117389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

土竜(もぐら)のつぶやき

2013年10月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 “ただ一面に立ち込めた
  牧場の朝の霧の海”

これは私の好きな唱歌の一つ「牧場(まきば)の朝」の一節である。
朝露を踏んで一頭の馬がゆっくりと霧の海に溶け込んで行く。
と、私の頭に浮かぶ風景なのだがこの歌のモデルとなった牧場
は羊なのだそうだ。羊の群れの緩やかな動きを思い浮かべれば
「羊群声なく牧舎にかえる…」が聴こえてくる。北大の寮歌である。
幼い頃母に歌ってもらった歌のこの部分だけがずうっと記憶に
残っていて後に友人から昔の寮歌をいろいろ教わった時に初めて
このメロデイが北大のそれだったと判ったのである。
母のきょうだいは男ばかりだったからこんな歌も知っていたのだろう。
ただ北大出身の叔父はいない。

話が逸れてしまったが元に戻そう。牧場の景色である。
美しいカウベルの音を落としていく牛の群れはどうだろう。
やはり私は馬が似合うように思うのだが。。。。
それからこの歌の牧場は北海道だと勝手に思い込んでいたが
福島県の岩瀬牧場なんだとか。
思い込みとは面白いものである。



夫と来年は午年ですねえ、などと話しているうちに取りとめも無く
こんな空想にのめり込んでしまった。

久し振りに書いたブログが空想の話、相変わらずです。











最終更新日  2013年10月14日 18時06分56秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


もぐら4311

お気に入りブログ

童謡コーラスから学… New! しぐれ茶屋おりくさん

市民会議 桜723さん

何かがついてる? のどまる。さん

またあとで quovadisさん
シェパードのユキと… 朗子さん

コメント新着

民眠@ Re:まきばの朝(10/14) 奈良の羊があちこちの草を食べて貢献して…
猫通り@ Re:まきばの朝(10/14) 霧の海が広がる朝の牧場に私も行きたいで…
もぐら4311@ Re[1]:父の日などなど(06/16) 猫通りさん >ご主人、無事退院されてよか…
猫通り@ Re:父の日などなど(06/16) ご主人、無事退院されてよかったですね。 …
もぐら4311@ Re[1]:3月も半ばを過ぎ(03/18) 猫通りさん >息子さん、千葉ですか。 >…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.