1320379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もっぷ道-season13-わがままなおしゃべり

PR

X

全3533件 (3533件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

December 8, 2021
XML
カテゴリ:舅の死後のこと
翌日 いつものように義実家に行くと ご主人様から病院に行くことを聞いた

姑は機嫌が悪い雫

昨日は歩いて疲れたね と言っても難しい顔をして俯きしゃべらないNG

何を言っても前日の機嫌の良い時とは全く違うので 早々に帰る



翌土曜日 ご主人様が仕事でお昼の様子をみながら入院準備で訪ねる歩く人

ご主人様は入院の事は言っていないという

だけど 私が荷造りをしているし 感じるものがあるのだろう

何か直接聞かれたら説得するつもりだったが 何も言わないから私からも言え

ない

姑はずっとふて寝状態



             にほんブログ村 主婦日記ブログへ


日曜日 8時半まで病院着のところ 雪模様なので早めに義実家に行くと 早

朝から来ていたご主人様によって姑は全部着替えて準備が出来ていたびっくり

私には不機嫌だったが ご主人様の前ではそんな素振りはない雫




病院では8時半から姑のコロナ抗原検査と 入院についての説明と契約

それが済んだところで院長先生がやってきて姑に入院しようかと声を掛ける

姑は頭を横に振るショック 

病名をあげ 少し入院して 二週間入院してみて直そう と言い方を変えなが

ら 姑の肩を抱き声を掛けるが 嫌だ

もう人の世話になってもいい年だと 様々な言い方をしてもダメしょんぼり

仕方なくこちらを向いて ディサービスでも利用しながら在宅に・・・という

が これも私たちは同意出来ないNG

かなり先生は頑張ってくれたが 先生も診察があるので 同意を得られたら入

 とスタッフに伝えて出て行ったダッシュ

スタッフの方が言っても 手で×を作り 頭を横に振る

病棟を見たら安心するかも・・・と 車椅子で見学に行ったが 看護師さんが

声を掛けてもイヤだ

あまりに嫌がるので 間にいた私を越してご主人様が姑に歩み寄り 涙ながら

に ばぁ 春になったら野菜を作るんだろ 病気を治さないと出来ないよ 1

00まで生きるんだからココで治そう とビックリな声掛けショック

私 引くんですけど・・・雫

でも 何を言っても姑はうんと言わない

治す ことは分かった と言うが これが入院となると 嫌だ と

私も 声を荒げながら 様々な事を言うがダメで 私の声掛けにご主人様が 

あっ 今 いい方向に気持ちがいってたのに というようなリアクションを

するので 私はやめた



面談は 会議室で行われ 前回も今回も院長先生は聴診器も血圧も測らないNG

受診と言えば 聴診器と血圧と思っている姑は 途中 先生が入院しろと言っ

ていない と言い始める雫

最初に 先生が横に来て声を掛けたのに認識していないショック

この会議室は10時から他の用事が入ってる事は 最初にスタッフ間の話で耳

にしていた

10時になっても姑は了承しないNG

認知なのだから正常な判断は出来ない

保育園でも 泣いても突き放して子供を預けてしまえば子供はケロッと遊んで

しまうもの

だから このまま入院出来ないか とお願いしたが 本人の了承を得るのが原

則なので そこは家族が説得してくれないと・・・と言う



ぴょん吉 大のお墓傍のバラ
こんなに寒くなってきたのに まだ綺麗に咲いている






Last updated  December 8, 2021 05:16:17 PM
コメント(0) | コメントを書く


December 6, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
姑が転んでコタツから出る事が無く ご主人様がご飯を届け始めて三週間


一週目は 入院が出来るかもしれないと頑張ったが 受診後入院できず 失意

で帰って でも ココでやる気の糸が切れたらダメだと自分に発破を掛け 義

実家に通った車 

雨の中もカッパを着て通ったが やっぱり疲れ 天気の悪い時は無理をしない

よう  出来る範囲でと気持ちを切り替えたり・・・しょんぼり

でも やっぱり行かないと朝夕のご主人様だけでは掃除まで手が回らず 数日

行かないと姑の周りは食べかすや 姑が様々な物を散らかしたりしているショック


 
最初の頃 朝5時に義実家に向かっていたご主人様は だんだん早くなり私が4

時に起きるとしばらくして起きて4時半頃家を出始めるようになったダッシュ

姑が濡らしてるものを替えて洗濯したりおむつを替えたり

静かに家を出てくれる分には良いのだが 我が家は広い一軒家ではなく狭いア

パート家

私は音をたてないように気を付けて料理をしているのに ご主人様は 姑に持

っていくオニギリを何度もレンジに入れる

我が家はダイヤル式の電子レンジ

セッカチなご主人様は丁寧に回さないから思った時間にならず 数十秒を何度

も何度もチンするムカッ

すると隣の部屋で寝ている娘が物音で起きる

更に 明るい台所からの出入りを戸を閉めないで行き来するから眩しいひらめき

娘も寝不足になり いつまでこんな生活をするんだろう と思っていた



               にほんブログ村 主婦日記ブログへ


先週 木曜日の朝 受診していた病院から空きが出たと電話が来た電話

入院 どうしますか? と聞かれ 即答は出来ず相談して返事をする事に


一応ご主人様に確認したかったが それに加えて ケアマネさんと面談をした際

今後の方向性を決めるにあたって 今回入院を希望した精神科の病院を退院した

後に 受け入れに難色を示す施設もあると聞いたから耳

入院は一時的な選択で その後は介護施設になるのだから選択肢が減るのは困る雫

ご主人様は 希望は入院だから入院させたい だけど続きは帰ってから と言

うのでこの日の返答は翌日に


ケアマネさんとの面談で ご主人様は金銭的なものを心配してたらしく 私も

そこは医療保険での入院のつもりだったので病院には確認していた

こちらの希望どおり医療保険で入院出来るとのことで 限度額の医療証を発行

して貰えばさらに負担が減る事が分かり ご主人様の了解も得て 翌日入院す

ることを病院に伝えた電話

入院はご主人様の都合で日曜日

それまでにする事は沢山ある




義実家に着くと なにやら良い匂いがして驚いた

何故だろうと 居間に入ると 姑はコタツで寝ていたのだが 石油ストーブに

は煮物を入れた鍋目

姑を起こして聞くと 姑が自分で作ったというショック

台所に行くと 流しに野菜や糸こんにゃくが散乱しガス台は点火しなかったラ

ンプが点いてたひらめき

そして あちこちに水たまり雫

ずっと歩けないと言われていた姑なので半信半疑

でも 姑に聞くと歩けると言う

鍋を ストーブに掛けっぱなしでは焦げると思い火力の弱い位置に移動すると 

そこでは煮えないと文句を言う雫



私は 入院の為に姑の衣類を整理して洗濯を始めた

その間 姑は何か騒いでいたが 放っておき 洗濯を終えてから顔を出すと 

ストーブの上の鍋が 姑の寝ている顔の横に移動していたショック

やっぱり 姑が自分でやった事らしい・・・雫

危険なので 水を足した鍋を戻し 中身から昼食分を皿に取り分けて帰ってき

たのだが 朝 まだ道路が凍っている頃 近所に漬物を配って歩いたらしい雫

そして 午後はまた畑に行っていたという







Last updated  December 6, 2021 05:01:49 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 3, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
入院を期待して精神科のある病院を受診し病院 順番待ちとして帰宅することに

なったのが11月20日

独居だし在宅で大変なことは一目瞭然

病院からは在宅介護に向けて早急に整備を進めるように 地域包括支援センタ

ーにすぐ連絡をするように と言われたが うちの市は休みだと思う と伝え

ても そんな事は無いと言われてしまい・・・

帰宅後電話をすると 当番の方への緊急連絡になり こちらの事は申し送られ

ていたので一通り病院での結果を伝えた

週明け 月曜日 休日に携帯を取った方から担当の支援員さんに報告があり 

在宅になってしまったので早速ケアマネの選定から動いて下さった



お昼前には受け持ってくれても良いという 認知に慣れた方という私の希望の

方をご紹介下さり たぶん平日は休まないというご主人様の事を聞いていたの

だろう 翌日の23日に会って契約をする事になった


              にほんブログ村 主婦日記ブログへ



23日の祝日 本当なら休みのはずのケアマネさんは休日出勤し 居宅支援事業

所としての契約の説明をしてくれた

この時も 困難事例と何度か言われて 私たちは アレが姑の普通の姿だから

違和感なく付き合っているが 認知でも 老化でも 他所の方はもっと物分か

りが良いんだろうなぁ・・・と改めて思う

これまでも 誰か姑に意見して説得出来る人はいないか聞かれ 私はいないな

ぁ・・・と答えていたが この時 ご主人様は私の前で初めて義姉妹が11月

初めに来て 話をしたが駄目だったと説明した

二泊三日だったらしいが 部屋が片付いた様子もなく 遺影を探したのか そ

の日以来写真が散らばっている目

三日間一緒にいて彼女らも臭いと思うが お風呂に入れと言う割にお風呂を掃

除した形跡も 彼女たちが入った形跡もないNG

言うだけなら誰でも出来るし入れたいなら準備をしてみせなきゃぷー




そんな話を聞き ケアマネさんはご主人様が同席して姑に顔合わせをし ヘル

パーが入るにしても 唯一おむつ交換の出来るご主人様がいる時にヘルパーを

同席して姑に安心感を持たせてサービスを開始したいという

が ご主人様は基本休まない雫

ケアマネさんの姑への紹介は土曜出勤して下さり契約の数日後27日に

この日は姑はすこぶる機嫌が良く 自分の実家近くのケアマネさんを受け入れ

たようだった

29日 お昼に私が姑の所にいると ケアマネさんはやって来て(平日ひとりで

姑に会いに来るというのは予定の行動) ケアマネさんの事もちゃんと覚えてお

り 拒否反応も無かったOK

が ここからが ヘルパーさんの利用を開始したくとも姑の反発を緩和するた

めご主人様の休みを待つしかないしょんぼり

なんとも進まない介護保険

追伸 介護保険は申請から丁度一か月のタイミングで交付された

介護度1

でも申請の頃から状態が違うので今後タイミングを見て変更申請をする予定



懐かしい これは春の山
同じような雪景色だけど やっぱり春と冬は違うなぁ






Last updated  December 3, 2021 05:04:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 1, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
​姑の精神科への受診病院

子供たちは 何に乗せていくのか戦々恐々どくろどくろどくろ

あの汚い姑を 枝豆や黒豆に乗せて欲しくない

前日に どうするのか 何時ころ出るつもりなのか 聞いてもご主人様は無言



              にほんブログ村 主婦日記ブログへ



当日 改めて聞くと 軽トラになんとか乗らないだろうか と言う

独りで行くつもりだったのかもしれないが 本家の奥さんが私にも行くように

頼めと勧めたらしい  後から奥さんに聞いた

頼まれもしていないが 娘と二人後から義実家に追いかけた車

すると 姑はコタツに手を掛け立っている目

オシメを交換したばかりだと言う

受診をする事も理解しており 嫌がったりは無いNG

服を着替えないのかと言うと 替えたばかりだから大丈夫と ご主人様はズボ

ンは替えたらしいが 服が元凶のような気がする雫



寝たきりで どうにもならなかったらシーツでグルグルに巻いて運ぼうかと思

ったが 横から支えながら段差も坂道も移動できるOK

軽トラに乗せてシートベルトをしても体勢が崩れる事無く 30分近い道のり

も平気だったOK

  

病院に着いて 車いすを借りて 乗せて 受付へダッシュ

その前にコロナの問診があり 2週間以内に県外の方との接触があったかどう

 何も考えずに あるよね と言うと ビックリしたご主人様びっくり

責めるとか そんな思いはなく 自然に言ってしまったのだが 義姉妹が来た

のは11月4日だったらしく 二週間経っているから問題はなかった

つい口を突いて出たのよねぇ・・雫驚いたご主人様が面白かった




相談員さんに 前もって話を通しているから 私はほとんど入院出来るモノだ

と思っていた

忖度をして貰おうなんて思っておらず ただ単純に相談に乗って貰ったつもり

だったが 父の施設の相談員さんは こちらの利用者さんの娘さんのお姑さん

ですからね 

あっ そうだ ココは私立だから父はお客様なんだ だったら普通の人より優

先されるって事かな!?

前日に来た包括支援センターの方も 既に相談員さんを通して話をしていると

告げると スゴイです!! と 受診してみないと分からないと言いつつも 半

ば決定の雰囲気

だけど・・・

事前に病院の相談員さんに話を通しているのに それらしい人は現れず 普通

に順番通りに呼ばれ 看護師さんの問診を受け CTで脳の検査

その後 別室で認知の検査  その度に少し窓を開けられる雫

当日の姑はすこぶる調子が良く 何を聞かれても問題なく返答できる雫

それらの結果をもとに 通されていた部屋に院長先生がやって来て

お婆ちゃん もう少し頑張れるよね  と一言  ショック

脳のCTや認知の検査で 認知はあるが中程度とのこと

病院では入院を待つ人が他にもいるのですぐ入院は出来ないという

すぐさま院長先生は出ていき 代わりの看護師さんが入院の説明と 改めて問

診をし 順番が来たら連絡をするから帰宅・・・となったショック

受診まで と思って頑張ってきたが あ~ぁしょんぼり である

病院では 在宅に向けての整備を早々に進めてくれ と

こちらは包括支援センターにも行ったし 介護保険もなかなか結果が出ない

これ以上 何をしたら良いのか・・・しょんぼり

そんな私たちの気持ちも知らず 姑は 入院って言われなくて良かったスマイル

何故か姑は受診になると元気になるしょんぼり









Last updated  December 1, 2021 04:41:56 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 29, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
10月に姑のトラブルが発覚し 介護サービスを頑なに拒否をしているが も

うこのままにはしておけないと 最終週に動き 使える手はとことん利用した

つもり

その中に 関係機関が協力しあいサポートする地域包括支援センターというも

のがある

役所に勧められてコチラにも相談に行った歩く人

すると まずは本人に会いたいと 訪ねてみたいと言ってくれた

その時に 家族の同席は無くても良いというし もし留守でも何度でも訪ねて

くれるという事だった

早いサービスを望んでいたし 要支援ならケアマネもココになる

なのに 訪ねたら連絡をくれる予定が いくら待っても来ない雫

待って 待って やっと来た連絡が二週間後の金曜日で その日 姑を訪ねた

が 居間でテレビを見ていた姑は手を追い払う様に振って相手にしなかったと

いうショック

これで姑は困難事例のレッテルを貼られたどくろ

汚くお風呂を拒絶するという事も困難事例の理由だと思うが・・・



           にほんブログ村 主婦日記ブログへ



姑を訪ねたが相手にされず センターでは家族の同席を希望した

一旦保留し ご主人様に伝えたが 相手にしなかったってか と言ったままそ

の後は無く 私としては早めに進めたいから 雨でもなんとか行くので午後の

早めまでの時間ならいつでも同席可能と伝えた電話

すると あちらは今度は二人で来ると言い その日は翌週の金曜日

なかなか進まない雫

この間 便まみれになり 紹介状のゴタゴタがあり 翌日に受診を控えての金

曜日 包括支援センターの方がやってきた歩く人

この日の姑は認知がひどく 頭をすっぽりコタツに入れたカメ状態目

私がいるので入って貰って 訪ねてきた方を説明するが 少しの受け答えをす

る程度

オシメは濡れて布団を濡らしているが本人は気にならない

センターの方々が一緒に替えようかと提案してくれたが いきなりで 今後の

サービスへの影響を考えて辞退したNG

私的には 姑は何を言っても拒否なので こんなもんだと思うが 世間的には

これはヒドイって評価になる

転んでから起き上がらないという事で 骨折を疑い もし骨折をしていたらヘ

ルパーは怖がってしまうから翌日の受診の結果を待とう という事になった

介護保険の申請から4週間近く経っていたが まだ連絡はなく でも 内部で

は要支援ではなく介護度が付く予定だとのこと

入院希望で翌日に受診をするが 在宅になった際のケアマネをどうするか だ

いたいの方向性も決めた

姑には 翌日の受診の事は説明しており あとは 寝たきりの姑をどうやって

連れていくか・・・と 頭を悩ませていた   10日前のこと







Last updated  November 29, 2021 05:11:04 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 26, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
先週は16日から19日まで毎日義実家に通い自転車 今週は22日月曜日に行った

きり ずっと雨マーク雨

今日が雪も付いていたので 昨日 雨の中 それも大雨注意報の中 雪より

はマシかと思って合羽を着込んでバイクを走らせたダッシュ

凄い雨・・・雨

家の中にいると気のせいか小降りになり また帰る時に土砂降りショック

そして今日 雪が降るらしいが 午前中から晴れ間もあるし 雨の降らない時

間帯もあった晴れ

私は 昨日雨の中 グッと歯を食いしばってたので 疲れてしまって自宅療養雫

なんか 私って雨女になった!?



            にほんブログ村 主婦日記ブログへ


便まみれ そんな手で平気で食べ物を持っている姑を見て このままではマズ

と思っていると 丁度父の施設から電話があり電話 父の施設の相談員さんに

相談してみた

父の施設は特養で 介護度が3以上ないと入居の順番にも入れないNG

だから入居は無理だが施設の運営をしているのは精神科の病院病院

冬季間だけ越冬を目的に入院する人もいるのでこの時期は難しいが 認知で困

っているからなんとか入院出来ないか? と

すると 病院の相談員さんに話をしても良いと言ってくれたOK

ご主人様に相談して 入所が無理なら入院の方向で進めてみようと思った




なのに 帰宅したご主人様は 明日休みを取ったから姑を病院連れていく・・

と言う

何故急に・・・と思ったら 日曜日に転んでから歩けなくなったんだ と

でも 日曜日 転んだ後 隣の本家に行ったというし この火曜日 本家の奥

さんが夕方訪ねたら座ったままで移動したらしく玄関前に座っていたそう

私が行った際も 身体を痛がる様子も無く これまでと同じ認知から来た無気

力で寝ているのだと思った

後から分かった事だが 姑が転んだ時 ご主人様が傍にいて背負って自宅に連

れ帰ったらしい

(舅の時もあったが サンダルで畑なんて歩くからムカッ・・それも壊れていた)




私は精神科の病院の件は言えなくなり でも 総合病院に行くなら掛かり付け

医の紹介状が必要だからすぐは無理だろうと伝えた

でも ご主人様は行く気満々

翌朝も本家の奥さんに相談し 掛かり付け医が8時半からなのに 8時には家

を出てダッシュ20分には電話をして来て 自分は義実家に行って準備をするからク

リニックに電話して紹介状を書いて貰ってくれ と言う

えっ 電話ではいくら何でも失礼でしょ・・・ショック

と バイクを走らせてクリニックに行き 受付に申し出た自転車

すると 奥からドクターの奥さんがやって来て どういう事か聞いてくる

転んで寝たきりになってしまったので総合病院の受診がしたいと説明すると 

寝たきりで検査なんて出来ないでしょう と言う

私たち二人いるので手伝います と言うとドクターに相談しに行く

戻ると 近くの総合病院は受け付けないから紹介状は書けないNGと言う

多分 認知症だから受け付けないって事なんだろう

紹介状を書くなら 何処にも行き先が無い人を受け入れる高い病院病院

それなら認知の治療目的に もともと受診を考えていた病院ではどうかと聞く

と そこなら書ける という事になり でもすぐには無理で 明日まで それ

もあさイチでもない時間なら と言われた雫



この事をご主人様に報告すると 彼は既に紙おむつを交換し玄関までやっとの

事で移動して来ているというびっくり

そもそも転んで動けなくなったのに なんで誰も(元看護師の隣の奥さん)救急

車で行けとは言わないんだ と怒るぷー

奥さんも 出来る範囲で足を動かしたが 痛さを訴えないNG

認知もあるから判断が難しい と後から言っていた

何より主治医が紹介状を今日書けないというのだから どっちにしても無理NG

でも ご主人様は 昔舅が紹介状が無くても行ったとか 叔父が救急で行って

看取って貰ったとか 納得しない

今は何処に行っても紹介状が無いと経緯が分からないからダメなんだと いく

ら言っても納得はせず雫

ココで 父の施設の設置母体の病院を提案し 父の施設の相談員さんに連絡を

取り 病院の相談員さんに入院希望と話しておいて貰うことにした

でもやっぱり紹介状が無いとこの日の受診は無理で 翌日は休診日

更に 入院となると院長のいる日になるそうで 受診は最短で土曜日

なんとか 朝昼晩義実家に通って頑張るしかない



結局 ご主人様は土曜日も出勤日だった為 更に休まなきゃいけない
今は 大きな病院は紹介状が無いと駄目だという事を知らないし 自分だけ
で決めないで欲しい
紹介状を貰いに行き急に先に義実家に行ったのは 総合病院は11時までの
受付だから早めに行かないと と本家の奥さんに言われたからだったらしい
が 8時半なら余裕
こういう時にセッカチが出るのよねぇ
どんどん姑に似てきた






Last updated  November 26, 2021 05:14:54 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 24, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
​10月に始まった姑の認知問題

11月になり 義姉妹が来ていたら会いたくないな と思い 雨も降ったりで

二週間行くことを控えていた

すると 先週の月曜日 15日 ご主人様の行動が明らかに怪しい

連絡も無しに帰宅が遅く20時を過ぎた時計(最近は17時台に帰って来る事もあったのに)

すると翌朝 何も言わずに早朝5時に出掛けた車

1時間程で帰って いつも通り6時半頃には出勤仕事かばん

何も言わない だけど 絶対変


            にほんブログ村 主婦日記ブログへ


娘は バイクで行く事の寒さも知ってるので行く事は無いNGと止めたが 二

週間 義実家に行っていないので姑の様子も気になる

いつもなら火曜市にいくところを逆の方角の義実家に向かった自転車




義姉妹が来ていたら少し家の中が綺麗になったかなぁ・・・と思いつつ 玄関

を一歩入って異変に気付いたひらめき

ものすごい臭いどくろ

なんとも形容できない とにかく臭いの一言ショック

玄関を入って姑のいる居間の扉を開けると そこは物凄かった目

これまでも 姑は食べかすを そのままポイポイ ブドウの皮だったり ミカ

ンの皮だったり ご飯粒だったり を捨てていたが その量も範囲も増えてい

たが そこに便も!!

それまで彼女の定位置の 扉から一番奥になる場所は汚れ果て 彼女は扉近く

のコタツに入って寝ていた眠い..眠い..

これを見たら 息子だったらかなりのショックだっただろう

姑は正常で無い時期のようで 私が入った事も気づかないNG

このまま帰ってしまおうか・・・!?

でも 仕事終わりにご主人様は途方に暮れるだろうな



使い古したタオルを雑巾にしようと何枚か持って来ていた

まずは居間以外の部屋を 掃いて拭き掃除をし その間 洗面所にあった汚れ

を洗濯した

そして 玄関の掃除

その後 意を決し 姑の周りのゴミを集め 便がついた食器はどうしよう?

外水道で洗っても良い

だけど この食器を使えるか と言ったら私は嫌だバツ 

私は使わなけりゃ良いけど 出された人も嫌だろうなぁ・・・と外水道に取り

合えず置いておいた

誰かが寝たきりの姑の為に ペットボトルにストローを付けてくれたが ペッ

トボトルにもストローにも付いているアレ雫

申し訳ないがこのまま袋にポイッ

この部屋にあった汚れ物も洗いたいが 洗うなら姑の服が最優先

姑も移動しないと片付かないから移動するなら姑も綺麗にしないと・・・雫

掃除をしようと思っていたが 手袋は用意していないNG

仕方ないから 洗面器にお湯を入れ 姑の手を入れる

こびり付いて取れないから どうせ汚れてしまっているので素手で!

手を洗ったどくろ

その後 着替えとオムツ交換を提案するが しないムカッ と拒否

汚れていると言っても 替えたばかりだ と言い張る

ホラ見てみろ と服をまくるが そこはしっかり便が付いているしょんぼり

途中 私が来ている事に気付いたのだが 嫌がる姑に着替えを強要する私の事

を ご先祖様に申し訳ない と 私の事は他の人に悪く言った事などないのに 

お前はこんな事を言う と私を罵るぷー

そして そんな事を言うならこうしてやる! と自分で首を絞めるように手を

首にまわすショック

そんなにも嫌なのねぇ・・・雫

自分で首なんて絞める力は無いはずだけど そこまで言われても・・・

臭いはするが 減ったし 食べかすも無くなったので この日は帰ったダッシュ



すると 夕方 隣の本家の奥さんから電話があり電話 気になって顔を出してく

れるようで私が行った事も気づいたらしいひらめき

この時に義姉妹が来ていた事も聞いたし 姑が日曜日に畑で転んで その後 本

家にも自力で歩いて行ったが 転んだ事を気にしたご主人様が月曜日に仕事帰り

に寄り 寝たきりで動かず 便を手に付けていた有様を見て驚き 隣家に駆け込

んだらしい雫

その際も手を洗ったそうで なんと 使い捨ての手袋はあったそうショック

私は無いと思ったから素手だったのに・・・涙ぽろり

そして ご飯を食べていないんじゃないかと本家の奥さんはご飯や豚汁を持っ

て来るとパクパク食べた

先週までは何とか食べていたようだが寝たきりになり ご飯が用意出来ないNG

早朝にご主人様が出かけたのも奥さんに発破を掛けられ 出勤前にお握りを届

けに行ったという事らしい

それを 私は知らず 偶然寄って惨状を目にした

キレイキレイがあったので 洗えば良いかと素手で姑の手を洗ったら 何度洗

っても 途中で寄ったスーパーでアルコール消毒しても 爪の中から臭う涙ぽろり

あまりに臭うから爪の間に香水を付けたほどだった



15日 父の施設に行く途中に紅葉を撮った
が今朝はみぞれが降るし ずっと通っていた姑の所も この天気では行けない
お昼に顔を出さないのは寝たきり以来初めて
気になるけど この雨じゃぁなぁ・・・
明日は少し雨が止むかなぁ・・・






Last updated  November 24, 2021 04:33:50 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 22, 2021
カテゴリ:舅の死後のこと
少し前 義理の姉妹の事をココで愚痴った



先週から私のプライベートはほとんどない事態になったショック

今朝は蓄積した疲れを感じたが義実家に行くダッシュ

理由は置いといて 義姉妹への愚痴をぶちまけたいぷー


            にほんブログ村 主婦日記ブログへ


義姉妹が来ている可能性もあるし なんで私だけ!?って思いもあり 11月は二

週間(雨もあり)行くことを控えた

そして 母の命日の翌日 娘は止めたが16日義実家に行った自転車

そこでトラブルを目の当りにしたが それは今後に回すことにして 

コタツの上に一冊の女性週刊誌があった目

姑は雑誌を読む習慣は無いし 視力的に読めるとも思わない

義姉妹が来た?

そのわりに 家の中は片付いておらず 不思議に思った



すると その後 姑のトラブルで本家の奥さんから電話があり その話の中で

義姉妹が来ていたことを耳にした耳

折角娘さんたち来たのに 全然綺麗じゃないね と

今もご主人様はその事を言わない

これまでも 私に内緒で来ていたのだろうから 今回も言う必要は無いと思っ

たのだろう

姑の頭がハッキリしていた時に聞くと 三つ泊まった そして 付いてきた姪

っ子に一万円をあげたら喜んで帰った と・・・

親が寝たきりになりそうで訪ねてきたら何か持ってこない!?

まぁ 30になって無職の子だから仕方ないんだろうけど 介護でお金がかかる

のにお小遣いを貰って帰った?

うちは今月どんだけ負担している事か・・・さいふ

それを子供時代のように何も思わず貰って帰る娘も娘だと思う



先月トラブルが発覚し 近所の人に汚いと散々言われて この状態に娘さんが

来たらショックだろうと 先月一週間通い詰めて拭き掃除 磨き掃除したし 

洗剤やスポンジなど買い足して なんとか住めるようにしておいた

それが 親が高齢になったら 少し周りを片しても良さそうに思うが タンス

もトラブル時に近所の人が着替えを探し回ったまま 服が散らかっていたり(嫁

は気を使って手を出さなかった)台所の鍋や炊飯器は汚れがこびり付いたまま雫

お風呂もなかなか入れず臭いので 入れてくれたら良いのに 浴槽はゲジゲジ

は消えたが湯垢がこびり付いたまま目

それより 何より 介護は人手が必要で 認知だから見守りも欲しい

三人で来るなら一緒に三人でなくて バラバラで来て見守れる日を増やして欲

しい

三人で来て 何もしなくて もしかしたら親にご飯を作って貰って おしゃべ

りをして 最後の挨拶をして帰った!?

ご主人様は記憶のあるうちに会わせたくて呼んだの?

長女さんはご自身の義両親の介護をしたというし 次女さんは今は介護の仕事

をしているらしいのだから 何をして欲しいか分かるでしょぷー



今回は車が無くて来ているので 駅からはご主人様が送迎をしたらしい

三日お風呂にも入らずにいたとは考えられないから一泊なのかな

だけど 出来る事はあると思う

ケアを受けるように説得もして欲しかった

たまたま姑の頭がスッキリしている頃だったからラッキーよね

そして 私には一言も無い



今月は 13日が拓哉の誕生日で 15日は母の命日
これだけで頭がいっぱいの所に 18日ご主人様がケーキを注文してた
姑のトラブルの真っただ中
すっかり忘れていた結婚記念日
既に黒歴史でもあるので写真も撮らない
画像は過去のもの






Last updated  November 22, 2021 05:18:44 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 15, 2021
今日は母の命日

コロナが落ち着いているので 久しぶりに妹と二人でお墓参り

お墓は 近くに兄が住んでいるとは思えないくらい 落ち葉や供花が飛び散ら

かってて残念だったしょんぼり

お盆は地域で掃除の日が設けられているから少しは手を掛けてくれるけど 命

日も重要じゃないかなぁ・・・雫

やっぱり兄だ とガッカリ・・・


              にほんブログ村 主婦日記ブログへ


父の喪中ハガキを先週投函したポスト

父の兄弟なので 父方は事情を知っているが母方は知らないNG

でも 送る相手は父の古い友人も多く 届いているのは家族かもしれないので 

情報は最小限にした

すると 母方の義理の叔父から兄に即連絡があったらしい携帯電話

喪中のハガキが届いたけど・・・・

兄は 親父なのかと聞かれて いや 連絡が来ていないから大丈夫じゃないか

なぁ・・・と答えたんだけど と兄が電話で言う

こちらは 二人に対して はぁムカッ である

喪中のハガキを亡くなった本人の名前で出す人はいないNG

そして 兄だって伯父が亡くなったことは報告を受けているはず

なんで答えられない!?

父が亡くなって 兄が知らないうちに喪中ハガキだけ出来上がるなんて事 あ

る訳ないぷー

あまりに常識が無さすぎる



花壇のコスモス
今年は松葉ぼたんだけにしようと思って 去年種が出来る前に摘んでいたの
だが 一本だけ芽を出し 風に倒れて枯れてしまうかと思ったが 倒れても
脇芽がどんどん育ち 這っても上を向いて花を咲かせている花
これが一本のコスモスってビックリびっくり






Last updated  November 15, 2021 04:53:31 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 12, 2021
カテゴリ:つぶやき
ご主人様の パソコンの無謀な強制終了により壊れてしまった我が家の古いデ

ィスクトップパソコンパソコン

たまに文書を作成したり ほとんどご主人様のテレビとしての利用だったが 

これからの季節には一番活躍するはずだった

年賀状の宛名を一手に管理していた・・・しょんぼり


            にほんブログ村 主婦日記ブログへ


パソコンにはご丁寧にメーカーへの故障・修理への連絡先が張り付けてあった

でも この手のメーカーへの連絡は時間がかかるわからん

出来ればかけたく無かったが 仕方ないから時間に余裕がある時に掛けた電話

案の定 かなり待たされて担当につながり メーカーにはこちらの情報があるの

で 使っているパソコンも登録されていた

ディスクトップはかなりの年数が経っており 部品も既に無いし受付すらして

貰えない状態NG

では民間のパソコンの修理屋さんに依頼したら治る可能性があるのかと聞くと 

分からないが高額の修理代がかかるとも聞くという

う~~ん・・・しょんぼり

と ここでメーカーがやっているデータの取り出しを提案された

この取り出しなら今ならまだ取り扱い品番になっているという

費用は3万から6万くらいさいふ

必要なのは壊れたパソコンに入ってる年賀状用のアドレス

それでも良いかなぁ・・・と思ったが 今後の事も考えて この取り出しにお

金をかけるなら宛名プリンターを買った方が良いかなぁ とか思ったり


旧モデル エプソン プリンター ハガキプリンター PF-81-2019 年賀状 宛名達人 2019年度版

でも 意外とこの手のプリンターは高い泣き笑い


そして 父の年賀状のアドレスは 元になった甥っ子から送って貰っていたメ

ールが残っていたので何とか復元できそうOK

パソコンは 暇になったら分解してみようかと そのままにしている



パソコンが治る見込みがあるのかどうか!? 状態を説明して聞いたら

電源を入れて表示される オレンジと言うか黄色というか暖色系の光は致命的

で 青と言うか緑と言うか寒色系が正常

電源を入れて この寒色系にならない時点で基盤が壊れている事になるらしいショック

ディスプレーを替えたらなんとかなるかなぁ・・・という微かな希望も砕かれ

たのである







Last updated  November 13, 2021 10:38:43 AM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3533件 (3533件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.