1277142 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

2012.01.21
XML
カテゴリ:思った事
ここ10年くらいの私自身の運用成績はブログのトップページのグラフの通りですが、今日はこの成績に貢献した主な売買事例を紹介します。これらの株には資金の多くを集中投資していたので、儲けは運用成績に大きく反映されています。

一つ目は「日本写真印刷」です。
2000年までに平均800円程度で購入。
3~4年間程度保有後4割弱の儲けで利食い。
その後株価は6410円の高値を付け悔しい思いをしたが、今は900円台まで下がってしまいました。
売却益は自宅購入資金に充当。
(同社は、昨年度の営業利益で赤字転落したため候補銘柄から除外)

二つ目は秀英予備校です。
2001年~2002年に平均1000円台前半の値段で買って、2003年後半に2.2倍程度の値で利食い。
その後4480円の高値を付け、これも悔しい思いをしたが、現在300円程度。
(最近の同社は成長が期待しにくくなったので候補銘柄から除外)

三つ目は日信工業です。
(1回目)投資額はそれ程多くはないが、
2000年~2001年に1900円程度で購入。
2002年春に約2.6倍の値で利食い。

(2回目)集中投資
1.5株に株式分割後、2003年6月頃より翌年にかけて再び2500円程度で購入。
2006年に3株に株式分割。
2006年終り頃から翌年始めにかけて約3.5倍の値で半数程度を利食い。
その後株価は3680円の高値を付けた。
残りの半数もリーマンショックの大底からのリバウンド後に時間をかけて利食いしたが、平均値の計算は面倒なので省略。
(同社株は今もほんの少し保有中)

以上が私自身の過去の株取引の実態です。

これらの事実から考えてみると、最近の殆んどの日本株は「ある程度割高になれば売った方がよい」ということになります。
もし、値上がりした時に売らなければどうなっていたでしょうか。

●日本写真印刷は現在1000円程度なので25%程度しか資金は増えてないことになります。
●秀英予備校は現在約300円前後なので7割くらいの損です。
●日信工業は現在1200円くらいなので、買値の45%くらいの儲けでしかありません。

即ち、現在の日本の成熟経済のもとでは、長年に亘って成長を続けることが出来る事業が殆ど見られなくなったので、株を永久保有するという投資手法は通用しなくなったのではないかと考えられます。

たとえ成長株であっても、値上がりして「ある程度割高になれば売る」というのが日本株で儲けるコツであるように感じます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ応援クリックお願いします!







最終更新日  2012.01.22 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
[思った事] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


投資家モーちゃん

お気に入りブログ

前日比▼2,623,750円 New! かぶ1000さん

東京センチュリー(84… New! 征野三朗さん

赤倉温泉に行く(移… 投資の神様さん

全然痩せない(-.-) Kan-Tanさん

ユニゾ GoldmanSacheeさん

良品計画(7453.T) … moneytree7さん

2019年6月 終了 investment aaさん

6月の権利取得銘柄と… nonnon159さん

新発田城 日本百名城 南国shirokumaさん

パタパタびゅーん クックストックさん

フリーページ

■著書と読者のコメント


日経ヴェリタス記事


「人生の達人」記事


■運用成績


■「純利益」を使って適正値を計算する理由


■成長株の見分け方


■投資の原点


PERとBPSの関係


BPS増減率一覧(1)


BPS増減率一覧(2)


BPS増減率一覧(3)


BPS増減率一覧(4)


BPS増減率一覧(5)


BPS増加率上位銘柄


BPS増加率下位銘柄


■株式投資の基本


企業の将来性


業績悪化の根本原因


リスクの高い事業


■株で損をするメカニズム


■損切りについて


■モー流資産運用術


■長期投資にこだわる理由


■銘柄選択の重要性


■為替変動の影響


円高(円安)要因


■ウォッチ銘柄


適正値近辺銘柄成績


時価総額増加企業


■規制関連情報


民主党政策と影響


独占禁止法


電気用品安全法


株の高速取引


■保有株(1)


保有株(2)


保有株(3)


■業界事情


保険業界


不動産業界


化学品業界


太陽電池業界(1)


小売業界(1)


金融業界


化粧品・香料・サプリ


自動車業界


その他機械業界


窯業


医薬品業界(1)


サービス業(1)


パルプ・紙


海運業


電機業界(1)


情報・通信


その他製造


倉庫・運輸


風力発電


鉄鋼


造船


陸運


商社・卸


外食


石油業界


自動車部品業界


ペット業界


食料品


建設業


電池


非鉄金属


液晶関連部材


水産・農林


繊維


電子部品・材料


通販


医療機器・材料


ゴム製品


太陽熱発電


金属製品


精密機器


電力・ガス


燃料電池(車)


プラント事業


事務機・プリンタ-


工作機械業界


建設機械業界


太陽電池業界(2)


産業用ロボット


ネット通販


医薬品業界(2)


鉱業


ゲームソフト業界


警備業界


小売業界(2)


水事業


電機業界(2)


レアアース


エアコン業界


電子機器等製造装置


太陽電池部材


空運


紙おむつ


半導体ウエハー


医薬品卸


2輪車業界


PB商品


サービス業(2)


高齢化関連事業


3Dプリンター


シェールオイル・ガス


有機EL部材


自動運転車


新素材


電気自動車


リース業界


■相場の位置


相場の位置(2)


金利水準等


バブル・金融危機


住宅市場


株価反転順序


景気対策


株価対策


長期金利


世界の株価指数


業種別日経平均


世界の新車販売台数


東証平均ROE


00~09年業種別株価


国内景気


デジカメ出荷額


投資主体


シラー教授の指標


■世界の情報


中国


欧州(1)


米国


日本


欧州(2)


豪州


インド


中国リスク


アジアリスク


■投資資金の将来予測


■会計基準


■チャートについて


■投資手法の修正など


■新興市場について


■個別企業(その特徴)


食料品


金融


商社


化学


自動車・部品


機械


小売・卸し(1)


医薬品


その他製造


繊維


サービス


精密機器


電機


窯業


輸送用機器


非鉄金属


情報・通信


不動産


外食


金属製品


小売・卸し(2)


ゴム製品


■製品別世界シェア


■品質問題


■東日本大震災の影響


大震災、企業への影響


大震災、風評被害


■経営の失敗


■海外企業


先進国の技術流出


■TPP


■コモディティー化


サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.