000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずぼら日記

2000年10月

■2000/10/26 (木) 元川恵美

 FMWに元川恵美という女子プロレスラーがいます。ここで彼女の事を取り上げるのはこれが3回目です。前回振った横浜文体もまだ終わってないと言うのに、どういうわけか、また取り上げちゃいました。

 24日に大阪府立体育会館で行われたFMWの興行を見に行った際に、試合後に元川さんとお話しする機会がありました。そん時に、「出張版で取り上げていただいてありがとうございました」とお礼を言われて、調子に乗ってまた取り上げたわけです。

 先月のレディースゴングに載った中山香里のインタビューの中で”FMW女子はもうありません”と発言した事に対する元川選手の意見と言うことで、今月号にインタビューが載りました。中山さんのインタビューを読んだ感想としては、怒りを通り越して「あ、そう」だったそうです。(ちなみに私は中山さんのインタビューを読んで、取り乱すほど悲しかったです) 元川さんのいう「あなた(中山)が動かない限りFMW女子は動かない」って意見は、ずーっとFMW女子のファンとしては言いたかったこと。けど、ひとりふたりの人数で頑張っている時にそれを言うのは酷だと思って黙っていたんだけど、元川さんにズバリと突いていただいて、ちょっとスッキリしちゃいました。

 まあ今のFMW女子は誰がなんと言っても元川さんが動かしています。元川さん自身、FMWが面白いって言うとおり、ホントに今のFMWは面白いです。だまされたと思って、多くの人に是非一度見てもらいたいね。

■2000/10/22 (日) BBQ

 今日は高校時代の仲間達+その彼氏彼女(妻)で、生野銀山の方までBBQをしに行ってきました。友達の1人が肉の卸に勤めているので、毎回いい肉が食えるのよ。今日も素晴らしく旨かったよ。7人でいい肉食って、酒飲んで、締めの焼きそばまで出て、1人頭3000円。非常にリーズナブルなご馳走でした(^-^)。

 生野銀山まで行くとまあまあな距離があり、新車の俺様ファンカーゴにとっては、納車以降の最長距離走破です。2.5Lの車に追従しても、十分に付いていけるあたりは、「やるなファンカーゴ」ってな感じです。

 さて、明日は月曜と言うことで、また仕事・・・。しかし明後日の火曜は午後半休で、大阪までFMWを見に行きます。中山香里の試合がある上に、なんとタイトルマッチです。楽しみだ~。

■2000/10/20 (金) おしり

 ひょっとして俺って変態?って思うこともあるんだけどね。

 なんとなく女の子の”おしり”っていいよね。柔らかくて柔らかくてね。暇さえあれば横になってる妻のおしりを枕代わりにしてゴロゴロしています。気持ちいいよね~(爆)。けど、やっぱり枕にされてる妻の方はあんまりよくないみたいね。

 女の子のみなさんはやっぱし嫌ですか?

■2000/10/15 (日) ブランド

 今日は妻と一緒に三宮に出かけた。で、行ったついででプラダとかハンティング・ワールドのショップに立ち寄った。いつも思うことだけど、なんでブランド物ってのは、あんなに高いのかね。よく女の子が「プラダが○○円なんて安い!」なんて言ってるけど、俺に言わせると「なんで財布がそんなにするの?」って思う。めつちゃ素朴な疑問だよね。今日も妻がキーケースが欲しいって事で行ったんだけど、キーケースが16000円だよ。ホントかよ、おい。で、いろいろとあった中で一番安くて、デザインも良かったので9000円のハンティングのキーケースにしたようです。それでも9000円。多分、男には一生かかっても分かんないような価値なんでしょうね。

■2000/10/14 (土) ウィルス?

 2日ほどサボっちゃいました(^^ゞ。って言うか、一応日記は日記だけど、ネタがなくても毎日とりあえず書くみたいなやっつけ仕事はさけようと思ったので、書きたい日だけ書くことにしようかなと思って。・・・すんまへん、言い訳です(爆)。

 さて、今朝目覚めると妻から「パソコンがおかしい」との訴えが。見てみると、右上の「_」「□」「×」のボタンが「0」「2」「0」と文字化けしている。あと「▼」は「6」、チェックボックスは女の人の顔みたいなアイコンに変化していました。「ひょえ~っ。ひょっとしてウィルスか?」思わずウィルススキャンの最新の定義ファイルをDLしてからウィルスチェック。ひょえ~っっ、定義ファイルのDLに失敗。ファイルが一部破損・・・(^^ゞ。で、四苦八苦しながらDL完了して
、ウィルスチェックするが、異常はなし。はて? じゃあ、困ったときのサポートセンターだということで、VAIOのホームページへGO! 「最近よくあるQ&A」を眺めていたら同じ事象がありました。どうやらフォントのファイルが壊れていたようです。で、サポートのページを印刷して、それを片手にいざ修復。見事に修復完了となりました。その間、約1時間。もうドキドキしっぱなしでしたよ。
 VAIOのホームページに入ったついでにいろいろ眺めていたら、CD-RWのドライバのアップグレード版が出ていたので、それもDL。おかげで長時間使用すると、CD-Rメディアを認識しなくなるといったエラーの回避されました。実り多き1日でした。

■2000/10/11 (水) ハヤブサ リ・バース

 昨日のFMWの博多大会の試合後、ハヤブサが11.12横浜大会以降、来年5/5までの欠場を宣言したらしい。今日買ってきた週プロには、”笑顔に秘めた重大決意”としてネタをふっているが、発売前にネタバレしてしまいましたね(笑)。

 で、WCW遠征&ムタとのタッグや対戦実現のために動くのかと思ったらメールサービスの情報によると怪我の治療に専念するとか。えっ? ハヤブサってそんなに重傷な怪我してたの?ってのが正直な感想。昔の”不死鳥”の頃のハヤブサは常に満身創痍で悲壮感を纏ってファイトしていたので、ハヤブサ=怪我ってイメージがあったんだけど、”スーパースター”になってからのハヤブサは突き抜けた明るさがあるせいか、その辺の悲壮感が感じられないので、満身創痍だったとしても気づかなかった。けど元々、「ハヤブサのスタイルを続けたら選手寿命はあと2年」と言われて不死鳥ハヤブサを終えたんだから、それがスーパースターハヤブサになったからといって、延命されるわけではない。だから、今も不死鳥時代同様か、それ以上に満身創痍だったんだね。

 まあハヤブサには疲れた翼を癒して、スーパースターハヤブサのリ・バースを図って欲しいです。あとはハヤブサの不在を守れる代理エース、新生の時にハヤブサ欠場の穴を埋めた田中のような存在が出てくることを祈るのみです。

■2000/10/10 (火) 川田利明

 ビデオで昨日の新日のドームを見ました。始まっていきなり川田vs健介の頂上対決。いや~、なんか普段全然見てないのに、何故か川田に感情移入しちゃいましたね。全日本分裂後の川田の言動を雑誌で見ては、なんか嫌な感じって思っていたのに、試合を見たら肩入れしまくり。こじつけだけど、馬場の遺伝子を背負った川田と、馬場の遺伝子を受け継いだ大仁田の遺伝子を継承したハヤブサに似たものを感じたのかもしれない。・・・やっぱりこじつけだ(爆)。

 さて、今月の24日に大阪府立体育会館でFMWの興行があります。とりあえずは大阪、神戸近辺に来るFMWだけは生観戦したいと思っているので、今回も見に行きます。今回はひょっとしたら観戦の道連れがいるかも知れません。「それは誰?」って思ったら、うちのホームページの前回の観戦記を参照して下さいな。

■2000/10/09 (月) 3連休3日目

 いよいよ連休終了です。明日からはまた会社。ま、しょーがないね。

 それはそうと今日は東京ドームで新日本プロレスの興行がありました。佐々木健介vs川田利明のメインの結果が気になります。とりあえずはネットで結果を知ってしまわないように注意して、今晩の放送のビデオを明日見ます。

■2000/10/08 (日) 3連休2日目

 今日は昼前に起きて、しばらくゴロゴロ。電波少年を見てから、ドライブに出かけました。氷上町のコスモス畑に行ってきました。一面のコスモスにキンモクセイの甘い香り。なかなか和みましたよ。

 最近は妻が妊娠関係のホームページを見たり、子宝祈願に行ってみようと言い出したりしています。かと言って「作る?」って聞くと、まだ遊び足りないって言うし。いまいち心情が諮りかねています。まあGOサインが出るまでは、受精狙いのセックスはしないけどね。

 さて、明日は3連休(?)のラスト。休養に充てようと思っています。

■2000/10/07 (土) 3連休初日

 は出勤でした(ToT)。なんてこったい、こん畜生。まあ、忙しすぎず暇すぎずだったので、まあ良しとしましょう。

 さて、私の本館である「もっきーはここだよ(改)」からのリンクを外しました。ここの日記はアンダーグラウンドということで(笑)。まあ、いろいろと好き放題書いていこうかなって思っています。と言っても、みなさんに楽しんでいただけるほど話題豊富でもないんだけどね。

 今日の仕事中に読んでいた雑誌に書いていたんだけど、子供の産み分けなんてのがありました。いろいろと書いてあった中で印象的だったのが、お母さんがイッちゃうような濃いセックスで受精したら男の子、特にイキもしない淡泊なセックスで受精したら女の子なんてのが書いてあったんだけど、ホントかな~。だとすると、我が家には男の子しか産まれないぞなんて自意識過剰になってみたりしています(爆)。

■2000/10/06 (金) 地震

 今日の13時30分頃に中国地方を中心に地震があった。私の住む神戸市にも影響があり、震度は4だった。あの忌まわしい阪神大震災以来の大きな揺れに、職場は凍り付きました。みんなの脳裏にあの恐怖が蘇ったんだろうね。笑顔のままで表情が固まっていた。

 幸い少しすると揺れは治まったので大事には至らなかったが、鳥取あたりでは一部大変なことになっていたようで。まあ、先の阪神大震災に比べると大分ましだけど、やっぱり当人としては笑い事じやないだろうね。

 震災の恐怖は体験するとずっと残るよね。私的には今日のは余裕のつもりだったけど、手が震えていました。身体があの日の恐怖を覚えているんだなと実感しました。

■2000/10/05 (木) ハムスター

 我が家にはジャンガリアンハムスターのホワイト(♂)がいます。彼の名はシロキチくん。も~、すんごい可愛いの。けどね、やっぱり♂だけあって、♂の俺には愛想悪いの。ずーっと愛情一杯で接してあげているのに、「うっとおしいんだよ!」と言わんばかりの態度で、邪険にしてくれます。ひ~んっっっ。

 妻の事は大好きなようで、いつも妻が指を出すとペロペロ舐めたり、はむはむと甘噛みしてみたり。俺が指だしても一回ペロッとしたら、きびすを返して去っていくのに。ひどいよ。

 けど、そんなシロキチも深夜の妻が寝静まった時間だけ、俺になついてくれます。ちゃんと状況見て、生き抜く術を知っているんだね。けど、ちょっと可愛くない(-_-メ)。

■2000/10/04 (水) 会社

 最近会社に行くのが嫌で嫌で仕方ありません。仕事も楽しくないし、働いていてもこれと言った目的意識もないし。毎日朝がくれば嫌々起きて、飯食って、嫌々会社に出ていく。新婚らしくいってらっしゃいのキスなんてあったりするんだけど、だからと言って元気が出るわけでもなく。
 んで会社に行ってからは就業時間の7時間40分をとりあえず与えられた仕事はこなしつつもなんとなく過ごす。ほいで、就業時間になれば、ちょっとダラダラしてから、のほほんと帰る。そんな1日の繰り返し。苦情があったりしてその対応に奔走する事もあるが、特に見かけほど慌てているわけでも、負担に感じているわけでもない。
 で、家に帰ったら晩飯食ってテレビ見て風呂入って、おやすみのキスなんてのもして、寝る。たまにえっちなんてしたりもするけど、大抵はおとなしく寝る。ほいで朝がくると嫌々起きて・・・。そんな堂々巡りの毎日です。

 なんか人生を浪費してるって感じ。以前は仕事するにももう少し一所懸命だったし、会社が嫌なら元々やりたかった料理関係の専門学校にでも行って、その辺のラーメン屋ででもバイトしながら修行してもいいななんて思っていたけど、今ではそんな事出来る身軽さもない。

 かと言って、そういう仕事とかを抜きにすると、妻と過ごす日々も楽しいし、概ね幸せなんだけど、何かが足りない。何が足りないんだろうねぇ。いっそ、アホの子みたいに「自分探しの旅に出る」なんてほざいて、失踪でもしたいね~。

■2000/10/03 (火) 快食快眠カイベールC

 ↑ってCM知ってます? ピンクの電話がガンガン踊っていたヤツ。なんとなくめっちゃ面白かったような記憶が。・・・って別にこれが本題ではないんだけど(爆)。

 今日は勤務が16時に明けて、とっとと帰ってきました。18:30には夕食を食べて、19時過ぎからはもうゴロゴロと。したらうとうととして、21時前まで爆睡。おかげで大分疲れが抜けました。最近疲れやすいんでね。肩こりとかもムッチャひどいし。何かいい解消法はないかね。

■2000/10/02 (月) 元川恵美 その2

 そんなある日、FMWにデビューした選手とは、日本初の性転換レスラー工藤あづさ。工藤あづさと言えばFMWファンにはおなじみですが、田中将斗、中山香里の同期に当たる選手で、元「吾作」です。その吾作がFMWから失踪し、誰もが忘れ去った頃によりによって”おかまレスラー”という度肝を抜くキャラで復活したのです。それに対して元川&中山は「男でダメだったからって、女でという根性が気に入らない」と立ち上がり、元川&中山vsくどあ(工藤あづさ)の図式ができあがる。

 ところがここでびっくりな行動を取ったのが元川。なんと中山を裏切りくどあと共闘。結果的にここが元川恵美最大の転機となった。それ以降の元川はくどあと組み、男子相手の試合も数多く組まれるようになり、最初はいやいややっていた感も否めなかったふたりが徐々に男子相手に真価を発揮しだした。

 そして来る11月の横浜文化体育館大会。ここで組まれた試合は、大矢剛功&黒田哲広vs工藤あづさ&元川恵美。ここでエンターテインメントプロレスFMWで頑張ってきた元川の成果が試される。なんてったって、大矢&黒田は元WEWタッグ王者であり、その実力は折り紙つき。勝てとは言わない。ただ”元川らしく”輝いて欲しい。試合を元川色に染めて欲しい。「元川色ってどんな色?」そう思った人は是非生で元川恵美を体感して下さい。

■2000/10/01 (日) 元川恵美

 俺の好きなプロレス団体のFMWに元川恵美というレスラーがいます。彼女のデビューはIWAジャパンという団体で女子選手は先輩の市来貴代子と元川のふたりきりでした。来る日も来る日も市来とのシングルマッチで連戦連敗。そしてほどなく市来がIWAを脱退。今度は後輩の西堀幸恵としのぎを削る事になる。今度は一転して連戦連勝の日々。そんな中で最果ての女子プロレスとして元川恵美が注目を集め、全日本女子に準レギュラーとして参戦。”カルトヒロイン”の称号を受け、全女内の最強を決めるジャパングランプリのジュニアリーグに抜擢。ここでは黒猫に扮し、”二階からのニャンニャンプレス”なる奇抜なネーミングの技を披露し、沸かせる。その後、AWF世界女子という世界と名の冠するベルトを手に入れ、IWA解散後、フリーランスとして各団体を渡り歩き、”カルトヒロイン元川恵美”の名を不動のものとする。

 しかし彼女のサクセスストーリーはそこでストップ。怪我による長期の戦線離脱により、元川恵美の名は女子プロレス界からフェードアウトしてしまう。

 そんな彼女が怪我からの復帰にあたり選んだリングがFMW。当時のFMWには女子部はあるにはあるものの、選手は中山香里一人きり。そんな団体をわざわざどうして選んだのか? ハッキリ言って彼女の選択には「?」だった。そしてその心配は的中。来る日も来る日も中山香里とのシングルマッチで連戦連敗。そして少々の変化としては他団体の選手を呼んで、元川&中山組として団体対抗戦を繰り広げるがいまいちパッとしない毎日。そんなFMWのリングにあるレスラーがデビューすると共に、元川恵美の波瀾万丈のレスラー人生に転機が訪れます。

 完全に元川の波瀾万丈伝になってしまいました・・・(^^ゞ。長くなるので、続きまたということで。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.