22609574 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Gourmet (Sweets)

2019.01.18
XML
カテゴリ:Gourmet (Sweets)





新宿の伊勢丹デパートの地下食品売り場で、わりと目立ってるFika。ショーケースをのぞくと、いかにも北欧風のクッキーが並んでいる。


箱のデザインも北欧風でカワイイ。


てっきり北欧のお菓子屋が日本に進出したのかと思いきや、実は北欧をコンセプトにした伊勢丹オリジナルブランドだった。

そのせいかのか、デザインはいかにも日本人がイメージする北欧だが、味はきっちり日本人好みになっている。パッケージのデザインもこじゃれているので、お土産にも良さげ。

クッキーの種類ごとに写真手前のようなモダンでカラフルなデザインの箱がつく。詰め合わせも用意されていて(上の写真の向こう側の細長い箱)…


中身はこんな感じ。左側の馬形クッキーは、封をあけるとふわっとバターの香りが漂うしっとり系。

右のパウンドケーキは…


シナモンがこれでもかってぐらい効いている、案外に大人の味。


こちらの箱詰めクッキーは、ハッロングロットル
という名前らしい。へー、何語だ? 知らなかった。この名前自体は知らなかったが、この手のクッキーはよくある。生っぽい生地にジャムを詰めたモノ。こういうクッキーが好きな人には美味しい。逆に嫌いな人には、やっぱり受けないだろうなと思う(まったくもって意外性のない感想だ)。

ちなみに、Mizumizuは大好き。生地はバター感ほのかで、甘さも控えめ。口に運ぶとほろほろと崩れる。写真のジャムはアプリコット。このほかにストロベリーもあるが、個人的にはアプリコットジャムが好き。この手のクッキーはよくあるが、その中でも素材の良さが光る。リピート確定。



上の写真右は、ストロベリージャムのハッロングロットル。ジャムがあまりに甘くてフツー過ぎた(だから、こちらのリピートは、ないな、多分)。
左はシナモンとジンジャーを効かせたハード系のクッキー「ペッパルカーコル」で、ハッロングロットルのようなふにゃっとしたクッキーは苦手、でもスパイスを使った硬めのクッキーは好きという人には受けるだろう。ちなみに、Mizumizuはどっちも好き。ペッパルカーコルは、明らかに大人の味。

子供向けかと思いきや、案外に大人向けのクッキーだった。しかも、様々な嗜好に応えられるようにラインナップが幅広い。幅広いから、誰に贈っても、1つは好みのものがありそうだ。その意味でとても無難なお土産だと思う。

クッキーは日持ちもするし、見た目も味も高レベル、実家へのお土産にしようかな――と、思ったら、同じようなことを考える人が多いのか、新宿伊勢丹のFika売り場、2018年の年末は凄いことになっていた。


見よ! この「中間地点」のプラカード。行列が長すぎて、他の売り場の迷惑になるので、行列をいったん区切っているのだ。


「最後尾」はさらに遠い。これじゃ、いつになったら買えるか分からない。

もちろん、こんなことになっていたのは年末の帰省シーズンだけ。クリスマスの頃もそれなりに行列だったが、これほどではなかった。いやいや、人気店なのね、Fika。

だが、人気店はたいてい、凋落も早い。

それこそ毎週末「中間地点」のプラカードが掲げられてた、東京進出当時の堂島ロールも、いまや行列どころか、買い手すらまばらな状況。そのうち東京から撤退するかもしれない。つくづく、ブームというのは続かない。

帰省シーズンのFikaの人気も、いつまで続くだろう? とりあえずMizumizuは、混む時期を外して買う、ことに決めた。






最終更新日  2019.01.18 17:52:50


2019.01.09
カテゴリ:Gourmet (Sweets)





ホレンディッシェカカオシュトゥーベのお菓子は、クセになる味のものが多い。一口食べてインパクトがある派手なスイーツとは一線を画す、どこか懐かしい正統派の味。

こちら↓のマルガレーテクーヘンも、いろんな意味でドイツっぽさ満開。


マルガレーテ=マーガレット、クーヘン=ケーキという、工夫も何にもない、見たまんまのストレートなネーミング。満開のマーガレットの花一輪を、ケーキの上に咲かせたベタすぎるデザイン。かわいいと言えば、かわいいが、小学生の描く絵みたいだ。

切り分けてみると…




それなりにかわいい。そして型崩れしないのが素人にはありがたい。

味はといえば… しっとり・さっくりした、少しだけサバラン寄りのパウンドケーキといったところ。ラズベリーで爽やかさをプラスしたアンズジャムが、そこはかとなく効いている。この「効き目」、最初はそれほど意識されないが、何度も食べるうちに、クセになってきて、「また食べたいなー」という願望を時限爆弾のように、あとから呼び起こす。

不思議だ、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ。

花の材料はマジパンだそうで、それだけで食べるより、生地と一緒に味わったほうがいい。花の部分だけだと、あまり美味しくはないのだが、生地の風味にしっとり感をプラスし、アーモンドの風味を加える。ここにあまり主張しすぎないフルーツの甘酸っぱさが忍び込み、なんとも言えない独特な味になる。ふんだんに使われているバニラビーンズの甘やかな香りもいい。

単純なようでいて、奥深い味。奇をてらうことのない正統派の、洗練されたドイツ菓子。いいなぁ、ドイツ。フランスやイタリアとは違う美意識とこだわりがお菓子にも息づいている。






最終更新日  2019.01.09 18:13:57
2019.01.08
カテゴリ:Gourmet (Sweets)





2017年7月の記事(​こちら​)で紹介したホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ。あの当時は、値段設定も高めだし、もしや数年内に撤退してしまうかな…と危惧していたのだが、なんのなんの。店舗を増やし、快進撃を続けている。

一番のオススメは何といってもバウムシュピッツ。


その他にも様々なラインナップがあり、それぞれにファンがついているようだ。クリスマスの時期に新宿伊勢丹の店舗に行ったら、それなりに混んでいた。「ま~、そんなものかな。クリスマス過ぎればすくでしょう」と思い、年末に銀座三越の店舗を覗いてみたらびっくり!

なんとなんと長蛇の列ができているではないか。

こんな感じで、店のショーケースに近寄ることもできない混雑ぶり。「最後尾」のプラカードを持った人がお客の整理に当たっていた。

これじゃ、買うまでに小一時間はかかりそうだ。

こんなに混むことはめったにないので、もちろんこの日は何も買わず。想像するに、年末の帰省にあわせ、ちょっとオシャレなドイツ菓子をお土産に買いたい人が多かったのだろう。確かに、ありそうでなかなかない味だし、日持ちするものも多い。それにしても、こんな行列になるほど人気沸騰(?)してるとは思わなかった。

で、明けて1月5日、土曜日。同じく銀座三越店の同店舗を覗くと…



コレ↑、年末とほぼ同じ方向から撮ってるのだ。年末は人が多すぎて近づけなかっただけ。1月5日になると、あの行列は夢か幻かってぐらい、ショーケースが遠くからも丸見え。

この落差に二度びっくりした。

結論:「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベは年末は避けるべし」。

バウムシュピッツがイチオシであることは変わりないが、もちろんそれだけではない。



こちらは王道のバウムクーヘンのチョコレートがけ、その名も「クラシックバウム」。材料を比べると、バウムシュピッツに使われているアンズのジャムがこちらには入っていない。素材の違いはそれだけのよう。

バウムシュピッツにアンズが使われているとはいっても、真ん中に薄いジャムの層がサンドしてあるだけなのだが、Mizumizuはほのかなアンズの風味が漂うバウムシュピッツのほうが好み。逆に、ジャムの風味は邪魔だと思う人にはクラシックバウムのほうが好まれるかもしれない。

あとは、チョコレートの量の違い。バウムシュピッツは細かく切ったバウムクーヘンをそれぞれチョコレートでコーティングしているので、チョコ量が多い。このバランスの違いも好き嫌いの分かれ目だろう。もちろん、Mizumizuはチョコレート量が多いバウムシュピッツに軍配。

その他のオススメのアイテムについては、また次回のエントリーで。






最終更新日  2019.01.08 22:16:02
2018.05.24
カテゴリ:Gourmet (Sweets)
休日ともなれば行列の絶えないピエール・マルコリーニ銀座。パフェが目玉商品だが、さすがに何度も通ううちに、別メニューを試すようになった。

そんな中、スイーツは全体としてあまり好きではないが、チョコレートには贅沢な嗜好の持ち主のMizumizu連れ合いが、ことのほか気に入ったのが、こちら。


甘くない生クリームが添えられている。味は濃厚、そして厚みのある分、しっとりとさっくりの食感の違いも楽しめる。生チョコを食べているようでもあり、ホロホロ感の残るケーキを食べているようでもある。その「混在感」が魅力。まさに「チョコレート」「ガトー」だ。カカオに並々ならぬこだわりを持つピエール・マルコリーニならではの逸品だ。

実はコレ、お持ち帰り用にホールのものも売られている。



さっそく、生クリームを砂糖なしで泡立てて…



たっぷり添えていただく。

一口目は大いに感動。だが、さすがにホールとなると、濃厚すぎて2人には量が多い。賞味期限も長いものではないから、最後はMizumizu、Mizumizu連れ合いで譲り合いになった。

甘みもかなり強いので、インパクトはあるが、その分、飽きが早かったということだ。ならば、自家製でもうちょっと甘みをおさえたチョコレートブラウニーを作ってみようと思い、実行してみたら、これがMizumizu連れ合いにはことのほか好評だった。

それについては、また次のエントリーで。










最終更新日  2018.05.24 11:49:41
2018.01.01
カテゴリ:Gourmet (Sweets)
2017年の大みそかは新宿高島屋へ。地下の食料品売り場は押すな押すなの大混雑だった。

2017年はそこそこ景気の良い年だったのかな、と思う。個人的に、仕事の面ではたいしたことはなかったが、といってマックラな不景気でもなかった。そこそこ。

世の中を見渡すと、株価も上がり、土地も一部で暴騰している。バブル感を孕みつつ1年が終わったという印象。

午後4時から航空便で運んできたという京都の和菓子が店頭へ。あっという間に行列ができていて、たまたま通りかかったMizumizuも威勢の良い掛け声につられて並んでしまった。

「こちらお年賀用で、明日までのお日保ちです」という正真正銘の生上菓子を購入。

明けて、新年。



抹茶はまさしくジャパニーズ・エスプレッソだろう。茶道の心得など何もないのだが、抹茶の味は好きなので、家では自己流で抹茶を点てている。このごろはYou tubeで「抹茶の点て方」を検索すれば動画が出てくる。お湯の量・適温・点て方のコツなどすぐに分かるので、自己流でもそこそこ楽しめる。

京都から飛行機で運ばれてきた生菓子は、文字通り「はんなり」していて、甘すぎず、素材の持ち味が舌の上でほのかに溶けた。抹茶のほうは点て方が自己流なら、いただき方も完全に自己流。抹茶をまず一口、それから和菓子、また抹茶と、コーヒーにスイーツ感覚でやっている。

静かな新年の朝。










最終更新日  2018.01.01 13:35:05
2017.08.18
カテゴリ:Gourmet (Sweets)


定期的に必ずリピートしているアイスがある。ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのショコラグラース&フランボワーズソルベ(チョコレートアイスとラズベリーシャーベットの組み合わせ)。

ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのチョコレートアイスは、「重くない」のが特徴。だが、カカオの風味や深みは軽さの中にしっかりと。口当たりもしっとりと滑らかで、食べたあと変に喉が渇かないのがいい。そしてラズベリーのシャーベットは、酸っぱい果実味をストレートに出していて、それでいて香料臭くなく、ラズベリー好きにはたまらない逸品。

サロン(カフェ)で食す場合には、チョコレートアイスとバニーユとの組み合わせも可能なのだが、断然フランボワーズ(ラズベリー)とショコラ(チョコレート)のコンビのほうがお互いの個性を引き立てあって、素敵だ。

上の写真ではチョコレートアイスが隠れてしまっているが、下のほうにちゃんと入っている。上にトッピングされているのは甘くない生クリームとナッツ、そして薄い一口サイズの板チョコ。アイスとシャーベットはカップのものもお持ち帰りで買えるのだが、このトッピングはサロン(カフェ)ならでは。

しっかり冷やしたガラスの器に、硬すぎず柔らかすぎずのアイスとシャーベット。値段は高いが、他では味わえない個性を求めて、定期的に通っている。

しかし、行きつけだった銀座松屋店のサロンが閉鎖になってしまったのは残念な限り。この逸品が味わえるのは今は丸の内店だけのよう。













最終更新日  2017.08.18 16:26:48
2017.08.08
カテゴリ:Gourmet (Sweets)
あのエルメスに、「強いて言えばわが社のライバルは、とらや」と言わしめた日本を代表する和菓子の老舗。

とらやの凄いところは、日本人ならほとんど誰でも1つは、「とらやの●●は美味しい」と言わせるモノを出すところだと思う。

羊羹が一番有名だが、羊羹は好きでなくても、最中が、その手の和菓子に興味がなくても、生菓子が、あるいはあの季節の和菓子が、という具合。伝統的な定番だけでなく、季節ごとのラインナップも実は豊富なのだ。

この夏、店頭のディスプレイでその佇まいの美しさに惚れて買った「水の宿」。

清々しい透明な水色につぶつぶ感のある白の取り合わせが、夏の涼を漂わせる。



手ごろなサイズの紙包装のものがあったので、それを買うことに。

和菓子は見た目に惹かれて買うと、味で期待を裏切られることもあるのだが、この「水の宿」は絶品だった。

水色はクチナシ青色素で染めた寒天。白は道明寺粉。寒天の滑らかな舌触りと、関西風桜餅を思わせる道明寺粉のつぶ感のある食感の取り合わせがシンプルながら、至高。甘さも、さほど強くなく、といって控えめすぎず、日本茶とよく合う。

夏なので、水出しにした煎茶と一緒に楽しんでいる。夏の思い出のひとこまになる、涼やかな感動。

こうした和菓子は立派な「作品」。食べているときに、デザインや素材の組み合わせなど、試行錯誤している作り手の姿が浮かんでくる。











最終更新日  2020.07.26 00:06:57
2017.07.20
カテゴリ:Gourmet (Sweets)
「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのバウムシュピッツ」。この長ったらしいカタカナをすらすら言える人はドイツ語の分かる人だ。



この「もろデルフト焼き」を想像させる袋の絵柄を見ると、一瞬オランダのお菓子かと勘違いする。だが、スペルを見れば完全にドイツ語。この店はドイツ(ハノーファー)にある。

ホレンディッシェ→オランダ風の、カカオシュトゥーベ→カカオの部屋(カカオパーラー)。シュトゥーベを「お菓子屋」と意訳して説明しているサイトも多く見かけるが、直接的には。シュトゥーベは人をもてなす「部屋」のこと。

「もともとは、オランダのココア(カカオ)の試飲店だった」というネットの説明を読んだが、店のネーミングからその話は非常に納得できる。

このオランダ風カカオ部屋で作るバウムシュピッツ(一口バウムクーヘン)は、非常にドイツ的で、しかも繊細な逸品だ。

日本人はとにかく、「しっとり」とか「ふわふわ」のお菓子をやたらと評価するが、時々、なんでもかんでも「唾液が必要ないほどしっとり」とか、「食べてる気がしないほどふわふわ」とかになってしまう傾向にウンザリすることがある。

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのバウムシュピッツは、しっとり系ではあるが、やたら「しっとり」ではない。そこがいい。素朴な粉のさっくり感もちゃんと残っている。カカオの名が店の名前になってるだけあって、チョコレートももちろん最高級の味。サンドしてあるのは、アンズのジャム。チョコレートにしのばせたほのかなアンズの風味がまた、ドイツ風でとてもいい。


定番のバウムシュピッツにはトッピングはないのだが、ときどき限定でこの写真のようにナッツを散らしたバージョンが出る。深入りナッツが大人のアクセントでこれまた非常にいい。定番にしてほしいくらい。


こちらはホワイトデーのころに出る限定品。ホワイトチョコにラズベリーのアクセント。


箱も限定バージョンがある。カラフルな色の取り合わせが、ややちぐはぐなのがドイツ風で、そこがまたカワイイ。こういうものが時々出るから、常連でも飽きない。

日持ちもするし、パッケージのデザイン性も高い。そしてどこまでも「ドイツ」な個性が光る美味なお菓子。手土産に迷った時なども、これなら間違いない。

店舗も徐々にだが、増えてきている。一度お試しあれ。







最終更新日  2017.07.20 23:12:49
2015.03.07
カテゴリ:Gourmet (Sweets)


丸の内に行くとかなりの高確率で立ち寄る「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」。

パティスリーでもあるが、Mizumizuはもっぱらブランジュリーとして利用。その中でも寒い季節の定番なのが…

IMG_0018.JPG



IMG_0027.JPG

上は紅玉リンゴの酸っぱさがきちんと生きている、そこに「フランス」を感じる。この薄さもいい。

下はダークチョコレート、ミルクチョコレートになんとバターをはさんだ恐るべき高カロリーバゲットなのだが、バターがあっさりと軽く、その柔らかな食感が硬い板チョコの歯ごたえと2種類の味に、コクと深みを与える役割を果たしている。

チョコレートもさすがにいいモノを使っている。ただ、やっぱり「バイトが板チョコはさんで作ってるのね」と思うような雑さが出てきているのは気になるところ。板チョコの量がバラバラだったり、挟み方が統一されていないのが、付いてるプライスに見合わない。

…なので、できるだけキレイなものを選んでトレイにのせているのだが(笑)。

ロブションのショップは、いつの間にか都内に増殖して、以前のようなレア感がなくなった。中には買って、「あちゃーー」と思うようなモノもあるが、期待値をはるかに上回るものもある。Mizumizuにとっては、この2つがまさにそれ。










最終更新日  2015.03.08 00:10:43
2015.03.02
カテゴリ:Gourmet (Sweets)



Mizumizuがベネズエラ産カカオとリヨンのチョコレート職人の関係についてエントリーにあげたのは、2007年11月のこと(記事はこちら)。

それから7年。あのとき取り上げたパレドオールが日経新聞の「専門家お薦め 職人技のチョコレート、ベスト10 」(2015年2月8日付け)で、2位に選ばれたよう。

パレドオールはMizumizuも、ときどきリピートしている。Mizumizuの好むカカオの風味をシンプルかつ最大限生かすタイプのチョコレートだ。

2007年当時、ベネズエラ産カカオの酸味がどうの、なんて熱っぽく語る日本の一般人はMizumizuぐらいだったが、今は原産地に注目したチョコレートがちょっとしたブームになっている。さすがに、素材にはうるさい日本人。このトレンドは素直に嬉しい。

そういえば、日経新聞のランキングの1位のパティシエ・エス・コヤマ「アンノウン! カカオナンバー4」(兵庫県三田市)も、ベネズエラ産カカオにこだわったチョコレートらしい。やっぱり最高ですね、ベネズエラ産。

リヨンの血を引く「ショコラティエ パレドオール」でも、以前はなかったベネズエラ産カカオのクリオロ種、しかもその中でも希少価値の高いチュアオを使った「パレドオール チュアオ」がお目見えしたのだが、残念ながら売り切れが多く、「いつ入荷しますか?」と店員に訊いても、「未定です」のそっけない答え。

「ラクテ」と「ノアール」ならたいていいつでも買える。

IMG_0017.JPG
ひどいピンボケ写真だが…こちらはノアール、つまりカカオ成分の多いダークチョコレート。

硬めの表面のコーティングに、ねっとりと柔らかいフィリング。余計な味が入らず、あくまでもカカオが主役。これがMizumizuの最も愛するチョコレートで、次がナッツ類と合わせたもの。蜂蜜もモノによっては好き…だが、ラズベリーだのオレンジだの、果物類をチョコレートと合わせるのは基本あまり好まない(例外もあるが、ごくわずか)。

ショコラティエ パレドオールも、「ひょっとしてつぶれるのでは?」と不安に思ったこともあったのだが、どうしてどうして、逆に年月とともにしっかりと評価を高め、ブランドとしての地歩を固めてきたようだ。この店が好きなのは、なんといってもリヨンで修業した日本人のショコラティエが開いた店だということ。

リヨンでたまたま出会った、ベネズエラ産カカオを使った極薄の円盤形チョコレートに衝撃を受けてから、長い月日が過ぎた。そのリヨンにつながりがあると一目で直感したこの店に出会ったのも、たまたまだった。フランスの同じ街で、おそらくは同じような衝撃を受けたのであろう日本人のチョコレート職人が、今東京でこうして活躍し、多くの人々が認め始めている。

良いものは、わかる人にはわかる――パレドオールIN JAPANの成功で、Mizumizuにとって一番うれしいのは、そう確信できたこと。






最終更新日  2015.03.03 04:24:52

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.