1286174 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

■株式投資の基本


【株式投資の基本】

株式投資で安全に且つ大きく儲けるには、二つのポイントがあります。
●一つ目は事業の性格や将来性の検討をし、利益が増え続ける会社を選ぶ。
●二つ目は出来るだけ割安な値段で買う。
という事です。


■ではその理由を説明します。

(1)事業の性格や将来性の検討をし、将来的に利益が増え続ける会社を選ぶ

会社の利益が増えれば株価が上がるということは今更説明するまでも無いことです。

ただ、今期利益が大幅に増えたので株を買ったが、次の期に一転して減益となり、株
が大きく下落して損をしてしまったといった話は後を断ちません。

原因は、足元の業績が好調なことから成長株だとの思い込みがあって「その会社の事
業が景気や市況の変動などの影響を受けやすい性格のものであることを知らなかっ
た」ためというのが実は多いのではないでしょうか。
この辺が個人投資家の一つの盲点となっています。

一方利益が増え続ける会社では、株価も右肩上がりとなり、割高なレベルにまで上が
らない限り、株が大幅に下落する事は通常考えにくいものです。
仮に下落しても時間が経てば元の値に戻ってくるので、安心して長期保有できるとい
うことになります。

つまり、「事業の性格や将来性の検討」は欠かせないものであり「将来的に利益が増
え続ける会社を選ぶ」ことが株で安全に且つ大きく儲ける為の一つ目の条件となります。

(2)出来るだけ割安な値段で買う。

どんな事業でも、ビジネス環境が大きく変わってしまったり、国の規制が厳しくなっ
たり、予期せぬ出来事によって成長が止まってしまう事があります。

つまり、成長会社であっても周りの環境の変化などで、いつ何時「景気などの影響を受
けやすい会社」に変わってしまうかも知れないということです。

そこで求められるのが、たとえ成長株であっても「決して高値では買わない」という
ことです。
高値で取引されている株は成長が止まっただけでも、下落する傾向があるためです。


よって、株で安全に且つ大きく儲けるためのもう一つの条件は「出来るだけ割安な値段で買う」必要があるということになります。


■では具体的にどうすればよいでしょうか?

株価が本当に安いかどうかについては、拙書 「株の適正値・・」 を読めば(株初心者でも簡単に)計算ができて判断がつくようになります。

事業の将来性を検討する際のポイントなどにも触れており、個人投資家の盲点を見抜く力もついてくるような内容となっています。



先ずは、この本を読むことから始めて下さい。
一番の近道だと思います!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.