四国遍路 ゆるり紀行

プロフィール


桃 ぶどう

コメント新着

雪桃7216@ Re:乗鞍岳で美味しい珈琲 2021(08/10) コメントをありがとうございました 姉は…
モモの親方@ Re:乗鞍岳で美味しい珈琲 2021(08/10) 朝夕、涼しくなって夏も終わりかぁ・・・…
門前の小僧@ Re[2]:乗鞍岳で美味しい珈琲 2021(08/10) 桃 ぶどうさんへ  >籠り生活、お家で何…
桃 ぶどう@ Re[1]:乗鞍岳で美味しい珈琲 2021(08/10) 門前の小僧さん,コメントをありがとうご…
門前の小僧@ Re:乗鞍岳で美味しい珈琲 2021(08/10) 残暑お見舞い申し上げます。 へぇ~~~…

カレンダー

お気に入りブログ

この秋初めてのエナガ New! 春の小川7768さん

お彼岸も過ぎてダリ… New! 雪桃7216さん

ヒガンバナ 紅白共演 すずめのじゅんじゅんさん

秋です! 萩です! … お散歩うさぎさんさん

不思議の国・四国歩… 柊(ひいらぎ)さん
ウォーキング時々へ… 湖山町民さん
お遍路どうでしょう… うまぬしぃさん

カテゴリ

バックナンバー

・September , 2021
August , 2021
July , 2021
・June , 2021
・May , 2021
March 27, 2021
XML
カテゴリ:さんぽ道
​​​桜、満開。暖かい日は外へ出たくなりますよねぇ~上手に春を感じたいですね。

自粛中は毎週の様に、近場の低い山を歩いていました。

2月半ば、陽が長くなって登りは汗ばむようになっていました。
その時の話です。


R3年 2月14日   晴れのち曇り ​

猿投山 ​​​​​​​​​​​​​​​​629m   歩行時間 6時間 水平移動距離 11km


~トロミル水車~

猿投山は愛知県東部、豊田市と瀬戸市にまたがる標高629mの山です。

幾つもあるルートの中で一番スタンダードな猿投神社のある南側の登山道を登る事にしました。

三河地方では人気のある山、案の定、登山口の50台停まる駐車場は満車。

麓の第1Pも満車((+_+)) 棒の手ふれあい広場に停めて、野球場の裏手から東昌寺の横を抜けて、登山口駐車場に通じる近道を使いました。
  


駐車場でトイレをすます。途中に一つあるのですが、是非!ここで済ますことを勧めます。

舗装された歩きやすい林道を10分ほど行くと、珍しい形の赤い水車がありました。

土を粉にして瀬戸物の粘土や陶土を作るものでトロミル水車と言うそうです。

さらに10分ほどで御杉門。

登山道は左手、林道は右に迂回していずれこの先で登山道と交差します。

この辺りまで林道に路肩駐車している車があって、驚きました。本日も沢山の人が訪れています。


~東海自然歩道~

ここからは東海自然歩道、階段と土坂が繰り返された道で林の中をひたすら登り続けます。

道幅が2~3mと広いので、行き来する人の肩が触れることも無く、老若男女が気軽に登っていきます。

東屋で(340m)一休みして、ほどなく武田分岐、ここにもベンチがあります。

右手の東海自然歩道を登る事にしました。

すぐの所に展望のいい<大岩>があるので是非立ち寄りを。

丸太に腰かけてお弁当をひろげたり、珈琲を淹れてくつろいでいる人もます。いいなぁ。



~奥の院・東宮~

舗装林道を横断、ここに唯一のトイレががありますが、循環型排水のため詰まってしまいひどい事になっていました。(504m)

♪言葉に~出来な~い ♪ららら・・・


県の担当者様、シーズン中や週末は見回りおねがいしますm(__)m

30分ほど登ると道はまた合流、ほどなく猿投神社奥の院・東宮(632m)です。



印象的な<カエル岩>を過ぎれば頂上はあと少しです。

それにしても・・・誰が岩に赤い目を書いたんでしょうねぇ(∩´∀`)∩

アップダウンを繰り返して30分程歩くと、何やらみんなが集まっています。


~カエル岩~ 

頂上です。

東から北に視界が開け天気が良ければ白山や御嶽山が見えるのですが、今ひとつの眺めです。

狭い頂上は込み合っていて、空いたベンチを捜してお昼にしました。

頂上手前にはベンチを段々に並べた休憩所もあるので、眺望はないけれどこちらもお勧めです。



~猿投山頂上~

掲示板の裏には時計、温度計、人名と登頂回数を書いた表があって、地元登山者の想いが伝わってきます。



帰りは歩いてこなかった道を下ります。ほとんどの人は来た道を下るので、こちらの道は空いています。



自然観察分岐を右手へ、自然観察路を歩きます。

10分程で<御船岩>ここからの眺望もお勧めですよ。



~御船岩~

林の中ばかりで見晴らしがきくのは<大岩><頂上><御船岩>の3ヶ所だけでしたね~



~自然観察路・武田道はこんな感じ~

更に下ると宮内庁管理の皇太子・おおうすの陵墓、急な石段を下ると奥の院・西宮。

東宮に比べて規模が小さく、こちらの道を歩く人も少ないので、ひっそりとした境内です。


~猿投神社奥の院・西宮~

石段を降りると西宮の鳥居がある林道出合、この舗装された林道を左に行くと、唯一のあのトイレに通じます。

私たちは戻らずに鉄階段を登って自然観察路の登山道に入っていきます。


~奥の院西宮鳥居~

道なりに行くと登りで通った東海自然歩道に合流して武田道分岐に戻ります。

ここでもやっぱり歩いていない武田道を歩く事にしました。

こちらを選ぶ人は更にいません。

静かな山歩きを楽しめますが、歩いても歩いてもアップダウンの尾根道が続き、山を下っている感じがありません。


眺望も無く、分岐が沢山あってそのたびにどちらか迷います。

どの小道を選んでも合流するので迷うことはないけれど、武田道は標識が少なくて登りの東海自然歩道とは雰囲気が違います。

時折吹いてくる南風が気持ちをほぐしてくれるようです。



45分ほどで城ケ峰にきました。

地図上ではトロミル水車の位置まで下ってきているはずなんだけど、こっちは標高が高くて人の気配を感じません。

​​​​​

ところが、この後は一気に下り坂。

短いながらもはしごや鎖のある場所もあり、「一体どぅなってるのぉぉ~?」と思って下ったら、スタート地点の林道にポ~ンと出れました。


出てビックリです。

スタートした時は、ここに道があるなんて全く気が付きませんでしたねぇ。

後半はなかなかの登山道でした ((+_+)) 低山を甘く見てはいけませんね。



あんなに沢山あった車のほとんどがもぅ帰った後でした。​​​​​​​​​​​​​​​今日もまた、です。






最終更新日  March 27, 2021 05:02:25 PM
コメント(8) | コメントを書く
[さんぽ道] カテゴリの最新記事


PR

X

© Rakuten Group, Inc.