2235790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

| 藻緯羅’s Worlds ( 食と健康 &富士山 )

2011.05.20
XML
 「藻緯羅の庵」に、こんなことを、書いていた。
............................
未払費用:1999年9月21日(本日の現金率:40%)
産業構造において、バランスシートは、
正されなければならないように思います。
というのは、
本来、考慮されるべき「未払い」が裏へ消えていたり、
わからないように積まれていたり、
捨てられたりしているからです。

兵器のことは忘れたふりをしますが、
最大の未払費用は原子力発電による廃棄物でしょう。
この費用を考慮に入れていれば、
原子力発電は競争力を持てなかったはずでしょうから、
新たな発電手段の実用化が加速されていたに違いないのです。

また、どこかに消えてしまったように見える、
いわゆる産業廃棄物も正しく、
そのコストが処理されるべきでしょう。

そして、空気や土壌を汚染するものに対しても、
汚染を洗浄するコストが加算されて考えられるべきでしょう。
そうすれば、汚染をしない技術開発が加速されやすくなります。

今、自動車に関しては、
発展途上国に対する懸念が深刻であることからか、
対策が走り出しているように思います。
しかし、市場原理で、そうなったというよりは、
長期的な視点にたった経営の倫理的な成果とも思えます。

本来は、市場原理の中で、
そういった方向が出てくる政策がとられるべきでしょう。
現在、有害物を出さない技術の目標として
電動自動車があるわけですが、
その開発・普及を加速させるには、「つなぎの技術」と、
その普及を促進させる政策が不可欠でしょう。

幸い、わが日本は、その方向に向かいつつあるようです。
リフォーム前に書いた「ミクニ」のような企業が報われれば、
今後も、そういった技術が実用化されてくるでしょう。

その為には、政策的に現状に対して、
コストを付加していくべきでしょう。

また、
産業廃棄物も「リサイクルしなければ」といわずに、
つなぎの手段として思いきって燃やしてしまえば、
全体を早くを問題解決に導けるはずです。
その上で、コストの見合いをしながら、
対象別にリサイクルの為の開発研究を進めていけば順次、
さらに良い目標を達成していけるでしょう。

もちろん、
燃やすことで、さらなる廃棄物を出さないように、
総てをエネルギーと原料に転換させるのは当然です。
NKKなどは、会社ぐるみで、
こういった分野に総合的に取り組んでいるように見えますが、
その実用化を、
はばんでいるのは中途半端な分別回収や
資源ゴミ回収なのかもしれないですね。
............................

改行を加えてあります。
検索すれば、原文が釣れるでしょう。






Last updated  2011.05.20 22:36:06
コメント(0) | コメントを書く
[「藻緯羅の庵」から] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

Free Space

===
***

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Favorite Blog

定期検査 New! nik-oさん

異様な食卓ほゞ完成 New! ふろう閑人さん

さよならDE10・・・ New! musigny0209さん

スタミナ弁当と通常… New! mii0000*さん

この週末 2つの銀行… New! 岩手のFP事務所さん

クリスマスツリー!… New! mlupinさん

手作り New! 女将 けい子さん

ケンタ~♪ New! ∂ネコの手∂さん

京都御苑の大きなイ… New! まりん**さん

今日の夕飯はなーー… New! ビジネスホテルビーエルさん

Comments

藻緯羅@ 木昌1777さんへ 海越しの富士山では、 由比あたりだったか…
藻緯羅@ クレオパトラ22世さんへ 年に2回、しかも晴れていないと望めませ…
木昌1777@ Re:2021年12月3日16時12分の富士山(12/04) こんばんは。素敵な富士山。。現実とは思…
クレオパトラ22世@ Re:2021年12月3日16時12分の富士山(12/04) すごいきれいですね。 なかなか見られない…
藻緯羅@ かずパパさんへ BSに移行した際に、1ch増えたので、 そ…
かずパパ@ Re:(藻緯羅の庵)末は,博士?大臣?事業家?(11/30) 生涯学習支援番組もあるのですね。 「兼…

Freepage List

Archives


© Rakuten Group, Inc.