2012.07.25

koboの日本語読解力

カテゴリ:物あれこれ
 OSの日本語化が未了であることを、
露呈して不評ばかりのkoboですが、
その「日本語読解力」は、どの位?

元のカナダ版koboは、
pdfの他に、多くのフォーマットを、
表示できます。
日本語化してないということで、
外してなければ表示するかも???

まずは、
英語のテキストファイルから...
eigo13.jpg

見事に表示しました。右側のように文字拡大もOK。

では、日本語のテキストファイルを...
nihongo.jpg
見事に文字化けです。

次に、
日本語のhtmlファイルを...
shosift.jpg

見事ですね。頁数も表示されています。
文字コードはシフトJISです。
他のコードは...気になりますね。

まず、UTF-8から...
utfkakudai.jpg

文字拡大もできるし、フォントもOK。
日本語化が進んでいる???
辞書も使えるかも?
kobojisho.jpg
使えたけど、日本語は入ってない。

ライブラリー画面はどうでしょうか。
lib.jpg
フィル名とHTMLと表示されます。
このファイル名は英字でなければなりません。
日本語では文字化けなどの不都合が起こります。

htmlなら、EUCもISO2022も、大丈夫なようです。
但し、藻緯羅が試してみたらと表示されたということなので、
何が起こるかわかりません、
最悪の場合、工場出荷状態になるかもしれません。

尚、
これらの文書ファイルは、
本体ではなくmicroSDカードに収容
してます。
ひょっとすると、これが肝要かもしれない。
また、
カード上の文書ファイルの削除は、
ライブラリー画面ではなく、
PC接続して、PCで、直接、カードから削除してます。

pdfとhtmlの、どちらがいいのか?
 ・安心のpdf
 ・便利なhtml
というところでしょうか?
pdfは、文字拡大ができず画面拡大になる。
htmlは、自由に文字拡大ができるので、
ファイル作成時に文字の大きさを考慮しなくて良い。
なので、
     文字だけならhtml
     画像など入るならpdf

ついでながら、
画像ファイルのGIFとJPGも表示できました。





TWITTER

Last updated  2012.07.25 06:49:56
コメント(0) | コメントを書く