みっかの部屋

田中靖人リサイタル 池田

2003年4月19日(土)
池田町田園ホール於

  
『田中靖人リサイタル 』
  
   

田中さんのリサイタルを聴きに池田町まで行って来ました。
池田の田園ホールは初めて行ったんだけど、とってもいい雰囲気!
こじんまりとした、音楽ホールで、池田のワイン城との調和もいい感じ!
まるでお城のような重厚な木の扉が、素敵な感じでした。
中は、しるべっとの大ホールによく似ていました。
大ホールの舞台を小ホールに持ってきた感じです。
ただ、座席が可動式なのが残念。あれって、がたがたうるさいでしょ。
好きくないんだよねぇ・・・
さてさて、リサイタルのプログラムですが、
1部
バッハ/ソナタ変ホ長調BWV1031
長生淳/変奏曲
クレストン/ソナタ
2部
ガーシュイン/3つのプレリュード
長生淳/Your Kindness
ガーシュイン/ガーシュインカクテル

バッハはなんと3月に旭川で、須川さんの演奏を聴いてきたばかり!
同じプログラムが聴けるなんて、思いもしませんでしたが、田中さんのソプラノは
とってもとっても繊細な音でした。
いつもは、トルヴェールで、ばりばりターボエンジン全開のバックギアのない(と言われています!)バリトンばかり聴いているので、かなり驚き&意外でしたね。
白石さんのピアノも素敵!思わずうっとり・・・
クレストンのソナタは、定番中の定番・・・と言いながら、一楽章頭から、音はずしてた!クレストンのソナタは大のお気に入りなので、聞き逃しはしませんでしたぞぉ!>笑
でもでも、2楽章!!!!きれ~い
うっとりでしたね。
リード位置付け替えてたんだよね。曲間に。
きっと出したんだろうけど、リード付け替えたあとって、吹くのとっても不安にならないのかなぁ・・・と素朴な疑問でした。
しろーとの考えでした。>笑
やっぱり色んな人の演奏聴くのは楽しい!
同じ曲でも人によって歌い方、感じ方は様々で、勉強になります。
もちろん好き嫌いはあるだろうけど。
でも、今まで、嫌いだなって感じる演奏ってそんなにあたったことないなぁ。
影響受けやすいから?!
どんな音楽聴いても、いいなぁって思っちゃう。演奏してる人の内面が音楽に現れてるようで、その人それぞれでいいなぁと思うんだよね。
さてさて2部は、オールガーシュイン。
良かったよぉ。
さすがガーシュイン大好きっていう田中さんの演奏で、ピアノの白石さんものりのりで、どこかのショットバー(田中さん曰く)にいるような雰囲気でした。
白石さんのピアノ!素敵!!


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.