000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

茨城県近代美術館 The museum of modern art, IBARAKI

全7件 (7件中 1-7件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 「ふるさとを描く」展 | 「ふるさとを描く」展イベント | 「耳をすまして」展 | 「耳をすまして」展イベント | 所蔵作品 | その他 | 所蔵作品展 | 「輝く女たち」展 | 輝く女たち | ウルトラマン展 | 「輝く女たち」展イベント | アートフォーラム | 教育・普及 | 拡大版 ようこそ美術の森へ | 小川芋銭展 | 「ストラスブール美術館展」 | 「ストラスブール美術館展」イベント | 「須田国太郎展」 | 「堀井英男」展 | 鮭日記 | 「ワカラナイ」ノススメ | 熊田千佳慕展 | 所蔵作品検索システム | 「聖なるものへ」展 | 研修生もブログに参加! | 天心展 | 天心展&所蔵作品展 | 「フランス万華鏡」 | 中原淳一展 | H26「美術の冒険」 | 県芸術祭 | ワカラナイノススメ2 | H26 作家とアトリエ展 | 所蔵品展「命のぬくもり」「輝け!男たち」 | H26笑う美術 | ある日の風景 | ベン・シャーン展 | やなせたかしの世界展 | 6つの個展 2015 | 企画展「幸せはどこにある?」 | 第9回現代茨城作家美術展覧会 | あした天気になーぁれ♪ | エッシャーの世界 | H28乙女デザイン | H28県芸術祭 | H28総合造形展 | H28東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 | 移動美術館 | ミュージアムキャラクターアワード2017

「耳をすまして」展

2011年02月16日
XML
「耳をすまして-美術と音楽の交差点」,ありがたいことに新聞など各紙で採り上げていただいておりますが,本日はインターネットで読めるものをご紹介いたします。

朝日新聞(2月16日(水)夕刊)「「耳をすまして」展 音楽に迫る表現」

会期もいよいよ後半を迎えています。
3月6日(日)午後5時までですので,どうぞお見逃しなく。
2月は21日(月),28日(月)も開館しています。

展覧会担当:sawado01澤渡(さわど)






Last updated  2011年09月15日 10時18分14秒
2011年02月04日

 開催中の企画展「耳をすまして-美術と音楽の交差点」を見学された高校生たちに感想を訊いてみました。

 「美術館の展覧会は見るだけのものと思っていましたが,この展覧会では,自分が作品に触れる(音を出す)ことで作品が完成しているのかなと思いました」(写真左の生徒さん)

 「美術も音楽も好きですが,この展覧会では,自分のなかの美術に対する感覚と音楽に対する感覚がとても似ていることにあらためて気付かされました」(写真右の生徒さん)

 お答えくださったお二人,ありがとうございました。いろいろな「気付き」に出会えるのも美術館の楽しみ方のひとつのようですね。

110204

1階ホールEARS WITH CHAIR(藤本由紀夫)で,空間の音を鑑賞する高校生

 

 当館は,学校教育活動の一環としてご来館いただく場合,展覧会は無料でご覧いただけます。是非,ご利用ください。(お問い合わせ先:029-243-5111 普及課)

iwakami02岩上)







Last updated  2011年08月16日 14時57分51秒
2011年02月02日
「耳をすまして-美術と音楽の交差点」図録をお求めになった方は,お手数をおかけいたしますが重要なお知らせがございますので,こちらをご覧ください。






Last updated  2011年02月22日 10時36分27秒
2011年01月23日






Last updated  2011年09月15日 10時14分31秒
2011年01月21日
「耳をすまして-美術と音楽の交差点」,明日のオープンに向けての展示作業,本日終了いたしました。

今日は最後の追い込みで,あまり写真を撮れなかったので(写真どころか食事をとる時間すらありませんでした),昨日の展示の様子を中心にご紹介します。


20110120-001.jpg

八木良太さんは京都から来館。
展示空間を前に沈思黙考中。


20110120-003.jpg

館スタッフが,水槽に水汲み作業を行っているところです(美術館の仕事は,意外と?肉体労働なのです)。
こちらは八木さんの作品ですが,どんな作品かは見てのお楽しみ。


20110120-002.jpg

19日の記事でご紹介した屏風は,彫刻家・金沢健一さんの《音のかけら-取り出された542の音たち》という作品の一部です。


20110120-004.jpg

金沢さんの「音のかけら」シリーズは,不定形に溶断された鉄片を叩いて,音を聴く作品です。
こちらの写真は,金沢さん自身が音出しをしているところ。
来館者の皆様にも自由に体験していただける作品なので,一体どんな音がするのか,是非会場でお試しください。


「耳をすまして-美術と音楽の交差点」は,いよいよ明日初日を迎えます。
皆様,どうぞふるってご来館ください!(会期は3月6日までです。)

展覧会担当:sawado01澤渡(さわど)






Last updated  2011年09月15日 10時12分59秒
2011年01月19日
「耳をすまして-美術と音楽の交差点」の展示作業も2日目に入り、いよいよ佳境を迎えています。


2011-01-19-001.jpg

2011-01-19-002.jpg

着々と作品が吊られ、だんだん展覧会場らしくなってきています(が、まだまだ床にいろいろなものが散らばっています)。


さて、本日は二人の作家さんが展示立会に来てくださいました。

2011-01-19-003.jpg

昨日、別の展覧会がオープンしたばかりだという藤本由紀夫さん。
藤本さんの脇に置かれているのは、本展ポスターにものっている《RECORD》(名古屋市美術館蔵)。
LPレコードについているのは、針ではなくて…。
というよりも、そもそも、レコード自体を見たことがない(レコードの針ってなあに?)という若い方も多いかもしれませんね。。。


2011-01-19-004.jpg

こちらは《フーガの技法》(映像作品)の原画や資料類を展示中の石田尚志さん。
石田さんも先週末は名古屋で展示をされていたそうです(皆さんお忙しい!)。


明日も引き続き展示作業が続きます。


(展覧会担当:sawado01澤渡(さわど)






Last updated  2011年09月15日 10時11分24秒
2011年01月18日
茨城県近代美術館のブログを開設いたしました!まずは,企画展「耳をすまして-美術と音楽の交差点」をご案内します。

20110118-001.jpg


茨城県近代美術館では,1月22日(土)より,企画展「耳をすまして-美術と音楽の交差点」を開催いたします。当ブログでは,展覧会の準備や舞台裏,イベント情報などをお伝えしていく予定です。

早速ですが,本日,展示作業が始まりましたので,写真とともにご紹介したいと思います。

本展は,第1部「音楽にあこがれる美術」と第2部「音と交差する美術」に分かれていますが,本日は第1部を中心に作業を行いました。


20110118-002.jpg

美術品専用トラックから,全国の美術館などから借用してきた作品を美術館に搬入しているところです。


20110118-003.jpg

ごく普通の椅子です。でも作品の一部です(展示室で,皆様にお座りいただきます)。


20110118-004.jpg

作品の梱包を解いているところです。
箱の中には,作品を輸送の衝撃から守るための緩衝材が入っています。


20110118-006.jpg

これは何でしょう?





答え:屏風です。でも普通の屏風とはちょっと違います(どう違うかは,展示室で実際にお確かめ下さい!)。


20110118-007.jpg

今回は,エントランスロビーにも作品を展示します。
今日は出品作家で作曲家でもある藤枝守さんが来館,先週すでに展示をした《宙づりのモノコード》の微調整を行いました。
※藤枝さんのミュージアムコンサートの情報はこちら


展示作業はまだまだ始まったばかりです。
明日と明後日は,第2部「音と交差する美術」を中心に,出品作家の立会のもと展示作業を行います。
明日以降,その模様もお伝えしたいと思います。


(展覧会担当:sawado01澤渡(さわど)






Last updated  2011年09月15日 10時10分22秒
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.