000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

絵描きyurikoのダイアリー

PR

X

Freepage List

Profile


mizunoART yuriko

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

週刊女性7/15号にてカラー広告2Pに絵が採用されました☆

http://jyakusya.blog69.fc2.com/

*南青山のCube Space Club AOYAMA さま、
でポストカード他を販売しております。
ぜひご覧くださいませ♪

私の絵に頂いた感想を集めてみました。
***********************************************************

☆「こころのいろ」展をさせていただいた東京東麻布のイタリア料理店コスタサリーチの奥様T.Sさん
ネットで作品を拝見するよりも格段に実物が素晴らしかったのです。
お客様が「シンプルなのに安らぐよ」と仰っていました。私も同感だったので、すごく嬉しかった!
*******************************

☆732 名前: 恋する名無しさん [sage] 投稿日: 2005/06/11(土) 23:13:55
>>701
ここであなたの人間性に少しばかり触れているせいか
絵を見て涙が出てしまいました
お気に入りに入れさせていただきます
個展もいつかいきたいですね、遠いけど
******************

☆ 感動しました (ココロジー経営研究所&環境パートナーシップ協会代表・立山裕二氏)
こんにちは。
メッセージをたくさんいただき、ありがとうございました。
いろんなページで絵画を拝見しました。
精神性のとても高い表現に感動いたしました。
お会いしたときに、精神世界を突き抜けた人と直観しましたが、作品もまさに
そのものですね。
これから多くの人の心をいやし、勇気づけられることでしょうね。
また拝見しに上がりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

掛け値なしに素晴らしいですよ。
透き通った魂の美しさを感じます。
****************************************

☆キリ番で絵を貰ってくださった(えむ045さん)の日記より
◇** あるサイトで書き込みをしているHNに惹かれてお邪魔した
mizunoART~水彩象徴画家のダイアリー
33333番をGETして水彩画を頂きました^^v
頂いた絵は 緑のある町並み。
メッセージが書かれたトップの絵のポストカード。
実は最初にお邪魔したときにプレゼントのお知らせをみて
欲しくて欲しくて 覗きにちょこちょことお邪魔して・・・ニンマリ
だってね トップにある水彩画がとても気に入ったのやわらかい優しい絵
「すべてが上手くいきますように」
いつもお邪魔すると、その絵に迎えられ鳥肌が立つの。
そして、心が温かくなって優しい気持ちになれた。
こんな縁が出来たことも嬉しかったよ。
ん~ なんて書けばいいのかまとまらないや
サイトへ行って感じてもらうのが一番かな^^;
****************************

☆リンクありがとうございます。 (ななみ4583さん)
ネット上ですが、作品を拝見しました。
すべてが、どこかしら物悲しく、観ていると、涙がでてきます。
魂で絵を描いていらっしゃるのですね。
私は、短い期間でしたが、美術商の仕事をしてました。
そのときに出会った熊谷守一の絵と同じ感動を得ました。
それ以来、足しげく熊谷守一美術館に通っています。
貧しくて、栄養失調で次々に子供を亡くしてしまいます。
その不遇の時代に描かれた絵をみるたびに、涙があふれてきます。
応援しています。私もリンクさせてくださいね。 (2004/11/19 11:01 AM)
***************

☆さっそく拝見してきました (両国の隠居さん)
素晴らしいですね。時の流れを突き抜けたような透明感。微笑みと題された作品にも感じられる憂い。
深層風景なのでしょうか。
(中略)
絵は、描かれる方の肉体と精神の両面が現れるようですね。こんなことを書いたら失礼ですが、
肉体的に追い込まれた後の絵のほうが、テーマは何であれ、
直裁的に無駄なく迫ってくるものがあるように思うのは私の偏見でしょうか。 (2005.05.02 20:16:28)
************

☆はじめまして (view_pointさん)
なんだか、よくいろんなところでお名前拝見するんで、来て見ました!(’U’)画家さんなんですね!!!
すんごく繊細で綺麗な色使いに、ため息がでちゃいました。 (2004/12/11 05:33 PM)
******************

☆こんにちは~。。 (bath-room(現在は【結城希】)さん)
訪問コメント 感謝ですっ(^^)v
プロの絵描きさんなのですね~
わたしも絵は大好きです、、特に印象派と呼ばれるジャンルですかね~  ミーハ-でしょうか・・・
書かれる絵 何点か拝見させております、、 
やはり力のある画家さんの絵は 訴える力が違うんですねー それを言葉にはしたくない  
心に染み込ませたい そんな新鮮な気持ちを思い出しました。
日記 リンクさせて頂きました。こちらこそ宜しくです~ (2005.08.03 23:22:28)
*************

☆ はじめまして。 Eさん
(中略)
淡い色彩とやさしいテーマで、癒されますね。好きな絵です。
また寄らせていただきます。これからもよろしくお願いします。
(2005.07.30 17:51:47)
*********************

☆こんばんは      (アクアクォーツさん)
書き込みありがとうございます。
水彩画を描かれているのですね。表紙の絵もご本人の作品でしょうか?とても
繊細で優しい作品ですね。
また、いらしてくださいね。こちらからも伺います。
※ホワイトバンド、トラックバックさせていただきました。 (2005.07.08 19:18:23)

********************

++++感想ノートより

(奈良中央信用金庫展示にて、Nさん)
ありがとうございました、マチスの絵を思い浮かべました。
ステキな絵ですね、ほっとする様な・・・。
*********************************************
(同上、Tさん)
ありがとう、心がほっとしました。
****************************

☆(万華鏡ホール2人展にて ちょくさん)
僕はなんとか生きていきます。いきたいです。
素敵な絵です。言葉が後からついてきそうです。

**********************

☆(同上 Mさん)

ふんわりした空気に心が癒されます。
ピンクの愛が大きく空間を包みます。

************************

☆(楓ギャラリー祈りの瞬(とき)展にて 八郎さん)

一筆の俳画に似たり水の彩

**********************

☆(同上 小学生のゆうきさん)

光・波がきれいでした。つぼみもかわいらしい絵だと思います。

*********************

☆(同上 小学生のYさん)
いつも見ているバラがこんな風に描けるなんて!感動しました。
(表紙もすてきです)

**********************

☆(同上 Kさん)

内にあるものが外に表現されたように感じます。  

*******************

☆(同上 Fさん)

(中略)どの作品も気持ちがよいですね。 

****************

☆(青山スペースキッズの展示にて Mさん)

やはり水彩画が私は好きだと思いました。 
みずみずしくやさしく、さわやかです。
この世界をどうぞ、これからも魅せてください。

*******************

☆(同上 Kさん)

おめでとうございます、すてきな絵ですね、これからもがんばってください。

***************

☆(同上 Sさん)

明るく柔らかな色彩で、歌うようなリズム感で描かれている作品を
観ていると、心の深層が癒され、陽光の温かみで照らされてゆくように感じます。

それは「絵」だけでなく、生き方に共感を覚えるからでしょうか。
次々と扉を開かれてゆくその姿勢に共感し、心からエールを送りたいと思います。 

切り取ってメッセージカードになるリーフレット「Rose message Leaf~薔薇に想いを込めて」、
「mizunoART作品集-」カラーとモノクロ小冊子、ebook-print.comでの発売になりました♪
[book-mobile]の項をご覧下さい 。


電子書籍も発売中♪ 見本あり。



↑私が表紙・章扉を描きました、月宮蒼氏の詩集です。

2010.03.27
XML
カテゴリ:私の絵
シンデレラ

ここへ来て下さった方、お待たせしました。
ごめんなさい。

来てくれてありがとうございます。

これが私の、大学時代に描いた、シンデレラと言う作品です。

油絵で10号、カンバスに描いています。

この絵を描いた発想の始まりは、
夏休みに毎日、大学の部室のアトリエに通って、朝から夜の、
地元の駐車場が閉まる時間に間に合う時間まで描いてた事から
始まります。

駐車場に、自宅へ帰るバイク(原付w)が置いてあるので
その日のうちに、帰るには、駐車場があいてる時間までに
間に合うように、電車に乗って大学のアトリエから帰ってました。

大学から自宅へは2時間掛かって通ってました。

当時、毎日お昼ごはんは野菜ジュースと、シーチキン等。
自分でお弁当箱に詰めて、アトリエにいた猫「アルベール」と
シーチキンを分け合いながら食べてました。






Last updated  2010.03.27 17:19:25



© Rakuten Group, Inc.