000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

空運

格安航空(10.12.30日経)
(全日空 伊東社長に聞いた)

航空業界が新たな競争の時代に入った。羽田空港の国際定期便復活に伴い、海外の格安航空会社(LCC)が日本市場開拓に動き始めた。LCCは欧米では30%程度のシェアを獲得している。アジアではまだ20%程度。

(Q)アジアの大手LCC、エア・アジアX(マレーシア)が羽田に就航した。

(A)開けてはいけない「パンドラの箱」が開いた気分だ。路線が単発で増えるだけなら恐れることはない。ただ、関西国際空港などを基地化して集中的に便を飛ばすようになれば大きな脅威になるだろう。
欧州ではLCCのライアンエアー(アイルランド)が国際線を席巻し、既存の大手は合従連衡に追い込まれている。米国でも同業のサウスウエスト航空が国内線を押さえている。日本でもそういう時代がやってくるかもしれない。我々は自らLCCを設立することで先手を打つ。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.