000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

金属製品

住設機器大手、中国に本格参入(10.9.15日経)
(住生活グループ)近く中国家電大手のハイアールとの合弁会社を中国に設立するための基本合意書を締結、早ければ年内にも新会社を設立する見込み。
トステムのサッシやINAXのトイレをハイアールの販売網を通じて中国で販売する。
14年3月期に中国市場での売上高を現在の11倍の500億円にする。
中国の新築マンションは、居住者が建材や住設機器を選ぶ。
ハイアールはグループ内にマンション開発や内装工事の会社があり、住生活グループの建材や住設機器を組み合わせて商品力を強化する。

(パナソニック電工)中国の不動産大手、億達集団と組み、省エネ住宅を共同開発すると発表した。
パナソニックグループが扱う省エネ型のシステムキッチンや冷蔵庫を内装したマンションを開発する。
12年度までに大連市で約5000戸を建設し、中国での住設建材の売上高を09年度の2.3倍の150億円にする計画だ。
家電や建材などを一括納入する「家まるごとパナソニック」戦略を中国でも展開する。
第一弾として除菌機能が付いた食器洗い乾燥機や調湿パネルを取り付けたマンションを発売する。
総戸数738戸を12年4月をめどに建設する。
販売価格は大連市の一般的な物件より約3割高いが、消費者の省エネ需要を取り込む考え。


オフィス家具(10.1.15日経)
8月~1月期決算
(内田洋行)景気低迷で企業のオフィス投資が冷え込み、主力のオフィス家具が想定下回る。
(稲葉製作所)主力の住宅用物置の販売は横ばい。オフィス家具は企業の経費抑制を受け急減。

(コメント)
オフィス家具は、景気が悪くなると企業の経費削減のターゲットになりやすいので、不況に弱い商品といえます。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.