950793 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずぼら日記

2001年10月

■2001/10/27 (土) 困ったぞ

 というのもこのホームページの取扱い。ここんとこすっかり中山選手の試合を見る機会もなく、応援すると言っても特に何をしているわけでもない。ほいでもってFMW女子の方も元川選手の欠場で有名無実状態(NEOやJWPが参加してくれる事は嬉しいけど、断じてあれはFMW女子じゃない)。

 そんな状況でこの「LONELY GIRL ~中山香里とFMW女子のページ」のあり方としては? 今や唯一のFMW女子の元川選手を応援すると言っても既に元川選手の応援WEBは素晴らしいものがあるし。

 なんかいいアイデアありませんかね。更新らしい更新ができない(してない)状況が歯がゆく感じています。

■2001/10/06 (土) SPEED

 今日は淡路島にある淡路夢舞台にSPEEDの復活コンサートに行ってきました。平成7年の阪神淡路大震災で打ちひしがれた被災者が、当時SPEEDの歌に勇気づけられた事から、今回の淡路の復興記念イベントにぜひって事で、SPEEDの再結成を持ちかけたのが事の発端らしい。そして今日、その念願がかない復活コンサートが行われました。

 17時30分開演で第1部は、今井絵里子、上原多香子、hiroのソロライブ。それぞれ持ち時間は20分ほどで、各4曲を披露しました。その4曲でも、hiroの歌が一番聞き覚えのあるものが多く、1年間の成果を感じさせました。

 そして19時前からスタートした第2部。いよいよ、SPEEDの登場です。前フリのプロモが流され、歴代のシングル曲の合間に、メンバー1人ずつの紹介。ここではやはり、SPEEDのメンバーということでそれぞれの名前は、ERIKO、TAKAKO、HIROKO、そして一際大きな歓声が上がったHITOE。

 そして念願のSPEEDの登場。解散間際の頃のどこがちぐはぐした感じはすっかり消えて、全盛期の勢いを取り戻したSPEEDの姿がそこにありました。そしてモニターに一人一人のアップが映る度に歓声が上がるが、HITOEのアップで割れんばかりの歓声。なんてったって解散以降初めての露出ですからね。

 約2時間半にわたる夢の時間はあっという間に過ぎ去り、SPEEDの一夜限りの復活は幕を閉じました。感想としては、ERIKOとHIROKOは全盛期のSPEEDそのままで、TAKAKOは少し踊りが頼りなげ、HITOEはテレビ版っていうか、どっちかっていうとライブでは笑顔の多い娘なのに、ちょっとポーカーフェイスでした。このライブでは今日のための書き下ろしの新曲「ONE MORE DREAM」の披露もあって、お得感いっぱいでした。

 SPEEDの再結成ライブは今回限りではなく、またいつか機会があればやりたいとの事だったので、次の機会を楽しみにしたいと思います。いや~、それにしてもサイコーでした!



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.