5347513 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ピンポイントplus

PR

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

プロフィール


mkd5569

2012年05月03日
XML
カテゴリ:アニメ

ページビューランキング


 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれき ほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。
 高校でおこる事件?を解決していくミステリー、第2話



5月18日 金曜日

 古典部が復活してから1ヶ月、ここ地学準備室は俺の中で思ったより着やすい場所となっていた。放課後に退屈を感じれば、そこを訪れる。一緒にいて疲れないのであれば、俺はもともと人嫌いというわけではない。 

場面1 文化祭にむけ 

 千反田が古典部に求めるもの、それは一身上の都合でいえない?
 文化祭に40年以上の伝統がある文集をつくる。
 でも、その内容がどんなものかがわからない。折木と千反田はバックナンバーを探すことに。


hyo020.jpg

場面2 図書室の怪 

 図書室の受付にいる井原、古典部の文集は図書室には置いていないという。
 伊原がもってきた謎の話。
 「神山高校五十年の歩み」という分厚い本が、毎週貸し出されている。
 貸し出し期間が2週間なのに、5週間連続、毎週金曜日に違う人が借り、いずれも昼休みに借りて放課後返している。
 

hyo021.jpg

場面3 推理 

 奉太郎の推理、本は読むために借りているわけではない。
 千反田は本からシンナーのような刺激臭がすることに気がついた。
 それをきいた奉太郎はひらめいた。
 奉太郎が向かったのは美術室。美術室には本をもった人の肖像画がならんでいた。
 
場面4 @カフェ 

 休日、奉太郎が寝ているところに千反田から電話。
 奉太郎と千反田はカフェに。時間の無駄をいやがって帰ろうとする奉太郎を千反田が呼びとめ・・・

以下、感想・考察

 今回もちょっとした謎解き。謎そのものは何ということもないですが、何かを隠している様子の千反田。
 次回3話目でようやく、話の本筋が明かされるのでしょうか。



■原作小説

【送料無料】氷菓

■ブルーレイ版

【送料無料】氷菓 第1巻 【限定版】【Blu-ray】 【送料無料】氷菓 第2巻(Blu-ray Disc)
【送料無料】氷菓 第3巻(Blu-ray Disc)  【送料無料】氷菓 第4巻(Blu-ray Disc)


 ※ トラックバック設定がなくなりました。
   記事URLをのせてコメントいただけるとリンクが入りますのでお願いします。
 






最終更新日  2012年05月03日 23時37分02秒
コメント(17) | コメントを書く
[アニメ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.