107322 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

2010.07.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今月のお題は『夏休み』『雲の峰』『百日紅』『夜店』と指定した。

6週連続の市民企画講座が開講し6名の講師とのやり取りや手配・調整で慌ただしく
宿題を果たせないまま、納期が近づいた。
業を煮やした家内がそれでも幾つかメモ書きしてくれたので大いに助かった。
合作と言えば聞こえが良いが厳密に言うと盗作だ。

『夏休み』での秀作は
新人とは外で他流試合を重ねてきたCさんの作品が6票集めた。
『少年の肩黒光りして夏休み』
夏休み、外で元気よく遊ぶ子供らは日焼けして真っ黒だ。
短パン姿で白いランニングシャツから見える肩のあたりはむしろ光っている。
元気の良い子供たちからエネルギーを貰うようだ。

『雲の峰』では
『馬柵朽ちて動くものなし雲の峰』が5票集め、これも新人のCさんだった。
清里の元牧場の風景だ。
朽ち果てた柵がある山麓の牧場。
八ヶ岳を背にして積乱雲がもくもく湧いている静かで雄大な光景が身に映るようだ。

自由題では師範代が相変わらず秀作を披露してくれる。
『黒染の袖に汗ふく修行僧』
熱さに耐える托鉢僧の姿が見えるようだ。

拙作で3票を集めたのは
『呼び込みの赤ら顔光る夜店の灯』だ。
夜店のご主人は日焼けして真っ黒な顔をしている。
少しダミ声で道行く客を引き留めようと懸命だ。
頭上の裸電球に顔が輝かっている。

今回一番良かったのはSさんの
『雲の峰龍馬脱藩の道を行く』で5票集めた
坂本龍馬は脱藩し江戸に向かう際、高知県西北部(土佐)の山岳地帯を越え愛媛県(伊予)に抜けた。
先日もTVでやっていたが、その道は今も険しく大型バスは越えられないが、その山里には多くの観光客が集まっている。
山里から見ると、坂本龍馬の高い志を表すかのように峠の上に積乱雲が湧いている。
何度詠んでも響きの良い秀作と思った







Last updated  2010.07.13 15:10:01
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.