1290591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記

半導体ウエハー

コバレント、半導体ウエハー事業を台湾企業に売却(11.8.12日経)
コバレントマテリアル(前身は東芝セラミックス)が半導体ウエハー事業を台湾のSAS(シノ・アメリカン・シリコン)に売却する。SASは太陽光パネル用ウエハーで急成長してきた新興勢力。コバレントシリコン(新潟県)など国内にある3つの製造・開発拠点を約347億円で売却する。従業員約1400人はSASに移る。大株主として収益回復を急がせたいカーライルが今回の事業譲渡を促した。

半導体も太陽光パネルもシリコン製のウエハーを加工して生産するが、ユーザーが求める純度や品質の水準は半導体用が圧倒的に高い。半面、太陽光パネル用では大量生産体制を築く資金力が勝敗を分ける。技術力で後れを取る台湾企業がウエハー産業で勢力を伸ばせた理由がここにある。、SASはコバレントの持つ高純度のウエハー製造・加工技術を獲得することで、半導体ウエハー事業に本格参入する

(シリコンウエハー市場)
信越化学      36%
SUMCO     29%
MEMC(米)   12%
LGシルトロン(韓) 8%
シルトロニック(独) 6%
コバレント      5%
その他        4%


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.