000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

| 藻緯羅’s Worlds ( 食と健康 &富士山 )

全125件 (125件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

....CD

2020.01.06
XML
カテゴリ:....CD
最近、CDをほとんど買わなくなった。
ダウンロードしているからでなく、
新しい曲を聴く意欲が弱くなったからである。

未知の曲に対する興味が消えたからではない、
「耳」が衰えたからである。
昔風に言えば「耳が遠くなった」からである。
老人性難聴という言い方もある。
「加齢性難聴」という名称が好ましいが...

藻緯羅の場合...
聞こえ方が秒単位分単位で変動するようになった。
大きさは、テレビの音量の目盛で表現するなら、
日常的には「12」だが、
「7」で丁度よくなったり「32」が良かったり。
この間を数秒から数分単位で変化を繰り返す。
周波数でも異なっている。
高域は「32」だが低域は「12」だったりと、
10秒前後で変化している感じである。
それほど頻繁には感じられないが十数分間ほど続く。
もっとも聞き慣れた音楽でも聞いてないと気づかない。

こんな調子だから、
好みの音楽も昔と全く違って聞こえることも多く、
音楽そのものを聴くことも少なくなった。
BGMとして流してはいるが...

そんな折、
日本電子のブランドである「JEOL」で検索したら、
上位に、このCDの販売サイトがヒットした!
で、興味が湧いて買ってしまった↓↓↓



ファーストCDのようである。
聞いてみると...
正しく聞こえているかどうかは怪しいから、
細かな評価を書くのは控えるが、
実に興味深い、色々と思い描くものがあった。
セカンドを聴いてみたいというところである。




Historical Evolution Toward Achieving Ultrahigh Vacuum
in JEOL Electron Microscopes
【電子書籍】
[ Nagamitsu Yoshimura ]






Last updated  2020.08.06 06:25:53
コメント(2) | コメントを書く


2019.01.02
カテゴリ:....CD
デビュー当時、活躍を期待したのですが、
色々やって、あっという間に消えて...

ハワイアンを唄っているCD↓↓↓

[収載曲]
 ・バリバリの浜辺で
 ・南国の夜
 ・真珠貝の歌
 ・アロハ・オエ
 ・タイニー・バブルス
 ・カイマナ・ヒラ
 ・ブルー・ハワイ
 ・ブルー・カルア
 ・ハワイの結婚の歌
 ・愛のモーニング・デュウ
 ・小さな竹の橋
 ・月の夜は
 ・珊瑚礁の彼方
 ・スウィート・レイラニ
 ・プア・オレナ
今は、ハワイで実業家として活躍してるとか...



八反安未果 HATTAN AMIKA PHOTOBOOK [ 河野英喜 ]






Last updated  2019.01.02 08:44:27
コメント(2) | コメントを書く
2017.03.02
カテゴリ:....CD
3曲あるのですが...内容的に希望あふれるものから...

1984年、小林千絵の「 LOVE WITH YOU~愛のプレゼント~ 」
CD「涙☆GIRL+シングルコレクション」に入ってます。

曲と詩があってないような感じがないでもないのですが、
なぜだか、頭に残ってしまうところがあります。
編曲がいいのでしょうね。

下に貼った楽天ブックスのアフリから試聴できるようです。



「涙☆GIRL」+シングルコレクション [ 小林千絵 ]






Last updated  2017.04.04 22:26:43
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.16
カテゴリ:....CD
 ヴィブラフォン奏者の山本玲子のアルバムを2枚↓↓↓所蔵している。
reiko.jpg

最初に買ったのが2枚目のアルバムで、後にファーストを購入した。

1枚目の、
”YAMAMOTO REIKO TEMPUS FUGIT ”は、
低域をバランス良く再生するスピーカーを通して聴くべきで、
80Hz程度までの低域再生能力だと魅力を味わえないと思う。
Bonus Trackの”枯葉”は,まさに、ボーナス!

2枚目の、
”WILTON'S MOOD”は、曲の構成も含めて無難にまとまっている。
iPodを使ってイヤホンで聴いても、その魅力を十分に味わえる。

低域の出るオーディオシステムがあって、
様々なヴィブラフォン演奏を楽しむなら、1枚目を。
気軽に統一性のあるアルバムを楽しむなら、2枚目で。
2枚を同時に購入しても「損」を感じない変化を楽しめる。


YAMAMOTO REIKO TEMPUS FUGIT [ 山本玲子TEMPUS FUGIT ]
価格:2410円(税込、送料無料)










Last updated  2016.07.26 21:23:58
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.24
カテゴリ:....CD
 ベートーベン・交響曲第10番と評されるブラームスの1番だけのCD。
高いけど国内版↓を購入、1500円前後と高い!
b11968.jpg

今や日本でしか売れてないというCDだが、
価格が下がるどころか上昇している気がする。
それでも、売れて行く不思議な市場である。
日本特有の「再販制度」が効果的なのだろうか?

アメリカが、「再販制度」を「障壁」と攻撃してこないのは、
CD売上げよりも、著作権の強化拡大に魅力があるからだろう。
実際、TPPを利用して、かなりの強化拡大に成功している。
安倍政権は、それ活用して政府による個人管理の強化を計る。

さて、本題、
今、なぜ、このCDを買ったかというと、
NHK−FMで流れていたからである。
なぜ、流し始めたかというと没後50年が近いから???
シャルル・ミュンシュのタクトは耳に心地よい。
CDをほとんど持っていないので、いくつか物色したが、
これといったものは国内在庫がほとんどないようである。
恐らくは...
没後50年を狙って、新商品を投入してくる???
その為に、追加生産をせずに在庫を枯らしている。
NHKも、今後、頻繁に流して商戦に協力する???

またまた、話がそれてゆく...

この第1番を聴いたことがない方は、
無料ダウンロードに含まれている可能性も高いので、ぜひ。
なるほど、 第10番! と納得されるであろう。






Last updated  2016.04.29 20:11:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.01
カテゴリ:....CD
川上未映子さんが、「第1回渡辺淳一文学賞」を受賞したそうで、
久しぶりに、アルバム"夢みる機械"↓をCDで聴いている。
yume.jpg

買ったキッカケは、村下孝蔵の「初恋」のカバーを探していて、
検索にかかったのだが芥川賞作家と知って聞いてみたくなった。
それぞれの歌が、聞き覚えのある感じがして興味深かった。
中島みゆき尾崎亜美が浮かんでくる。








Last updated  2020.01.22 08:12:15
コメント(2) | コメントを書く
2016.03.20
カテゴリ:....CD
・「木蘭の涙」 高畑充希[PLAY LIST]
   "やさしさを紡いで 織りあげた恋の羽根"

・「思い出のオルゴール」 沢田聖子[風の予感]
   "やっと音符を追えるようになって 少しでもあなたに近づけたのに"

・「悲願花」 山口百恵[花ざかり]
   "乙女はしばし立ち止まり 溜息まじりに草をかむ"

「木蘭の涙」は高畑充希によるカバー歌唱、[]はCDタイトル、""内は、歌詞より

m320.jpg













Last updated  2016.04.02 20:48:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.13
カテゴリ:....CD
 先日は、宮西希↓のオリジナルを紹介しました。
    kotist-nozomi.com
この3演奏は、そのCD↓には収載されていません。
    /moira/diary/20160129

「巡恋歌」は、こちら「ちょっとひとりKOTO」に、
            koto.jpg
「雪の華」と「木蘭の涙」は、「ちょっとひとりKOTO2」、
収載されています。

この3曲は、藻緯羅が、
上記の2枚のCDから選んだ琴の演奏が映えるベスト3。



ちょっとひとり KOTO 2 ~LOVE BALLADS~ [ 宮西希 ]

ちょっとひとり KOTO 2 ~LOVE BALLADS~ [ 宮西希 ]
価格:2,880円(税込、送料込)








Last updated  2016.02.13 17:18:59
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.29
カテゴリ:....CD
 子供の頃に、の演奏を習ったことがあるからか、
琴の音色には癒され感があり導眠剤の代わりになる。

最近は、宮西希 「じゃぱねすけ」を聴いて眠ることが多い。
1216.jpg
閑かな演奏ではないのだが、2、3曲で寝入っているようである。

新しいアルバムが出ないかと、期待しているのだが...



宮西希 / じゃぱねすけ 【CD】

宮西希 / じゃぱねすけ 【CD】
価格:2,407円(税込、送料別)








Last updated  2016.03.23 16:01:28
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.15
カテゴリ:....CD
 聴きがいのあるCDだと思っていたのですが、
この内容で3、000円は、いささか高い!
1,500円にした上で、冊子を充実させれば、
もっともっと売れるはずの、良い内容だと思います。

それで、購入候補リストには入れてあったのですが、
楽天市場でのトラブル↓で、ポイントが失効しそうになり,
       moira/diary/20160115
消えてしまうならと、昨日の朝、楽天ブックスで注文!
お約束通りに、今日の午前中に届いていました。

本題のCDについて...
彼女らしい編曲と奏法を気楽に楽しめる1枚です。
BGMなら音量は控えめで...
本格的システムで聴いても耐えうる演奏でした。
冊子充実なら、2,000円でもいいかな。

The Melody ~100年の音楽~ [ 川井郁子 ]

The Melody ~100年の音楽~ [ 川井郁子 ]
価格:2,838円(税込、送料込)







Last updated  2016.01.15 16:06:43
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全125件 (125件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.