1276866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

電力・ガス

東電の電力小売り自由化対策(15.3.13日経)
16年4月に家庭向けの電力小売りが完全自由化すると、首都圏など東電管内は異業種からの電力小売り参入で競争が激しくなるとみられる。東電は異業種との提携で顧客を囲い込むことで、家庭や商店など現在抱える約2700万件の小口契約を維持するのが狙い。
東電はほかの電力会社の管内で電気を販売する「越境供給」にも乗り出す考えで、割安なサービスを提供して顧客を獲得する。

(携帯電話会社と提携)
●東電は近くNTTドコモ,KDDI,ソフトバンクの3社からセット販売の事業提案を募り、4月中にも提携先を1社決める。携帯電話会社との提携によって「携帯電話の契約を他社から乗り換えた客には電気料金を1年間10%下げる」といった料金プランが可能になる。
●携帯各社の窓口で電気の契約を受け付けることも検討する。16年の自由化後、東電は首都圏など管内だけでなく全国の家庭への電気供給も検討している。豊富な営業拠点を持つ携帯電話会社と組むことで、新規客を取り込めるとみている。携帯各社も電力会社と組むメリットが大きい。KDDIやNTTドコモは携帯電話と光回線のセット割引に乗り出している。同じ月払いの電気も商品に加われば、消費者にとって「まとめ買い」の利便性が高まる。
 
(「共通ポイント」の導入) 
●コンビニなどで使える「共通ポイント」の導入も検討する。「Ponta」、「Tポイント」、「楽天スーパーポイント」の3陣営に月内に提携を打診する。
●例えば消費者がほかの電力会社から乗り換えて東電と契約すれば、ポイントがもらえるサービスなどを展開する。東電の既存客向けにポイントを付与することも検討する。

1999年から電力自由化を始めた英国では、電気と携帯、固定回線、ガスなどの契約を組み合わせた多くの料金のプランがある。消費者の6割が電力会社を乗り換えた経験があるとされる。


川重、水素発電設備量産(14.2.16日経)
川崎重工業は2017年をメドに、水素を燃料とする火力発電設備を、世界に先駆けて量産する。水素は燃やしてもCO2を排出しないほか、長期的に発電コストが天然ガス火力並みに下がる見通し。

川重は水素燃料だけで発電するタービンを世界で初めて実用化する。標準家庭で2000世帯分を賄える出力7000キロワット級など中小型機を明石工場で量産する計画。価格は従来のガスタービンより1~2割高い水準に設定する考えだ。

水素はガスと比べて熱量が大きいため燃やすとタービン内の燃焼温度が非常に高くなり故障の原因となる。川重は専用の冷却装置を取り付け、タービン内部の設計も改良し耐久性を高めた。


ガス3社の収益改善(10.2.2日経)
景気低迷や原料費調整制度による料金の引き下げもあり、各社減収となった。
一方、利益に最も影響するLNGなどの価格下落で、原材料費は東ガスは3349億円と41%減、大ガスは1980億円と44%減となった。
販売量は減少したものの、原材料費が大幅に減少したことで利益を押し上げた。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.