000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふぇれっと日和

PR

コメント新着

のん@ Re:あと3時間(08/08) 今更ながら記事色々読み返しました。 こ…
鷹槻れん@ Re:あと3時間(08/08) インスリの発作、うちの実嗣も慢性的な低…
うめうめ009@ ご冥福をお祈りします モカくん、本当によく頑張りました! そ…
あきの華@ ありがとう、モカ君 モカ君は優しい子だったね。 我慢強くて…
あきの華@ ご冥福をお祈りします。 モカ君頑張りましたね・・・ こりんさん…

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

猫のいる暮らしには… まあちゃん2005tlmさん

プリン@アラモード… あきの華さん
もっちこい ぐらんもっちさん
ゆめうめ日記 うめうめ009さん
しっぽのきもち    まっぴー530さん

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

全164件 (164件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

フェレット

2011年08月07日
XML
カテゴリ:フェレット
先ほど・・・10分くらい前
モカが天国に旅立ちました。

最期・・・発作で10分くらい苦しませてしまって・・・
震えて目を見開いて泣き叫ぶ姿を見るのは辛かった。

指をかまれたけど、血が出たけど、平気。
苦しいのはモカのほう。



でも、本当によく頑張ってくれました。


今ひざの上で寝ています。
まだ起きるのじゃないかと思うくらい安らかに眠っています。
体もまだすごく温かい。

けれど、そろそろ冷やしてあげないといけない。


ご報告だけ・・・






最終更新日  2011年08月07日 20時34分42秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年08月06日
カテゴリ:フェレット
昨日、連れて帰る予定で病院に向かいましたが思わしくなく、翌日(今日)朝一番で
迎えに行って、夕方6時に病院に返すという一時帰宅の予定にしていました。

昨日の朝から餌も免疫サポートも大好きなおやつも全く受けつけません。
昨夜8時頃に少しだけ「イチゴみるくゼリー」を口にした以降は
朝方4時からずっと、ぐったりして動きも鈍く、トイレも失敗ばかりだそうです。

これまで入院中は、薬はイヤでも、餌も少しでも
おやつと免疫サポートだけは、がっついて食べるモカだったのに・・・

移動させるのも辛いだろうし、連れて帰って落ち着くか元気になるか分からないけど
酸素も薄く湿度、温度も適温ではないだろうし、見ているだけになる。
迷いに迷って3日間だけ病院で治療、それ以降は自宅で・・・との選択をしました。

モカ


 =病院でのモカ=

 水で湿らせた指を口元に持っていくと、顔を背ける。
 動くのもままならないのに、食べ物のニオイが受け付けないのか嫌がる。

 その後、2~3分えづいて、おえっっと少量を吐く。二回。
 嘔吐はフェレットにとって非常に良くない状態ですよね・・・

 目はうつろで、体は振るえ、ぐったりしたまま動かない。
 ほとんど寝てるけど、薄目を開けていて、そのまま閉じたら
 もう起きないんじゃなんて思えるくらい・・・


ここまで食べず、グッタリしている姿はかつてないほど。
何度も乗り越えてくれたモカですが、今回は厳しいと私自身が感じています。
 
飼い主が諦めたらいけないんだろうけど、いつも私も強気で頑張っていたけど
病院では大丈夫だったけど、今はじめて涙があふれてきた。


ただただ、日曜の夜に迎えに行くまでに、ほんの少しでもいいから
元気になってくれればと期待するばかりです。



 =最近のモカの写真=

モカ
モカ
モカ

この写真では、しっかり眠れているので目をつぶっていますが
現在、病院では薄目を開けた状態で、眠れてないインスリの症状のような状況で・・・
ほとんど意識がありません・・・






最終更新日  2011年08月06日 13時03分52秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年06月22日
カテゴリ:フェレット
今日、一時的に退院させたんですが、やはり調子はイマイチです。

さっきからトイレいきたくても出し辛いのか、うろちょろしてはペタンと倒れこみ
結局、おしっこを垂れ流してしまいました。うんPも失敗。(計2回)

ステロイドを4~5日やめてるので糖は38とかなり低くフラフラ
利尿剤も少し減らしたので腎臓は少し下がったものの
心臓が辛いのか、呼吸は浅く、本当に辛そう・・・

土曜、月曜、火曜と見舞いに行ったときは、まだマシだったし
今日も私の腕をペロペロなめて、帰る気マンマンだったのに
帰る直前くらいから、やや呼吸が荒くなり、不安な思いを抱きつつも
入院させておきたくなくて連れて帰りました。

酸素室から出て、普通のケージで2日間いたのに
せっかく自宅に帰ってきたのにどうして・・・

明日は夕方まで仕事で一緒にいられない。
明後日は昼までだからいいけど、どうか無事でいてくれますように。






最終更新日  2011年06月23日 02時12分19秒
コメント(9) | コメントを書く
2011年06月18日
カテゴリ:フェレット
6/14(水)
夕方ヒザの上にいたモカが自分で降りようとしてイスに座る私のヒザから落ちた・・・

落ちた後、苦しそうにくしゃみをする・・・痛そうな、呼吸が辛そうな声。

しまった!!と思った。なにせ立派なおじいちゃんで持病もある。

心臓が悪いのだから驚いただけで心臓に負担がかかるし命取りだ。

私の心臓のバクバクが止まらない。これが原因で、モカの命を落とすかもって思った。

先日もヒザの上から転び落ちそうになってひざの上を滑りながら落ちたことがある。

だからこそ注意しておかなければいけなかったのに。

しっかり、私が地面に下ろしておいてあげたら・・・と後悔せずにはいられない。

落ちて1分くらい、苦しそうなクシャミしてたけど、その後は普通だった。

呼吸器がおかしくなってから(鼻水・クシャミ)、半年ほどたつ。

いまだに原因不明だったのに、ここに輪をかけておかしくさせてしまったかもしれない・・・


6/16(木)
帰宅後、いつもは食欲もそこそこあるモカが、餌を食べずグッタリ…殆ど寝ている。

薬を飲ませるための免疫サポートは何とか飲んでくれる状態だった。

3時間おきくらいに、免疫サポートで糖をとらせると、深夜くらいには少しだけ

のそのそと歩くようになり、餌も10粒程度だけど食べてくれた。


6/17(金)
昨日のしんどさは嘘のように、朝は餌を15粒元気そうにカリカリ(いつものパターン)

それが、帰宅後、やっぱり餌を全く食べてくれない。

免疫サポートで何とか薬を飲ませ、様子見するけど、しんどそうにクッションで寝る。

そのときの写真がこれ↓

モカ

診察時間は7時まで、車がないので明日の土曜の朝に検査行くつもりだったけど

朝まで待てないと思ったので、すぐに病院に電話して時間外になるけど看てもらえることに。

電車に乗って、バスに乗って、(電車に載せるのに270円かかるんですね)

病院に着いたときは、すでに開口呼吸で苦しそうな状態で、酸素室へ。




レントゲン結果…肺に水はそんなに溜まってなくて、開口呼吸で空気を吸いすぎた形跡

血液検査…白血球が異常。あがって嬉しいはずの糖があがっていることが不安な結果に。





肝臓は、しばらく正常値だったのが756まで上がって下痢もひどくなってたけど

今回は425くらいまで落ちてました。正常値は211まで。(以前は1000オーバーも良くあった)

それ以外は全て正常値で、糖はいつも40~55くらいなのに、今回96もある。

さらに白血球がいつもは5000くらいなのに、今回23300もある!!4倍杯以上。

これから分かることは、糖の上昇は「興奮」白血球の上昇は細菌感染症。

菌に感染してるから白血球が増加、そして白血球が上がるとカルシウムとアルブミンも落ちる。

やはり、これらも落ちていて、蛋白は少しだけあがり、脱水・感染症気味。






モカにとっては、いろんな場所が悪すぎて、どこの治療を優先してやるか

相反する効果の薬を考えながら進めてて、この微妙なバランスが難しい。

鼻水とクシャミはずっと気になってたけど、これといった断定する原因もなく

感染予防の薬、抗生物質を飲んでましたが、ステロイドと反する。

いつもの状態と違った検査結果に、どうしていくべきかが、いまだにわからないことと

私自身が自分を責めてしまう傾向にあって・・・どうにも辛いです。

モカ

モカちゃん、1年前の6月はこんなにふさふさでぽっちゃりだったのに・・・

結局、昨日は9:30まで病院は付き合ってくれてて、入院させることになりました。

今日も今から電車乗って駅から20~30分かけて病院まで歩いていくつもりです。

病気を抱えてるフェレットを代表して?頑張ってきたモカですが

約1週間後の7歳の誕生日は迎えたいです。(6/25)

これまで6/29と思ってましたが、6/25だったんですね、実は・・・






最終更新日  2011年06月18日 15時17分24秒
コメント(3) | コメントを書く
2011年06月16日
カテゴリ:フェレット
この頃、めっきり元気がないモカ・・・

2日前くらいまでは、それでも結構元気そうだったけど
昨日から、ほとんど寝ていて
今日は餌もほとんど食べてくれない。

かなりしんどそうで、ヒューヒューいってる・・・

土曜の検査、検査自体に耐えられるかしら
そろそろ本当に覚悟を決めていかないと。






最終更新日  2011年06月16日 20時55分46秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年06月01日
カテゴリ:フェレット
モカ、6/25で7歳になります。

闘病生活1年8ヶ月・・・
何度も危ない橋を渡りかけては戻ってくるモカの生命力に感動すらおぼえます。


でも・・・


血糖値以外は、だいたい正常値を半年ほど保っていたんですが
日に日に心雑音は酷くなり、毛もどんどん抜け落ちてます。

モカ

首は手術するときに麻酔したから毛がないんだけど、尻尾、お尻、背中とかなり減ってます。
痒くてカミカミしてるのと左右対称なのでホルモンがおかしいのは分かります。

副腎の可能性もあるけど、検査で体力消耗したり、調子狂わすことはわかってるし
治療の中での優先順位もあるので、今はそっとしている状態です。



さて、2週間前くらいから下痢がやってきたモカ・・・肝臓が悪い知らせだ。


体力、それから取れる血管の限界もきてたので、ここ何ヶ月か検査してなかったけど
久々に検査すると、肝臓が700まで上がってて、ああ、またかって感じです。

モカ

足もこんなに内出血して可哀想だよ・・・


食欲もあるし、歩き回る(でも後ろ足は弱っててヨタヨタ)。
だけど、確実に弱ってきている。

それでも、ただ毎日一緒にいられる幸せを噛み締めています。
誕生日までもう少し。

モカ、君は本当に強い!

モカモカ

おじいちゃんだね・・・まったく。






最終更新日  2011年06月01日 20時46分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月08日
カテゴリ:フェレット
気がつくと2011年になってました。
バタバタ、毎日の病院通いであっという間の年末年始でした・・・

遅ればせながら、あけましておめでとうございます富士山晴れ
ほとんど更新してませんが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

去年の「あけおめ写真by.モカ」(使いまわしです雫

モカ


さて、ご心配をかけておりますモカの調子ですが
肺や胸にたまった水の引き具合が悪く、利尿剤があまり効いてない状態ショック

なので、今までの4倍以上の利尿剤を使いながら2日に一度のペースで
病院に通ってます。(1/4に一時退院しましたちょき

退院して2日後にレントゲンを撮ったら、少し引いていた水が
また増えていて、なかなか難しい状態のようで雫
もう、あまり長くはないのかなと覚悟しつつ世話しています。

でも!!

点滴の管を通すために麻酔をかけて首を切る処置をした老齢フェレットで
生還する子はほぼいないんだそうで、回復した(とは言えませんが)モカは
本当に強いと、院長先生も驚かれているそうですグッド

本当に思います。
モカの生命力の強さに、自分が考えさせられることが多い。


入院前よりは少しラクそうだけど、自宅でも寝ることが増えました。
心臓が弱いので走り回らなくて安心ですが、しんどいんでしょうね・・・

それでも、また動いているモカを見て、息をしたり餌を食べたり
あくびしたり眠る顔を見て、毎日を大切に思える日々が続いてます。

少しでも長く一緒にいられるように頑張りますどきどきハート






最終更新日  2011年01月08日 11時08分01秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年12月31日
カテゴリ:フェレット

モカが29日から入院していて、可哀想なことに病院で年明けです。

『今回はもうダメかも・・・』って覚悟していましたが
今もなんとかギリギリのところで、とどまってくれています。


最近なんとも言えない苦しそうな咳をしていました。
喘息のような、喉の奥に何かモノが詰まったような・・・

それ以外はいたって普通で、食欲もあり、それなりに歩いて動いて
高いところにも頑張ってよじ登れるまで回復してました。


そんな中、29日の19:00過ぎ・・・モカの異変に気づく。


見た目には呼吸は荒く感じなかったけど、後ろ足の上あたりがヒクヒクと
異常に動いてて吐き気をもよおしているような様子のモカ。


(後でわかったのは、このとき既に肺水腫・胸水で肺が水につかった状態で
呼吸困難だったわけで、つまりは腹式呼吸になっていたようです。)



落ち着きがなくウロウロ、フラフラ・・・私はてっきり低血糖だと思い
餌やおやつを差し出すも、本当に大好きなおやつも全く食べない。
かろうじてロイヤルカナンを少し飲むくらいで、それも苦しそう。

「これはキケンだ!」と思い、診療時間を過ぎてたけど病院へ電話すると
明日の朝でも良いけど気になるし、来て貰ってかまわないとのこと。

病院で熱を測ってみると34.8度と、いつもより3度以上も低かった。

体温が低いというのは大変危険な状態だということを私は知ってた。
自分の母もそうだったし、フェレットもそう。死ぬ間際は体温が下がる。

レントゲンを撮ってみると、肺が真っ白。


変な咳をし始めたのは12/2で、翌日は気になって病院に行って
レントゲンを撮ってもらったのに、その時は特に変わった様子もなかった。
何がきっかけ・原因か確定することは難しいけど、悔やんでも仕方ない。

急いで点滴で最善の治療をするけど、もう取れる血管がひとつも残っていない!
点滴の管が通せないから首を切って留置することを告げられました。
(皮下点滴も心臓への負荷から避けてます)

でも、その際に打つ麻酔が、心臓や循環器の弱いモカにとって命取りになること
もしかしたら麻酔から目が覚めないことも覚悟するよう告げられた。

一か八か、私はモカのこれまでの3回に渡る復活劇を見てきて
もうこれが最期かもしれないと覚悟を決め、祈る気持ちでお願いした。

1時間くらいしてから、病院から電話。
病院からの電話のたびにビクビクしてしまいます・・・

「麻酔から目が覚めましたが、さっきより呼吸が荒く一般状態は悪いです。
明日の朝までもつかどうか分からないので来ていただいた方が…」


あぁ!!と思い、夜の23時過ぎ、急いで病院へ向かう。


小さな酸素室に入ったモカ・・・私が来るまでは歯を剥き出しにして
よだれをたらして苦しそうだったけど、私が来た途端
ここから出してくれ!と必死でよじ登る仕草を見せる。

だけど、少し動いたら動悸がするんでしょう、すぐにヘタっとなる。
目も少しうつろに・・・それでも必死でもがき出ようとする。

元気なフリをしてるのか?帰れるよって伝えているのか?


でも連れて帰れない・・・明日も来るからねって元気になったら
一緒に寝ようねって告げて、そのまま帰る。
最近は膝によじ登って寝るのがモカの日課だから、叶えてあげたい。



今回はモカにも夫にも病院にも涙は見せていない。
悲しい顔も見せていない。

覚悟はしているけれど、これまで3度も乗り越えてきたモカだから
もしかしたら、また頑張れるかもとも思っている。

病院の先生にはいつも言われる。

「モカちゃんは、本当によく頑張っています。こんなに生還する子はいません。
本人がもうダメだと思わない、飼い主さんと一緒にいたい気持ちが強いんです。」

私もそう思ってるよ。
出来る限り一緒に、少しでも長く一緒に。

だから、膝の上をあたためて待っているから、頑張るんだよ、モカ!







最終更新日  2011年01月01日 00時27分57秒
コメント(5) | コメントを書く
2010年07月12日
カテゴリ:フェレット

【転送元】
 ↑
この記事を転載したい等、お問い合わせは上記までお願いします


---------------- 記 事 内 容 ----------------

t02200391_0480085410617416428.jpg

6月26日頃 徳島市山城町のOKスイミング駐車場にて保護されました。

警察より連絡があり、センターでは殺処分となるということでしたので、預かることにしました。

フェレットはセンターでの預かりはありません。

センターにいくと殺処分なんだそうです。

お心あたりの方はご連絡ださい。

6/30日に動物病院へ連れて行くと副腎疾患だったので捨てられたのかもしれません。

すぐ腫瘍が出来て手術とかではないのですが、お尻やお腹辺りの脱毛がひどく痒がります。

便の調子も良くありませんでした。内科治療で注射を毎月していかなければなりません。



一日経つとだいぶ落ち着き馴れてきました。

注射の効果なのか 便の調子もよく 食欲もあり、痒がる様子もほとんどありません。

撫でてあげると気持ちよさそうにうっとりして猫のように甘えてきます。

推定年齢は5才くらい。オスです。人間で言うと50歳くらいかなぁ?

フェレットの寿命は6年から12年とネットで見ました。

3ヶ月間は一時預かり期間なので里子にも出せません。

その間は 迷子として飼い主さん探しをしたいので ご協力宜しくお願いします。


「追記」 7/9現在

だいぶん転載元の家にも慣れ、甘えたりお散歩したりと元気な様子が伺えます。
1日も早く、飼い主さんが見つかり、フェレちゃんが幸せに暮らせるようお祈り致します。
もし、よろしければ、皆さんもお声かけをよろしくお願いいたします。
その際は【転送元】 まで、ご一報くださいますよう、よろしくお願いいたします。

(楽天、アメーバ、mixi、freemlにも転載済)







最終更新日  2010年07月12日 21時34分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年06月28日
カテゴリ:フェレット
ふとモカのいる部屋を覗きに行くとこんな格好で寝てるから

まさかほえーって心音を確認しにいってしまいます。

モカ

この姿みたときは、もうだめかと思ってしまったよ・・・

モカ

さらには・・・

モカ

まだまだ生きて貰わなきゃだめだぞー

モカ!明日で6歳になるんだからね。お祝いしようねプレゼント




さて。最近は毎週土曜日はモカの通院日になりつつあります。

先週も行って来て、結果・・・良かったり悪かったりですね。

血液検査だけで言うと、血糖値以外はそこそこGoodでした!

主なものだけ記録しておきます。

【検査結果】
血糖値:40(↓)
尿素窒素:29.7(正常)
肝臓GPT:162(正常)
肝臓ALP:492(↑)
たんぱく:7.0(正常)


ということで、肝臓ALPは前回1200近くなってたのが半減

それから肝臓GPTは正常値に入りました。

肝臓は決して良いとは言いきれませんが悪くない感じですダブルハート

ただし、血糖値が結構さがったので、残念ながらステロイドの量を

増やすことになってしまいました涙ぽろり あぁ・・・

モカ

【レントゲンの結果】
心臓の陰影がはっきりしない、白いモヤがかかっている。
やや心臓がまた肥大している。
肺水腫は間違いない(水の量は少ない)それに加え、肺炎の恐れあり。


この間、もうだめかもと思っていたあの脱水症状を起こしていたとき

モカの心臓はコロンと小さく丸く、白いモヤもほぼありませんでした。

実は6月はじめに通院したとき、肺に水がたまっていて利尿剤を1段階あげた。

そして、私がお風呂に入れたり、疲れさせてしまったせいで脱水症状に陥り

この脱水症状を抜け出すためにさらに1段階あげた。

この数週間で前回の3倍まであげてた。

なので、心臓のためには利尿剤を増やしたいけど、脱水症状になるかも

しれない不安がぬぐえず、先週1週間は1段階おとした量で試させてもらった。

その量でもきちんと肺の水を出してくれることを願って・・・

でも、やっぱり利尿剤ではまかないきれないほど心臓の働きが悪いんですね。

結局、こうやって肺が白くなってしまってました。

もう利尿剤を減らすことは不可能ですと言われてしまいました・・・

私としては出来るだけ少ない薬の量で済むようにしていきたいのに

残念ながら、薬の量が急激に増えてしまった。自分のせいでもあると思います。

悔しい!でも、モカはめちゃくちゃ頑張ってる。

だから・・・私も一生懸命がんばるよマラソン

モカ







最終更新日  2010年06月28日 19時33分16秒
コメント(6) | コメントを書く

全164件 (164件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.