150322 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふぇれっと日和

PR

コメント新着

のん@ Re:あと3時間(08/08) 今更ながら記事色々読み返しました。 こ…
鷹槻れん@ Re:あと3時間(08/08) インスリの発作、うちの実嗣も慢性的な低…
うめうめ009@ ご冥福をお祈りします モカくん、本当によく頑張りました! そ…
あきの華@ ありがとう、モカ君 モカ君は優しい子だったね。 我慢強くて…
あきの華@ ご冥福をお祈りします。 モカ君頑張りましたね・・・ こりんさん…

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

脱走のようです😌 New! まあちゃん2005tlmさん

プリン@アラモード… あきの華さん
もっちこい ぐらんもっちさん
ゆめうめ日記 うめうめ009さん
しっぽのきもち    まっぴー530さん

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

今日のこと

2011年08月08日
XML
カテゴリ:今日のこと
モカの火葬まで、後3時間。
今、保冷材を置いたひざの上で、温めないようにモカを抱っこしています。

真下を見ると、眠っているかのように安らかなモカの顔。
モカの形ある姿を見るのが、これで最後と思うと、涙が止まりません。

昨日の死後硬直から、今は少し柔らかくなっていて顔も本当に穏やかで
今にも目が覚めてくる気がして、お腹が動いているような錯覚にもおそわれます。


下のほうに写真を掲載していますが、見るとお辛い場合、スルーしてください。



後悔のないようにやってきた。
納得いくようにやってきた。

それでも次々と後悔が出てくるのはどうしてなの?


金曜日、土曜日と思わしくなく、ぐったりと昏睡状態で覚悟はしていた。
日曜日の夕方、私が迎えに行ったのは18時。帰宅したのが19時前くらい。
そして、息を引き取ったのが20:15…帰宅して1時間ちょっとのことでした。

17時くらいから舌がもう動かない、餌も薬も水も何もかも食べることが出来ない状態。
このまま病院にいても、時間の問題。今夜を越えられることはない。

インスリノーマで苦しむフェレットの痙攣と悲鳴、壮絶な死。。。

発作の状況を、ネットの情報で見ていたので、そうならないことを望んでいましたが
幸い呼吸状態は落ち着いていて、このまま連れて帰ったら、モカはホッとして
1~2時間で眠りにつき、そのまま眠るように息を引き取ってくれるのではと
そう思ってた。そう願ってた。



息を引き取る、30~40分前の写真です。目がうつろで、よだれが垂れています。
今思うと、低血糖の症状の悪化ですが、単に舌が固まって動かず、開いたままだから
よだれが垂れているのだと思い、私は適切な処置が出来なかったかもしれません。

帰宅してから30分くらいでしょうか。
何度か糖分を口にすりつけますが全く反応しません。

もっと必死で空腹を取り除いていれば、もう少し延命できたのかな。
発作が起きなかったら、眠って逝けたのかな・・・ということが一番の後悔です。
こればっかりは本当にもうわからないのですけれど・・・

モカ

後ろ足がビクビクしてきました。
きてしまった、痙攣だ。発作が起きる。

必死で口をこじあけ、歯茎にバイトを塗りました。舐めないけど、でもでも・・・!
痙攣がどんどん大きくなる、免疫サポートをシリンジに入れて、口の中に放り込む。
でも全く舐めない・・・と思っていたら今まで動かなかったまぶたが上下し
舌をぺろぺろと動かした、でも泡をふいている。

ほどなくして、体が少し仰け反り、目を見開き、まぶたが痙攣する。
そして痛そうなキャーという悲鳴。

この声が聞きたくなかった。

1~2分ほどで悲鳴と痙攣は落ち着くけれど、また数分後に大きな痙攣と悲鳴。
このときそれでも歯茎に免疫サポートをつけようとすると、
痛みからか必死で歯を食いしばるモカに左手の中指の付け根をかまれ
私の皮膚が少しえぐれて流血している。


2回目の悲鳴の後、電話しても仕方ないと思ったけれど病院に電話し
私の処置が正しいか、どうすれば楽になれるか、もうムリなのか話をする。


状況を説明しているうちに、3度目の大きな悲鳴。
今度はひっきりなしに仰け反りながら悲鳴・・・必死でモカを抱きしめる。
担当の獣医さんと話している途中で泣き止んだと思って背中を見ると動いていない。
呼吸も心臓も、動いていない。ただ体だけがまだ温かい。


痙攣が始まってから10分もたたないうちに、モカは虹の橋を渡ってしまいました。


これまでモカは低血糖でも慢性化していたので、GLU30でも発作が起きなかった。
死ぬ間際も、私に心配させまいと、ギリギリのところまで泣かずに
頑張っていたのかもしれません。

優しいモカだから。強い子だったから。


綺麗に息を引き取るなんて期待し、幻想を抱いていた私がバカだった。

痛みもがき、発作が長く続いて辛い思いをするよりも
10分で苦しみから解放されたと思うようにしようと思っても
本当にそうだったのかと自分を責めずにいられない。

本当はもっと楽に逝けたのではとか考えてしまう自分がいる。


後悔のないように出来る限りのことをやってきた。

それはモカが本当におだやかで優しくて、本当に本当にかわいい子だったから。
少しでも私のところにきて幸せだったと思って欲しくて
この2年間本当に尽くしてきた。
後悔はないと思っていたのに・・・いろいろやってきたはずなのに。

買ったばかりのおやつ、もっとあげればよかった。
入院させる前日の木曜日、食欲がないモカに必死でカリカリあげた。
嫌がるモカもひざの上に乗せていると、食べないとおろして貰えない、と思い
頑張ってイヤイヤでも食べてくれていた、本当に優しい仔だった。
この日、免疫サポートをもっとあげて優しくしてあげればよかった。

最後の3日間は、白血球の値を減らすために皮下注射3日間。
前回はこれで落ち着いて食欲も出て回復できた。
ただしステロイドは一時休止しないといけない。
もう見込みがない時点で、注射をやめて、ステロイドを飲ませたら・・・
でも、時間の問題で、結果は変わらなかった・・・よね。
だけど、痛い注射より、ステロイドでゆっくりさせてあげるべきだったのかな。


この1年間、特にこの1ヶ月はソファによじ登り、
私のお腹の上で眠ることを望んでいた。
亡くなる3日前くらいから特にそうだったと思います。
死期を感じていたのでしょうか。


書き出すともう、とまりません。
ここで筆をおいて、あと3時間しかない時間を、モカをずっと抱きしめて過ごします。


これが体を拭いた後の写真、最後の最後の写真です。
大好きなぬいぐるみと共に。

モカ

そして、大好きだった私の腕の中で・・・おやすみ。

モカ







最終更新日  2011年08月08日 10時11分56秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年08月05日
カテゴリ:今日のこと
6月25日(正確には判断できませんが、2004.6.25予防接種)
モカは無事に7歳のお誕生日を迎えることが出来ました。

それから、元気とは言えないなりにも、そこそこ食べて動いて
普通の生活を穏やかに過ごしてきました。

ここ2日間ほどは食欲が落ちていて、昨日はほとんど食べてくれず歩くのも厳しい状態。
一昨日まではそんなじゃなかったのに、今朝モカの様子を見に行くとグッタリ。

大好きなおやつやバイト、水でさえ、口元に持っていくと嫌がって歯を剥き出す。


急いで病院に行くと、白血球がまた26000に急上昇。たんぱく質も少し上昇。
これまでの検査と傾向から考えられるのは感染・炎症が一番の原因。
レントゲンでは、明らかな肺水腫は見当たらず、少しもやがかかってる程度。

老齢で、病気をたくさん抱えてるモカにとって免疫力が低下している今
どんな小さな細菌にも勝てないんでしょうね。
人間も年老うと、肺炎で命を落としてしまうくらいだもの。


2~3日、入院させるつもりで帰宅しましたが、先ほど病院から電話で
具合はよくならずグッタリしているので、もしもに備えて家で最期を・・・
との知らせが・・・・どうなるかは、わかりませんが。


連れて帰って、私がモカに皮下注射をしなければならない。
酸素室がないけど、病院で出来る治療も限界なのかもしれない。

迎えに行ってきます。






最終更新日  2011年08月05日 15時14分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年03月14日
カテゴリ:今日のこと
ご無沙汰しています。
最近は悲しいニュースやお知らせが多くて、どんよりしちゃいますね。

宮城県、岩手県、福島県を中心に東北地方の皆様
どうか1人でも多くの方のご無事を心よりお祈りいたします。

関西大震災のときは、津波の心配はありませんでしたので
今回の大津波を目の当たりにして、改めて自然災害の怖さを思い知らされました。



さて、モカですが、どうにか頑張ってくれてます。

ただ・・・昨日から後ろ足が思うように動かないみたいです。
前からすぐによろめいたり、フラフラとしてましたが、小走りできてました。

が、昨日の夜から、どうも左足がマヒしたような状態で
踏ん張れないというのか、びっこを引くような感じです。

低血糖の状態のときだけ、後ろ足がフラフラするのかと思ってましたが
どうやら今回は年齢、全身状態の悪化、などいろいろな状況?で
踏ん張りがきかないみたいです・・・

昨日、病院に行ったときは元気に歩いてたのに・・・


でも、それでも餌はそこそこ食べてくれるし、呼吸状態もマシ
利尿剤はかなりの投与量ですが、脱水もまだ見られない。

だけど、心臓は明らかに限界が近いみたいです。
心雑音がひどいそうです・・・良くない音がするそうです。

ラクな日もあれば、苦しく痛く、しんどい日もある。
それでも一日でも健やかに幸せに生きて貰えたら・・・
そう願って、モカと一日一日を大事に過ごせたらと思っています。

モカ






最終更新日  2011年03月14日 15時23分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月14日
カテゴリ:今日のこと
さっき病院に行ってきました。

悩みましたが、静脈点滴のため入院させることにしました。

だけど、もしものことがあってもご理解頂くようにと告げられました(泣)

この2日間ほど、見た目にはそこそこ元気だったけど

疲れて寝る回数が増え、食欲も減り、けだるそうにしてました。

そして、その原因を作ったのは自分であると責任を感じています。



実は、お友達が家に遊びに来るのに、あまりに臭く汚れきったモカでは

申し訳ないと、少しくらいなら大丈夫とお風呂に入れてしまいました。

大嫌いなお風呂が心臓をバクバクさせて、体に負担をかけることも

わかっていたけど、最近は元気だしと過大評価してしまった。少しなら…って。

でも、心臓の悪いモカには致命傷なんだ・・・

体調を悪化させる引き金を引いてしまったんだ。

これが元に戻ればいいけど、戻るだけの体力があるのか。




率直に言うと、今、モカは脱水症状を起こしています。

その治療は水分をとってもらうこと(限りがある)と点滴。

だけど、もうとれる静脈も0に近く、首の静脈を切ってとらないといけないかもしれない。

それには麻酔をかけないといけない。でも、心臓への負荷を考えると、麻酔も

もう出来ない体のモカ。皮下点滴もかなりのリスク。。。

心臓が処置に耐えれるかどうかの状態。心臓病も末期なのです・・・

だから、点滴さえ命取りだから覚悟を決めるように告げられたのです。




もし、あの時お風呂にいれなければ、今の状態は防げたかもしれない。

元気な仔なら耐えれる、本当に小さなことも、モカには命取り。

私がモカの体調をくずす引き金を引いてしまったんだと自分を責めてしまいます。

ごめんね、モカ。もう絶対にお風呂いれないから、好きなことたくさんさせてあげるから

だから少しでも元気になって、もう少しだけ病院で私を待っていて。

明日の夕方 迎えに行くから、絶対に行くから必ず私の迎えを待っていて下さい。

ここから一緒に闘うから、待っていて下さい。



最近の私の大好きな写真、デスクトップの背景にしています。(撮影日5/2)

モカ GW
モカ GW
モカ GW

実は・・・公園のイルカのいすに座っていたんですね。

「イルカに乗ったモカ」モカ GW

また一緒にお散歩に行こう! だから、お利口さんにして、待っていてね。





【診断結果】
 肝臓:GPT238(正常値23-211)↑
 肝臓:ALP1187(正常値30-66)↑
 腎臓:BUN26.8(正常範囲14-42)
 血糖値:GLU51(正常値81-141)↓
 蛋白量:TP7.6(正常値5.4-9.0)
 赤血球容積:PCV61(正常値29.0-62.2)
 赤血球数:RBC1375(正常値630-1370)↑
 血中蛋白質ALB>6.0(正常値3.8-5.3)↑ 


ステロイドの影響を懸念していた腎臓・肝臓の数値
腎臓はしっかり機能している。肝臓は良いとはいえないがOK
(ALPは異常だけどGPTを参考にするので、そこまで気にしなくても良いとのこと。
 もともと調子の悪いとき、モカは2000まで行っていたけど元気だった。)

でも、蛋白(血中ALB)が高く、血液濃縮状態。
レントゲンの写真で心臓が丸く小さくなっている。

普段のモカは心臓が大きく、白いモヤがかかっている。
見た目には今日のレントゲンは良い状態だけど、良くなることはあり得ない。
水分が出てしまっている。







最終更新日  2010年06月14日 12時36分49秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年06月02日
カテゴリ:今日のこと

GWはお散歩日和だったから、お散歩したよ。
草むらで涼んでたら、カメラマンが寄ってきた。

モカ

歩きつかれて甥っ子のT君の上でひとやすみ♪
ボール遊びもしたんだよ。

モカ GW

初めてのブランコ、こりんさんと一緒に(ゆ、ゆれる~~~っ)

モカ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10日ほど前まで、呼吸が荒く息苦しそうだったモカ

今は見た感じ、少しマシかも・・・ふらつきや食欲不振が減りました。

多分これはステロイドの効果で、糖がそこそこ一定の状態を保っていることと

整腸剤の効果で、消化不良が改善され、下痢がおさまり食欲が出てきているのでしょう。

1回の食事量も増え、食べる回数も増えて嬉しい、うれしい・・・

反面、嫌なことに、この3日ほど食後に嘔吐の症状を見せるんです。

食べて数分後、口元をクチャクチャ言わし、目を細めている。

ウロウロしだして、爪で歯のあたりを掻く仕草。

オエェ…カァッ… 胃から食べ物が逆流しようとしている。

内容物は吐き出したことはないのですが、吐き気が酷いみたいなんです。

昨日は大丈夫だったけど、一昨日、その前日、そして今日。

今日はさらに苦しそうな悲鳴をあげて、口元を掻くこと3分。

そして、初めて私は「よだれ」を垂らすモカを見てしまった。

「よだれ」は以前、心不全・腎不全・肝不全で生死を彷徨っている時に

一度だけ獣医に見せ、先日25日の血液検査でも見せ、今回が3回目。

この「よだれ」は白い泡状ではなく、さらっとした半透明のもので

胃の内容物を押し出そうとしているものなのかもしれないけど

苦しそうな仕草と悲鳴と見ていると、私のほうが胃が痛い。





それから、25日から利尿剤を増やしたものの、肺の水がひいておらず

腎臓は幸い影響が出てなかったので、30日からまた利尿剤の量が増えました(泣)

だけど、以前の生死を彷徨った時期、同じ容量の利尿剤で、腎不全になったんです。

その影響で吐き気とか、腎臓が関係するのかな、インスリの症状でもあるよね。

実は31日、長時間おしっこが出てなかったので、怖くなって病院に電話しました。

命取りじゃないですか、おしっこが出ないのは!

でも、脱水症状が出ないように気をつけながら、できるだけ水を飲ませて

2時間後ようやくおしっこが出たので、まずは安心してたんだけど

ここ数日のうちに、また病院に行ってきます。

車がないんで隣町まで行くのが大変なんだけどね(苦)







最終更新日  2010年06月02日 11時19分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年01月12日
カテゴリ:今日のこと
今日は、私の誕生日です。

いやーもう年齢的に嬉しくない歳になっちゃいました。

ま、それでも何かしらウキウキした気分ですけどね。

今年、53年生まれは本厄にあたるわけですが、しかも四緑木星も黒星で

これまた厄にあたり、ダブルパンチです。

1月生まれも53年なので、一応は本厄なのですが、実は

昔ながらの考え方で言うと、後厄みたいですね。

だから、去年は自分が手術したり、モカが病気で他界しかけたり

車の事故をおこしたり、いやなこと続きだったのかもしれません。

今年は本厄ではあるけれど、実質は後厄と思っていいようなので

気楽に1年、乗り越えたいと思います。

一応、2月18日か19日に厄神さんにご祈祷いきますけどね。



モカ

それでは、モカの超どアップ、ぶれぶれ写真でお別れです

またにて~~







最終更新日  2010年01月12日 22時19分30秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年01月09日
カテゴリ:今日のこと
モカ

あけましておめでとうございます!

なんとかモカも快復の兆しを見せ、めでたく一緒にお正月を迎えられました。

これも皆様方の応援や励ましがあったからこそだと思っています。

いろいろとありがとうございました!!

まだまだ薬は減らせないし、通院や点滴・注射ともお別れできませんが

それでも一日一日を大切に生きていきたいと願っております。

今後ともご支援たまわりますようお願い申し上げます。

今日は新年あけて、過去の写真を数枚ふりかえってみたいと思います。



もか

10月3日:通院3回目
検査のためお腹の毛はすべて剃りあげられ、首や手は
点滴や注射で傷跡が痛々しい、でもまだ意識は元気でした

もか

10月22日:入院9日目
一週間で退院予定だったのに、急性心不全・急性腎不全に陥り
数値が激悪の状態で、この状態が数日つづくともうダメだといわれた頃。

でも、病院でもしものことがあったらイヤだったので、初めて自宅に
つれて帰ってきた日の写真です。

モカ

10月23日:入院10日目
一向に数字は良くなるどころか悪化の一途を辿っていました。
でも私の匂いに包まれたズボンで幸せそうに寝ていて、涙が出ました。

モカ

10月24日:入院11日目
一番、状態が悪かったモカ。帰ってきてもすぐに寝るという状態。
夕方に病院に迎えに行き、朝一番で送る、もちろん会社もある・・・
体はモカも私もピークを迎えていて、クタクタの日々でした。

モカ

10月26日:通院中
なんとか数値が少しだけ下がってジャンプする姿も見せてくれました。
でも、まだまだ予断を許さず、といった状態です。ガリガリでしょ・・・
まったく食べなかった頃なんです。

モカ

11月14日:通院中
この頃になってくると、餌は一日5~10粒は食べてくれるように。
でも、まだまだ元気はなかったし、数値も下がりきってはいません。

モカ

12月6日:通院中
一ヶ月前の写真ですね。かなり元気になって、餌も今までくらいに
食べれるようになりました。薬も流動食のものに混ぜると自分から
すすんで美味しそうに食べるようになって、今はすごくラクです。




今はだいぶん元気になって1週間~10日に一度の通院をしています。

皮下点滴で少しずつですが数値も下がっていて、来週の土日は検査入院です。

その時、また状況をお伝えできればいいなと思っています。

今まで皆さん、ありがとうございます。

これからも私たちは病気と闘いながら頑張っていきますので

モカともどもよろしくお願いいたします。

よい一年を・・・







最終更新日  2010年01月09日 16時56分21秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年11月04日
カテゴリ:今日のこと
長らく日記を更新できず、ご連絡が遅くなりました。

心配して下さった方々ありがとうございます。

モカですが、ひとまず山を越えてくれました。

10月19日までは腎臓BUN=20、肝臓GOT=440、ALP=350

血糖値82、黄疸なしで言うことないいい結果だったのですが

退院前日の20日の夜、普通の仔なら平気でも心臓の大きくて弱めのモカにとって

静脈点滴が心臓に負担がかかりすぎたのか、急性でどうしようもなかったのか

急性腎不全、急性心不全になり、21日、22日、23日と数値は悪化。

23日は腎臓BUN=140以上、肝臓GOT=1000以上、ALP=1450

血糖値=38 黄疸=1.4 という非常に危険な状態に。

でも、夕方迎えに行って、夜は2~3時間おきの強制給餌、朝8時半に病院へ

連れて行くという毎日を過ごして、約1週間・・・

なんとか腎臓BUN=44 肝臓GOT=1000 ALP=700

黄疸0.5 血糖値はまちまちで45~60 という数値まで快復しました。




いろいろ書くことはあるんですけど、ひとまず心配してくださっている

皆さんに、ご報告だけと思ってブログ更新しています。

沢山の方々の応援があり、励まされ、モカは必死で頑張っています。

本当に本当にありがとう!勇気付けられたのは私もモカもです。

なかなかお邪魔できてませんが、またブログに顔を出しに行きます。




点滴のためにとれる血管がなくなってきてしまい、皮下点滴で様子見してますが

皮下点滴は心臓に負担がかかって、モカには良くないのです・・・

そういうわけで、昨日から2日間、モカはお家でゆっくりしてます。

数値が悪化しないことを祈りつつ、ひとまずご報告まで。









最終更新日  2009年11月04日 22時08分12秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年10月14日
カテゴリ:今日のこと
モカが入院してしまいました。

涙が止まりません。

泣いてても仕方ないと分かっていますが止まらないのです。

あんなに元気だったのに、ようやく餌もだいぶ食べるようになったのに

走り回っているのに、症状はどんどん良くなっているのに

どうして下痢が止まらないの?

どうして血糖値が55しかないの?

どうして肝機能障害が出ているの?



肝臓に腫瘍があるか肝炎か、肝機能がめちゃくちゃです。

この入院中に死んでしまう可能性もあるそうです。

さっきまで、めちゃめちゃ元気だったよ?

家でも走り回ってたし、餌もたくさん食べてたよ?

数字も絶対によくなっていると思ってた。

なのに、メモリ以上の数値になってしまって、測れないの。

通常200のところが>1000

これが1001なのか2000なのか、もう測れる数値を超えている。

車もないし、すぐに通院できないし、そうこういう間に

どんどん症状が悪化してしまったらどうしよう。。

お願い、私のモカを取り上げないで。

命を引き換えることができるのなら、喜んで交換するから。。








最終更新日  2009年10月14日 21時51分20秒
コメント(5) | コメントを書く
2009年10月04日
カテゴリ:今日のこと

まず、れんさん、あきの華さん、心配して下さってありがとう

ネットや本で調べれば調べるほど、怖くなって不安になって

思い込んだり、変な知識はつけんとこー思って、出来るだけ

モカの調子を常に見る、病院の先生に従うようにしました。


昨日、「超音波検診」およびインスリノーマ用の「血液検査」をしました。

まず、副腎は片方は36と正常範囲で、もう片方は見えないくらい

小さいので全然大丈夫だそうです。ひとつめ、クリア!



胆のうちょき 問題なし。ふたつめ、クリア!!



心臓・・・これは、まん丸で大きいので心疾患が疑われてましたが

機能も弁の異常も圧力も何もかも正常範囲内で問題なしハート(手書き)

みっつめ、クリア!!!



脾臓・・・この子はめちゃくちゃ大きいらしく、でもこれといって

目に見える腫瘍もなく、機能も今の所は問題ないでしょうとのこと。

よっつめ、クリア!!!!



肝臓・・・肝臓の筋肉の均一性のバランスや、血流はさほど問題ありません。

しかし、角度を変えてみてみると、下のほうが白っぽく異色。

ただ、これが大きい脾臓が被ってそう見えるのか、肝臓自体が一部壊死

しているのか判断し辛いところだそうで・・・

ただ、血液検査の結果を思うと、これはおそらく肝臓の一部はもう働いていない

という見解にいたりました。わからんやっぱり・・・失敗

でも正常な肝臓が頑張ってくれるので経過観察でOKということです。

いつつめ、グレーゾーン・・・涙ぽろり



腎臓・・・これが血液検査では全く異常がなかったのですが、

なにやら黒い影が涙ぽろり他の臓器が重なって見えてるのか、場所的に微妙なところ。

もしかしたら「のう胞?」が出来ているかもしれないとのことで

ややアヤシイとのこと・・・でも、今なにか悪さをするわけでもないので

経過観察ということになりました。

むっつめ、グレーゾーン・・・



moka


モカちゃん、お腹の毛と首の辺りの毛・・・剃られてつるつるです。

あと、すい臓はインスリノーマの検査を出しているので結果待ち。




以上のことから、慢性の下痢、食欲不振の体重減少、低血糖は

インスリノーマ、胃腸炎、肝機能低下

そのあたりが考えられて・・・でも、まだまだ未知なので

今後の検査もゆっくりと続けることになりそうです。



はぁーー・・・モカちゃん、ひとまず、ほっっとしたね。

全然食べてくれなかったのに、昨夜かえってきてからは結構食べてくれてる

何か変わった様子がないか、これから真剣に見てなくちゃ。








最終更新日  2009年10月04日 11時15分59秒
コメント(5) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.