000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ももころの森

2004年11月05日
XML
テーマ:ニュース(97669)
カテゴリ:政治・外交・経済
日本テレビ放送網は5日、大株主である読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長名義の
株(161万株保有・第二位株主)が、実質的に同グループの本社保有だったとして
関東財務局に有価証券報告書の訂正を提出。
日テレは、西武鉄道による大株主の保有比率虚偽記載問題を受けて点検し、
虚偽記載ではない(広報担当者)としている。
これに対して東京証券取引所は同日、有価証券報告書の訂正が上場廃止基準に
抵触する恐れがあるとして日テレの株式を監理ポストに割り当てた。
・Yahoo! ニュース:読売会長名義株を訂正 日テレ株式、監理ポストに
・Yahoo!ファイナンス:9404(日本テレビ放送網)

テレビ局の株が監理ポストとは・・・、前代未聞のニュースに驚きました。
株式マーケットの混乱を避ける為に、あえて金曜日の深夜に発表したようですが
日テレにとって非常に厳しい状態は避けられないと思います。
これにより株価が暴落する可能性もあり、最悪は整理ポストに置かれ上場廃止の
危機もありうるだけに週明けの東証マーケットの混乱は予想できます。
しかしここでもプロ野球問題に引き続き、ナベツネが一枚噛んでいるようですが
日テレは新社屋を汐留に移転してから不運続きのようです。
移転して間もなく、視聴率不正操作問題から始まりプロ野球問題と続き
極めつけは今回の日テレ株問題と移転してから呪われているかのようです。
11月5日時点の日テレ株は、東証1部での終値は\16,010-で終了したようですが
週明けの値動きと続報には目が離せません。
それにしても、東証も内々に指導して訂正させることも出来たはずなのに今回の問題が
このタイミングで浮上するとは、裏で大きな力が動いている気がしてなりません。

← こちらのランキング参加中 !! 面白ブログが満載です !!

日テレジェニック 2004 田辺はるか 井上和香 日テレジェニック2003 山本彩乃 日テレジェニック2003 日テレジェニック2002 小倉優子 (DVD) 日本テレビ「ズームイン朝」でも紹介された逸品!諏訪田斜刃爪切り「ブラック」本革ケース付 ”日テレ『松紳』で大絶賛!特製 ソースかつ丼ソース”ソースかつ丼旨味ソース 335g 日本テレビ『メレンゲの気持ち』で好評!送料無料 プレミアポットプリン 10個セット






最終更新日  2004年11月06日 03時22分34秒
コメント(2) | コメントを書く
[政治・外交・経済] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:日テレ「上場廃止の危機」ナベツネ名義株を訂正(11/05)   TK9115 さん
おはようございます。
 今回のこの件にはいつものような勢いで批判する気にはなれません。非常に深い憂慮を覚えます。日本最大の報道関係者による違法行為と言うだけでなく、我が国の証券市場へも深く信任が問われる異常事態だと思われますので・・・。これは扱い方を間違えると、日本経済の「突然死」ともなりかねません。渡辺氏のようなわかりやすい敵役がいると全ての責任をそこに集中させてしまいがちですが、よくよく吟味していく必要のあるように思います。 (2004年11月06日 05時31分17秒)

Re[1]:日テレ「上場廃止の危機」ナベツネ名義株を訂正(11/05)   Momocoro さん
TK9115さん
-----
おはようございます。
それにしても、大変な事態が起こりましたよね。

> 今回のこの件にはいつものような勢いで批判する気にはなれません。非常に深い憂慮を覚えます。
おっしゃる通り私も全く同じ意見で、今回の件については批判することができず
今後の続報に心許無い思いで、日本経済界を揺るがす事だけに深い憂慮を覚えます。
>日本最大の報道関係者による違法行為と言うだけでなく、我が国の証券市場へも
>深く信任が問われる異常事態だと思われますので・・・。
>これは扱い方を間違えると、日本経済の「突然死」ともなりかねません。
あ~、考えただけでも恐ろしいことです。
海外の株式市場は、特に不正対しては厳しいだけに日本経済にとって危機と
直面する可能性があるだけに不安に思います。
>渡辺氏のようなわかりやすい敵役がいると全ての責任をそこに集中させてしまいがちですが、
>よくよく吟味していく必要のあるように思います。
今回の件は表立って見えない、何者かが裏で動いていると思われるだけに
渡辺氏だけの責任でもなく、解決への糸口が見えにくい非常に困難な状態だと思います。
競合相手である他局は、また叩きまくり問題を悪化させるような気がします。
陥れるのではなく、よく吟味してから報道して欲しいものです・・・。
(2004年11月06日 06時23分09秒)


© Rakuten Group, Inc.