000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Coffee豆を探すトコ

Coffeeレシピ(hot)

Coffeeレシピ集

ホットのアレンジメニューを収集しています

~menu~
カフェラテ前
▼カフェ・オ・レ
アレンジの定番!本格的にいれてみよう!
ウィンナーコーヒー
▼ウィンナーコーヒー
生クリームと砂糖で元気回復!
▼ハニーコーヒー
ちょっとハチミツを入れるだけでおいしくなる!
モカチーノもどき
▼モカ・チーノもどき

▼カイザー・メランジュ

カフェ・ソルト・チョコレート
▼カフェ・ソルト・チョコレート
塩とチョコと生クリームのハーモニーがたまらない!
コーヒー・エッグ・ノッグ.jpg
▼コーヒー・エッグ・ノッグ
カスタード風のクリームとナツメグの意外な組み合わせ
モカ・カリエンテ・ジャバネサ
▼モカ・カリエンテ・ジャバネサ
ココアとマシュマロのやさしい組み合わせ♪
カフェブルゴーニュ
▼カフェ・ブルゴーニュ
赤ワインと生クリームの上品な組合わせ

カフェロワイヤル
▼カフェ・ロワイヤル
見た目も楽しい♪ステキな一品!
カフェ・マリアテレジア
▼カフェ・マリアテレジア
あのオーストリアの女帝にちなんだメニュー!
カフェ・ベネチア
▼カフェ・ベネチア
ブランデーとチョコ!その上に生クリームとシナモン♪ハーモニーが絶妙の傑作!
▼カフェ・カカオ
▼ノルマンディー・コーヒー

▼モカ・カリエンテ・ジャバネサ
カルーアCoffee
▼カルーアCoffee
ちょっとシャレたカフェ・オレです♪



カフェ・オ・レ


カフェラテ前

■材料

・Coffee
・ミルク
(沸騰させないようにあたためてくださいね)

■手順

1、Coffeeを抽出します(深入り程よいと思います)

2、ミルクを温めます( 直火で沸騰させないように… まくができないように… )
さぁ!次は"カフェ・オ・レ"の"カフェ・オ・レ"たるゆえん!
目玉の工程です!!

3、Coffeeとミルクを両手にもって
  高い位置(約10cmの位置)から一緒に注ぎます

☆できあがり~

■歴史カフェラテ:後

フランスの方が朝
よく飲むという"カフェ・オ・レ"

"カフェ・オ・レ"とは
ミルク入りのcoffee
という意味があります

フランスのカフェで"カフェ・オ・レ"を
注文すると
トレイの上に
coffeeとミルクの入った二つのポットが出てくるそうです

お客さんは自分で作るわけですね!

この慣習は
昔の上流階級の人々の
名残といわれています



ウィンナーコーヒー


ウィンナーコーヒー
■材料

・深煎Coffee
・ホイップクリーム

■手順

1.砂糖(ザラメ糖がよい)に深煎りcoffeeを注ぐ
                   (かき混ぜてはダメ!)
2.ホイップした生クリームを浮かべる
                   (冷やしておいてください)

■歴史

…ウィーンの人々からは
その起源が主人をまつ馬車の人がよく飲んでいたので
一頭立て馬車を意味する"アイシュペンナー"と呼ばれているそうです

1、冷たい生クリームを
2、熱くて苦いcoffeeを
3、そこにたまった砂糖を

味わうのが本流だとか…


これは疲れがフッとびますよ!
なにせ、寒い外に立つ馬車の人が飲んでいたんですから

どうしても生クリームと深煎りコーヒーがあると
やってしまいますね♪



ハニーコーヒー

Honey Coffee


■材料

・Coffee
・はちみつ


ちょっとした栄養補給にもなる
砂糖とはちょっと違った甘みが楽しいCoffee
ホットでもアイスでもご自由にどうぞ!



カフェ・ブルゴーニュ



カフェブルゴーニュ■材料

・Coffee (120cc)
・赤ワイン (15cc)
・ホイップルージュ (ホイップクリーム20g 、赤ワイン/グレナデンシロップ各少々)

■手順

1.カップにCoffeeを入れ、赤ワインを注ぎます。

2.ホイップクリームにグレナデンシロップと赤ワインを入れてて泡立て、ホイップルージュを作ります。

3.1に2のホイップルージュを浮かべます。



モカチーノ


モカチーノもどき

■材料

・深入りのコーヒー
・チョコレートシロップ(またはココアの元でも可)
・ホイップクリーム
・ミルクをあわ立てるもの
・ミルク
・シナモン
    

■手順

1. チョコレートシロップをカップへ

2. その上からコーヒーを注ぎます。
 
3. 次に温めたミルクを注ぎます。

4.最後にお好みでホイップクリームをのせて、シナモンを振りかけて完成


カイザー・メランジュ



オーストリアの皇帝(カイザー)が好んだといわれるふわふわのCoffee

■材料

・深炒りのコーヒー
・砂糖
・牛乳
・卵黄1個         ☆ラム酒やブランデーを入れてもGood!


■How to ?

以上を、ホイッパーなどで泡立てながら、弱火にかけて泡立て器でかき混ぜる
70度位で火を止めて、カップに注ぐ。沸騰させると卵黄が固まるので注意が必要!


カフェ・ソルト・チョコレート


カフェ・ソルト・チョコレート
■材料

・カフェ・オレ
・チョコレートシロップ
・ホイップクリーム
・塩少々

■How to ?

1.カフェ・オレにチョコレートシロップと塩を混ぜる

2.1の上にホイップクリームをのっける

3.2のホイップクリームの上にさらに、チョコレートシロップをかけるぅ♪



コーヒー・エッグノッグ


コーヒー・エッグ・ノッグ.jpg
■材料

・コーヒー120~150cc
・グラニュー糖10g
・ 卵黄1個分
・生クリーム10cc
・牛乳30cc
・ナツメッグ粉少量

■How to ?

1.鍋に卵黄、グラニュー糖、生クリーム、牛乳を入れホイッパーで混ぜる

2.次に火にかけ約80度C(沸騰させない)になったら火を止める

3.以上とCoffeeをカップに注いで、ナツメッグ粉を振りかけて出来上がり~♪


カフェ・ロワイヤル


カフェロワイヤル
■材料
・角砂糖
・ブランデー
・Coffee

■How to ?
1.スプーンに角砂糖を乗せて
    砂糖にたっ~ぷり!ブランデーを注ぎます♪
(あらかじめスプーンを暖めておくと着火しやすいようです)
 (スプーンには"フック"のついた専用のものがあるらしいのですが
      わたしは写真のようにバランスを無理やりとって
     カップに固定しました。根性で乗り切ったともいえます(笑)

2.火が消えたら、coffeeに溶かして飲む

(火を注ぐのは、ブランデーのアルコール分を飛ばすためです
   ですから、消すタイミングは好みによるでしょう

  ちなみん、ブランデーの香りもどんどん消えていきますので
        「高価なものほど、早く消されるのがよい」

       と、記してある文献を見たことがあります…)


■歴史
説はいろいろあるようなのですが
ナポレオンのお気に入りの飲み方だったようです
それが転じて
フランス王室用として世界に広まったそうです

■カフェ・ロワイヤル用の角砂糖です(ラム酒バージョン!)

カフェ ロワイヤル ブランデーシュガー

カフェ ロワイヤル ブランデーシュガー



カフェ・マリアテレジア


カフェ・マリアテレジア
■材料

・Coffee(160cc)
・オレンジのリキュール(20cc)
・生クリーム
・キャンディーチップ

■How to ?

1.生クリームをあわ立てる

2.カップにCoffee、オレンジリキュールの順に入れる

3.2に生クリームを乗っけて、キャンディーチップでデコレーション!

■注意

キャンディーチップ、あんまりでっかいと
わたしが最初やったみたいに沈みます(笑)

■歴史

オーストリアの女帝"マリア・テレジア"が好んだ一品
マリア・テレジアが亡くなってから200年後のイベントで
オーストリア中のカフェメニューに加わったそうです

■感想

オレンジのリキュールが効いていてCoffeeじゃないみたいです
なんていうか、甘酸っぱいというか…
オレンジのお酒いりチョコレートを飲んでいるというか、なんとういうか
Coffeeが飲みたいときにはあんまりおススメできないですね♪(笑)
でも
ちょっとこれは、おもしろい!のでやってみる価値はありますよ


カフェ・ベネチア


カフェ・ベネチア■材料

・深煎りCoffee
・グラニュー糖
・ホイップ生クリーム
・ブランデー
・チョコレートシロップ
・シナモン(粉)

■How to ?

1.「グラニュー糖」「ブランデー」「チョコシロ」をカップに入れる

2.Coffeeを注ぐ

3.「ホイップ生クリーム」を乗っけて「シナモン」を振りかけて完成!


■感想

生クリームと、上に振ったシナモンの相性がとてもいいです♪
さらに、Coffeeにはブランデーが効いていて
チョコのほろ苦さと甘みが生きてきます


カフェ・カカオ


■材料
・深煎りCoffee
・カカオリキュール
・ホイップクリーム

■How to ?
Coffeeとリキュールを入れて、ホイップクリームを浮かせて完成!

■豆知識
カカオリキュールはCoffeeととっても愛称がいいそうです



ノルマンディー・コーヒー


■材料

・カルバドス
・ホットコーヒー 90ml
・ 生クリーム 適量

■How to ?

1.カップにカルバドスとCoffeeを注ぐ
2.生クリームを乗っけて完成!



モカ・カリエンテ・ジャバネサ


モカ・カリエンテ・ジャバネサ■材料
・マシュマロ
・深煎りCoffee
・ほっとココア

■How to ?
1.コーヒーとココアの割合7:2です
2.マシュマロは、お好みで♪

■感想
あま~い!しあわせ♪ココアとミルクが
寒いにはあったまるまる


カルーアCoffee


カルーアCoffee
■材料
・Coffee
・カルーア(Coffeeの5分の1くらい)
・ミルク(カルーアと足してCoffeeと同量くらい)


ちょっと、洒落たカフェオレって感じです
飲み心地はカフェオレなんですが
余韻にカルーアのほんのりした感じとフワッとする
リキュール感がなんとも楽しいメニューです

うまかった♪











トップ



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.