5858971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑色大好き♪ヴェルデの雑食日記

全132件 (132件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

そば・うどん・寿司・和食

2020年03月24日
XML
「天ぷら食って蕎麦で〆る」でお馴染み(?)の​蕎ノ字さん。
今回はこれらが揚げられるのねと思いつつカウンターに。
IMG_8450 (2)


通常は一般販売がなく、ミシュランの星付き店舗などでしか提供されないロココビール、この機会に。
IMG_8451 (2)
舌触りが滑らかでフルーティーでした。


今回も蕎麦の実やそばがきのあと、海老から始まったような(2月なので忘れちゃった)。

鹿肉は初めてだったので撮りました。
IMG_8452 (2)
わさびと合いますね。聞かなかったけど、有東木のわさびかな?
このお店、ご主人の地元静岡の食材だけ使ってます(日本酒も)。


ど~んと筍。齧りついて、固くなったところでやめます。
IMG_8453 (2)


今回も冷たいお蕎麦にしちゃったけど
IMG_8454 (2)
桜えびと合わせて温かいのでも良かったかな。次はそうしようっと。

そしてデザートは定番の黒奴。

美味しいんだけど、せっかく静岡から行くんだから他のも食べたい、と思ったのでした。
てか、そもそも静岡を味わって貰うお店なんだけどね大笑い


ブログランキングに参加しています。
コロナを恐れて人形町から東京駅まで歩いたわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2020年03月24日 01時22分13秒
コメント(11) | コメントを書く


2019年12月30日
お歳暮の包みを開けたら、こんな可愛いおでん種セットでした。

IMG_7749 (3)

寒い日にいただきます。
「紀文」と書かれたのは「白雪」。目立ちます。
最初はほんとにこの2つだけが浮いていたのですが、段々他のも浮き上がって来て。

IMG_7796 (3)


最終的にはおしくらまんじゅうのよう。

紀文の御所車


ひとり分はこれくらい。

IMG_7802 (2)

味も食感も微妙に違って楽しめました。
夫と二人、あっという間に食べ終わりました。


ブログランキングに参加しています。
また食べたくなっているわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2019年12月30日 01時01分28秒
コメント(12) | コメントを書く
2019年12月23日
珍しく夫とJRに乗ることになり。
気になってはいたもののなかなか勇気(?)がなかったホームの立ち食いそばに初トライ。
IMG_7653

その、気になっていた「チーズそば」。メニューにない、と心配になったけど、券売機にはしっかりありました。
お姉さんもモッツァレッラとか書かれたもの、持ってますよね。
(ベージュのコートの男性の左ひじの辺り)


12月初めなので忘れてしまったけど、400円台半ばじゃなかったかな。
待望のこれ。
静岡駅のチーズそば

チーズと揚げ玉が混ざり合っている。
ありかなしかで言ったらありですね。
気づいたらタバスコが置かれてた。最後の方で入れてみました。確かに一味よりは合うかも。
丼の底にチーズがたくさんへばりついてました。
食べてる時はチーズ<揚げ玉って感じだったのはそのせいですね。
箸でこそげ取ろうとしたんだけど電車が来てしまって。
次でも間に合ったのに、夫に急かされて食べられず…。
因みに、食券買う時に前の方が悩んでいたのか、だいぶ時間取ってて。
そのせいもちょっとあるのです…。


こちらの富士見そば、駅弁の東海軒さんがやっています。
富士見、だけど静岡駅からは見えない富士山。
清水に着いてからの画像を入れときましょう。
清水駅からの富士山


ブログランキングに参加しています。
乗る前より乗った後(帰りに)の方が良かった、と思ったわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。








最終更新日  2019年12月23日 01時37分29秒
コメント(13) | コメントを書く
2019年10月20日
12時15分になったので、再び宿六さんへ。
だいぶ空いてました…が、その後続々と。皆さん予約時間を決められたのでしょう。
お寿司屋さんみたいなカウンター。わたし達はテーブルに通されました。
IMG_7168 (2)

握っているのはご主人ひとり(三代目だとか)。
お互い3個セットを注文しています。具は最初に選びます。
ざるに乗ったおにぎりが2個ずつ、3回に分けてやって来ます。
ちゃんとわたしが注文した方がわたしの側に。
IMG_7170


おにぎりなんで、見た目は一緒。ということでちょっとだけ中身を。
こんぶ(椎茸昆布)と
IMG_7172


生姜味噌漬け
IMG_7174 (2)

夫とかぶらないようにしたんだけど、おにぎりってシェアしないから関係ないかも…。
お海苔が美味しかった。片方折り込まないことによってよりパリッとしています。
ご飯も、具もバランスが良い。
想像の範囲内ではあるけれど、丁寧な仕事を感じます。

食べている間も次から次にお客さん。その9割が外国の方。
店内で聞かれるのはほぼ英語。浅草という土地柄と、ガイドブックのせいでしょうか。


帰りに近くの雷5656に寄って雷おこしをいただいて来ました。
今回のホテルはJTBで取ったので、お土産つきなんです。
IMG_7287 (2)
小学生かな?おこし作り体験をしてました。


ブログランキングに参加しています。
シンプルなものほど難しい、と思ったわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2019年10月20日 20時57分12秒
コメント(5) | コメントを書く
2019年09月08日
ブログ的には3ケ月半ぶりぐらいの蕎ノ字さんですが、実際は5ヶ月ぶり。
前回は3月初旬に行って5月中旬過ぎのup、今回は8月中旬に行って今日なので。

お店に到着すると「○○さんですね」って、1回で覚えられたかと思ったら既に他の組は到着していたのでした雫

カウンターにはまだピチピチ動いてる鮎が。
IMG_6811 (2)


今回のラインナップです。
IMG_6816 (2)
上の段の後は飛んで穴子と桜えび、だったと思う。

旬の野菜は2種類で茗荷と
IMG_6819 (2)


ゴーヤ。
IMG_6820 (2)


そして先ほどの鮎がこんな姿に。
IMG_6821 (2)


こんな風に分かれていると、天つゆと塩、両方試せますね。
IMG_6823 (2)


いちじく大好きなので追加で頼んじゃった。
IMG_6824 (2)


〆の蕎麦、​前回は​ざるに盛られてましたが。
IMG_6826 (2)
この前に出た桜えびをちょっと残しておきました。


島田出身のご主人のお店、デザートは今回も黒大奴で。
日本酒も島田の大村屋酒造のものばかりで、夫が「島田愛が強すぎる」と言っておりました。

因みに、夫がこの時飲んだ「若竹」、先日市内でこんな風に店頭に置かれているのを発見しました。
IMG_6831


ブログランキングに参加しています。
少しずつ更新速度が上がっているわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2019年09月08日 23時29分08秒
コメント(12) | コメントを書く
2019年08月29日
新宿伊勢丹に到着したのは11時10分ごろ。
これまで何度かトライしながら未食の限定10食ぐらいの鯛茶漬け。
開店後10分経ってるけど大丈夫かな?と7Fのレストラン街にある「茶屋 青柳」へ。
既に列の出来ている店舗もある中、一番乗りでした雫

メニューを見ると、確かにあります。鯛茶漬け。「限定」って書いてなかったような。
季節に依るのかな?
夫も同じものを。「え、お茶漬けで足りるの?」
「この後ラーメン食べるからこのくらいでいい」「…」

てことで念願の鯛茶漬け。

茶屋 青柳の鯛茶漬け

写真切れちゃってるけど、右の方にお出汁があります。
真ん中に乗ってるのは鯛のすり身に胡麻。美味しかったけど夫には甘すぎたみたい。

それにしても…どうしてここだけいつも空いてるのかな?有り難いけど。


ブログランキングに参加しています。
お茶漬けが前菜だったのね…と思われましたら応援クリックお願いします。







最終更新日  2019年08月29日 23時28分57秒
コメント(13) | コメントを書く
2019年08月28日
ちょっと年配の方との食事に、東鷹匠町の「菜々瀬」さんを選びました。
「お野菜中心の薬膳風家庭料理」とのことだったので。

新静岡駅からは歩いて10分強ぐらいかなぁ。実は、清水さんのお祭り​帰りに見つけたのです。
ご自宅なのかしら?住宅街にひっそりとありました。

靴を脱いで上がります。ほんとに、知り合いの家にお招ばれした感じ。
カウンターに3人で並んで座って。
対面には料理担当の奥様とお手伝いの女性。

主賓が「そんなにたくさんは食べられない」と言うのでお野菜4品のコース。
予約の段階で「追加注文して良いか」と聞いたところ、それは×でした。

ほんわかしたムードの中、食事は始まりました。
IMG_6729

イチジク大好き。嬉しい。
IMG_6730

この汁、甘酒の香りがしました。
IMG_6731

キッシュも登場。
IMG_6732

野菜だけでお腹いっぱいになるかな?と思いましたが、それなりに。
男性ならお肉かお魚のつくコースの方が良いでしょう。
因みに、お肉がつくのは年に1回ぐらいとか…。

そして冷汁。
IMG_6733 (2)


デザートも甘酒。砂糖は使っていないそうで、自然の甘みがありました。
IMG_6734 (2)

家では作れそうで作れない、ひと手間掛かった家庭料理という感じ。
食後は「ご馳走様でした」と自然に手を合わせたくなるような、そんなお料理。

カウンターだからか、すぐにお会計の紙を渡されるのであんまり長居は出来ません雫

奈々瀬和食(その他) / 日吉町駅音羽町駅新静岡駅


ブログランキングに参加しています。
気が向いた時だけ健康的になるわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2019年08月28日 00時49分57秒
コメント(13) | コメントを書く
2019年06月05日
文春や新潮で紹介されてるのを見たし、GW中でもあったので念のため開店時間よりもちょっと早めに着くように出て(昼は予約出来ないので)。

一番乗りでしたぽっ
IMG_6288 (2)
ミシュラン☆☆の豪龍久保の、久保さんプロデュースのお店とかで。
と言っても知らないのでHP見たら…一生縁がなさそうだわ…。

でもここはお蕎麦屋さん。
先ずはビールで乾杯。蕎麦のおせんべいと。
IMG_6291 (2)


そば稲荷
IMG_6292 (2)

わたし、蕎麦寿司って好きなんです。
IMG_6293 (2)


だし巻き玉子。
IMG_6294 (2)
ふわっとして美味しかった。

筍とわかめ。しっかりした食感で好き。
夫は日本酒に切り替えてました。

彼はせいろで。


わたしは「あそこに鴨南ってあるから鴨南にしなよ」と言われてそうしたんだけど。
IMG_6298 (2)
後で写真よく見たら「鴨せいろ」って書いてありますよね雫
季節的にも温かいお蕎麦敢えて推薦しないよね、と思ったのでした…。
「ビュルゴー家のシャラン鴨」は旨みたっぷりでしたけどね。

蕎麦湯が美味しくてびっくりしちゃった。
IMG_6299 (2)
最近は別仕立てが多いんですね。

どちらかというと料理の方が印象に残ったお店でした。
あまり感想を言わない夫から無理やり引き出した言葉は「老舗感がない」…。
そりゃそうでしょ、去年の11月にオープンしたばっかりなんだから。

​​前回の記事に​書いたように窓からオリンピックスタジアムが見えます。
抽選に当たらなかったらここから雰囲気を楽しむのもいいかも。
でも混雑嫌だからやっぱりやめよう…。


ブログランキングに参加しています。
次は鴨せいろ、と決めているわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。






最終更新日  2019年06月05日 23時22分27秒
コメント(9) | コメントを書く
2019年03月23日
まだ寒かった3月の初め、知人に誘われてすっぽん鍋の会へ。

「まずは生き血をどうぞ」げっ!
IMG_5871 (2)


実は梅酒にエキスを混ぜたものだった
IMG_5872 (2)


お刺身で。
IMG_5874 (2)


茶碗蒸しも
IMG_5875 (2)


すっぽん入り。
IMG_5879 (2)


さて、鍋も煮えて来ました。蓋を開けると。
じぇっ!
IMG_5876


びっくりした。甲羅も食べるのかと思っちゃったびっくり
IMG_5878 (2)
入れなくていいよ~と思ったけど、出汁が出るんですね。
こりっとして割とあっさりな味でした。

綺麗に洗ってくれて…「魔除けにどうぞ」と。
IMG_5881


ブログランキングに参加しています。
まだまだ未食のものは多いと思ったわたしに応援クリックいただけると嬉しいです。







最終更新日  2019年03月23日 01時11分32秒
コメント(16) | コメントを書く
2018年12月31日
年越しそばを食べようと夫と日本そば店を廻る。
何せ待つのが嫌いな人なので1組でも待ちがいると次の店へ。
最初の店にいたらもう食べてるだろうな…って頃にようやく待たずに入れる店に。
昔からメニューが変わっていない感じのお店でした。
久しく食べてないんだけどおかめそば…が気になり注文。

IMG_5464 (2)

あんまり顔っぽくはないんだけど。夫が頼んだ日本五目と変わらなかった気が…。


陶器ビーズ おかめ

てか「日本五目」ってほんとに久々に見た気がします。
因みに「五目中華」もありました。

こんな昔ながらのお店で年越し。今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。
よろしければクリックお願いします。







最終更新日  2018年12月31日 23時53分10秒
コメント(8) | コメントを書く

全132件 (132件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.