000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

茨城県近代美術館 The museum of modern art, IBARAKI

全3件 (3件中 1-3件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 「ふるさとを描く」展 | 「ふるさとを描く」展イベント | 「耳をすまして」展 | 「耳をすまして」展イベント | 所蔵作品 | その他 | 所蔵作品展 | 「輝く女たち」展 | 輝く女たち | ウルトラマン展 | 「輝く女たち」展イベント | アートフォーラム | 教育・普及 | 拡大版 ようこそ美術の森へ | 小川芋銭展 | 「ストラスブール美術館展」 | 「ストラスブール美術館展」イベント | 「須田国太郎展」 | 「堀井英男」展 | 鮭日記 | 「ワカラナイ」ノススメ | 熊田千佳慕展 | 所蔵作品検索システム | 「聖なるものへ」展 | 研修生もブログに参加! | 天心展 | 天心展&所蔵作品展 | 「フランス万華鏡」 | 中原淳一展 | H26「美術の冒険」 | 県芸術祭 | ワカラナイノススメ2 | H26 作家とアトリエ展 | 所蔵品展「命のぬくもり」「輝け!男たち」 | H26笑う美術 | ある日の風景 | ベン・シャーン展 | やなせたかしの世界展 | 6つの個展 2015 | 企画展「幸せはどこにある?」 | 第9回現代茨城作家美術展覧会 | あした天気になーぁれ♪ | エッシャーの世界 | H28乙女デザイン | H28県芸術祭 | H28総合造形展 | H28東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 | 移動美術館 | ミュージアムキャラクターアワード2017

「輝く女たち」展

2011年07月31日
XML
カテゴリ:「輝く女たち」展

「輝く女たち ―その強さ、儚さ、複雑さ」展がはじまりました…!

7月27日から29日までの3日間は作品展示作業、29日の午後には記者内覧会を行いました。

今回は特別なレッドルーム(どんな部屋かは見てのお楽しみ♪)の造作や地震対策のため彫刻作品の下に敷く免震シートの設置など、普段はしていないような新しい試みもあり、

また何より担当学芸員の私にとっては初の企画展であったせいで、展示作業はスムーズとは言えなかったかもしれませんが(^^;)なんとかオープンにこぎつけることができました。


初日の上杉満代さんによるトークとダンスパフォーマンスのイベントも盛況でした。ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。


まずは、出品作品のひとつ佐藤忠良さんの彫刻「裸」の前で、佐藤氏とその弟子笹戸千津子さんのモデルをつとめた経験談を語っていただき、作家とモデルとの関係、ご自身の踊りとモデルの仕事とのかかわり、男性の表現者と女性の表現者との違いなどについてお話ししてくださいました。

その後、エントランスホールで、佐藤氏へ捧げる踊りをご披露いただきました。

優雅な赤いドレスで、アダージョやワルツの調べにのせて、緊張感とあらゆる感情のニュアンスが込められた動き。

観客の中には、涙を浮かべていた方もいらっしゃったようです。

オープニングイベントも無事終了し、担当者としては震災をのりこえて展覧会がスタートしたことに感無量という感じです。

ぜひ、「輝く女たち」へ出会いに、ご来場いただければ嬉しいです。

 

nagamatsu01

展覧会担当 永松

 







Last updated  2011年10月19日 13時51分49秒
2011年07月18日
カテゴリ:「輝く女たち」展

本日、7月18日(月)まで開催の「第42回 日展茨城展」と「所蔵名品展」にご来場くださった皆さま、ありがとうございました。 

おかげさまで、盛況のうちに幕を閉じることができました。 

 

さて、7月30日(土)からは、次回企画展 

輝く女たち — その強さ、儚さ、複雑さ」がはじまります!

また、常設展示室では、「日本の近代美術と茨城の作家たち2」と毎年おなじみとなり人気のある「木村武山 彩色杉戸絵」を開催します。 

いずれの展覧会も文化財害虫を駆除するために開始が1週間遅れとなってしまいましたが,安心してご来館いただくためにも,大切なことですので,ご理解をお願いいたします。

 

「輝く女たち」展の初日は、

彫刻家・佐藤忠良さんのモデルをつとめた経験のある熟練のダンサー

上杉満代さんによるパフォーマンス&トークのイベントがあります。 

 

午後4時~:トーク(2階企画展示室、要企画展チケット)、

午後5時~:パフォーマンス(1階屋外テラス、無料)。

 

~~~彫刻家のモデルをつとめるとはどんなことか、

~~~女性として表現活動をすることの魅力とは何か、

素敵なお話がうかがえると思います。

東日本大震災の後に逝去された佐藤忠良さんへの

オマージュにもレクイエムにもなるソロダンスも、必見ですね。

どうぞお見逃しなく。

 

展覧会担当の私も、暑さに負けず頑張りたいと思います!!

企画課 nagamatsu01永松

 







Last updated  2011年08月16日 15時20分12秒
2011年06月12日
カテゴリ:「輝く女たち」展
本日は「ふるさとを描く―いばらき美術風土記」の最終日。
同時に1階展示室の新収蔵作品の展示も本日までとなりました。

昨年度3点の作品をご寄贈くださいました作家の笹井史恵さんがご来館。
作品は茨城の大子漆を使った「華実」「さかな」「さかな」の3点です。

いずれも漆の赤が鮮やかな、不思議な形の作品です。
おおきな「さかな」は茨城のあんこうを思わせます。

笹井さん

2点あるうちの大きな「さかな」が中央の作品。
右は同題の小さい「さかな」です。

二人の女性のうち、向かって右の方が笹井史恵先生。
左は2009年、つくば美術館で笹井さんと田嶋悦子さんの2人展を担当した外舘和子さん。
元つくば美術館学芸員です。

笹井さんは京都にお住まい。
京都市立芸術大学で教えていらっしゃいます。

本日は遠いところありがとうございました。

企画課:井野






Last updated  2011年08月16日 15時39分06秒

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.