1147902 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

■■■■■■
投資家モーちゃん(著)

↑適正値の計算はこんなに簡単だった!

■このブログは主に私自身のメモとして使っており、右下のFreepageに投資に役立つ情報の収集をしています!

↓Freepageの新着記事

介護事業、利益率が低下(10月27日)

調剤報酬大幅下げ(10月24日)

2017.04.26
XML
カテゴリ:投資豆知識
長い間ブログの更新をサボっていましたが、久々に日経新聞で良い記事を見つけたので、ちょっと書いてみることにしました。

この記事から得られる教訓は、M&Aで成長を図ろうとする企業に投資する場合、経営者の手腕を見極めることが大切だということではないでしょうか。

それから、私が長期投資しているキヤノン電子について、同社初の小型衛星がいよいよ6月中旬に打ち上げられるとの記事もありました。
これから面白くなりそうです。


(日経記事2017.4.26)

日本電産は25日、独家電部品大手セコップグループを約220億円で買収すると正式発表した。日電産の企業買収は今回で53件目。東芝や日本郵便など海外買収に伴う巨額損失の発生が相次ぐなか、着々と買収による事業拡大を進める永守社長は「価格、経営への関与、相乗効果」の3つを買収戦略のポイントに挙げた。

永守氏は「52回の買収で一度も減損損失を計上していない」と自信をのぞかせ、「日本企業による海外のM&Aの88%は失敗している。10%は成功でも失敗でもどちらでもない。成功しているのは2%だけ」との見方を示した。

●将来の収益力などを見込んで買収額を上乗せしている場合、期待通りにいかずに価値が下がると「のれん代」を損失に計上する必要がある。永守氏は買収戦略では高値づかみしないことが大切だ」と強調する。

●価格と並んで重視するのがPMI(買収後の統合作業)と経営への関与。「買収は目利きと同じ。例えば工場の現場が汚い、社員教育がなっていない、といった会社は管理を見直せばもうかるようになる」と話す。

今年、フランス企業を傘下に収めた際には2日後に同社を訪問し従業員に方針を説明した。収益に見合った投資をする「家計簿経営」など徹底したコスト管理のノウハウを伝授。生産現場にも目を光らせ収益改善を後押しする。

●ポイントの3つ目が買収のシナジー(相乗)効果だ。日電産は主力のモーター技術を買収先の技術と組み合わせ、複合部品(モジュール)に仕立てて家電や自動車向けの需要を開拓している。例えば15年に買収したポンプメーカーも単品では業績が伸び悩んでいたが、中核部品のモーターを日電産が提供し顧客開拓につなげた

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ応援クリックお願いします!







Last updated  2017.04.27 20:57:59
コメント(0) | コメントを書く

PR

Rakuten Profile


投資家モーちゃんさん

投資歴40年以上、適正値投資で目標額は既に達成!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
海外旅行  テニス  歌うこと  動画撮影  個人手配海外旅行 

Free Space

Favorite Blog

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

ルネサスは長期上昇… New! 達人28さん

金華山にそびえる岐… 南国shirokumaさん

7年前のメルマガの… toms2121さん

前日比△1,135,000円 かぶ1000さん

テルモ(4543.T) 20… moneytree7さん

諏訪・草津・野沢に… 投資の神様さん

銀行の融資態度は大… ossanpowerさん

ルンバのために部屋… ryo2hさん

2017年10月月次 GoldmanSacheeさん

Freepage List

■著書と読者のコメント


日経ヴェリタス記事


「人生の達人」記事


■運用成績


■「純利益」を使って適正値を計算する理由


■成長株の見分け方


■投資の原点


PERとBPSの関係


BPS増減率一覧(1)


BPS増減率一覧(2)


BPS増減率一覧(3)


BPS増減率一覧(4)


BPS増減率一覧(5)


BPS増加率上位銘柄


BPS増加率下位銘柄


■株式投資の基本


企業の将来性


業績悪化の根本原因


リスクの高い事業


■株で損をするメカニズム


■損切りについて


■モー流資産運用術


■長期投資にこだわる理由


■銘柄選択の重要性


■為替変動の影響


円高(円安)要因


■ウォッチ銘柄


適正値近辺銘柄成績


時価総額増加企業


■規制関連情報


民主党政策と影響


独占禁止法


電気用品安全法


株の高速取引


■保有株(1)


保有株(2)


保有株(3)


■業界事情


保険業界


不動産業界


化学品業界


太陽電池業界(1)


小売業界(1)


金融業界


化粧品・香料・サプリ


自動車業界


その他機械業界


窯業


医薬品業界(1)


サービス業(1)


パルプ・紙


海運業


電機業界(1)


情報・通信


その他製造


倉庫・運輸


風力発電


鉄鋼


造船


陸運


商社・卸


外食


石油業界


自動車部品業界


ペット業界


食料品


建設業


電池


非鉄金属


液晶関連部材


水産・農林


繊維


電子部品・材料


通販


医療機器・材料


ゴム製品


太陽熱発電


金属製品


精密機器


電力・ガス


燃料電池(車)


プラント事業


事務機・プリンタ-


工作機械業界


建設機械業界


太陽電池業界(2)


産業用ロボット


ネット通販


医薬品業界(2)


鉱業


ゲームソフト業界


警備業界


小売業界(2)


水事業


電機業界(2)


レアアース


エアコン業界


電子機器等製造装置


太陽電池部材


空運


紙おむつ


半導体ウエハー


医薬品卸


2輪車業界


PB商品


サービス業(2)


高齢化関連事業


3Dプリンター


シェールオイル・ガス


有機EL部材


自動運転車


新素材


電気自動車


■相場の位置


相場の位置(2)


金利水準等


バブル・金融危機


住宅市場


株価反転順序


景気対策


株価対策


長期金利


世界の株価指数


業種別日経平均


世界の新車販売台数


東証平均ROE


00~09年業種別株価


国内景気


デジカメ出荷額


投資主体


シラー教授の指標


■世界の情報


中国


欧州(1)


米国


日本


欧州(2)


豪州


インド


中国リスク


アジアリスク


■投資資金の将来予測


■会計基準


■チャートについて


■投資手法の修正など


■新興市場について


■個別企業(その特徴)


食料品


金融


商社


化学


自動車・部品


機械


小売・卸し(1)


医薬品


その他製造


繊維


サービス


精密機器


電機


窯業


輸送用機器


非鉄金属


情報・通信


不動産


外食


金属製品


小売・卸し(2)


ゴム製品


■製品別世界シェア


■品質問題


■東日本大震災の影響


大震災、企業への影響


大震災、風評被害


■経営の失敗


■海外企業


先進国の技術流出


■TPP


■コモディティー化


Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

Calendar

Category

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.