1291425 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記

PERとBPSの関係

意外と知られていない PERとBPSの関係


最近「PER」に関する質問をよく受けるので、今日はPERとBPSの関係について
考えてみます。

一般的に、PERは「投資元本を回収するのに何年かかるかを見る指標」
というのが定義ですが、実は将来のBPSをはかる上での指標でもあります。

例えばPER15倍の会社の15年後の1株純資産(BPS)は
15年後のBPS = 現在のBPS + (平均1株純利益 x 15年)
となります。

即ち、PER15倍の場合、もし暴落にあって株が塩漬けになっても、将来のBPS(解散価値)
が歯止めになるので、元本を取り戻すのに「15年も待つことはない」だろうという事になります。

(A社の例)
株価:1500円
1株純利益::100円
BPS: 500円
◎1株純利益が15年間変わらず、配当はゼロと仮定します。

15年後のBPS = 500円 + (100円x15年) = 2000円
10年後のBPS = 500円 + (100円x10年) = 1500円

ということで、A社の場合、もし大暴落にあっても元を取り戻すのに「10年も待つことはない」でしょう。

一方、PERが30倍の場合、「30年も待つことはない」だろうという事になり、
成長企業でない限り、リスクは高くなります。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.