2209518 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

京都観光をご案内して学んだ事

京都観光をご案内して学んだ事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

スマイルフェイス8971

スマイルフェイス8971

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

今日咲いてるバラ~… New! 萌芽月さん

曇りでしたので少し… New! masatosdjさん

今日は娘の誕生日だ… New! ふうママ1130さん

ニチニチソウの出番… New! 雪桃7216さん

本昌寺 。。。 New! 悠々愛々さん

Comments

尾崎聡 倉敷市文化財保護審@ Re:醍醐三宝院 藤戸石を追っかけて 漸く撮影可でした(05/10) 貴重なお写真拝見しました!藤戸石、遠く…
王島将春@ Re:【栂ノ尾高山寺】世界文化遺産 女がひとり(03/31) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
悠々愛々@ Re:【栂ノ尾高山寺】世界文化遺産 女がひとり(03/31) こんにちわ。 いつも応援ありがとなし。 …
Grs MaMariKo@ Re:【栂ノ尾高山寺】世界文化遺産 女がひとり(03/31) おはようございます^^ 🎄Merry Christmas!…

Freepage List

Headline News

2014.05.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
  

 

金閣寺も銀閣寺も臨済宗【禅宗】の寺です。本山は相国寺でその

塔頭的存在に なります。室町時代の足利家が建てた京都の名所で

訪れる人が多いです。銀閣寺に大文字があり、

 

P1000632.jpg

銀閣

やはり錦鏡池に写された姿も美しいです。

金閣寺が観光スポットとすれば、銀閣寺も世界文化遺産として、

関係は、足利三代将軍義満と孫の八代将軍義政との間柄になります。

【銀閣】は国宝で、煌きはありませんが、歴史は感じます。

金閣が太陽とすれば、銀閣は月を愛でるという、優雅さを

感じます。

銀閣寺の裏山が如意嶽で、 【大文字】の送り火が、有名です。

P1000596.jpg

軒先に、送り火の燃え残りの薪を飾って

息災を祈っています。

 

 

【銀閣寺1.】 (慈照寺)臨済宗相国寺派 世界文化遺産に登録

【慈照】(じしょう)は、八代将軍足利義政の戒名から名付けられて

います。

開祖が【夢窓疎石】(むそうそせき)で造園にも、著名な僧でもありました。

嵐山の「天龍寺」・西芳寺(苔寺)そして南禅院 等、此処銀閣寺は、義政が

「西芳寺(苔寺)」 に模して、作庭しているのが、特徴です。

 

 みやげ物の賑やかな、参道を経て、慈照寺の門を潜りますと、

背の高い潅木に包まれた、 【洗心の道】 を歩みます。娑婆から禅の

世界へ招かれた落ち着きを取り戻します、

 P1000602.jpg

洗心の道

受付を終えて、

P1000603.jpg 

受付

二番目の門を潜りますと、こじんまりした、「五葉の松」と白砂で築かれた庭園

が観られ、

P1000604.jpg

本坊の五葉の松 

正面の 「花頭窓」 (かとうまど)越しに、本庭園の姿が、垣間見られます。

 P1000606.jpg

いよいよ庭園入り口に差し掛かったときに、発する言葉が「何だ、

これは」とがっかりの表情が有り、金閣寺からの期待感からか、

感歎の声は、余り聞かれませんでした。銀箔が張られたものでなく、

古い二層の「銀閣」が佇んでいました。修学旅行生では、

その印象が多かったようです。

然し、関東の生徒さんが、 「銀閣は、歴史を感じる」

評価してくれました。

嬉しかったです。その通り、銀閣は、【国宝】に指定されています。

本堂の前からの【銀砂灘】 ぎんしゃだん)は、白河砂で、

向月台となっています。

P1000641.jpg

銀砂灘

中国の西湖(さいこ)に模して造られました。夜に月の光で白砂が

煌く姿が浮かびます。 中国に良い印象を壊して欲しくはありません。

P1000638.jpg

向月台

本堂前から銀閣は、シャツターチャンスです。

P1000640.jpg

本堂

【東求堂】 (とうぐどう)【国宝】義政の持仏堂。西芳寺には、「西求堂」

義政の木像を安置しています。

P1000610.jpg

東求堂

しばらく歩を進めますと、二つの池が有り、手前の池には、鶴島を

現し、道から【三尊石】が見られ、その側に、立て札で、

「大内石」 としるされていました。何の関心もなく、殆どの人は

見向きもせず、通り過ぎますが、これには、「いじめ」の深い

意味が潜んでいました。義満が各首領に、その地の名石を命じた

時に、和泉・紀伊を治めていた

P1000613.jpg

大内石

「大内義弘」は、「将軍に捧げるは、武力であって、優雅な、庭園如き

贈り物は如何なものか?」と拒否した所、義満より冷遇を受けた

そうです。従って、此処、義政には、一番に贈ったとされる「名石」

です。

 もう一方の池には、銀閣を水面に写す「錦鏡池」には、亀島が構え

ています。

P1000616.jpg

洗月泉

【洗月泉】 (せんげつせん)・【月待山】

瀧があり、月待山からの月を写して、月を洗うの意味です。

 

 "我が庵(いお)は 月待山の麓にて 

かたふく空の 影惜しぞ思う"

                       義政の詠んだ詩です。

次回は、丘に登った素敵な景色を引き続きご紹介します。







Last updated  2014.05.19 07:15:35
コメント(18) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.