1277888 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

投資家モーちゃん日記【株の適正値】

全2件 (2件中 1-2件目)

1

商品知識

2007.12.03
XML
カテゴリ:商品知識
今日はバリュー株投資の名人!モーちゃん日記 で炭素繊維の勉強をしたいと思います。

まだ投資するには早すぎるかと思いますが、将来の参考にしてください。


ところで、昨日、日信工業から優待の軽井沢ハム、チャーシュー、ベーコンを家族3人分送ってきましたが、全部子供にとられてしまいました。

でも今日は、弟あてに送ってきたハムを実家で食べることが出来ました。
美味しかった!






最終更新日  2007.12.03 17:51:08
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.30
カテゴリ:商品知識


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ⇒応援してください。



今日は次世代の「照明」についての勉強をしましょう。
有機ELLEDについてです。

有機ELは発光体にジアミン類などの蛍光性の有機化合物を使います。
一方LEDは電流を流すと発光する半導体の一種です。

どちらもこれからの商品ですが、果たして収益の柱に育つのか、技術流出などでアジアのメーカーとの激しい戦いを強いられることになるかは予断を許しません。


(3月27日の日経記事要約)

コニカミノルタは米GE(世界首位クラスの照明メーカー)と提携、有機ELを使った照明を世界に先駆けて商品化する。

紙のように薄く、折り曲げるなど様々な形状にできるのが特徴で、3年以内にGEブランドで(GEの販売網を活用して)世界で発売する計画。

量産化で蛍光灯と同等のコストに抑えられれば、世界で約9.3兆円(06年)に上る照明機器市場を置き換えていく可能性がある。

コニカミノルタは昨年写真フィルムの製造技術を応用し、薄型照明の技術開発に成功。
明るさや寿命を蛍光灯並みに改善することにもメドをつけた。
乗り越えるべき課題は量産技術。

携帯電話や音楽プレーヤーの小型ディスプレーとしては東北パイオニア(液晶用バックライト)や韓国サムスンSD(携帯電話の補助表示画面)Iなどが量産している。

現在の市場規模は携帯電話の液晶パネルのバックライト用も含めて550億円程度。
厚さは2-3ミリで、応答速度が速く動画もきれいに再生できるが大型化が難しい。


(3月28日の日経記事要約)

次世代照明を巡る有機ELと白色発光ダイオード(LED)の主導権争いが本格化する。

【有機EL照明の特徴と課題】

・薄く折り曲げられる。
・広範囲を照らすため蛍光灯の代替に適している。
・寿命や明るさの向上が課題。

【LED照明の特徴と課題】

・発光効率が白熱灯の数倍と高く、省エネ・長寿命。
・狭い範囲を重点的に照らすのが得意で白熱電球の代替品として期待される。
・価格が高く、コストダウンが課題。

LEDは既に信号機や自動車ランプなどで実用化が始まっている。
家庭やオフィス用の照明としては東芝ライテックや松下電工が商品化している。




※どんなに有望な会社でも、投資に際しては必ず適正値を確認しましょう。

 クリックお願いします   株式運用成績
      ↓
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へairw株価チャンネルのランキングに参加しています。

↓私の著書
株の適正値を知ってあなたは株を買っていますか
【内容紹介】








最終更新日  2007.03.30 16:42:19
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

プロフィール


投資家モーちゃん

お気に入りブログ

松のや New! 投資の神様さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

前日比▼4,881,150円※… かぶ1000さん

追徴課税来た! Kan-Tanさん

ユニゾ GoldmanSacheeさん

良品計画(7453.T) … moneytree7さん

2019年6月 終了 investment aaさん

6月の権利取得銘柄と… nonnon159さん

新発田城 日本百名城 南国shirokumaさん

パタパタびゅーん クックストックさん

フリーページ

■著書と読者のコメント


日経ヴェリタス記事


「人生の達人」記事


■運用成績


■「純利益」を使って適正値を計算する理由


■成長株の見分け方


■投資の原点


PERとBPSの関係


BPS増減率一覧(1)


BPS増減率一覧(2)


BPS増減率一覧(3)


BPS増減率一覧(4)


BPS増減率一覧(5)


BPS増加率上位銘柄


BPS増加率下位銘柄


■株式投資の基本


企業の将来性


業績悪化の根本原因


リスクの高い事業


■株で損をするメカニズム


■損切りについて


■モー流資産運用術


■長期投資にこだわる理由


■銘柄選択の重要性


■為替変動の影響


円高(円安)要因


■ウォッチ銘柄


適正値近辺銘柄成績


時価総額増加企業


■規制関連情報


民主党政策と影響


独占禁止法


電気用品安全法


株の高速取引


■保有株(1)


保有株(2)


保有株(3)


■業界事情


保険業界


不動産業界


化学品業界


太陽電池業界(1)


小売業界(1)


金融業界


化粧品・香料・サプリ


自動車業界


その他機械業界


窯業


医薬品業界(1)


サービス業(1)


パルプ・紙


海運業


電機業界(1)


情報・通信


その他製造


倉庫・運輸


風力発電


鉄鋼


造船


陸運


商社・卸


外食


石油業界


自動車部品業界


ペット業界


食料品


建設業


電池


非鉄金属


液晶関連部材


水産・農林


繊維


電子部品・材料


通販


医療機器・材料


ゴム製品


太陽熱発電


金属製品


精密機器


電力・ガス


燃料電池(車)


プラント事業


事務機・プリンタ-


工作機械業界


建設機械業界


太陽電池業界(2)


産業用ロボット


ネット通販


医薬品業界(2)


鉱業


ゲームソフト業界


警備業界


小売業界(2)


水事業


電機業界(2)


レアアース


エアコン業界


電子機器等製造装置


太陽電池部材


空運


紙おむつ


半導体ウエハー


医薬品卸


2輪車業界


PB商品


サービス業(2)


高齢化関連事業


3Dプリンター


シェールオイル・ガス


有機EL部材


自動運転車


新素材


電気自動車


リース業界


■相場の位置


相場の位置(2)


金利水準等


バブル・金融危機


住宅市場


株価反転順序


景気対策


株価対策


長期金利


世界の株価指数


業種別日経平均


世界の新車販売台数


東証平均ROE


00~09年業種別株価


国内景気


デジカメ出荷額


投資主体


シラー教授の指標


■世界の情報


中国


欧州(1)


米国


日本


欧州(2)


豪州


インド


中国リスク


アジアリスク


■投資資金の将来予測


■会計基準


■チャートについて


■投資手法の修正など


■新興市場について


■個別企業(その特徴)


食料品


金融


商社


化学


自動車・部品


機械


小売・卸し(1)


医薬品


その他製造


繊維


サービス


精密機器


電機


窯業


輸送用機器


非鉄金属


情報・通信


不動産


外食


金属製品


小売・卸し(2)


ゴム製品


■製品別世界シェア


■品質問題


■東日本大震災の影響


大震災、企業への影響


大震災、風評被害


■経営の失敗


■海外企業


先進国の技術流出


■TPP


■コモディティー化


サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.