249958 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MJVC 管理人のひとり言

PR

Calendar

Category

まぁ適当なこと...

(0)

MJVC

(326)

バレーボール

(332)

日記

(1848)

料理

(339)

ご馳走

(85)

日曜大工

(50)

風景

(113)

(127)

バイク

(38)

Recent Posts

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Keyword Search

▼キーワード検索

全332件 (332件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

バレーボール

2011.05.21
XML
カテゴリ:バレーボール
震災で体育館が利用できない高校生たち。
それでも「勝つ」ために、様々な体育館で一生懸命頑張ってます。
  一関修紅

悔しさをバネに頑張る姿。
辛い練習にも耐えて、高総体を迎えます。

元気!、頑張り!、そして諦めない姿勢は、強豪の証。

よく見ると、積極的なセッターがアタッカーを生かしています。
3年生、2年生のセッターはトス回しが速い...。

中学校時代を見ていただけに、その技術力の向上は驚き!。
頼もしいですね。

よく見ると、一生懸命ボールを提供している選手がいました。
丸坊主の背の低い選手です。
この選手がチームを作っているのでは...と思いました。
チームのために、自分の出来ることの精一杯を行動する...。
だから、チームがまとまる。

人間バレーボールの集大成を見たくなりました!。






Last updated  2011.05.21 21:20:25
2011.05.02
カテゴリ:バレーボール
先日のこと。
高校の体育館には5チーム集まっていました。

元気のいい高校生の声は迫力ありますね。
写真は水沢高校と高田高校のゲームです。

  高校生たち

被災地からやってきたチームは、その辛さを跳ね返すように
元気いっぱい戦っていました。

メチャクチャ嬉しかった!。

監督の先生たちも被災者です。
一生懸命な生徒たちを一生懸命指導していました。

「ガンバレ!」、思わず言ってしまいました。
そして、
「がんばろう!」、心に誓いました。






Last updated  2011.05.02 07:49:14
2010.11.15
カテゴリ:バレーボール
凄かったですねぇ。粘りに粘ってのメダル獲得。
我が家では大騒ぎでした!。
日本女子が世界に通用することを見せられた大会でした。
感動をありがとう!。
さて、次は男子だ...。






Last updated  2010.11.15 08:03:58
2010.08.11
カテゴリ:バレーボール
ビーチバレーで全国大会に参加したMJVCのOBから頂きました。
残念ながら初戦敗退。しかし、良い経験になったと思います。
  大阪ほんわかばなな

だって、自分のチカラで全国へ行ったんですからね。
素晴らしい!。






Last updated  2010.08.11 07:45:45
2010.06.26
カテゴリ:バレーボール
職場の同僚ですが、中学生になる娘さんがいます。
ソフトボール部だそうですが、レギュラーではないそうです。

練習や試合ではお父さんやお母さんが駆けつけるそうですが、
その勢いは凄いそうですよ。

それだけではあらず、そのお父さんやお母さん、はたまたソフトボール好きの
人たちが、なんとチームを作ってしまいました。

で、子供たちはそっちのけで自分たちで試合して楽しんでいるそうです。
もちろん最後は懇親会。
子供を通じてソフトボールと触れ合い、自分ものめりこんでゆく。
なんかステキですね。

思い出しました。
「生涯バレーボール」という言葉。
経験者も未経験者も、若い人もお年よりも、男も女も
生涯バレーボールを愛し続けて欲しい...植田監督のお言葉です。
シンプルな言葉だけに、逆に重みを感じます。

そしてもうひとつ。
近所に進学校がありますが、毎年開催される運動会のフィナーレは棒倒し。
この棒倒しを見るためだけに県外から訪れる方々がいます。
自分の母校、子供の母校、まったく関係ない人。
紅白問わず、一生懸命な高校生を応援しています。
これもまたステキですね。

さて、今日もステキな一日でありますように...。






Last updated  2010.06.26 05:54:17
2010.06.16
カテゴリ:バレーボール
梅雨入りかもしれませんね。雨がシトシト降ってます。
まとまった雨になりますね。美味しい野菜に期待です。

今朝のラジオ。
誤りにはその方向性があり、正しい誤りと正しくない誤りがあるそうです。
たとえば...
「言葉で相手に意思を伝える」場合、
・右を左と言ってしまう→正しい
・上り坂を下り坂と言ってしまう→正しい
・テレビを電話と言ってしまう→正しい
・テレビを電子レンジと言ってしまう→正しくない

つまり、なんらかの意図を発信している訳ですね。

しかし、「引越しなどで荷物を言う」場合、
・テレビを電話と言ってしまう→正しくない
・テレビを電子レンジと言ってしまう→正しい

「物」とはいわゆる「カタチ」を意味しますから、誤りの意味が異なります。

正しい誤りは方向性がある訳です。
従って、
 誤りを自分で発見した場合は訂正する
 誤りを他人が発見した場合は意図を読み取る
 (簡単に言えば空気を読む)

そこで、こんなコメントを耳にしました。
「間違いは訂正できるが、勘違いは訂正できない」
自分で間違いを感じ訂正したものの、勘違いはそのまま勘違いのまま進行する。

なるほど...。






Last updated  2010.06.16 07:41:50
2010.06.06
カテゴリ:バレーボール
写真は決勝の様子。不来方 対 盛岡南。
 決勝!

 決勝2

 決勝3

 決勝4

 決勝5

 決勝6

古豪同士の対決は不来方に軍配が上がりました!。
1年生を起用した盛岡南は、決勝に駒を進めてきました。
監督の決断は間違っていなかった。
最後は学年の意地ですね。経験値の高い不来方は安定した内容。
素晴らしい試合内容に大きな拍手でした。
インターハイは沖縄県は宮古島です。そして女子は盛岡女子で八重山島。
両代表のご検討をお祈りいたします!。

感動をくれた高校生たち、ありがとう!。






Last updated  2010.06.07 07:34:17
2010.06.05
カテゴリ:バレーボール
高総体準決勝。不来方 対 一関修紅。
  高総体準決勝 2010

緊張の連続で、攻防を繰り返す両チーム。
プレイを見て、人間的に成長したなぁと感じました。
素晴らしい試合に感動を頂きました。ホント凄い!。

勝敗は大切ですが、これまであきらめず一生懸命練習を積み重ねてきた
両チームの努力は、ハレの舞台で爆発!。
いい試合でした。結果は不来方が勝利...。

感動をありがとう!、高校生たち!。
未来は君たちを待っている!。






Last updated  2010.06.05 17:26:30
2010.06.02
カテゴリ:バレーボール
爽やかな朝と、暖かい日中は初夏の装い。
たまに吹く冷たい風は、背筋をキュンとさせてくれます。

さて、中総体まであとわずか。
3年生は、これまで3年間の「業」が試されます。
特にポイントとなるのが「自立」、そして「責任」。ハードルは高いほどいい。

振り返って3年間
「自立」したものがあったか?。
「責任」をもって全うしたか?。

まさに、今振り返るときです。






Last updated  2010.06.02 07:51:36
2010.05.31

14%

カテゴリ:バレーボール
今朝のラジオが言っていた数字です。なんの数字でしょうか?。

これは高等学校において14%の生徒が学べていないという数字。
 つまり、1年生が100人いたら、14人が進級できない。
 あるいは3年生が100人いたら、14人が卒業できない。
しかも年々増えてきているそうです。

これについて、
ラジオでは、小学校、中学校で細かな学習指導をする必要があると述べています。
しかし、それは教科の話であります。
小さい頃から家庭や地域で、「育成する」ことも大切だと述べています。

考えてみれば、クイズやしりとりは、考えることを育みます。
いわゆる、頭のトレーニングですね。

それでは「考えるチカラ」を身に付けるためにはどうすればよいのでしょうか?。
考えて見ましょう。






Last updated  2010.05.31 08:00:18

全332件 (332件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.