1429988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そんなテルアビブ★イスラエル★

2009年08月08日
XML

時期的に戦争について語りたいのですけど、本日面白い記事を見つけてしまった。

愛犬のためにビジネスシートでパリからイスラエルに飛んだ女性の話し。

大抵の航空会社は、ペットは (小型以外) 貨物扱となり客室に乗ることができない。





日本 ⇔ イスラエル間を飛んでいる主要航空会社のペット対応。

大韓航空:ケージ + ペット = 5キロまでは客室OK。

KLMオランダ航空:ケージ + ペット = 6キロまでは客室OK。

トルコ航空:ケージ + ペット = 6キロまでは客室OK。

アリタリア航空:ケージ+ ペット = 8キロまでは客室OK。

エールフランス航空:ケージ + ペット = 6キロまでは客室OK。

ウズベキスタン航空:サイトがいたって単純で連絡しないとわかりません。

全日空:貨物室預かり (国内国際線とも)

日本航空:貨物室預かり (国内国際線とも)

ブリティッシュ航空:貨物室預かり

エルアル・イスラエル航空:ケージ + ペット = 8キロまでは客室OK。





日系航空会社と英国はやっぱり島国だから動物は全て貨物扱いなのかなしょんぼり??


はぁ~、TSUKI 犬(約7キロ)と日本へ戻るときは貨物扱いとなってしまうだろうな。

私が懸命にダイエットをさせているのは、出来る限り客席に乗せてあげたいからなのよ。

TSUKI犬もイスラエルの生活が好きだって思うけど、万が一のことがあるからね。


El Al gets $32,000 to fly dog business class
Yedioth Ahronoth reporters Published: 08.07.09, 18:07 / Israel Travel

エルアル航空は、32,000ドルで犬をビジネスクラスを飛ばす。





Like any other caring parent, Rivkah wanted to make sure that when she and her baby fly abroad she would be able to calm him down if he becomes anxious or scared during the flight, without interrupting the other passengers.

他の全ての親が思いやるように、リブカも彼女と彼女の赤ちゃんが海外へ行く時、もし飛行中に子供が安心できず、怖がったとしたら、彼女は子供を落ち着かせることができることを確認したかった。

However, unlike other parents, in Rivkah's case the baby was actually her beloved dog, Or, whom she refused to have flown with the cargo, as is usually done with pets.

しかし、リブカは他の両親とは異なったケースで、実はその赤ちゃんは彼女の愛犬でした。そうして彼女は子供(愛犬OR:オール)を一般的にペットが扱われる貨物で空輸するこをを拒否した人です。

Several weeks ago Rivka (60) contacted El Al airline with an unusual request: She wanted to have her boxer fly with her from Paris to Israel business class.

数週間前、リブカ(60歳)はエルアル空港に連絡し変わった要求をしました:彼女は愛犬のボクサーとビジネスクラスでパリからイスラエルへ飛びたいと希望した。

The airline officials were surprised, but decided to try and assist. "We have never encountered such a request before," said one El Al official. "But after the lady explained her special relationship with her dog and expressed her willingness to pay extra in order to fly with him, we agreed."

航空会社当局は驚いたが、援助することに決めました。「私たちはこのような要求はこれまで一度も遭遇したことがありませんでした。」と、1人のエルアル航空関係者が言いました。「しかし、その後、女性が彼女と愛犬の特別な関係を説明し、愛犬と飛行するための追加料金を払う意志を示しました、私たちは同意しました。」

It is estimated that Rivkah paid $32,000 to guarantee that she and Or get the business class all to themselves.

リブカは、彼女と愛犬OR:オールのビジネスクラスシートを確保するために$3,200を支払ったと見積もれます。

※もちろん名前からしてリブカはユダヤ人ですのでお金持ちのフランス系ユダヤ人ね!!
それに無愛想でセキュリティーチェックが煩いエルアル航空にで旅をするのはユダヤ人以外いないでしょう。。。。





In order to allow for the canine's private flight, El Al had to remove several seats to make room for Or's cage. Rivkah also hired a veterinarian to accompany them.

犬をプライベートフライトのために、エルアル航空はORオールのケージのためにいくつかの席を取り除かなければなりませんでした。リブカもまた彼らに同行するために獣医を雇いました。

"I didn't think for a minute to leave Or, my little Orchuk, with the cargo," explained Rivkah. "I've been raising him for eight years and four months in France. I also didn't mind having other passengers sit next to us. All that mattered to me was to have my baby with me during the flight so that I can take care of him."

「私は一分でも愛犬OR:オールと離れることは考えられなかった、私の可愛い:Orchukオールチュゥクがカーゴの中」ろリブカは説明しました。「私は8年4ヵ月彼をフランスで育てていました。また私は他の搭乗客が私たちの横の席に座ることを気にしませんでした。私にとって重要だったことは飛行中に彼と一緒にいるということでした、そうすることで私は彼の世話をできる。」

Rivkah asked not to discuss her payment to El Al, because for "her baby," as she referred to the dog, any price would have been worth it. "He is my child, not a dog. And he deserves the best," she said.

リブカはエルアル航空に彼女の支払いを論議したくないと頼みました、なぜなら、それは「私の赤ちゃん(愛犬)」のためだから、どんな値段もその価値はある。「彼は私の子供で、犬じゃないわ。そうして彼は代々の価値がある」と彼女は言った。





ちなみに、エルアル空港:ヨーロッパ (ケージ込みの総重量)

・~8キロ:1キロごとにエコノミー席の1.5%  
・9~50キロ:片道$150、往復$250
・50キロ以上、一キロ毎:$5

リブカさんのボクサー8年4ヵ月は最低で見積もっても40キロはあるでしょう、

実はエルアルのビジネスクラスのパリ~イスラエル間って馬鹿のように高くない。

最も安いビジネスクラスでこの時期でも往復$700。


まぁ~、犬馬鹿だって言われたらそうだけど、私もお金に余裕があるんだったら

貨物扱いではなく、ケージに入れていても私の隣の席に座らせてあげたいもんね。





写真上のポニョはタヌキに似ていると思うのですけど???

今日、やっとTSUKI犬が私の目の前でポニョ犬と遊んでいた。

ポニョがもう少し大きくなったらいい遊び相手となり、TSUKI犬のダイエットにもなるかな?

TSUKI犬が私にキスをすると、小さいポニョ犬「僕もぉ~」っと顔をして私を見上げます。

だからポニョ犬に顔を近づけると、ぺろぺろと舐めてくれます。

これはやめた方が良いんですよね、キス好きの犬になってしまうから。

ついでにポニョは私の素足の足の指の間も舐めてくれます・・・れれ????


TSUKI犬はちなみに2010年2月までは簡単な手続きで日本へ戻れます。

でも、TSUKI犬にもベングリオン航空でセキュリティーチェックあるのかなぁ~??


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

ペットを飼ってる人にしか分からない、犬馬鹿の話にクリックありがとうございました。

※そのうちイスラエルから日本へ犬を空輸する手続きを紹介しますね。








最終更新日  2014年09月24日 12時23分19秒
コメント(8) | コメントを書く
[国内交通、旅行会社、安全情報] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


Bon-Bon

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

王島将春@ Re:マラウィ Day36:フィリピン兵のPTSD(06/27) 初めまして。福井市在住の王島将春(おう…
10BetJapan@ Re:オンラインカジノとイスラエル(09/25) 初めまして。弊社は10BetJapanというオ…
あおの@ Re:ブラジリアンカット友達募集(02/25) ユダヤ人って、ウンコみたい
通りすがり@ Re:トルコ風呂(ハマム)とイラン人(08/28) イラン人の話なのに何故「イスラムアラブ…
名無し@ Re:日本人はもてる?(03/31) こんな恥晒しな記事を初めて見ました。 同…

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

マニラ:日々のできごと

(35)

マニラ:犬との生活

(0)

テロ・戦争・IDF

(17)

集団的自衛権

(14)

パレスチナ・中東問題

(54)

2014年 ガザ Operation Protective Edge

(17)

2012年 ガザOperation Pillar of Cloud

(9)

2008年 ガザ Operation Cast Lead

(30)

村上春樹:エルサレム賞

(8)

イスラエル出入国

(32)

テルアビブ観光

(33)

エルサレム観光

(7)

イスラエル観光ガイド

(16)

イスラエル国の祭日

(20)

ユダヤ祭日

(13)

ユダヤ祭:新年、贖罪日

(15)

ユダヤ祭:プリム

(6)

ユダヤ祭:ペサハ

(8)

ユダヤ教

(20)

郵便、銀行、両替

(15)

国内交通、旅行会社、安全情報

(24)

テルアビブの街とファッション

(34)

レストラン、カフェ、食事

(25)

生活、習慣、文化

(28)

日々のできごと

(47)

犬との生活情報

(38)

ペットショップ・獣医

(20)

ルームメイト・友達・日本人会

(24)

アパート、ホテル

(17)

仕事

(27)

恋愛、デート

(23)

恋愛:金髪君

(7)

恋愛:ギディちゃん

(11)

恋愛:年下君

(7)

恋愛:マイク

(8)

美容・医療・健康

(19)

セックシャリティー

(21)

イベント:マドンナ

(16)

イベント、パーティー

(18)

TLV100周年イベント

(8)

09年ローマ法王訪問

(15)

イスラエル⇔イタリア

(6)

イスラエル⇔トルコ

(6)

イスラエル⇔日本

(33)

日本:日々のできごと

(32)

日本:犬との生活

(5)

動物検疫(犬輸出入)

(15)

フィリピン:マラウィ包囲作戦 

(7)

お気に入りブログ

またまたハローキテ… New! Belgische_Pralinesさん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

劇団銅鑼 「ENDLESS… kujira_israeli_danceさん

パクス・ジャポニカ… たけB777さん
アンダルシア,Andalu… torres8さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.