1277144 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

■成長株の見分け方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 成長株の見分け方 (簡易判別法)
■■ 寄稿:『株の適正値を知ってあなたは株を買っていますか』モーちゃん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、読者の方から「成長株と景気変動株の区別が難しい。どちらに該当する
かで適正値が大きく違ってくる銘柄もある」といったお問い合わせがあります。

折角バリュー投資をやってても、この区別ができないと、高値つかみをしてし
まう危険性があります。よって今日は成長株の見分け方について、私の簡易判
別法をご紹介したいと思います。

一応の目安です。一部例外もあると思われるので、最終的にはご自分で事業の
将来性などからも確認をしてください。

具体例で説明します。

(1) 過去8年間の連結決算の売上高と経常利益の推移を見て、毎年増収増益の
会社は成長株です。

(2) そうじゃない会社は過去8年間の経常利益に関し、次の4通りの計算をしま
す。

【注】年間成長率早見表は著書『株の適正値を知ってあなたは株を買っていま
すか』の117ページに記載されています。

【注】EXCEL をご利用の方は次の式で成長率を計算してください。
=(最近年度経常利益/□年前経常利益)^(1/年数)-1

X社の例 経常利益
00年 269.0 (A)
01年 303.0 (B)
02年 331.4 (C)
03年 299.9 (D)
04年 286.8 (E)
05年 256.2 (F)
06年 331.8 (G)
07年 395.3 (H)

(1) AからHまでの年間成長率: +5.7%
(2) CからFまでの年間成長率: -8.2%
(3) EからHまでの年間成長率: +11.3%
(4) AからDまでの年間成長率: +3.7%
上記4通りの成長率の計算結果で

●4つとも年間成長率が5%以上なら、成長株と見なしてよいと思います。
(できれば4つとも10%以上が望ましいが)
●内1つでもマイナスの数字になれば景気変動株とみなすのが無難です。
●内1つが1~5%の数字で、あと3つが5%以上の場合は、事業の将来性などを
考えた上で判断すればよいと思います。

ただし、例えば市況で値段が変動する商品とか所謂景気循環株といわれている
業種に属する企業は、過去の業績の推移が成長株的なものであっても、景気変
動株と見なした方が無難です。

上記X社の例では (2) の計算結果が-8.2%なので、景気変動株とみなし
ます。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.