936863 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずぼら日記

マーキング職人への道

今日は、ワイのマーキングの手順を紹介します。

あくまでもワイがこうやってるって事だけなので、真似をしてうまくいかなくても一切関知しませんので、予めご了承下さい。

060301-01
まず用意するのは、プレーンジャージ(無地ユニ)、マーキング用のワッペン、アイロン、アイロン台、タオルです。タオルは普通に風呂で使う綿のタオルです。

060301-02
まずは適当にワッペンを置いてみて、大体のフィーリングで位置を決めます。

060301-03
アイロンは「中」に設定します。スチームは使わずドライです。

060301-04
ワッペンの上にタオルで当て布をします。直接アイロンを当てると、生地が熱で溶けますので、必ず当て布はします。まずは10秒ほど圧着し、仮止めします。

060301-05
仮止めしたら少し離れて見る等して、レイアウトを確認します。この時点ではすぐにはがすことが可能なので、不満があればはがして仮止めを繰り返します。

060301-06
背中側も同じようにレイアウトして仮止めします。レイアウトする時にはボタンも留めたままで、位置を決めて、そのままアイロン台を使わずに圧着します。(ただし当て布は必須)

060301-07
位置が決まれば、本格的に圧着します。ボタンを開いて、アイロン台に乗せます。この時、アイロン台の脚は折り畳んで、床に直置きします。

060301-08
当て布をします。

060301-09
アイロンに両手を添え、体重をかけて圧着します。そのままゆっくり30秒数えます。同じ作業を全てのワッペンに対して施します。

060301-10
ひと通り圧着したら、今度はユニを裏返して、全てのワッペンに対して再度20~30秒間圧着します。これでより強固にくっつきます。

060301-11
ここからはワイなりの工夫なのですが、アイロンをスチームの「中」にします。

060301-12
アイロン台は脚を立てて、普通に使用します。

060301-13
普通にアイロンをかけます。スチームでかけるとさらに強固にくっつき、洗濯してもちょっとやそっとじゃはがれなくなる気がします。あくまでもワイの感覚なのでホンマかどうかは分かりません。
あとスチームでかけると、圧着で押さえた時に出来るタオルの型や皺がとれて、綺麗に仕上がります。
裏からも同じようにアイロンをかけます。

060301-14
完成です。

060301-15
背中側です。

060301-16
着用したイメージです。
今回はうまく出来た方だと自画自賛しています(笑)

所用時間にして20~30分くらいで出来ました。

よろしければ、あくまでも自己責任の上で参考にして下さい。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.