが。。。

待合でヘアカタログを見ているうちに、なんと気変わりしてしまった目目
三浦りさこさんの素敵なヘアスタイルに目が釘付けになり、ストパのつもりが。。。
なんと軽~いパーマをかけてしまったーー!!

まったくもって大どんでん返しの展開ショック

りさこさんだからあんなに素敵なスタイルになるって分かってはいるものの、たまにはイメチェンもいいか、ってなもんで本当に気まぐれな私。
全体ではなく裾のほうに軽くかけただけだからそんなにグルグルではないけど、パーマなんてもう何年ぶり???
5年? いや7、8年ぶりかもしれない。
↑思い出せないところが恐ろしいけど、超久々のふわふわスタイルになった。

さーて、問題はこれからだ!!
美容師さんの手にかかると魔法のごとく収まるのだが・・・私の下手っぴなドライヤー&ブローではなかなかこうはいかぬほえー
何でこれが「りさこさんスタイル」なのーーー?ってなものだが、まあちょっとした変化を楽しみたい気分。

でもでも。。。やっぱり明日からが恐ろしい・・・失敗







最終更新日  2008年03月18日 16時56分02秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年01月21日
カテゴリ:嬉しいこと
なんと「晴れの国」岡山が「ちょっぴり雪国」になった!

昨日午後からグーンと冷え込み、夕方からは雪が降り始めた。
これっておそらく「初雪」 年末すごい寒波が来たときも市内は降らなかったから、こんなまとまった雪を見たのはこの冬はじめてのこときらきら

雪国の方からしたらこんなのは「雪」とはいえないかもしれないけど、岡山で雪が降るのは本当に珍しいことなのだ。


子供たちは嬉しくて嬉しくて、
「明日は雪だるまを作るぞーー!」
「学校休みかもな~~、やったーーー!!」
「でも、大好きな体育ができないかもしれないから、それは困るぞーーぷー

とかなんとか好き放題に言って寝てしまった。
そして朝、銀世界に驚き外へ飛び出していった。

●朝、我家のベランダから撮影したショット
雪景色1 2008.1


大人はというと・・・車のこと、凍結のことが心配で心配で涙ぽろり
でも、思ったほど気温が下がらなかったので凍結はなく、道路の雪もすぐに溶けて大丈夫だった。
ホッオーケー

久々に見る雪景色。山々も白く雪化粧していて、やっぱり美しいきらきら

子供たち、大はしゃぎで遊んで帰ってくるのかしら? 雪だるまできるかな?? 

これで県北のスキー場もちょっぴり安心?? 
スキーヤーたちも新雪をお楽しみあれ~スマイル








最終更新日  2008年01月21日 09時37分37秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年01月09日
カテゴリ:嬉しいこと
やっとのことで「のだめ」のビデオを見た。
何年ぶりかでハマッてしまった連ドラ。その新春編と聞いたときには嬉しくて嬉しくて・・・!
ライブで観たい欲求を必死で抑えて、ようやく観たというわけ。
なのに~~~、ちゃんと録画しておいたはずのDVDが大失敗の巻で、なんと第1話が録画できてなかったーーーショックショック涙ぽろりほえー  もう、悲しすぎる。

なんで私っていつもこう抜けてるんだろうか??? まあ第2話が撮れてないよりはマシということで我慢しよう。
いや、やっぱり我慢できぬ!!
第1話を録画した方、どうか哀れな私に貸してやってくださいませ涙ぽろり

まあ、それはさておき。。。

きっと第2話がメインなんだよね、ということで思うところを書いてみよう。

全体のギャグの冴え方は以前よりもいい感じ?!
というか、以前のあのノリを久々に味わえて大うけしてしまった。
キャラクターたちの個性には賛否両論あるみたいだけど、私はあそこまで役になり切れるのだめ他メンバーたちはやっぱりスゴイと思うのだ。
新春早々、スカッとした気分にさせてもらえたきらきら

そして、何よりも今回は「音楽」というものを再度考えるいいチャンスをもらえたのが大きな収穫かな。
のだめ自身をを観ていて自分自身と重なる部分も多かったし。

今まで「楽しさ」だけを求めてきたため、音楽と真剣に向き合うことのなかったのだめに対して痛烈な叱咤激励が飛んだ。
もちろん音楽を楽しむことは大切なことだし、これなしには音楽の存在価値はないと思うけど、その道を究めたりもっともっと深く音楽を愛せるようになるためには、ひとつの曲に対していろんな角度から「知りたい」という姿勢が必要なんだと思う。

私が自身のピアノレッスンを再開した4年前、思いもよらぬジレンマでかなり苦しんだ。
高校卒業以来、趣味として適当にしか弾いてこなかったピアノを、師匠のもとで再度学んでみたいと再開したんだけれど、いったい何を目標に弾いていったらいいのか・・・当時の私にはちっとも見えてこなかった。
それよりも何よりも、自分自身の音楽、特にテクニックや音楽性に対してホントに自信がなかったので、いつ弾いても不完全燃焼、師匠の前でもいつも萎縮した小さな演奏しかできなかった。

そんなときにいただいた師匠からのアドバイスは
「レベルなんて気にする必要など無し。音楽はその人にしか語れない心のメッセージであり、その人の人生が表現されるときに聞く人の心を打つ。学生には決して真似のできない人生経験があるのだから、自分の音楽に素直に耳を傾けてごらん」と。

すっごく励まされた泣き笑い
そして、殻に閉じこもらないで人前で弾くチャンスをつかむ勇気を与えていただいた。
それが師匠のお弟子さんたち出演のコンサート。
人前で弾くことなど一生有り得ないと思ってた私だったけど、そのソロステージでラフマニノフの「エレジー」を弾き終えたとき、感動で泣けた。。。
本番までの苦しい日々を思って泣けた、というのもあるけど、ひとつの曲に対して真剣に向き合い、その作曲家のこともいろいろ勉強して、少しずつでもその曲に近づくことができ、人に聞いていただけた、というのが心から嬉しかったからハート(手書き)

「結婚、子育て、仕事・・・すべての人生経験がその人を成長させ、音楽でさえも変えていくものだ」とある人からも言われたけど、今の私の強み?はそれしかないのだからウィンク 高校時代の自分ではできなかったこと、アマチュアとして音楽を純粋に楽しめる(職業としてではなく)立場だからこそできること、そんな何かを求めてもっともっと音楽を愛し勉強していきたいと思った貴重な経験だった。

ちょうどのだめがデビューコンサートでモーツアルトを弾いていたとき、そんなことを思い出してまたまた泣けた。
ホントに素敵なキラキラ星だった~~きらきらどきどきハート
彼女の音楽への真剣な想いと情熱、人前で弾くチャンスが彼女をあそこまで変え、聞く人すべてを感動させていた。
「音楽ってホントにホントに素晴らしい!!」と心から思えた瞬間だった目がハート目がハート


というわけで、書き出したら止まらないのでマジメネタはこのあたりにするとして。。。

ちょうど月末にSTEPのステージを控えている身としてはショックショックな気持ちの反面、大切なメッセージを思い出させてもらって得した気分ちょき
納得のいくステージにしたいなあ~~


今夜もまたまたDVDを観てしまいそうでちょっと危険な私であった!








最終更新日  2008年01月09日 18時40分54秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年12月27日
カテゴリ:嬉しいこと
年末恒例の「今年の漢字」は予想通り『偽』だった。
今年に関しては絶対に『偽』だろうな~と予想していたので、予想が当たって嬉しいような、でも半分はとっても悲しいような・・・複雑な心境だ。
清水の貫主さんも『偽』などという字をどんな思いで書かれたことだろう・・・失敗
『偽』まみれの1年、ほんとに嘆かわしいことだ。

この恒例にのっとって、アカデミー大人クラスの最後のレッスンではみなさんの「今年の漢字」をクラスで発表してもらうことになっている。もちろん説明はすべて英語で、ねウィンク
もう今年で3回目かな。各自が一年を振り返るよいチャンスであり、クラスメートの1年を知るすごくいい機会なので毎年とても楽しみにしている。

今年もいろいろ出たね~!
「追」→いつも何かに「追」われながらも、自身も目標を「追」い求めてなんとかやりきった方
「学」→勉「学」だけでなく、さまざまな人間関係の中で人付き合いも「学」んだ方
「止」→両方の意味で今年は大きな変動は無く平和に時が「止」まっていたが貴重な充電期間だった方

いろんな「漢字」が出てきてとっても興味深かったし、来年への期待も感じられてマル

さてと。。。私の今年の漢字は・・・

『音』かな音符

いろいろと候補はあったけど、これが一番ふさわしいような気がしている。
ただ、今年の『音』は単に音楽から来る音ではなくさまざまな種類の音なのだ。

もちろん最初に浮かぶのは音楽の『音』
まずは子どもたち。彼らのおかげで今年もアツイ夏を過ごさせてもらい、家族にとっての宝物がまたひとつ増えた。特に今年は兄妹ふたりの力で為しえてくれた思い出なので、母としてはやっぱり嬉しいスマイル
秋の記念演奏会で弾かせてもらったデュオの曲も「サウンド・オブ・ミュージック」 これも「音」の象徴かも。

そして私のピアノ。
これは決して順調なわけではないけど、少しは変化があったかな~~(と思うことにしよう!)
幼少より憧れだった「英雄ポロネーズ」にチャレンジできた(現在進行形だけど)ことだけでも大きな進歩。そして、レッスンもできれば月1(スケジュール的に無理のない範囲で)を目標としていたので、今年は10回のレッスンを受けた!という事実だけでも一応○としたい。
今年中に1度はステージに、というのはかなわなかったが、来年早々にあるステージを今年の締めとしたいと思っている音符

そして今後は音楽から離れた『音』。。。音声の「音」

今年は教室の生徒用に2つのオリジナル英語教材を作った(これについてはまた書こうと思っているが)
生徒たちの語彙力アップにどうしてもほしいな~とずっと思っていた英単語の教材。
友人たちの協力のおかげもあり、思っていたよりはずっと楽しいモノが出来上がった。
今だから笑えるけど、夜中の録音作業→編集→ダビング、この一連の作業がどれほど大変だったかショックショック 録音だけでも1週間くらい撮り続けた。失敗するたびに気を取り直しやり直して。。。
BGMなんかもちょっと入れてみたり、ストーリーも付け加えてみたり。
ただ、こういう作業は決してキライじゃないし、やってくうちに面白くなって寝るのも忘れて没頭していた。今までしゃべる仕事をしてきた成果がちょっとは出せたかもな、なんてオーケー

あとは、先日のスピコン&参観日用の練習CD、これも頑張った~!
ありきたりの既成の録音じゃ生徒たちはなかなかノッてくれないのはよく分かっていたから。

声優じゃあるまいし、一体なにやってんのよーーー。自分でも半ばあきれながらがんばって演じてみたりして。でも実はこの録音作業、かなり楽しかったうっしっし

このオリジナル教材作成をやってみて、素人が手がけるとプロの何十倍もの労力が必要だってことも身をもって知った。でも、手作りだからこそ!という良さも大いにあるということも。これは生徒やママたちからの反応や感想を聞かせてもらって証明されたかもしれない目がハート

来年以降も、必要とあればオリジナル教材作成の努力を続けていきたいな。

これが今年の私の『音』第2弾。

来年は「音声ブログ」にも挑戦してみたい、とも思っているけど、そんな時間があるのか?!
まあ、楽しめる範囲でチャレンジできたらいいな目がハート


みなさんの今年の「漢字」はいかに~??








最終更新日  2007年12月27日 11時57分32秒
コメント(5) | コメントを書く
2007年11月20日
カテゴリ:嬉しいこと
生徒たちのスピーチコンテストについて書いたところで、その昔~自分がチャレンジしたスピコンの思い出が蘇ってきてあまりに懐かしくなったので、書いておこうと思う。

あれは地元中学の2年生&3年生のとき。
私が本格的に英語学習をスタートしたのは紛れもなく中1で、それ以前にはNHKラジオ「基礎英語」をかじり聞きしながら感動しまくっていたのが小6のころかな。
だから、英語への期待に胸を膨らませて入学スマイル

ラッキーなことに英語の先生との出会いも強烈だった~きらきら
3年間お世話になったT先生は今でも心から尊敬している女性の一人で、私を英語の世界へグイグイ引き入れてくださった。
T先生の英語はそれはそれは美しく、ラジオの米人の英語しか知らなかった私に何の違和感も持たせなかったマル 
教え方もテンポもとっても良くて英語の授業がとっても楽しみだった。
「先生みたいになりたい。私、英語で生きていきたいかも・・・!」当時からそんな気持ちが芽生えていたし、それはまさに先生との出会いから始まったのだからハート(手書き)

そんな恵まれた3年間だったので、高校へ入ってフツーの日本人のセンセイに教えていただいたときのショックはものすごかったなあ。。。ほえー
なんじゃ~、この英語は。いくらなんでももうちょっとマシな発音してくださいな、センセイさまーーー! 何度思ったことだろう・・・

話はすっ飛んでしまったが、その大好きだったT先生から
「Miyukiちゃん、スピーチコンテストに出てみない? 先生も昔出たことがあるけどすごくいい勉強になるから、ぜひやってごらんなさい」と声をかけていただいたのが発端。
チャレンジ精神旺盛だった私のこと、スピコンのスの字も知らない癖して即座に「やります~!!」
スピコン界でも長い歴史を誇るライシャワー杯英語スピーチコンテスト。
母校の中学でも初のことだったみたいで、じゃ私がその第1号に!なんて思ってGO!!

今でこそスピコンの数もずいぶん増えて、我県内だけでもかなりの数があるはず。さらに昨今は「小学生のスピコン」もスタートし、我子や生徒たちが出場するような時代になったのだからほんとに歳月の流れを感じますな~~

中2の初挑戦は「創作部門」に出場。その年の夏はじめてアメリカの知人を訪ねて一人旅したadventurous tripについて自作のスピーチを発表したが・・・あえなく撃沈爆弾
出場者たちのレベルの高さに圧倒され、なんだか自分が情けなくて仕方なかった。
スピコンをあまりにも軽く見すぎていたし、あんないい加減な練習や心構えで太刀打ちできるものじゃないってことを痛感した~ほろ苦いデビュー~だった。
来年は絶対にガンバルぐー 気持ちは固まっていた。

そして中3の再挑戦は「朗読部門」
中3の教科書から自分の好きな小説を選び、2分間の暗唱。
昨年の失敗を繰り返したくなかったので、ひたすら練習した。家でも学校への往復でもお風呂でも寝てるときでも頭の中にはいつもスピーチが流れていたし、先生もみっちり練習に付き合ってくださった。
そこまでやると自然とdeliveryにも力が入るもの。でもわざとらしいジェスチャーやオーバーアクションだけは絶対にイヤだったので(ホントに多いんだわ、見てるだけでも嫌気のさすようなわざとらしいスピーチが・・・!)
「純粋国産のフツウの女子中学生ができる真摯で爽やかな路線」を先生とともに研究。
今でもあのときの研究成果?は十分に身体に刷り込まれてる気がする。ほんとに貴重な経験だったなあ目がハート

そして迎えた本番。
先生の見守ってくださる中、練習よりもずっと落ち着いてスピーチできたし、広い会場の雰囲気までも十分に楽しめたことを今でも覚えてるスマイル

結果は5位入賞。
上位者には帰国子女が多い中、純粋国産としては健闘した方だよね!
数日後の新聞には当日の記事と成績一覧とともに。。。なぜか私のスピーチしてる写真が掲載されたのだ。あらま~、家族も本人もビックリ。新聞社に知人がいたわけでも私が1位だったわけでもないのにね~~ 不思議だ。
でもラッキー音符
あのときの新聞記事と表彰状は今でも実家のピアノの上に大切に飾ってある。


今後スピコンに私が出ることはもうあり得ないけど、今度は指導者(or母)の立場で生徒や我子たちと参加させてもらえるのがホントに楽しみだ。

まずは我スクールのスピコン、そして次は岡山県知事杯。
みんな、ガンバッテねグッド
チャレンジすることで人は必ず成長するのだから!










最終更新日  2007年11月21日 00時10分51秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年11月08日
カテゴリ:嬉しいこと
ジョーバを購入して約1週間が過ぎた。
忘れもしない初日の興奮と感激と「筋肉痛」ウィンク

あれから1週間あまり、私にしてはホントに珍しく・・・一日もかかさず乗っている。
ま、1週間くらい続いたからってなんだ~ってなところだが、何事も3日坊主がつき物の私にしてはけっこう頑張ってるなと思うマル

それはひとえに、未だに冷ややかな目でジョーバと私を見ている夫への当てつけ(とまではいわないけど…)絶対に見返してやるから~!という気持ちが強いから。
それに加えて、このブログに書いて「ガンバル宣言」してしまったことも大きな要因。
何事も「人目」にさらされるといい意味でプレッシャーになっていいもんだわうっしっし
毎週なかばが仕事のピークで、さらに先週末は子どもたちの演奏会だ~、学童の役員会だ~と出ずっぱりだった私だけど、うたた寝しながらでもジョーバに乗っちゃってるところが我ながらスゴイし笑えるあっかんべー
大あくびして寝そうになりながらも乗っていたら、思わず落ちそうになって「ギョエ~!!」
それから再びラジオのテキストを持ち直して口は英語しゃべってる、みたいな本当に滑稽な姿で毎晩エクササイズ進行中。

さてさて。。。
気になる効果のほどは、というと。
まあ、1週間ほどで目に見える効果が現れるほど世の中あまくないのだが
確かに少しだけ変化あり!
体重的には1キロ前後落ちたくらいで、そんなものは大して問題にはならない。
1キロなんて・・・ちょっと食べなければすぐに落ちるけど、一晩にして元に戻すことも可能なただの数字にすぎないから。
それよりも、お腹廻りが少しスッキリした感じオーケー
以前よりもずっとお通じが良いのは確かだ。
だって、あれだけ上半身を動かしているんだから、腸だってかなり運動してるはずだもの。

ヒップアップにはまだまだ時間がかかりそうだけど、太ももはそのうち少し引き締まってくるような気配あり!

ま、まだまだ「これから」だ。

でも、大汗かくわけでなく、それほど疲れるわけでもなく、DVD見ながら気ままにエクササイズできて、しかも口を使って「英語の筋肉」もエクササイズできるっていうのは有難い。
とはいえ、英語筋のトレーニングは全然足りてないのだけど・・・涙ぽろりびっくり


ひとまず「三日坊主」で終わらなかったことを喜ぶとしよう。
そして、次は「1ヶ月」、そして「3ヵ月」という単位で見直ししていこうかな、ふふスマイル











最終更新日  2007年11月08日 13時18分04秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年10月30日
カテゴリ:嬉しいこと
ついに買ってしまった~~~ジョーバちょきスマイルほえー
さっき一走り?!試運転を終えたところだけど、もうすでに全身筋肉痛のいや~な予感が涙ぽろり
でも、身も心も爽快なりきらきら

これをゲットするのにかれこれ1年、私にしては長い年月だったかも。
発売されたころは「またまた~、こんなもの一時のモノに決まってるわ!」なんて思いながらも興味がないわけではなかった。でも、あの金額で購入する気にはなれなかったなあ。。。

そのあとかな、ビリーが大爆発したときも内心揺れに揺れ、ついに友人がDVDをプレゼントしてくれたにもかかわらず「あんなの続くわけなし!」と決め込んで未だに一度も見ていない下向き矢印
あのとき、私の友人の5人に4人は入隊してたはずだけど、そのうちの何人が続いてるんだろう?? まぁ、続いてるような殊勝な人はまずいないんじゃないかしらんうっしっし
最初からそれが目に見えている私は、やっぱりあの手のものには手を出さなくて正解だった。

今までの例でみても、大ヒットしてみんながウワ~っと飛びつくモノにあまり興味のない私。
ところがこの『乗馬マシーン』だけはどうしても心から離れず、電気屋に行ったら必ず横目でチラチラ見てはいた。
ちょっとだけ試してみたい・・・!

そう思っていた矢先、勉強仲間の友人宅での勉強会のときに「彼女、持ってるのよ」って話を聞きつけて
「えーーーーー!! 見せて~~!!
リビングにじゃーーんと置かれたジョーバとの初対面。
興奮冷めやらぬうちに試乗させてもらい、なーるほどと納得したのだったスマイル
思ってた以上にいいかも!!!
即座に気持ちは固まった。「絶対にゲットしよう」と。

問題はそれから。
あの物体を購入するとなると、さすがに内緒ってわけにはいかぬ。
洋服とかアクセサリーくらいなら誰にも言わずこっそり買うに決まってるけど、なにしろ存在感たっぷりだしな~ほえー
夫の反応もだいたい分かっていたからなおさらタイミングってのが大事だったわけ。
そして、ビール飲んでとってもご機嫌で、さぁこれから寝るぞ~ってタイミングでさらーっと切り出した。
「わたしね、いいモノ買おうと思うの。ジョーバよ、ジョーバ」
言い終わるや否や、突然笑い出した彼。何を言い出すかと思えば
「あのさ、歴史に学べってことわかってる? 歴史は繰り返すもんなあ・・・。まあ、やめておいた方がいいと思うよ、うん」だって。

もーーー、憎たらしい怒ってる怒ってるブーイング

しかし、それも一理あるんだよね。。。
今まで無用の長物と化したマシーンはいくつもあるから。
しかし、そんなこと言っても何もならないので
「あ、そう。でも私よりも必要なヒトは誰かいるんじゃない?!」って言い返してやった。
内心「ふんだ、そんなこと言ってなさい。ヒトもうらやむようなナイスバディになって見返してやるからねぐー」とアホなことを考えながら気持ちはちゃっかり固まってた。

そんなこんなで、ついに昨夜ブツが到着。
なんたる大きさじゃ~~!
ダンボールの大きさがあまりに激しいので卒倒しそうになったけど、自分で買っちゃったから文句は言えないわ。
とにかく早く開けたくて開けたくて!!
夫は呆れてたけど、子供たちは大興奮。
「ママ、早く見たいよ、乗ってみたいよ~~! 今日帰ったら絶対に開けておいてよ」

頑張った!!
あの物体を一人でセッティングできるかとっても不安だったけど、ここは体力と根性。
それだけは自信のある私のこと、35kgもあるマシーンをなんなく運びセッティング完了。
さすがはナショナルさん、ご丁寧にエクササイズDVDもついてたので、それを見ながら試運転も終了。

というわけで、これから毎日ジョーバに励むぞーーーパンチぐー
と今は燃えてるが、いったいいつまで続くことか。
いやいや、メタボ傾向の夫も巻き込んでジョーバブームを起こさなくちゃ!

とにかく、試運転後の感想は・・・
毎日ちゃんとやれば、ウエスト、ヒップにはとっても効きそうマル
それに終わった後の爽快感がたまらなく良いんだな。

さ、今夜もガンバロウッと!!









最終更新日  2007年10月31日 15時51分36秒
コメント(4) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.