951079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずぼら日記

2001年11月

■2001/11/27 (火) 諸悪の根元はFMWファン?

 今日、なんとなく漠然と感じたこと。

 最近のFMWって面白い? しょーじき言って、私的にはいまいちです。それでも“応援する”気持ちで見ていますが。

 で、今はハヤブサがケガで欠場しているんだけど、ハヤブサがいなくなると途端にテンションの下がってしまうFMWって何なんでしょう。雁ちゃんじゃないけど、今のFMWは確かにハヤブサのFMW。けど、決してハヤブサだけのFMWじゃないはずです。その真価が問われるのはハヤブサのいない今だと思います。

 けど、今の選手達に自団体の存亡が懸かっている危機感を感じることがどうしてもできないんです。今回始まったWARとの対抗戦も、天龍が煽って、盛り立てようとしているのに、対するFMW側からは不退転の覚悟が感じられないんです。なんか“話題にいっちょ乗ってやろうか”みたいな雰囲気で。

 で、思ったのが、今のFMWの危機感の無さの一端には我々ファンの過保護が影響しているんじゃないかって感じるんです。FMWがダメな状況になると「俺たちがFMWを支えないと・・・」ってな具合で、ファンは一生懸命に団体をバックアップすべく、生観戦やPPV観戦、グッズ購入などで支援しますが、ダメな時は突き放すくらいの態度が必要ではないかと。FMWファンの暖かさっていうか、寛大さに団体側が無意識のうちに甘えてしまっていて、あまり危機感を感じていないんではないかと。

 そんな風になんとなく思ったわけです。FMWのファンは恐らく、プロレス界で最も暖かく素晴らしいファンだと思うけど、そのファン気質が団体をダメにしてないかなと。だからどうしようというワケでもないですが、ただそう感じました。

■2001/11/24 (土) ザッツ・エンタメ 第11話 ~誓い~

 前半戦ははっきり言って寒かったです。唯一ウケたのはリッキーさんの結婚式のオチくらいかな(笑)。

 後半戦の試合は文句なしに面白かったです。試合であれだけ魅せられるんだから、そうなると冬木がエンタメ路線に愛想尽かし始めた今、敢えてエンタメを続行する必要があるのかなとは思いましたが・・・。

 そうそう。セミの試合で、金の字がサスケを2階から落としたり、机に向かって投げっぱなしジャーマン放ったりと「無茶しよんな~」って場面が多くて冷や冷やしちゃいました。前回の後楽園でファイトスタイルを批判された金の字なりの回答だったのでしょうが、そこまでせんでもってね。

 あとはやっぱりガルーダ。戦前の期待値を遙かに超える動きだったと思います。中身があの選手だったとして、いきなりのビッグマッチのメイン抜擢であれだけやれれば大したものです。ハヤブサがオーバーラップする場面も多々あったし。
 しかし、あれが普段の後楽園のメインであれば、手放しで「よくやった」と言えるんだけど、FMWの半年間の集大成(のはず)のビッグマッチのメインだったからねぇ。改めて今回、FMWは彼に酷な役割を与えたなと感じました。再登場時にもう一回り成長したガルーダを期待します。

■2001/11/22 (木) ひさしぶりに・・・

 何か書こうかと(^^ゞ。

 今週の週プロのミスター雁之助のインタビュー。うんうんと頷けるところだらけでした。今のFMWはハヤブサのFMW。FMWがFMWでいられるのはハヤブサがいたからってのはまさにそのとおり。そして万が一、ハヤブサが復帰できないなんてことがあれば、FMWは解散すべきってのも頷けました。

 将来的にはいつまでもハヤブサのFMWでは困るんだけど、現時点でのFMWは間違いなくハヤブサあってこそのFMW。そのハヤブサのFMWが完結しないうちに新しいFMWがあるはずがない。ハヤブサのFMWを完結させるためにもハヤブサの復帰は必須条件なワケです。

 ま、雁ちゃんが心配しないでも我々ファンはハヤブサ不在のFMWを精一杯後押ししますよ~。

 あと週プロの記事で気になったのがハヤブサの病状。なんでも今発表されている“頸椎損傷による神経の圧迫”というのは今回のアクシデントによるものではなく以前からあった症状で、今回のものに関する原因は依然不明だとか。心配は尽きません。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.