1637388 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

| 藻緯羅’s Worlds ( 食と健康 &富士山 )

全3件 (3件中 1-3件目)

1

「藻緯羅の庵」から

2011.05.21
XML
テーマ:たわごと(22154)
 今日も、過去の庵から引用しよう。
2000年の5月の今頃、
「躾」について、書いていた。
世間に、何が起こっていたのだろう。
............................
育ての基本:2000年5月20日(118.17)
 17歳犯罪と、森首相発言で、
「しつけ」、「教育」論の登場が多い。

ここでもf^_^;。

基本は、育てる側、育てられる側の
個性の影響を踏まえた上での「統一指針」。
ちょっと前までは、口伝されたりで家風だった。
だから、統一されているようで、
自然に、地域や家族に同化していた。
今は、なくなったか、
自然保護に名を借りた「トキの人口繁殖」よろしく、
人工的に脚色されて、
かえって妙なものになっているかもしれない。

思うに、
「しつけ」というか「人格教育」には、
3段階あると思う。
一応、年齢的に区切れるが個人差も大きいだろう。
発達段階も逆順にはならないだろうが、
同時進行する子もいるだろう。

第1段階、5歳程度迄。
「目のしつけ」の段階、つまり、感受性や、センサーの教育である。
口入れて、いいもの、いけないものから始まる。
なぜなら、「食う」というのは生きる事の基本。
この時期は、良いものに触れて「ほめ」、
悪いものに触れたら「叱る」必要がある。
「叱る」手段は「体罰」である。ほとんど、動物の調教に等しい。
TVも見たいものを見させる。
暴力場面や、フラッシュ場面に見入っていたら、
TVを切る、叱る、注意を他に向ける等で対処する。
美しい風景に見入っていたら、
「きれいだね」と一緒に楽しむ。音楽に対して然り、
五感に、いいもの悪いもの、どちらにも触れさせ、
どちらがいいか、躾けて行く。
時間がなければ、
妥協として良いものだけにという方法も考えられるが、
結果はかなり違うように思う。少なくとも、
触れるものに悪いものの方が多いという環境は避けるべきだろう。

第2段階、10歳迄。「手足のしつけ」の段階。
この時期、自分の欲求を満たす為、訴える為に、
手足を使わせるべきでない。
と同時に、やらせて見る。どちらかというと無理にやらせる。
遠距離を歩く。重いものを持つ、スポーツのまねごと、
とにかく、あらゆる場所を動かす。
道具を使って見る、楽器を演奏する。
取っ組み合いのけんかも、TVゲームも少しは許そう。
失敗する、成功する。その程度で良い。
達成感や、未達成は問題でなく、
身体をいろいろと動かすことが大切。
飽きっぽくても構わないし、やりかけでも構わない。
但し、あとかたづけ、後始末はさせなければならない。

第3段階、15歳迄。「頭のしつけ」の段階。
正しい考え方、論理の組み立て方を身に付けさせる時期。
この時期、生活の役に立たないとか、
社会に出てからも役にたったことがないと言われる、
基礎数学や物理学を使って、この能力を身に付けさせる。
他の手段では、主観が入り易く、
正しい方法を「体で覚える」ことができない。
この時期に才能を見つけだせたら幸いである、
その意味で、やりたいことに「しっかりと取組ませる」ことが重要。
第2段階との差は、あきらめさせない、
少なくとも目標を立てて評価するという後処理をやってから、
他へ移らせる。
また、第2段階と違って、体罰厳禁。使う時は、
「目や手足のしつけ」に失敗があって、
そういった所で、禁を破った時。
それでも、フォローは大切。

第2段階では「体罰」の使いわけが難しい。
基本は、どんな禁を犯したかで決める。
体罰は決めてやるもので、思わず手が出たでは、
親に「手足のしつけ」が必要。


大人の躾:2000年5月21日(118.17)
 子供の躾より、大人の躾が必要なことは誰の目にも明らかだが、
これは、かなり、やっかいというより不可能に近い。
しばらくの間は、
躾の悪い大人が跋扈することを前提に物事を考えないといけないようだ。
そういうことと関係しながら、あるいは関係なく相場は動く。
当面は、買い物は、概ね判明しつつあるだろうから、
買う方法を考える時期。買う方法は、自分の感覚に合う方法で良い。
いくらで、いつ買うかをいくら考えても
利益最大の方法を事前に選択することは不可能に近いのでなく、
不可能である。
一度に買って、寝て待つのも良い。
毎日、買うのも良い。
株価を決めて買うのも良い。
チャートに従うのも良い。
どれでも、良くないのは、銘柄選択。
こちらは、価格競争なってる業界程、選別の必要がある。
わからないないものには近づかないとの信念も重要。
投資家バフェットでも、見えていない部分では10歳の投資家に劣る。
だから、彼は、そこには注ぎ込まない。
しかし、情報収集は欠かさない。
見えていないのと、見ようとしないのとは違う。
見ようとしなければ、見えないのは当然。
見ようとして、見えて来たものに資金を委ねる。
現金が少なければ、増やしておくのも良いが、
良いものまで売る事はないのも当然。
努々、安くなったら買い戻そうなんて考えない方が良い。
成長性に異変があるなら、売り切る。
............................

大人の躾から、株の躾になってる???
こどもの躾では、
「3歳迄は、ヒトとして未完成」という概念が、
藻緯羅には、なかった?

例によって、改行を加えてあるが、
句読点は変えていない。







Last updated  2011.05.21 07:31:39
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.20
 「藻緯羅の庵」に、こんなことを、書いていた。
............................
未払費用:1999年9月21日(本日の現金率:40%)
産業構造において、バランスシートは、
正されなければならないように思います。
というのは、
本来、考慮されるべき「未払い」が裏へ消えていたり、
わからないように積まれていたり、
捨てられたりしているからです。

兵器のことは忘れたふりをしますが、
最大の未払費用は原子力発電による廃棄物でしょう。
この費用を考慮に入れていれば、
原子力発電は競争力を持てなかったはずでしょうから、
新たな発電手段の実用化が加速されていたに違いないのです。

また、どこかに消えてしまったように見える、
いわゆる産業廃棄物も正しく、
そのコストが処理されるべきでしょう。

そして、空気や土壌を汚染するものに対しても、
汚染を洗浄するコストが加算されて考えられるべきでしょう。
そうすれば、汚染をしない技術開発が加速されやすくなります。

今、自動車に関しては、
発展途上国に対する懸念が深刻であることからか、
対策が走り出しているように思います。
しかし、市場原理で、そうなったというよりは、
長期的な視点にたった経営の倫理的な成果とも思えます。

本来は、市場原理の中で、
そういった方向が出てくる政策がとられるべきでしょう。
現在、有害物を出さない技術の目標として
電動自動車があるわけですが、
その開発・普及を加速させるには、「つなぎの技術」と、
その普及を促進させる政策が不可欠でしょう。

幸い、わが日本は、その方向に向かいつつあるようです。
リフォーム前に書いた「ミクニ」のような企業が報われれば、
今後も、そういった技術が実用化されてくるでしょう。

その為には、政策的に現状に対して、
コストを付加していくべきでしょう。

また、
産業廃棄物も「リサイクルしなければ」といわずに、
つなぎの手段として思いきって燃やしてしまえば、
全体を早くを問題解決に導けるはずです。
その上で、コストの見合いをしながら、
対象別にリサイクルの為の開発研究を進めていけば順次、
さらに良い目標を達成していけるでしょう。

もちろん、
燃やすことで、さらなる廃棄物を出さないように、
総てをエネルギーと原料に転換させるのは当然です。
NKKなどは、会社ぐるみで、
こういった分野に総合的に取り組んでいるように見えますが、
その実用化を、
はばんでいるのは中途半端な分別回収や
資源ゴミ回収なのかもしれないですね。
............................

改行を加えてあります。
検索すれば、原文が釣れるでしょう。






Last updated  2011.05.20 22:36:06
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.08
テーマ:たわごと(22154)
 ”藻緯羅”を検索し続ければ、最古はWhen?
”モイラ”や”moira”では、埋もれる。
もっとも、
藻緯羅の旧ハンドル名は、”藻羅”である。
「甘い蜜の部屋」↓のヒロインを無断借用。
     

さて、
”04/05/08 9:05”には、以下の文をアップしていた。
当時は、改行を入れないのがシキタリだったので、
以下の自己引用には、改行を入れている。
---
 昨夜来の流れ:イラクの虐待に眼を向けていたマスコミは、
突然の辞任劇で「年金の本質」がクローズアップされることを
嫌っているがごとき姿勢で、「年金劇」を扱っている気がする。
うまく扱えば、
国会の流れは一気に「一元化」に進むはずだが、
それを阻止したいのだろう。

何が何でも小泉弱体化を狙っているように思える。
裏返せば特権官僚擁護に、やっきということになる。

「未納議員」は、4種族に分類できるはずだ。
まずは、制度を勘違いした、いわば手続ミスタイプ。
年金と健保のつながりなど、転職を繰り返した人が陥り易い。
法律違反ではあるが、情状酌量の余地は高い。
むしろ、内部告発のようなもので、免罪でもいい。

民主党の菅さんが、これらしい。
このタイプが数では多いと思いたい。

次が、確信犯タイプ。
自己責任で賄えるから入らないというタイプ。
入る必要がないと思ったか、
入るべきだが止めておこうと思ったかは証明出来ないが。
年寄り議員に多いに違いない。

その変種に、
義務化するまでは入っていなかったタイプがある。
やらねばならないことより、自分の利益を優先した人達。
こういう人は、
違法でなければ何でもやりそうな感じを受ける。
自己中心で、極めて不愉快だが、法律では裁けない。
もっとも、義務化された後も、罰則はなかったと思う。
社民党の横光さんが、ここに属するようだ。

最後が、
義務化は熟知していたが、わからなければいいだろう。
罰則もないしと、未納だった人達。
前3種族に比べると、一番、悪質と思うのだが、
前3種族に紛れ込んでいるかもしれない。

いずれにしても、今回の「年金劇」は、
「小泉追い落とし」よりも「年金一元化」に使った方が、
国民の利益になるように思う。

政権崩壊なら、株価も急落して、年金も一元化ならず、
時計が逆に回ることになるかもしれない。
---

小泉政権は崩壊しなかったが、
その後は、株価は急落、年金もそのままで、
「未納問題」という収入の話から、
「消えた年金」という、支出の話になって、
それも、いつのまにか、かき消された?

小泉政権の危機管理能力は、どうだったのだろう。
そのとき、起こったことは...
 アメリカ同時多発テロ事件、いわゆる「9.11」
首班指名後、5ヶ月にも満たない時であった。
アメリカと共同して「テロとの戦い」を進める中、
「イラク日本人人質事件」が、起こった。
招き入れた危機とも言えるが、無事、開放されている。

このところ、
「菅総理と東日本大震災」と
「村山首相と阪神淡路大震災」を、
比較する記事が、散見されるようになった。
阪神淡路大震災は、首相就任後、6ヶ月で、
東日本大震災は、首相就任後、9ヶ月で、
それぞれ、起きている。

どちらも、「非自民」の政権であり、
若葉マークの首相であり、地震では初動が遅れた。
しかし、その後の、動きは、
高齢だった村山元首相の方が、適時適切であった。
危機管理能力を問われる事件も...
震災の2ヶ月後に、「地下鉄サリン事件」
その3ヶ月後に、「全日空857便ハイジャック」
いずれも、
今の「治安」に、大きな影響を与える事件であった。

こうしてみると、
3人とも、若葉マークが付いている間に、
危機管理能力を試されている。






Last updated  2011.05.08 08:11:28
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

Free Space



Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Favorite Blog

パソコン部屋で窓の… New! shigechan2008さん

ツルバキアシルバー… New! マコ5447さん

「最高の人生の見つ… New! 木昌1777さん

姉妹都市30周年記念… New! chiichan60さん

今日は、ときどき弱… New! 岡田京さん

木々が色づきはじめ… New! クレオパトラ22世さん

念願かなって・・・ New! 元お蝶夫人さん

昔なつかしいアイス… New! 家族で眼鏡さん

太陽光発電実績20… New! ジュジュマル親子さん

先週のご飯 鍋恋し♨️… New! し〜子さんさん

Comments

藻緯羅@ ぐーちゃんこさんへ 仕掛ける側も、 「商売」の必須アイテムで…
ぐーちゃんこ@ Re:2019年10月11日の朝食(10/11) おはようございます^^ 今日はこれから…
藻緯羅@ 木昌1777さんへ 犯人側の「対策」が騙される側を上回って…

Freepage List

Archives

Rakuten Card

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.