20628918 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Category

カテゴリ未分類

(11)

Interior

(35)

Travel

(91)

Travel(ベトナム)

(41)

Travel(フランス)

(65)

Travel(ハワイ・NY)

(36)

Travel(タイ)

(82)

Travel (イタリア&シチリア)

(47)

Travel(チェコ)

(11)

Travel (インドネシア、バリ)

(18)

Travel(日本)

(35)

Travel(日本、九州)

(37)

Travel(日本、中国地方)

(24)

Gourmet (Asian)

(10)

Gourmet (Japanese)

(11)

Gourmet (European)

(22)

Gourmet (Sweets)

(66)

Gourmet (Curry)

(18)

Gourmet (Others)

(7)

Gourmet(荻窪)

(13)

Gourmet & Shop (西荻窪)

(8)

Gourmet(阿佐ヶ谷)

(3)

Gourmet & Shop (吉祥寺)

(6)

Recipe

(3)

Essay

(92)

Movie

(158)

Movie(フランソワ・トリュフォー)

(3)

Movie(ジャン・ピエール・メルヴィル)

(3)

Movie (アンドレ・ユヌベル)

(4)

Movie(フェデリコ・フェリーニ)

(10)

Movie(エットレ・スコラ)

(1)

Movie(ドミニク・サンダ)

(4)

Movie (ベルナルド・ベルトルッチ)

(1)

Movie(ルキーノ・ヴィスコンティ)

(4)

Movie(ジュード・ロウ)

(12)

Art (ジャン・コクトー&ジャン・マレー)

(12)

Art(オペラ・バレエ・ミュージカル関連)

(6)

Figure Skating

(26)

Figure Skating(2008-2009)

(90)

Figure Skating(2009-2010)

(49)

Figure Skating(2010-2011)

(71)

Figure Skating(2011-2012)

(1)

Figure Skating(2013-2014)

(20)

販売書籍のご案内

(1)

Figure Skating(2014-2015)

(28)

Figure Skating(2015-2016)

(8)

フィギュアスケート(2016-2017)

(4)

Travel(日本、関東)

(5)

フィギュアスケート(2017-2018)

(3)

Recent Posts

Rakuten Card

Rakuten Ranking

Shopping List

Favorite Blog

ゴロワのブログ GAULOISES1111さん
まいにちてでぃ あーきさんさん
++くるすROAD++ +くるす+さん
クルヴェットゥ ジ… えび新聞さん
結婚生活 日々のつ… プリちゃん0229さん
April 12, 2017
XML
4月10日の夜、何とはなしにテレビを見ていると、緊急速報の音声表示。どこかで地震でもあったかと思いきや、浅田真央選手引退のニュースだった。

そのあとは、テレビは浅田真央一色。次々に特番を組むテレビ局。改めて浅田真央という存在が、フィギュアスケートという範疇を超えた一大スターであることを思い知らされた。

最後の試合となった全日本で、Mizumizuが秘かに注目していたのは、実は本田真凜選手。浅田真央の「次」のスターがいるとしたら、その候補者は本田真凜しかいない。競技者として素晴らしい選手は多くいるが、説明のつきにくい「華」というものを備え、チケット代を払ってでも見たいと思わせるファンを多く呼び込める選手はなかなかいない。

これから世界に羽ばたくであろう本田真凜が、どれほどの輝きを見せるのか、浅田真央が登場する舞台だからこそ見比べてみたかったのだ。

結果は――試合結果ではなく――やはり浅田真央の「魅せる力」に及ぶ選手は、まだまだいないな、という感想に終わった。ジャンプに回転不足が多いにしても、ちょっとした体の使い方を含めたプログラムの密度は圧巻だった。フリーなど、あっという間に終わってしまった感がある。

伸び盛りの若い力には魅力はあるが、高橋大輔氏が述べたように、浅田真央はやはり「別格」だった。このブログで何度も書いているが、美しいものは誰が見ても美しく、凄いものは誰が見ても凄いのだ。

スポーツ選手は「強い者」に人気が集まる。だが、浅田選手に関して言えば、試合で結果が出なくてもファンが離れることはなく、したがってスポンサーも離れず、一種、宗教的とも言える人気を誇り続けた。

もちろん、それは彼女の魅せてくれたパフォーマンスが空前絶後だったから。ソチのフリーは、「伝説」という言葉さえ安く感じられるほど。阿修羅のように鬼気迫り、女神のように気高く、リンクがそのまま天上世界に移行してしまったかのような表現世界。誰も近づくことさえ許されないような至高の世界だった。

朝日新聞DIGITAL編集部が、「引退を表明した浅田真央選手。その歩みを、様々な形で振り返ります。ソチ五輪ショートプログラム16位からの鮮やかな切り替え、印象深い生い立ち、そしてすべてを勝負・演技にかける姿勢。ウェブ技術を駆使してお送りします」として、美しい写真とともに、デジタル特集を組んでいるが、
http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/lastdance/

その中に出てくるフリーの得点。その演技構成点の低さには、今更ながら失笑してしまう。「滑走順」と解説者が言い訳したが、「スーパーのレジ係」になってしまったジャッジの点など、このようなものだ。世界中に驚きと感動を与え、誰しもが賞賛する演技の「パフォーマンス」にも「振付」にも「解釈」にも、このような点しか出せなかったことも、今後物笑いのタネ語り草になるだろう。

ソチの女子シングル金メダリストの演技は忘れても、浅田真央のフリーは誰も忘れることはできない。これから時を経るにつれ、その輝きは褪せるのではなくますます強まり、ソチの女子フィギュアと言えば浅田真央のフリーということになるだろう。

連日の浅田真央報道を見るにつけ、これほどのスターがこれから先、出るだろうかと思わずにはおれない。得点から言えば、ロシアの「最強女王」メドベージェワが、史上最高得点を更新し続けているが、浅田真央時代にあったような熱狂はすでにそこにはない。

今後、どれほど採点システムを攻略しつくした女王が出ようが、浅田真央ほど国中を熱狂させ、泣かせ、笑顔にするスターは出ないように思う。そして、これほどまでに商業的な成功をもたらす選手も。

これからも、浅田真央のファンには、アイスショーに足を運ぶことで彼女を支えてあげてほしいと思う。これだけのニュースになったのだから、今年のTHE ICEの動員に問題はないだろう。だが、1年たち、2年たち、5年たったら?

5年たっても、10年たっても浅田真央には滑り続けていてほしいと思う。フィギュアを一時的なブームに終わらせずに、アイスショーがショービジネスとして成り立つようになってほしいと思う。

男子では高橋大輔がいる。女子では浅田真央。この2人のスターが、これからますますアイスショーを盛り上げていってくれれば。バレエやオペラを見に行くように、人々がアイスショーを見に行く。時には新作を楽しみに、時には伝説のプログラムを見るために。

それがMizumizuの今の一番の期待だ。浅田真央ファンはこれからも、長く地道に、彼女を支えていってくれればと願っているし、Mizumizuもそうするつもりだ。






Last updated  April 12, 2017 09:16:25 PM
[フィギュアスケート(2016-2017)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.