582081 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まいじー日記

PR

X
2016.12.01
XML
カテゴリ:アメリカ国内旅行



なんと私と相棒が結婚してからめでたく10年が経ちまして、この度結婚式を挙げたカウアイ島のリゾートに記念旅行に行ってきました。

日本からは私の家族(両親と弟一家)も空路はるばる参加してくれ、ハワイからは相棒家族(両親といとこと親友)が合流、とってもとっても楽しく思い出深い記念日になりました!

今回のカウアイ滞在は感謝祭前日の水曜から翌週水曜までの7泊8日。水〜日は結婚式したワイメア・プランテーション・コテージズに5寝室の大きい家を借りてみんなで過ごし、月〜水はうちら家族3人だけになったので相棒の実家(カウアイ在住)にお世話になった。

結婚式&レセプションした場所


みんなで過ごす前半日程のテーマは「弟一家にカウアイ南部をエンジョイしてもらおう!」。というのも、私の両親は結婚式時に1週間滞在していろいろ島内観光したんだけど、弟はとんぼ返り日程だったから何もできなかったんだよね。そして弟の奥さん(義妹)と子供(甥)にとっては初ハワイ!これは楽しんでもらわなくちゃ!みたいな。

とはいっても、子連れ×時差ぼけ×短期滞在×感謝祭×雨季の始まりで天気読めない×風が強く波高め、という状況もあり、ぎちぎちに予定組むと返って楽しめなくなりそうなので、子供も好きそうな内容、かつあまり予定を詰め込まずゆったり動けるように。弟夫婦も「コテージ素敵!ここでのんびりするだけでリゾート気分〜〜」って言ってくれてたし。

1日目:午後に合流してワイメアまで移動
2日目:子供も安心なポイプビーチで水遊び→ブローホール見学→サンクスギビングディナー
3日目:キロハナプランテーションで機関車農園ツアー→カウアイコーヒー寄り道→ワイメア渓谷&カララウバレー展望台→シェイブアイス

ポイプビーチは岩礁に囲まれた穏やかな砂浜部分があるので子連れにも安心。ちょうど砂浜で大きなホヌ(アオウミガメ)2匹が甲羅干しもしてて、甥っ子くんにも義妹にも珍しかったよう。甥っ子くんは最初は恐る恐る、だんだん大胆に海の中に入って遊んでてかわいかった!

ピコちんはもともとのビーチ好きに加え、最近水泳レッスンで壁を突破して泳ぎに自信ありということで、相棒に連れられてスノーケリングに初挑戦。ハワイの州魚フムフムヌクヌクアプアアやエンジェルフィッシュ、マニニ、パロットフィッシュや珍しいウツボまで見て興奮して帰ってきましたよ。

天気がいまいちで、ビーチでもブローホールでもスコールに見舞われて撤収する結果になったのはちょっと残念だったけど、まあ元々夕方にはコテージに帰ってのサンクスギビングディナーの予定だったし。

サンクスギビングディナーも私の家族には珍しい機会ということで、ターキー、スタッフィング、クランベリーソース、キャンディドヤム、デザートのパンプキンパイまで定番の内容で。

短い滞在でキッチンに篭りたくなかったので、すべて温めるだけの市販品で対応。他の日の食料も含め義両親が事前にお買い物をしておいてくれ、滞在期間中の食事の支度もほぼ引き受けてくれたのでとっても助かりました。

ちなみに1日目の夕食はラウラウ+ロミロミサーモン+ポイのハワイ伝統食。私が買い込んだイシハラズ(ワイメアの街の食料品店でポキの種類が豊富)のポキ数種類も食卓へ。ポイはすっぱくて苦手っていう人もいるけど私は大好き!

夜暗くなってからビーチに行ってカニをつかまえたり。最初は腰がひけてた甥っ子くんも、だんだん元気になって手づかみでカニつかまえてました。

3日目は天気がよかったので、盛りだくさんの1日に。キロハナプランテーションではピコちんと甥っ子くんが ディーゼル機関車の座席に並んで座ったり、子ブタやヤギ、ロバに餌をあげたりしてて超かわいかった。義妹とは一緒にコロア・ラムの試飲に参加。地元アーティスト作品のギャラリーを母と義母と鑑賞したり。

それからワイメアまで取って返して、コーヒープランテーションに寄ってから、本日のもう一つの目玉であるワイメアキャニオンへ。展望台から眺める渓谷の景色はいつみても絶景。

そのままナパリ海岸側のカララウバレーを見下ろすプウオキラ展望台へ。 途中ちょっと天気が悪くて展望を心配したけど、なんと谷底から縦に立ち上がる虹がみられて大感激 。そういえば結婚式の直前にきたときも虹はかかってたけど、それは普通に谷を横切る感じだった。今回はしかも最後には虹が二重になって、ますますすごい眺めだった。

この日は私は弟一家に同行(運転手)してたので、展望台からの帰りはワイメアの街に寄って甥っ子くん念願?のシェイブアイス。道の向かいのおみやげ屋さんでカウアイ名物の赤土染めTシャツも購入。甥っ子くんとお揃いでピコちんのも買いました。

ピコちんはすっかり弟一家になじんで、甥っ子くんとチーム組んで弟夫婦と戦いごっこしてもらったり、義妹にたくさん折り紙教えてもらったりして、楽しく遊んでた。

いとこたち@夕方のビーチで


名残はつきないけど私の両親と弟一家とは4日めの早朝に出立。ピコちんは夜のうちにお別れしたんだけど(大人は 朝起きて見送ったけど)たぶんその時はあまり実感がなかったみたいで、翌朝起きてきて私の家族がみんな行っちゃったのを知ってはじめて事態を理解して、階段の踊り場で膝をかかえて号泣。。

ぽろぽろ涙をこぼすピコちんがなんともいたいけでいじらしくて、私もやっぱりさみしいししんみりしてたんだけど、つぶやいている名前をよーく聞いてみるとただただ 「じいじ、じいじ」と呼んでいる。

あれ?えーと、じいじだけなの?一番遊んでくれたばあば(母)や戦いごっこしてくれたおじさん(弟)、折り紙教えてくれたおばさん(義妹)、一緒に遊んだ甥っ子くんは??と内心ツッコミを入れてしまい、なんかおかしくて私のメソメソ気分もひっこんじゃった。

私の家族が帰ってからは、私たちはすっかり観光モードが帰省モードに切り替わってのんびり。とりあえずほぼ毎日ビーチには行ったけど。

4日め:ソルトポンドビーチ+グラスビーチ
5日め:実家に戻る
6日め:リドゲートパーク+カパアでランチ
7日め:ラワイビーチ+コロアでランチ+夜はDuke'sでデートナイト
8日め:帰宅

グラスビーチはその名の通りガラスの砂利のビーチ。破棄されたガラスの破片が波に洗われて細かく角も丸くなったシーグラスで浜が覆われているの。ここのグラスビーチのシーグラスはほとんど砂レベルに細かくなってたし、色も白か茶色ばかりで、アクセサリーに使えそうな緑や青の大きめの破片はあまりなかった。

でも沈みかけの夕陽が海面に金色に映えて綺麗だったし、ちょうどアザラシ(ハワイアンモンクシール)が休みに来てた。近くにいたボランティアのアザラシウォッチの人によると、何回か仔を産んだことがあるメスだそうな。アザラシはいつも会えるわけじゃないので感激。



リドゲートビーチは岩で囲んだスイミングプールになってて、波が高くても子供も泳ぎやすいのがお気に入り。岩礁の周りに魚もたくさんいるのでスノーケリングもできるし。あとビーチパークには大規模な木製の遊具があって、ピコちんも夢中になって遊んでた。

ラワイビーチでもスノーケリング。フムフムヌクヌクアプアアもいたし、大きなナポレオンフィッシュとかエンジェルフィッシュとかも。あとここでもビーチでホヌが日光浴してた。

ランチはフードトラックで「ワル」という魚のグリルを食べたんだけど、このワルは 脂がのっててバターフィッシュって呼ばれてるくらいなんだけど、実はその脂がワックス質なので消化できない人は深刻な事態になるかもしれない危険な魚。日本語名はアブラソコムツっていうんだけどなんと販売は禁止されてるらしいんだよね。

注文変える?と相談もしたけど、まあ前に食べたことあって大丈夫だったし、お店のお姉さんも「私はワルを専門に料理してきて30年、グリルしてしっかり脂を落とすし、食べ過ぎない量にしてるから大丈夫!うちで食べてお腹壊した人はいない!」と断言するので、そのまま出してもらって食べた。ふつうにおいしかったし、誰もお腹痛くもなりませんでした。

カウアイ最後の夜ということで、夕食後にピコちんの寝付かせを相棒両親にお願いしてデートナイトに出かけたんだけど、その時に相棒母が素敵なプレゼントをくれた。庭の蘭の花で作ったレイ。蘭のレイはよくあるけど、庭の花でってとってもスペシャル。3種類の蘭でできていてとても綺麗なの。

夜が早いカウアイなので出かける先もそんなにはなく、いつも通りマリオットホテルのDuke'sへ。ビーチに面して広く開放的なレストラン&バー。相棒はビール、私は地元のコロアラムを使ったマイタイで乾杯。

レイは寝る前に冷蔵庫に入れて、翌日帰宅するまでずっとかけてた。動植物の持ち込み&持ち出しに厳しいハワイだけど、生花でも蘭はOKなんだって。何人もの人に「素敵なレイね」って声かけてもらいました。




あと今回の滞在ではピコちんが単語綴りゲーム「スクラブル」に大ハマり。毎晩5人でスクラブルをプレイし(プレイヤー4人までなのでピコちんはマミーかダディーと組になる)、朝起きると早起きピコちんがスクラブルのボードを既にセット済みでまたプレイの毎日。

私は英語ネイティブに比べて語彙ないし、、と今までスクラブルは避けてたんだけど、プレイしてみたらそこまで語彙力なくても楽しく遊べた。とりあえず今年のクリスマスプレゼントのひとつにスクラブルのセットを買ってあげる予定。

それにしてもサンフランシスコベイエリアに帰ってきたらいきなり街がクリスマス仕様になっててびびった。出かけたのはサンクスギビング前だったし、ハワイではそこまでクリスマスが主張激しくなかったからなあ。もう12月だって、、焦る!








最終更新日  2017.01.06 09:41:33
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.