22688090 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

Gourmet(阿佐ヶ谷)

2009.12.19
XML
カテゴリ:Gourmet(阿佐ヶ谷)
エキストラバージンオリーブオイルは阿佐ヶ谷のブオーノイタリアで量り売りで買っている。

ここのオリーブオイルはイタリア中部のウンブリア産。ピリッとした辛さが特徴のかなり個性的なオイルで、気に入っている。が、実は、基本的にはエキストラバージンオリーブオイルはもっと南のもののほうが好き(苦笑)。イタリア旅行をして、オリーブの老大木の堂々たる姿に驚くのは、やはりプーリア州やシチリア島なのだ。

南のオリーブオイルは、ざっくり言ってしまうと、もっとフルーティだというイメージがある。油というよりジュースに近くなってくる。

高級スーパーには瓶詰めのものが売られているが、できれば量り売りでフレッシュなオイルを売ってくれる店で買いたい・・・

と思っていたら、さすがにそこは、何でもある東京。

世田谷区砧に、シチリア産のエキストラバージンオリーブオイルを量り売りしてくれる店を見つけた。その名も「ダ・ノンナ」。

オリーブは11月が収穫の時期。なので、今の時期は絞りたてのオリーブオイルを買うのにはちょうどいい。そう思って行ってみたら案の定、「12月5日に届いたばかり」というフレッシュなエキストラバージンが売られていた。

住宅街の一角にある、小さいけれどセンスのいい店。芸能人が大好きな世田谷の高級住宅街には、こういう店が珍しくない。

エキストラバージンオリーブオイルは、鮮度が命。重宝がって台所の隅に置きっぱなしにしておくと、味がガタ落ちになる。日本の高級スーパーで売られている高級エキストラバージンオリーブオイルがどうももうひとつなのは、鮮度に問題があるのだと思う。

ダ・ノンナのオリーブオイル
こちらが、11月にシチリアのカルタニセッタで絞ったばかりだという、正真正銘フレッシュなエキストラバージン。これで1743円ってのは・・・ハッキリ言ってかなり高い。値段から考えれば阿佐ヶ谷の店ほうがお得感がある。

何でもそうなのだが、杉並より世田谷のほうがモノの値段が一段高い。芸能人が好んで住むあたりになると、郊外――という言い方が適当かどうかわからないが、とりあえず、都心ではない――なのに港区並みの物価になる。

肝心のお味は・・・うん、うん。想像したように、ウンブリア産(阿佐ヶ谷)のものよりフルーティ。最高級とは言わないが、かなり次元の高い農家から仕入れていることは間違いない。

エキストラバージンオリーブオイルというのはワインと似ていて、値段が高いもののほうが基本的に美味しい。だが、日本で売っているモノは現地とは値段が逆転したり、反対に差が極端に開いたりすることがある。長持ちするものでもないし、農家によって生産量も違ってくる――つまりインポーターからすれば、仕入れの量が制限されるということ――し、このあたりは致し方ないといったところか。

透明な入れ物だと、光が入って酸化しやすい。なので・・・
スペインのトレドで買った陶器
スペインのトレドで買った、素朴な陶器の入れ物に移しかえた。

普通はVマーク=バルサミコ、A=オリーブオイルだと思うのだが、我が家では両方ともエキストラオリーブオイルで、ウンブリア産とシチリア産それぞれ直輸入のフレッシュな味が楽しめることになった。

贅沢な時代だ。

お店情報:
ダ・ノンナ
世田谷区砧3-2-22 電話:03-5494-7437
営業時間 平日:午前11時から午後8時、土日祝:午後1時から午後8時
danonnna











最終更新日  2009.12.20 10:51:03


2008.01.11
カテゴリ:Gourmet(阿佐ヶ谷)
阿佐ヶ谷も荻窪、西荻窪、吉祥寺とはまた違った意味で非常に魅力的な街。荻窪とは中央線で一駅違いなだけだが、なぜか住人の平均年齢は低い気がする(笑)。若者が多いのだ。爆笑問題の事務所があるとかで、同事務所の社長さん(つまり太田光の奥様)が、阿佐ヶ谷に集う若い女性を称して「アサガヤンヌ」という呼び方をはやらそうとしたとかしないとか。

ひところ羽田空港でよく宣伝していた「東京ばな奈」。若者を中心に東京のお土産としてかなり売れたらしいのだが、このヒット商品を開発した店は、実は阿佐ヶ谷にある。その会社は、銀座にも出来たてスイーツを食べさせてくれる店を出している。「銀座 ぶどうの木」だ。

「銀座」といいながら、実は本店は阿佐ヶ谷で、阿佐ヶ谷では「ぶどうの木&鎌倉座(銀のぶどう)」という名前。ちなみに会社としては株式会社グレープストーンといい、もともとは食器屋さんからスタートしたらしい。商品ブランドとしては「銀のぶどう」を使うらしい。なにやら複雑なのだが、実際、阿佐ヶ谷の「ぶどうの木」に行くと、食器も売られていて、奥にフレッシュなスイーツコーナーがあるというつくりになっている。

もちろん、東京ばな奈もあるが、ここでの人気商品は、なんといっても「かご盛り 白らら」だろう。
ぶどうの木

超ふわふわのレアチーズケーキで、北海道の六花亭の「帯広の森」や、世田谷桜新町のプラチノにある「アンジュ」などと同じ系統。ただ、フルーツソースはかかっていない。

甘くはかない食感が舌のうえで溶けていく瞬間がなんともいえない。銀座店にもあるのか、いつだったか、テレビでIKKOと的場浩二(どういうカップリングなんだか?・笑)が、明らかにコレだと思われるスイーツを食べていた。

ビックリしたのは的場浩二。この大きなかご盛りスイーツを1人でほとんど食べつくす勢いだった。甘さは強烈ではないけれど、ふつーの人は、イッキに食べられるものでもないと思う(苦笑)。

だが、何人かで分け合って、すっぱめのフランボワーズソースをかけたりしながら食べるには最適。もちろんそのままでも美味しい。











最終更新日  2008.01.11 09:21:37
2008.01.10
カテゴリ:Gourmet(阿佐ヶ谷)
エクストラバージンオリーブオイルも、最近では多種多様なものが売られるようになった。浜田山あたりの高級食材店に行けば、カンパーニャ産、シチリア産、プーリア産というように、イタリアの地方ごとに区分されたエクストラバージンオリーブオイルが売られているし、ペックのような有名ブランドのものも簡単に手に入る。

だが、イタリア人の友人は、エキストラオリーブオイルは「オリーブ農園を経営してる農家に行って直売してもらってる」という。それが一番おいしいのだと。

さすがに、日本でそうしたライフスタイルは望むべくもない夢だろうと思っていたのだが、実は身近なところに、その夢をかなえてくれる店があった。阿佐ヶ谷の「ブオーノイタリア」だ。

ここはイタリアのウンブリアの村の農家の自家製エクストラバージンオリーブオイルを空輸して扱っている。基本的に量り売りで、一度瓶を買って次回から持参すれば、樽からオリーブオイルを直接出して瓶に入れてくれる。まさに農家の直売に近い。

オリーブオイル

濾過もしていない、フレッシュな本物のオリーブのジュース。イタリアではよく、子供にエクストラオリーブオイルをスプーンで一口か二口、そのまま飲ませている。「油」をそのまま飲ませるなんて、信じられないと思うかもしれないが、「ジュース」を飲ませているといえば、納得できるだろう。しかも、そのジュースは砂糖の入った甘いものではなく、トコフェロールやポリフェノールをふんだんに含んだ健康食品なのだ。

ブオーノイタリアのオリーブオイルはそのまま飲むとピリッとした辛さを感じる。だが、パンにつけて食べると、辛みはあまり感じない。オリーブオイルにパルミジャーノレッジャーノをすって入れるのも、イタリアの家庭ではありふれているが、なんとなく日本やるとリストランテ(イタリアレストラン)に行った雰囲気になる。

パン+エクストラバージンオリーブオイルというのは、実は昔は南イタリアの貧しい農家の食事の典型だった。だが、大地の恵みを一番シンプルな形で直接味わうという意味では、今はもっとも贅沢な食事のひとつかもしれない。






最終更新日  2008.01.10 05:20:02

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.