1277726 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

燃料電池(車)

JX 水素価格、ガソリン並みに(14.1.15日経)
JXホールディングスは燃料電池車向けに低コストの水素供給に乗り出す。水素を安全で大量に輸送できる技術を開発、2020年をメドに新技術を使った供給網の整備を始める。

政府も15年度までにガソリンスタンドに相当する「水素ステーション」を国内100カ所に整備する計画。ただ、同じ走行距離に換算した価格がガソリンの2倍以上とされるコストと、1カ所あたり3億~5億円かかる水素ステーションの建設費が普及の課題になっていた。

グループ中核のJX日鉱日石エネルギーが製油所で自社生産している水素をトルエンに溶かして液体化。常温・常圧の状態でトレーラーで水素ステーションに運ぶ技術を開発した。車に充填する時点で、独自開発した触媒を使って気体に戻す

現在は気体の水素を高圧で圧縮して専用トレーラーで輸送、貯蔵している。液化すれば高強度の炭素繊維製ボンベや爆発を防ぐ設備なども不要になり、ガソリン用のトレーラーやタンクを転用できる。ステーション建設費は2億円と現行よりほぼ半減する。液化で体積を小さくして輸送量も2倍に増やせる

現状の水素の生産・流通コストは1立方メートルあたり145円。今回開発した低コストの水素供給体制が整うと、燃料電池車の普及の目安とされる同100円以下が実現する。ステーション整備などで水素の生産量を増やすことでさらにコストを引き下げ、同じ走行距離でガソリン並みとなる同約60円に近づける計画。

JXは国内の約3分の1に相当する1万1100店の系列ガソリンスタンドを持つ。すでに神奈川県海老名市など5カ所に水素ステーションを開設。15年度までに40カ所に増やす計画。この段階では従来技術を使うが、燃料電池車が普及期に入るとみられる20年から液体輸送を実用化。一気に供給網を広げる方針だ。


神戸製鋼、水素を効率よく貯蔵する合金を開発(13.1.26日経夕刊)
神戸製鋼は筑波大学と大量の水素を効率的にためられる合金を開発した。温度設定を変えるだけで水素を大量に吸収したり、放出したりする働きを持つ。セ氏約20度以下にすると水素を吸収し、80度以上に加熱すると放出する仕組み。

高圧水素は爆発の危険性があるため安全な貯蔵方法が課題だった。合金を水素タンクの内部に使えば、通常の金属材料に比べて3~4倍の水素をためられる。新合金のタンクは通常の気圧で使えるためコストも抑えられる。

主に次世代エコカーとして期待される燃料電池車の水素燃料の貯蔵用に2015年の商品化を目指す。


JXエネ、燃料電池価格5分の1(12.4.20日経)
JX日鉱日石エネルギーは2015年をメドにドイツで家庭用燃料電池事業に参入する。現地企業と組み、技術開発や量産効果で価格を従来型の5分の1の約50万円に下げた最新型を売り込む。

ドイツで販売するのは従来型よりも発電効率が3割程度高い、最新型の固体酸化物型燃料電池(SOFC)。1台あれば一般的な家庭で7割の電力をまかなえる。発電装置の主要部材の素材を見直したり、人手で組み立てているのを自動化することなどで、今の270万円から約50万円に引き下げる

ドイツの電気料金は1kwh約24円なのに対し、都市ガスを電気換算すると同約7円と安い。余剰電力を電力会社に販売でき、燃料電池購入後数年でもとが取れる見通し。20年に5万~6万台の販売を目指す。


新型業務用燃料電池(10.2.25日経夕刊)
米環境ベンチャーのブルームエナジーは、新型の業務用燃料電池「ブルームエナジー・サーバー」を公開した。
グーグルやウォルマートなどが導入済み。
白金などの代わりに「砂に由来した安価な素材」を使い、コストを引き下げた。

・コンテナ大で、米家庭の100軒分にあたる100kwを発電する。
・燃料は天然ガスやバイオガスなど様々。
・発電コストは、助成金を使うと1kwhあたり9~10セント。
(カリフォルニア州の電気代は同13~14セント)
・価格は現時点で1台70~80万ドル。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.