000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

胆道閉鎖症から生体肝移植

PR

X

プロフィール


マリス0920

カレンダー

バックナンバー

2021.03
2021.02
2021.01

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

さきいか@ Re[2]:葛西手術の経過(11/29) マリス0920さんへ 更新まってました(*^^*)…
マリス0920@ Re[1]:葛西手術の経過(11/29) さきいかさんへ はじめに、更新サボりまく…
さきいか@ Re:葛西手術の経過(11/29) おなじく胆道閉鎖の息子をもつ者です。 今…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.12.24
XML
カテゴリ:葛西手術1
真っ白なオムツを眺めながら今後について嫁と話し合い開始。

案としては、もう一度葛西手術を行うか、生体肝移植を行うかの2択だったのですがここで嫁と意見が割れることに。

もう生体肝移植したほうがいいんじゃないか?もう一度葛西手術を行っても上手く行く保証は無いし、上手く行ってもいつか肝臓移植しなければならないリスクを抱えたままになると言う嫁と

移植は大きな手術であり、失敗する可能性もあるのでなるべくやりたくない。葛西手術をもう一度受ければ上手く行く可能性もあるし、移植よりかはリスクが低い。という私で
平行線を辿ることに


そんなところに主治医が娘の診察に来たので、想いをぶつけることに。


主治医曰くもう一度葛西手術を行ったら上手く行く可能性があると、そういった例も実際にあるが、上手く行く保証は無い。術後直後は緑色の胆汁が出ている事から肝臓自体は正常でやはり胆管に問題があると。
両親で検討してみてほしいと言われました。

この主治医の方は、命を預かっているからか歯切れの悪いコメントばかりで言い切ることは一切ありませんでした。後々訴えられたりする可能性もあるので当然と言えば当然

ですが、我々家族はただただ安心したい、希望を持ちたいだけです。お医者さん、特に小児外科のお医者さんが物凄くスキルを要すること、大変な事は理解しているつもりであり、例え手術が失敗に終わってもその怒りをぶつけるつもりもありません。そんな想いを少しでも汲んでもらえたらなぁとはこの時は思いました。
余談:手術映像を見せて貰ったのですが小さな子供の臓器の為、非常に細かい繊細な作業でした。小児外科スゲーですほんと



まぁそんな主治医なのですが、言い切る事は無かったものの歯痒い表情をされており、悔しさが滲み出ていました。
それを見たのもあって嫁と話し合いもう一度葛西手術を行うことを決めました。


次こそは上手く行きますように








最終更新日  2020.12.24 02:10:50
コメント(0) | コメントを書く
[葛西手術1] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.