000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Coffee豆を探すトコ

豆を挽く!

グラインド

ミルばらし掃除中Coffeeを淹れるには豆を細かくしなければなりません
ここでは、この工程を"挽く"と表現させてもらいます
このページでは"挽く"ための道具や、挽いた粒度の種類
これにあった抽出方法などの紹介をしていきたいと思います
(´・ω・`)C■挽くときでる香りにもα波があり、リラックできます♪ 

■豆を砕く
豆を挽く道具を"ミル"といいます
上の写真はこのミルをバラバラにしてお掃除しているところ♪

ミルには手動式のものや電動式のもの
また、インテリアを兼ねたものなど様々です

「一度にたくさんcoffeeを抽出したい方は電動のものがよい」
と本などでは書かれています

わたしは…
ゴリゴリゴリ…ゴリゴリ…(無心)

と、挽いてる時間が楽しいので(変わったやつです、ハイ( ̄ω ̄;)

わたしは右上の手動式の一番安いヤツを使っています
お金持ちになったら「インテリアを兼ねたもの」が欲しいです(生涯をかけて!)

と、そんなことはどうでもいいですね。スイマセン(笑)

ミルには
coffee豆をカットしながら挽いていく"カッティングミル"と
すりつぶして挽いていく"グランディングミル"の2種類あります

どちらがいいのでしょうか?

実はcoffee豆は非常に熱に弱い性質があります
これは、豆の香りの成分を飛ばしてしまうということです

このため、わたしの近所の「ガンコcoffeeおやじ」は

「カッティングミルじゃなきゃ本物の味は挽きだませんよ」

とか控えめながらも、絶対譲らないゾといった感じで
おっしゃっております(笑)

でもグライディングミル"でも
摩擦熱がでないようにゆっくり挽いてやればいいのです!

ここで「挽いてるときだけプロ」のわたしがコツをお教えいたします

"極意"は―

目を閉じて…
挽いている豆の背景…自分の人生…世界との一体感…
っていうか何も考えない…

です。マスターすれば挽いてるときに安らぎを覚えるようになるでしょう♪




■粒度(メッシュ)
Coffee豆は一般に
細かいほど苦味が抽出され
         粗ければ酸味が抽出される傾向が強くなります



1.中挽き
粒度中挽きもっとも基本的な粗さです
写真は基本の"中"よりもちょっと粗めかもしれません
ペーパードリップネルドリップに適していると言われます




2.細挽き
濃くて苦いCoffeeを抽出したい時にもちいる粒度
エスプレッソなどでは、粉末状くらいの細かい粒度のモノが適します
粉末状のモノは普通のCoffee抽出ではあまり用いられません

3.荒挽き
薄くて酸味が強い味になります
Coffeeが好きになってくると「濃い」味を求めるようになるので
こちらも普通の抽出にはあまり向きません

■道具
⇒コーヒーミルを見てみたい方は、ミルのページへどうぞ


トップ



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.