23094265 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

X

全1401件 (1401件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.04.11
XML
カテゴリ:Recipe
不幸な野良猫を減らそう!



Mizumizuがミントチョコなるものを初めて食べたのは、10代後半。ヨーロッパ帰りの父が免税店で買ってきたお土産でだった。そのころは日本にはほとんどミントチョコなんてものはなかった。

で、当時、初めて、一口食べての感想は…

――うへっ、なにこの歯磨き粉みたいな味! チョコレートが台無しじゃん!

という、ありがちなものだった。

それから時は流れ…今はミントチョコはかなり好き。でも、ミントチョコアイスはもっと好き、になった。

いつ嗜好が変わったのか、よく憶えていないのだが。

コロナ禍の中、山口県への「疎開生活」が始まって、庭の隅にミントを植えてみようと思い立った。ネットで調べると、ミントはえらく繁茂するから庭に植えるのは要注意とあったので、裏のあまり日の当たらない場所に植えてみた。

この場所がほどよかったのか、手がつけられないほど生い茂るということもなく、といって枯れてしまうほどでもない。特に今年は、新しい茎も出てきて若い葉が採りやすい。

本当はスペアミントを植えたかったのだが、たまたま園芸店になかったので、買いに行ったときに入手できたホワイトミントにした。

背が高くなってしまうと葉も暗い緑になり、そうなると香りも渋くなり、煮出すと苦みが出やすくなる。アイス用にさわやかな香りを出すためには、なるたけ若い葉を選んでむしり、弱火でゆっくり煮出すのがよいようだ。

最初はミントリキュールの助けを借りずに、生のミントの葉だけで香りづけをしたものを作ってみたが、出来はイマイチ。なので、今はミントリキュールも併用している。こちらのほうが緑のきれいな色が出て、いかにもミントアイスという感じにもなる。

余談になるが、山口市内でミントリキュールを探すのにちょっと苦労した。最初は


リキュール ドーバーミントグリーン 100ml
​​
この手の小さな、製菓用のを買いたかったのだが、これが全然見当たらない。仕方ないので、酒屋で


ボルス ペパーミントグリーン 24度 700ml 箱なし 【 リキュール お酒 ギフト カクテル プレゼント ミント 洋酒 酒 bols ペパーミント ミントリキュール 内祝い 結婚祝い 誕生日 女性 記念日 誕生日プレゼント お返し 贈り物 母の日 花以外 】【ワインならリカオー】

これを買った。頻繁に作るので結果オーライだった。

製菓チョコレートも、山口だと入手できるものが限られているので、市販のチョコを使うように。

一度、よくある板チョコを使って、あまりに板チョコの味で失敗したので、

【卸価格】カレ・ド・ショコラ<カカオ70>101g(21枚)×6個入り1BOX【森永製菓】

今はこれを使っている。カカオ70の苦いやつ。カカオ分を自由にできるのも自家製ならでは。

レシピは以下。卵を使わず、ヨーグルトを隠し味にしたさっぱり系。シャリッとした食感が楽しめる。生クリームもあまり乳脂肪分の多いものは使わず、35%のものを使用。

うまく作るコツは、とにかく急がないこと。ミントの葉にゆっくり火を通し、ゆっくり冷やしてから生クリームを泡立て、冷蔵庫で冷やしてからチョコを刻んで混ぜ込む。

材料
ミントの葉 8g
牛乳 170cc
砂糖 40g
生クリーム 200g
ヨーグルト 大匙1
ミントリキュール 45cc
チョコレート 40g

1)ミントの葉をあらく刻み、牛乳に入れてゆっくり火を通す。沸騰直前で止め、冷やしてから冷蔵庫へ。
2)砂糖を入れた生クリームを泡立てる。
3)リキュールとヨーグルトを入れ、ザル等で葉を取り除いた1)も入れてよく混ぜる。
4)容器に流し込み冷凍庫へ
5)1時間ほどしたら、取り出して混ぜ合わせる。
6)チョコレートを刻み(Mizumizuはあらめに刻む)、5)に入れて混ぜ合わせ、再び冷凍庫へ。完全に固まるまでときどき、混ぜ合わせる。






最終更新日  2021.04.11 21:22:35


2021.03.25
カテゴリ:Figure Skating(2020-2021)
​不幸な野良猫を救おう!​

やはり、という感じ。拙ブログで「予言」したとおりになった(​こちらの記事​の最後を参照)。スウェーデンで行われたフィギュアスケート世界選手権、坂本選手のショートプログラム。ルッツのエッジに「E」が付き、GOEで減点され、「ルッツを跳ぶ意味のない」点になってしまった。後半にもってきて得点アップを狙った3+3も着氷が乱れて加点が稼げなかった(このジャンプ、いつものような大きさがなかったように思えたのは、カメラの位置のせいだろうか?)。

紀平選手の大技にも容赦ない「q」判定。これで加点が稼げなくなり、得点が伸びず仕舞い。(リザルトは​こちら​)

日本開催の、あまり重要な大会でなければ、あっさり認定+派手な加点で盛り上げるのに、肝心の、オリンピックの出場枠がかかる大会だとコレ。なんだか、あまりに「いつものパターン」​で、見ているのもバカバカしくなってくる。で、オリンピックが終わった直後の世界選手権だと日本選手が好成績をおさめるというパターンね。

こういう採点がさらにファン離れを招いていく。回転不足を厳しく取れば、女子選手はより体重を落とそうとするから、ますます摂食障害が増える。悪循環だ。

…にしても、トゥクタミシェワ選手は見事。3Aに加えて、3Lz+3Tという、女子では最高難度といっていいジャンプを入れ、両方とも認定→加点。彼女は一貫して回転不足対策を重視し、ショートではより確実に跳べる3T+3Tでくることが多かったが、この大事な試合で3Lz+3Tを入れて成功させた。好調・不調の波のある選手だし、これまでオリンピックに波長が合わずにきたという不運はあるが、彼女こそ「女帝」の名にふさわしい、女子フィギュアスケート史上、稀に見る名選手だ。

しょーじきに言ってしまうと、トゥクタミシェワ選手の今回の3Aも3Lz+3Tの3Tもかなり回転はギリギリだと思った。着氷時に氷の粒がだいぶ飛んでいたし、特に3Tは飛距離が出ずに詰まってしまって、相当回転はアヤシイ。でも、認定→気前のよい加点(苦笑)。

若くしてオリンピックの金メダルを「勢い」で獲ると、必ず選手生命は短命に終わる。この悪しき伝統をなんとかしてほしい。ルール策定とその運用の工夫で、いくらでもできるはずなのだが、女子フィギュアの流れは残念ながら、「少女潮流」を加速させている。

トゥクタミシェワという超ド級の才能が、この流れに逆らって大輪の花を咲かせてみせるのか。トゥクタミシェワ選手のショートの好調ぶりを見て、今回のワールドでのMizumizuの期待は、そこに移った。



​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.03.25 15:12:16
2021.03.05
カテゴリ:Essay
​​​​不幸な野良猫を救おう​​

地域猫活動に携わると、「穏健」「やさしい」「他者への敬意にあふれている」といった日本人の表向きのイメージとは違う、弱い存在に対する冷酷さ、残忍な無関心に出会うことも多い。別に特別な人ではない。普通の市民として暮らしている、普通の住民だ。

だから、「川に落ちた猫をウーバーイーツの配達人が救出」なんていうニュースを見ると、うれしくなってしまう。

炎上し、沈没していく漁船から猫を救出するために、海軍兵が泳いで行き、見事背中に乗せて助け出した、なんていうニュースは、なおさら琴線に触れる。

いいニュースだ。

ニュースソースは​こちら​。


漁船の乗組員が救助されたあと、船に取り残された猫たち。不安そうにこちらを見ている。


泳いで救出に向かった海軍兵の背中にしがみつく猫。






最終更新日  2021.03.05 10:19:59
2021.02.24
カテゴリ:Essay
Mizumizuは猫好き。

どのくらい好きかというと、『班猫』を見に美術館へ行ったり、マンハッタナーズというブランドのバッグや財布を揃えたり、猫がデザインされた衣服やアクセサリーを好んで身に着けたり、毎朝ジャン・コクトーの猫のマグカップもしくはダヌーンのサバトラのマグカップでコーヒーを飲んだり、羽生結弦選手が慰問先で猫をナデナデする姿、その手つきを見ただけで、「ウム、彼はデキる(本物の猫好きだな)」と見抜けたりするくらい。

実家には元野良猫が四匹。全員「ワケあり」。エイズキャリアの子、生まれたばかりの子猫時代にひどい猫風邪でしかもお隣のクルマにひかれかけた子とそのヤングマザー、出産を繰り返して将来が危ぶまれる肝っ玉母さん猫――それぞれがそれぞれの理由で手がかかるが、全員が愛しい家族だ。

だから、地域猫の面倒を見ている方々の苦労はひじょーによく分かる。ほっておけばすぐ増えてしまう(そして人知れず悲惨な末路をたどる)野良猫を増やさずに、しかも殺処分をせずに地域猫として見守るための活動に、「TNR」というものがある。もちろんすべての猫を保護して、里親をさがしてあげるのが理想だが、数からいって、それは無理な相談なのだ。

Mizumizuも実家のある山口市で小規模ながら地域猫の会を立ち上げ、行政の認可を得てTNR活動を始めたのだが、これがメチャ大変。まず、野良猫を捕まえるのが大変。そして獣医師のところで去勢(避妊)手術をしてもらうのだが、その調整と費用がまた大変。行政からの支援もあるが、補助金をいただくための手続きと野良猫確保のタイミングを合わせるのがなかなか難しい。補助金が出ても、手術代がそもそも高いので(特別に安くしてくださる獣医師もいるが)、持ち出しがバカにならない。

Mizumizuの立ち上げた会はメンバー3人の小規模なものだが、大きめの組織もあり、ここで捕獲器を借り受けたり、アドバイスをいただいたりしている。それが「かぎしっぽの会」。

この会に入って、長年にわたって活動を続けている方から、「やっと独立したホームページができました」というご連絡をいただいた。

TNR活動について説明したページもあり(​こちら​)、そこからページ下部の「かぎしっぽを応援する」をポチると、支援ページに飛べる。

それが​​​こちら​​​だが、ここからアマゾン、ヤフー、楽天、Qoo10で買い物をすると、「かぎしっぽの会」に支援金が届けられるという仕組み。もちろん、買い手は何も負担する必要はない。通常のアフィリと同じだ。

猫好きのあなた、野良猫問題には心を痛めているが何もできないでいるあなた――どうぞあなたの気持ちを、買い物のときにひと手間踏むことで、自分の時間と費用を使ってボランティアで活動している方々に届けてください。



​​​​






最終更新日  2021.02.24 17:15:40
2020.12.27
カテゴリ:Figure Skating(2020-2021)

【中古】羽生結弦新たなる飛翔 /

羽生選手の全日本V奪還で終わった男子シングル。あまりの「神々しさ」に、どれほど羽生結弦という存在が突出しているか、そして長いフィギュアスケート史上においても、もっとも輝かしい星として語り継がれる選手になるであろうという話を書こうと思っていたのだが、ショートのスピンがノーカウント(無価値)とされたことが大騒ぎになっていることをネット上で知って、正直驚いた。

なので、フィギュアスケートの採点について常に疑問点を呈してきたMizumizuとしては、この問題をまずは取り上げないわけにはいかないだろうと思う。

個人的には、このショートのスピン「0」は、さほど驚くことではなかった。最初にレベルがついたのが、技術審判(日本スケート連盟では「技術役員」と言うようになったらしいので、以後はこれにならうことにする)の審査のあと、ノーカン(無価値)に変更されたという経緯を見ると、たぶん「姿勢」が保持されていなかった、もしくは保持されていたとしても、回転数が足りなかった(とみなされた)ぐらいのことかな? と思っていた。

今季最初の試合だし、こういうことはまま、ある。いわゆる「取りこぼし」だ。ステップでも、「ターンが不十分だとみなされた」ことで、ステップに定評のあるトップ選手がレベルを取りこぼすこともある。こうした取りこぼしは、たいていの場合、トップ選手ならすぐに修正してくるし、修正が可能なミスだ。

すぐに修正できそうに見えて、実際にはなかなか修正できないジャンプの回転不足とは違う。

だから今回も、むしろMizumizuには技術役員の「親心」に見えた。次の大事な国際試合では、しっかり姿勢を保持して、規定回数をしっかり回ることに注力してね、というような。羽生選手ほどの技術力をもつ選手なら修正は容易で、全然心配はいらないはず。

ところが、そうは思わないファンも多く、連盟に問い合わせが殺到したらしい。この行為自体は、言論の自由が保証された社会では特に非難されるものではないが、他の選手でそういうことが起こっても、何の関心も払わない人たちが、羽生選手となると、「おかしい! 説明しろ!」と急に騒ぎ立て、行動を起こし、それがレフリーの事後説明という結果につながるほどの「大波」になったということに驚かされた。

つくづく羽生結弦というスケーターの影響力はすごい。

この問題が「大波」になった背景にあるのは、スピンの点数がノーカンになったことで、またそれが羽生結弦という世界トップのスケーターだったということで、海外のフィギュア関係者も「なぜ?」と理由をさぐろうとし、SNSですばやく自身の見解を発信したこと、そして、発信した人はそもそも「判定がおかしいのでは?」と思う人たちなので、性急に判定の根拠を独断で決めつけてしまったことだ。

メディアも小塚氏や織田氏に質問をして、彼らも答えているが、そもそも技術役員が見るようなビデオを見ることができないまま「答え」を急に要求されても分からない場合があるのは当然だ。フィギュアの採点は技術役員(レベル認定をしたり回転不足などの要件を審査する)と審判員(GOEをつけたり、演技・構成点をつけたりする)が分業で行うのに対し、解説者の立場で見ている元トップ選手は、この2つの分業を統合した解説が求められるから、スピンの回転数まで技術役員と同様の判断がすぐにできるわけがない。

それでも、スケーター関係者は、だいたいが「直前のツイズルがステップとみなされた」「シットポジションでの回転数が足りなかった」の2つの可能性――表現はそれぞれ少し違うものの――に言及していたように思う。別にいろいろな人がバラバラな可能性に言及していたわけではない。

で、試合後にレフリーが説明をして、技術役員の判断そのものはすぐにクリアになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4abf36452d8302fc3bc15402d0b8749d383cc570
関連するルールは『シット・ポジションのためには、回転脚の大腿部が少なくとも氷面に水平』『スピンの姿勢が成立するのは連続した2回転が必要』『足換えあり一姿勢のスピンの場合にはSPではどちらか一方の足で姿勢が成立していなければノーバリュー(0点)になる』で、これらは、今季からの新ルールというわけではありません。羽生選手の足替えシットスピンについては、足換え前はシット・ポジションが成立していますが、足替え後は2回転連続したシット姿勢がなく、シット・ポジションが成立しておらず、ノーバリューという認定になりました」

これ以上ないくらい、とても明快。

これまではファンや一部の関係者が騒いでも、公けに判定の根拠を明らかにしてこなかった連盟だが、さすがに、憶測が一般人の誤解を呼び、それが陰謀論につながっていくのは(しかも、ネット時代になってそのスピードが驚異的になった)まずいと判断したのか、あるいは判定に間違いはないと確信して、これなら公けに公表しても大丈夫と思ったのか、フィギュアスケートとしては「異例の」事後説明となった。

「説明しろ」の声に応えるのがまずいのは、それが際限なく広がってしまうことへの危惧もある。多くの選手の「ノーカン」の説明を事後に行うとしたら、関係者の疲弊ははかりしれない。また、説明したところでその判定に納得しない人もいる(納得しないのが間違っているという意味ではない)ので、そうした人たちから審判員を守る意味もあるかもしれない。

しかし、これは他の競技を見ても、明らかに時代錯誤の考えだ。

そもそもフィギュアは、細かい要件を定めているわりには、判定に使うカメラの数や精度も含めて十分ではなく、おそらくは「見逃されている」場合も多いと推定される。ショートでは、要件を満たすかどうかで減点も厳しい。

たとえば、今回の「羽生結弦スピン0点問題」だが、「おかしい」と騒ぐファンは、どこをおかしいと思ったのか、それを分析してみただろうか?

●スピンの名手、羽生結弦のスピンがいきなり0点になるなんておかしい、絶対sage採点だ!

という結論になったとして、もしそれが、「見た目に工夫のあるステキなスピンだったのに、0点なんて、宇野昌磨をageるための忖度だ」というだけでは、ただの思い込みで、まったく説得力がない。トップ選手はスピンにもいろいろな工夫をこらすがゆえに、そちらに気を取られ、基本要件を満たさないことだってある。

●解説者も含めて、すぐに分からないミスで「0点」はないんじゃない?

これはある程度、Mizumizuも同意する。フィギュアの採点は要件が細かく定められており(ロシアの重鎮、タラソワもアイスダンスの規定に関して、「つば吐きたくなるほど」と批判している)、しかも、頻繁に要件が変わるため、ますます分かりにくい競技になり、それがファン離れを招いている。

同じミスでもショートとフリーでは減点が違う場合もある。これは旧採点時代からの伝統を受け継ぐ意味もあるかもしれない。一般のファンには、ショートとフリーは単に短いプログラムと長いプログラムに見えるかもしれないが、実際には意味合いが違い、ショートでは「求められる要件を失敗なく」行うことが厳密に求められている。

これはこれで筋は通っているのだが、Mizumizu個人としては、それをもっての大きな減点には反対だ。たとえば、女子の宮原選手はショートでループが2回転になってしまったため、「0点」になってしまっている。ジャンプの点数は非常に大きいから、2回転ジャンプの基礎点すらもらえないと、もはやその1つの失敗で「優勝」の可能性はほぼ(100%ではないが)消えることになる。

ショートでの1つのジャンプミスで優勝の文字がほぼ消える。これはまさに旧採点時代もそうだったから、フィギュアスケートはそういうものだ、と言えばそのとおりだが、見ているほうには勝負の面白さをそいでいるとしか言えない。旧採点時代と違って、積み上げた点数で勝負が決まる今のルールでは、なおさら、ショートでの大減点に意義は見いだせない。

そもそも、最近はトップを争う選手たちの点差が何十点と開きすぎる。それもこれもジャンプの基礎点に問題がある。2回転、3回転、4回転の基礎点をもっと接近させるべきで、加点・減点をこれほど派手にする必要はない(5段階に細かく分けることには反対しないが、「重みづけ」に問題があると思っている)。

●本当は、羽生選手はちゃんと2回転回っていたのに、ミスジャッジだったんじゃない?

この可能性は、指摘された箇所をスロー再生して見れば、限りなく低いと思う。

「羽生選手の足替えシットスピンについては、足換え前はシット・ポジションが成立していますが、足替え後は2回転連続したシット姿勢がなく」

というのが今回の判定の根拠だった。足かえ前の姿勢についてもやや不安定だったので、それが判定に影響したのではと指摘している人もいたが、実際には問題になったのは足かえ後。2回転せずに姿勢をほどいてしまったということだ。

確かに、少しだけ2回転には足りなかったかもしれない。それを2回転回ったと判断することもできたかもしれないが、レビューで「やはり足りていない」と判断したということ。

そこに忖度が介入していく余地は多いにあるが、だからといって、2回転回っていないものを回っていないと判断しただけの技術役員を非難するのは間違っている。

今回、技術役員は細かく見て、しっかり彼らの仕事をした。全員のスピンをまったく同様に厳しく見たかと聞かれれば、それを「そうだ」と証明するものは何もないが、今回の案件に関しては、ミスジャッジとは言えない。

だから、結論を言えば、今回の「0点」問題は、問題があるとすれば、技術役員のジャッジングの問題ではなく、非常に細かいミス、普通に見ている分には、スケートのプロでさえ分からないミスで、ショートではいきなり「0点」にしてしまうルールにある。

でもさ…それって今更だと思うのだ。これまでだって、そういうことはあった。Mizumizuは何度も、要件認定での減点が大きすぎる。技術役員が「厳しく」見ることに反対はしないが、人間である以上、見逃しも、あるいは政治的な意味での忖度もないとは言えないのだから、それに対する減点や加点の反映割合をもっと抑えるべきだと主張している。

今回、ファンの声に押されて連盟が「異例」の公式説明を行ったが、これが時代錯誤の「フィギュアスケート村の論理」に穴をあける役割を果たしたのなら、一歩前進ではないかと思う。

説明したがらない理由も「村民」の立場になれば分かる。一番は回転不足判定だが、技術役員がその場その場できちんと判断しているつもりでも、実際には全員を公平に見ているかといえば、おそらくそんなのは人間の能力を超えることなので、「このジャンプは何度足りてないと判断しました」と「説明」したら、じゃあ、こっちのジャンプはどうなんだ、と玉石混交の「検証ビデオ」がYou TUBEに大量にアップされるだろう。

AIを導入しろという意見も増えているが、離氷場所、着氷場所をポイントで規定することから始めなければならず、ジャンプの種類も多く、しかも見る方向によって違って見えるというフィギュアスケートのジャンプの特性を考えると、非常に困難だと思う。

回転不足を細かく見ることに関しては、ISUは絶対に譲れないらしく、「q」マークまで導入され、技術役員の仕事はますます大変になっている。

同じ主張に戻るのだが、技術役員が「細かく」あるいは「厳しく」見ることには、Mizumizuは反対しない。忖度が介入するかもしれないし、ミスもあるかもしれない。ただ、「フィギュアで何が大事か」という点を明確にするうえでは、欠かせないジャッジングだろうと思う。問題は、その重みづけなのだ。基礎点のバランス、派手な点差を生む減点・加点。これらを見直すべきだと、この考えに変わりはない。






最終更新日  2020.12.27 19:55:34
2020.11.29
カテゴリ:Figure Skating(2020-2021)

【中古】 フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法 /荒川静香【著】 【中古】afb

コロナ禍の中、開催されたNHK杯フィギュアスケート。観客はマスクをつけ、静かに着席。エントリーも日本人選手が中心で国際大会の華やかさには欠けたが、シングルの演技は世界トップレベルの技が堪能できる良い大会だったと思う。

フィギュアスケートの人気が高まるのはファンとしても歓迎すべきことなのだが、あまりに商業化されすぎて、このところ選手に過酷がスケジュールを強いる傾向がなかなか抑制されなかった。コロナで練習もままならないというのは悲しむべきことだが、行き過ぎた選手の酷使に少し歯止めがかかる役割を果たしたとすれば、すべてが闇に閉ざされた時代ということでもないかもしれない。

女子フリーは、日本人選手の素晴らしさを再確認できる試合だった。樋口選手がついに決めたトリプルアクセルも見事だったが、覇者となったのは坂本花織選手。圧巻のフリーだった。

特に度肝を抜かれたのが、最後にもってきたコレオシーケンスで見せたスパイラルと大得意のトリプルループ。羚羊のように長く美しい足がジャッジを蹴り上げるがごとくに掲げられ、ジャッジ席の至近距離をものすごいスピードで滑り、あっという間に去っていった。見てるほうは「ジャッジに当たっちゃうんじゃない?」とヒヤリとしたほど。だが、もちろん当たらないようにちゃんと練習しているのだ。その正確性と野性味があまりに斬新だった。そして、それからリズミカルな回転に続く、途切れのないトリプルループ。

もともと坂本選手の大きな武器であるトリプルループ(​こちらの記事​参照)。今回はショートではずし、フリーでもなかなか見せない。最後の最後、クライマックスにもってきて見るものの目をくぎ付けにする、見事な構成だった。

坂本選手のジャンプの大きさには定評があるが、今回は、多くの女子選手が回り切れないセカンドのトリプルジャンプもきっちり回り切って降りてきた。トリプルアクセルや4回転といった大技がないかわりに、加点を多くもらって高得点を出す。

樋口選手との点差が思ったより開いたが、現行のジャッジシステムで重視される、スピードのあるダイナミックな滑りと質の高いジャンプ(スピードを落とさずに入る、入り方にも工夫がある、ジャンプは幅の長さとそれに伴う高さがあり、回り切って降りてきてきれいに流れる)が点数に反映されていたように思う。

個人的には樋口選手の表現力やステップの細かな技術をもっと評価してほしかった。坂本選手のダイナミズムも素晴らしいが、ところどころ粗さも目立つ。樋口選手の、率直でナチュラルな感情表現や身体の中からそのまま出てくるようなエネルギーは坂本選手にはない「味」だし、細かな部分での配慮は坂本選手以上になされていた。樋口選手の表現は「密度」が濃い感じ。

演技構成点での2人の点差がちょっと開きすぎている。技術点の加点の出方の違いがそのまま反映されてしまっているよう。この傾向は男子シングルのトップ選手に対する採点にも見られる。若手でジャンプ「だけ」の選手は、エレメンツの加点は出ても演技構成点を抑えられるというのがパターン化していて、それは正しい傾向といえるが、その段階より上の選手に対しては、もう少しエレメンツの質と全体的な表現力の評価を分けて見る努力をすべきかなと思う。そうでないと公平感に疑問がつく(まぁ、いまさらフィギュアの採点が徹頭徹尾「公平」だと信じてる人もいないかもしれないが)。

坂本選手の不安要素である3ルッツも、「う~ん」という感じ。今回加点をもらっているが、ループのように足を交差させて跳ぶルッツは、エッジに不安のある選手がよくやる「手」だが、ショートはともかく(見る角度にもよるので何とも言えないが)フリーはテレビで見ていても、最後の最後にエッジが中立になっていないか? やや不安が残った。

日本で開催される大会だと甘くつけてくれるが、もっと格式の高い大会だといきなりてのひらを返す。そうなる悪寒が少し、ね。






最終更新日  2020.11.29 12:11:57
2020.11.06

竹内栖鳳【電子書籍】[ 近代絵画研究会 ]

Mizumizu母と山種美術館に行ったのは、竹内栖鳳(たけうち・せいほう)の『班猫』を見たかったから。

だが、それ以外の作品も素晴らしく、竹内栖鳳という日本画家の天才ぶりを再認識させられた。『班猫』にはモデル猫がいて、栖鳳はこの猫と沼津(静岡県)で出会っている。八百屋で飼われていた猫の寝姿に魅せられた栖鳳は、飼い主から譲り受けてこの猫を飼い、観察を続けたという。



このまなざしにはゾクッとさせられた。宝石のような瞳の奥に猫の野生と魔性が宿っている。毛づくろいしながら、観察する人間を猫もまた警戒心をもって観察し返している。観察しながら、自分に興味をもつ人間になにかしらのアピールをしているようにも見える(「なんかいいもんでもくれるの?」)。これは猫がよくやる行為だ。ある程度距離を保っていれば、猫は自分の作業を続けるが、危険水域まで人間が近づいてくるとサッと逃げる。

猫好きはやたら猫を「かわいく」デフォルメしがちだし、昨今はそんな猫の絵が多いが、そこは王道の日本画家、徹底した観察力と卓越した技量で、猫の持つ神秘性までも描いているようだ。

猫が目当てだったのだが、『緑池』という蛙の絵も素晴らしかった。写真でもなく、動画でもなく、人が絵を見たくなる理由、その答えがこの作品にある。

日本画の良さを再認識して、大満足で展示室を出たあとは、「おいしい」と評判のカフェへ。



確かに、おいしい、ここのカフェ。Mizumizuが頼んだのは、チーズケーキ。満足なり。



Mizumizu母は、さっぱりとした柚子シャーベット。絶賛でした。

ここのカフェは、実は和菓子を売りにしているようで、テイクアウトしたのだが、個人的には洋菓子のほうが好きだった。

山種美術館は、コロナ禍での収入減に立ち向かうべく​クラウトファンディング​を立ち上げている。寄付は順調に集まっている模様。こういうニュースを聞くと実に嬉しい。

日本画はあまりもてはやされることはないが、根強いファンがいてくれる。来ていた客はシニア層オンリーだったが、若いころは興味がなくても、アートに親しみながら年齢を重ねた人々の「受け皿」になってくれる芸術だろう。

しかし、厳しい道だよなあ…。いや、本人は好きだから、そうネガティブには考えなかったかもしれないが。竹内栖鳳が『班猫』を描いたのは60歳。この域に達するまでに一人の画家が費やした時間、長い道のりを考えると気が遠くなる。この道を追ってくれる画家が、どうか絶えませんように。






最終更新日  2020.11.06 19:54:39
2020.11.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

【中古】 万葉の人びと 新潮文庫/犬養孝(著者) 【中古】afb

采女の袖吹き返す明日香風 都を遠みいたづらに吹く

Astonish!
 
アスト、おめでとう!



        ​






最終更新日  2020.11.05 15:27:43
2020.11.03

ホテルルートイン東京阿佐ヶ谷

今は東京にいる。

コロナが落ち着いてくれるのを祈りつつ、山口で隠遁生活(?)を送っていたが、待っていてもコロナは終息しそうにないし、長い間留守にしている東京の家も心配。いい加減しびれを切らして東京に戻ったのが先月のアタマ。

山口にいると、東京は「コロナが渦巻いている」あぶないところ…のような気がすることもあったが、戻って生活してみれば、いたってフツー。もちろん外ではほとんどの人がマスクをしているし、店に入れば必ず消毒薬がおいてある。そこはコロナ前とは変わったが、みなフツーに出歩き、フツーに買い物し、フツーに働いている。

飲食店の対策は正直言うと、結構店によって差がある。物凄くしっかりしているところと、「大丈夫か、ココ?」というところもある。

しかし、やはり東京のモノの多さ、飲食店の多彩さは、凄いと思う。

東京に戻ってすぐに、広尾の山種美術館にMizumizu母と行った。素晴らしい日本画を鑑賞したあと、駅までの下り坂をぶらぶら歩いて、途中で見つけたこじんまりとしたイタリアンの店に入ったのだが、ランチの安さにたまげた。

料理2品に飲み物がついて、1800円ですと? やっす!

広尾で、こんな値段でやっていけるのか? しかも、料理は実に本格派だった。



前菜に選んだサラダ。野菜に加えて生ハムやサツマイモなども入っている。いろいろな具材のハーモニーが楽しい。一緒に行ったMizumizu母は、サラダ大好き人間。それも野菜だけでなく、フルーツやナッツ、肉などとアレンジしたサラダに目がない。そのMizumizu母が、ドレッシングも美味しいと絶賛していた。



プリモのチーズリゾット。イタリアを思い出させるアルデンテでチーズたっぷり。黒コショウも効いている。量は少ないが、シェフの腕の確かさが実感できる一皿だった。

あ~、やっぱり東京は凄い。しかも、なに? この安さ。

あとで調べたらこの店(オステリア・ルッカ)のオーナーシェフは、それなりに有名人らしい。好みはあるだろうけれど、腕は確かだ。

山口は案外、外食が高いのだ。いや、安い店ももちろんあるが、そこそこの味のものを食べようと思うと、決して安くはない。驚くほど腕のいい作り手のいる店も稀にあるが、そういうところは総じて高い。

家のある中央線沿線駅にも、さまざまな飲食店がある。以前東京にずっといた時は、あまりそういう意識もなかったのだが、山口にしばらくいて、出てきてみると、その豊富さ、多彩さに改めて圧倒される気分だった。

山口ではあまりお目にかかれないタイ料理やベトナム料理の店だって、選択肢はかなりある。もちろん、イタリアンやフレンチ、ラーメンもあるし、カレーもある。肉料理や魚料理や… ランチだったら1000円以下で、いろいろな店でいろいろなものが食べられる。

ということで、Mizumizu母が短期間で山口へ帰ったあとは、Mizumizuはもっぱら外食ばかり。

やっぱりねえ、東京の消費文化は凄いし、捨てがたい。コロナで田舎に避難した人たちも、そのうちまた戻りたくのではないかな。






最終更新日  2020.11.03 20:50:35
2020.06.06
カテゴリ:Essay
5月後半に収穫量が落ちてきたイチゴ。6月に入って、量は少ないが大きめで形のよいものが採れ始めた。1日3~4個程度だが、不思議なことにたくさん採れていたときより味がよいよう。3個に1つぐらいは相当甘くてジューシーなイチゴに当たる。





そう言えば、去年苗を買ったとき、2種類(5月収穫と6月収穫)のものを買ったような気がする。品種名は「あまおう」だったか「とちおとめ」だったか。あるいは「紅ほっぺ」だったか――。よく聞く名前だったが、家族の誰もはっきり憶えていなかった。

採れる量が減ってしまったので、イチゴアイスには足りない。今イチゴは、スーパーでは安いものならひとパック300円ぐらいで売っている。それで、スーパーのパック売りのイチゴに自家製を数個混ぜて砂糖漬けにしてアイスにしてみた。

結果は…

100%自家製イチゴアイスに「やや」軍配。あまり違わないと言えば違わないのだが、スーパーのは、そもそも生で食べても味があまりなかったので(味も自家製イチゴの「3個に1つ」に軍配)、アイスにしても果実的な酸っぱさが足りなかった。色味も自家製のほうがきれいなピンクになり、スーパーものはやや白っぽかった。

このごろ市販のイチゴって全般的に味が落ちた気がするのはMizumizuだけだろうか? 見た目は整っていて表面はきれいな赤色だが、甘みも強くなく、大味なものが多いような。

自家製イチゴは、そういう意味では、植えて正解だった。美味しいアイスが何度も楽しめたし、今回はアイスばかりだったが、プリザーブにしてイチゴジャムとして食べてもいいだろうし、イチゴソースも作れたと思う。

ランナーも伸びてきて、また来年も(ほったらかしても)収穫できるかな…と都合のいいことを考えていたら…

炭疽病が出てる葉っぱがある!

と書くと、もともとイチゴの病気について詳しいみたいだが、葉っぱに変な斑点があるのに気づいてネットで調べて分かったのだ。

慌てて炭疽病(か、もしかしたら輪斑病)の出ている葉だけ切ってみたが、よくよく見ると、それほどひどくなくても、ポツポツとかなり広がっている。

あらら…

季節も梅雨っぽくなってきていたし、ほったらかしで茂りすぎていたのが原因のよう。イチゴの実が地面につかないよう、紐でひっぱって茎にくくったのもよくなかったようで、くくった茎の葉に多く斑点が出ていた。行き当たりばったりの素人栽培の当然の帰結のような感じ。

ランナーから伸びた新株もよく見ると、斑点の出ている葉がある。こりゃダメだ…

今のところ枯れてる株はない。ただ、ランナーから健康な株が育つかどうか分からない。しばらく様子見だ。

イチゴは育てやすいが、美味しいイチゴは育てにくい、というのはよく言われることだが、やはり病害にも注意が必要なんだな、当たり前のことだが。2年目の株が病気にならずに、うまく収穫まできたのはラッキーだったが、2匹目のドジョウ…ならぬ3年目のイチゴは、さすがにほったらかしではダメそう。

つくづく、農家は偉大だ。←結局、結論はコレ。


ストロベリーガーデン 100g 【ロンネフェルト】 かわいいイチゴの甘酸っぱさが香ります






最終更新日  2020.06.06 22:45:04

全1401件 (1401件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.