1429435 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そんなテルアビブ★イスラエル★

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2017年06月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月25日:マラウィ包囲戦 Day 34

今後の軍事作戦の焦点は

1.残りのテロリスト掃討
2.人質の救出
3.民間人の死傷者、被害者の回復支援
4.自治体、市民団体、NGOへの支援
5.鎮圧後の復興再建への支援

1 month of Marawi clashes: Death toll now at 375
By Jee Y. Geronimo June 24, 2017 http://bit.ly/2sdJkMi

Presidential Spokesperson Ernesto Abella says 69 government troops, 280 terrorists, and 26 civilians have been killed in Marawi City since clashes erupted on May 23

MANILA, Philippines – The death toll from month-long clashes between government troops and local terrorist groups in Marawi City has risen to 375, Presidential Spokesperson Ernesto Abella said on Friday, June 23.

During Friday's Mindanao Hour held in Davao City, Abella reported that 69 government troops and 280 terrorists have been killed in Marawi as of 6 pm Thursday, June 22. The number of civilians killed by terrorists remained at 26.

In addition, government troops have also rescued 1,633 civilians and recovered 298 firearms from terrorists.

Abella said one significant development in Marawi is the "successful clearing" of 85 buildings, with more to follow. Government has also monitored "increasing willful and intentional arson activities" of the terrorists in various areas of the city.

But challenges remain, such as the continued use of snipers, improvised explosive devices (IEDs), and rocket-propelled grenades (RPGs) "from remaining vantage positions" and the use of combustible materials and other incendiary devices.

Terrorists, according to Abella, continue to use non-combatant civilians as shields, and situate themselves in mosques.

As the fighting continues, Abella said the focus of military operations in Marawi will be on the following:

・continued clearing of remaining armed terrorists
・continued rescue of trapped residents, including those held as hostages
・continued recovery of civilian casualties or cadavers
・assisting local government units (LGUs), civil society organizations, and non- governmental organizations on relief operations

preparing or assisting LGUs for the rehabilitation, reconstruction, rebuilding phase as soon as the rebellion is quelled
President Rodrigo Duterte declared martial law in Mindanao on May 23, following clashes between the military and the Maute Group in Marawi City. (READ: TIMELINE: Marawi clashes prompt martial law in all of Mindanao)

The provincial government of Lanao del Sur is already finalizing plans about establishing tent cities for internally displaced Marawi residents who may return once the armed conflict is over. – Rappler.com






最終更新日  2017年06月28日 10時49分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月22日:マラウィ包囲戦 Day 31

ドゥテルテ大統領;3年以内に、
ホームランド、新バンサモロ基本法、連邦制・・・? 

彼はモロの人々に彼なりに同情しているが、
設立が困難な3つのことを口にしている、、不信感しか買わないように思う。

Duterte vows Bangsamoro ‘homeland’ in 3 years
By: Philip C. Tubeza - 2017 06 22  http://bit.ly/2tRxjsf

The Bangsamoro people could have a “homeland” of their own in Mindanao in three years’ time, President Duterte said on Tuesday.

Mr,Duterte is expecting the Moro Islamic Liberation Front (MILF) to submit to him the latest version of the proposed Bangsamoro Basic Law (BBL), which he might sign on Monday in time for Eid al-Fitr, the end of the holy month of Ramadan.

"On Eid al-Fitr, we’ll meet in Malacañang. And if I find things in order, I will sign it (BBL draft) and wait for the document—the formal one—and I’ll send it to Congress,” the President said in a speech in Cagayan de Oro City the other night.

"Let us talk about your legitimate aspiration—a homeland for the Moro people. Let’s do that,” he said.

The BBL will define the basic structure of the proposed Bangsamoro autonomous state in Mindanao, a key feature of the shift to a federal form of government being pushed by Mr. Duterte and his staunch allies.

"The only way that we can achieve peace in Mindanao is we go for federalism. That is what Murad and Nur are asking,” he said, referring to MILF chair Al-Hajj Murad Ebrahim and Moro National Liberation Front leader Nur Misuari.

"And why wouldn’t we give it [a try] if it will save the country, prevent the breakage of Mindanao?” he said, vowing to lobby for BBL’s passage in Congress.

Mamasapano debacle

The last Congress failed to pass a similar proposal during the Aquino administration amid public outcry triggered by the clash between elite police forces and Moro rebels in Mamasapano, Maguindanao province, in 2015.

“I will push for it in Congress. That’s the truth. I’m not joking with you,” Mr. Duterte said of BBL’s passage when he talked to Marawi evacuees in Iligan.

“On the third year [of my term], God willing, it will be there and you will see how we will build our country,” he stressed.

The President said he was in favor of giving the Moros their own federal state even as he urged them to reject the extremist ideology of the Maute terrorists, who have been battling government forces in Marawi since May 23.

“I’m in favor of what Murad is asking. Let us look for a solution. They want to carve out a territory; it’s OK with me,” Mr. Duterte said.

“I will give Nur (Misuari) what he wants. I will give the MILF [members] what they want,” he added.







最終更新日  2017年06月28日 11時08分41秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月22日:マラウィ包囲戦 Day 31

Duterte Thinks He Can Bomb Islamists Into Submission. He Cannot.
By ZACHARY ABUZAJUNE 21, 2017

WASHINGTON — On June 13, as militants loyal to the Islamic State were tying down Philippine soldiers in the southern city of Marawi for a fourth week, U.S. Secretary of Defense James Mattis testified before a U.S. Senate committee that the decision to scale back the United States counterterrorism mission in the Philippines in 2014 had been “premature.”

At the time the mission, known as the Joint Special Operations Task Force Philippines, looked like a success. With just a small footprint — never more than 600 people — it had spent well over a decade providing intelligence and training to Philippine forces, while working closely with the United States Agency for International Development to improve infrastructure, public health and livelihoods.

But the decision to radically shrink the mission coincided with both the resurgence of Abu Sayyaf — a small group of Muslim militants best known for its campaign of kidnappings, which rebranded itself then by declaring allegiance to the Islamic State — and the spread, in the Philippines and elsewhere in Southeast Asia, of new radical Islamist groups. Today, at least six groups in the southern Philippines have pledged allegiance to the Islamic State, and they attract new recruits and foreign fighters.

With its best forces pinned down in Marawi, were another Islamist group, or a communist one, to start an offensive elsewhere, the army would be spread very thin. Some troops have been seen entering zones of fighting using tree trunks to shield their vehicles.

Above all, the Philippine military is corrupt. And United States assistance has only abetted that corruption by creating a moral hazard. With America handing the Philippines an average of nearly $40 million a year in military assistance between 2002-12, local security forces have had a stake in not finishing off Abu Sayyaf or other radical groups.

Even if U.S. assistance had no inherent downsides, its efficacy would always depend on the local context. Counterinsurgency, in other words, ultimately is about governance.

President Rodrigo Duterte’s single-minded campaign against drugs has had serious side-effects beyond the widely reported killings and gross human rights violations. It has already served to de-professionalize the security services, and has shifted their attention and scant resources away from the threat posed by the proliferation of terrorist groups.

Mr. Duterte’s endorsement of extrajudicial killings is also gutting the rule of law, and that only emboldens government opponents, especially the militant kind: With every heavy-handed state response, they appear to gain in legitimacy. The same goes for the president’s decision to declare martial law throughout the island of Mindanao almost as soon as Islamists laid siege to parts of Marawi.

In the meantime, Mr. Duterte has not taken the threat posed by the Islamic State seriously enough. Fighters from the Maute group, who have led the siege of Marawi, did a practice run on another town in Mindanao in November 2016. Nonetheless the military was caught flat-footed when the militants seized Marawi on May 23 — even though the government had received advance intelligence warnings.

The president has all but ignored the need to better monitor the Philippines’s waters, allowing a steady stream of fighters from Southeast Asia and further afield into the country. Abu Sayyaf has intensified its kidnapping activities recently, especially at sea, abducting more than 50 people in the last nine months of 2016 alone.

More grievous still, Mr. Duterte has not made a priority of completing the peace process with the largest separatist group in the southern Philippines, the Moro Islamic Liberation Front. Yet the M.I.L.F., which controls significant territory in the area, is the key to bringing peace and security there.

The spread of Islamist groups in the southern Philippines is directly tied to the government’s failure to pass legislation to implement a 2014 peace agreement that granted the M.I.L.F. significant autonomy. The effort was put on hold in early 2015 following a botched counterterrorism operation that killed dozens of police officers. It was a year before a presidential election, and congressional hearings on the peace process turned into a trial of sorts over the failed raid. The M.I.L.F. was found to be an untrustworthy partner.

The frustration and mistrust that resulted among members of the M.I.L.F. led to a proliferation of radical militant groups. Hard-line commanders who had grown skeptical about the government’s intentions gave cover to Islamists. With no peace dividend to show for, the M.I.L.F. leadership was unable to prevent fighters from defecting to groups sympathetic to the Islamic State.

The Duterte administration must restart the peace process urgently, partly — though not only — in order to give the M.I.L.F. an incentive to police the territory it controls in central Mindanao.

The M.I.L.F. has played a very important part recently in helping set up humanitarian corridors to help thousands of civilians fleeing the fighting in Marawi. It also has the power to remove Abu Sayyaf, the Mautes and other radical Islamist groups from areas where they have been enjoying sanctuary. It just needs a reason to.

Giving it one such reason, namely by implementing the 2014 peace accord, is essential. Even if the Philippine armed forces regain control of Marawi soon, the fundamental problem will not go away. One cannot claim to be a province of the caliphate — as many groups that have pledged allegiance to the Islamic State want — without controlling territory, and the Philippines may be the only country in Southeast Asia where militants have any chance of doing so. It has weaker security forces and more ungoverned space.

The tough-talking Mr. Duterte behaves as though he can bomb Islamist militants into submission. He cannot. The armed forces are not up to the task. And the response cannot be only military. Stemming the rise of violent Islamism will require better governance and reaching a durable peace with those insurgents who only aspire to greater autonomy.

-------------------------------------------------------------------
Zachary Abuza is a professor at the National War College, in Washington, D.C., and the author of “Forging Peace in Southeast Asia: Insurgencies, Peace Processes and Reconciliation.”






最終更新日  2017年06月28日 10時54分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは、100年ぶりです^^


ほとんどブログ活動をしていなくても、

また現在イスラエルにいなくとも、

時々コメントを頂くことがあります。


もし、イスラエルのことで知りたいこと、興味がある、

また今後イスラエルに住む、ビジネストリップで行くなどあるのでしたら、

フェイスブックを有効に使ってください。


在日イスラエル大使館;「イスラエルイン日本」
http://www.facebook.com/IsraelinJapan

Japanese - Living in Israel イスラエルに住んでいる日本人
http://www.facebook.com/groups/JapaneseinIsrael/

日本ーイスラエル コミュニティー
Japan-Israel community
http://www.facebook.com/groups/9741011054/


日本人女性限定のコミュニティー
Japaniyot community-Woman Only!
https://www.facebook.com/groups/465151873508923/


在イスラエル邦人、日本語話すイスラエル人、日本大好きイスラエル人などと

きっと楽しい交流を持つことができると思います。


tlv.jpg


私はといいますと、、実は以前、私のブログのことで

とてもいやな思いをさせられたことがあります。

特に気違い気味たことをされたわけではないのですが、

やはり快く思えないことがありました。


また、時間の経過をみて、開始したく思っています。






最終更新日  2015年02月25日 06時29分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
いつものことながら。。。

どうしてこうラストミニッツなのだろう?


仕事を辞めてから3週間もあったというのに。。。

まったくもってのんきで計画性ゼロ?


前の会社の同期入社のFさんと、K君がせっかく

「お別れ会」を開こうと誘ってくれていたのに・・・。

それもできなかった。

2人には千歳空港から昼休みをめがけて連絡しようと思う。



ともかくあわただしい1週間とそうして本日。

皆さまありがとうございます。

毎回何かと色々な人にお世話になりっぱなしです。


私はやっぱり日本人失格だと思ったこの1週間でした。

イスラエルは長くいるもんじゃない、または途中で日本に帰るべきではないと、、


それではまた。








最終更新日  2010年08月21日 01時44分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年01月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類

お正月はどのように過ごしていましたか??

私とTSUKI犬はと言いますと、、、









はい、2009年、そんなテルアビブの10大ニュース



輝かしい::第1位::







日本帰国でございます。

03年10月からイスラエルで一緒に生活を共にしてきたTSUKI犬と帰国しました。

今現在テルアビブに住んでいない私はBlogをどうしようかと悩んでいました。

それでも地元18年、札幌18年、そうしてテルアビブ約7年(中1年は日本)、

私にとってはテルアビブはやっぱりテルアビブで。。。。


引き続き書き続けたいことがまだまだたくさんあります。

本来、イスラエルの観光案内ホームページの手始めに始めたBlog、

紹介したいテルアビブがまだまだたくさんあるのです。


今は、まだいつイスラエル:テルアビブに戻るか分かりません。

そうして、いつまで日本にいるのかもわかりません。


Blogを通して実際テルアビブでたくさんの日本人の方にお会いできました。

これからは、以前のようにテルアビブで会うことが出来ません。

イスラエルにいるTSUKI犬と私、TSUKIの弟分のペキニーズ:Zivenも、

ルームメイトのアサフも、そうしてボーイフレンドのマイクも、

今までのようにBlogに登場することがなくなります。


FaceBookというSNSから突然連絡をとってきた方もいました。

その方との出会いから、もう二度とイスラエルに来る人々を助けようと思わなくもなった。

しかし、やっぱり約7年のイスラエル(テルアビブ)の生活で苦労してきた分、

訪ねてくる人を無視することはできないでしょう。


2010年、歯切れのよい年としてTSUKI犬と日本で生活しながらも

やっぱりたくさんのテルアビブをこのBlogで伝えたいと思っている。





きっと、しばらくするとイスラエルが恋しくなるでしょう。

私はイスラエル人と恋愛をしてイスラエルに滞在していたわけではなく、

イスラエルという国に恋をしました、そうして初めて外国で住んだ都市はテルアビブです。



私にとってはイスラエルという国が恋人であって、

イスラエルという国はいつまでも憧れの”人”であり続けてくれるでしょう。


Blogを読んでくださっている皆さま、今年もよろしくお願いします。







最終更新日  2010年01月03日 01時03分54秒
コメント(13) | コメントを書く
2009年12月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類

年の暮恒例の10大ニュース、今年は10個ありますよ!!

残念ながら09年の男性歴は5大ニュースにもならず・・・。

なくはないのですけど、最近恋愛モノのBlogを書いていませんね。

ところで、この10大ニュースって日本だけのものなのかしら??

イスラエルの新聞記事でこのようなものを読んだことがないと思うのよね??



★☆ 09年そんなテルアビブ10大ニュース ☆★


::第10位::テルアビブ100周年::
09年04月04日:テルアビブ100周年誕生祭:ラビンスクエア

(カテゴリー:テルアビブ100周年参照)やはり、テルアビビの私としてはイスラエル初のヘブライ語の町:テルアビブ100周年記念、後半の催しものをBlogでアップしていませんでしたね。




::第9位::マドンナ:イスラエルコンサート::
09年09月02日:イスラエルの歴史上、最大、最高値マドンナコンサート

(カテゴリー:マドンナコンサートを参照)残念なことにコンサートに行けなかったですけど、♪ライク・ア・バージンのデビューから姐様のファンでしたのでイスラエルでのコンサートは嬉しかった。




::第8位::若者たちとの出会い::
09年03月27日:オーディションを受けにきた日本人少女
09年08月22日パレスチナ難民キャンプ観光ツアー
09年08月26日 若者たちとの出会い

今年は本当にBlogを通して素敵な出会いがたくさんあった。その中で若者のイメージを覆されたのは彼らたちとの出会いだった。




::第7位::ニューフェイス:ペキニーズ::
09年07月28日:新入りの子犬とTSUKI

ルームメイトのアサフがある日突然子犬を持って来た時にはビックリしたけども、TSUKI犬にとってもお友達ができ、愛らしい2匹の犬との生活は楽しかった。




::第6位::ガザ軍事攻撃と村上春樹エルサレム賞::
08年12月28日:やっぱり無視できない - ガザ攻撃
09年01月21日:エルサレム文学賞★おめでとう★村上春樹さん

(カテゴリー:ガザ軍事攻撃と村上春樹エルサレム賞参照)この2つはたまたま同じ時期でした。ガザからのミサイル攻撃が激減したと言ってもハマスに囚われの身のGilad Shalitはまだ帰ってきていない。





★☆ 10大ニュース番外編 ☆★

今年は5月に仕事をやめたこともあり、1年を振り返ると色々なことがありました。

::番外4::Doriのネックレス購入::
09年07月19日:その人の名は:ドリ・チャングリ Dori Csengeri

すごく久しぶりの散財だったかな??それでもこんな風に一目ぼれして買物をしたことがなかったのでやっぱり納得の散財!!




::番外3::ブジィの結婚::
09年11月20日:素敵なカフェでの嬉しいお知らせ!!

出会って半年後、ブジィとタティの突然の結婚報告には喜びのビックリでした。




::番外2::マイケルジャクソン急死::
09年06月26日:スーパースター☆マイケルジャクソン

まだ彼のドキュメンタリー映画を見ていないけど、やっぱりマイケルはスーパースター!




::番外1::ローマ法王イスラエル来訪::
09年05月11日:ローマ法王;Yad Vashem 訪問

法王の追っかけはしていないけども、これもイスラエルでは大きなニュースでしたね。





★☆ 10大ニュース::5位~1位 ☆★


::第5位::David Moralesパーティー::
09年06月15日:David Morales、テルアビブでパーティー

や~、もう、憧れあのDJ:David Moralesとテルアビブで再開は最高のできごとだった!!しかも、しかもゲイパレードのパーティーのメインゲストDJとして呼ばれた彼。イスラエルで初ゲイパーティー参加も10大ニュースの一つよ!!




::第4位::Yad Vashem訪問::
09年04月26日:エルサレム観光 - Yad Vashem までの道のり

梅さんとの出会いで、足掛け6年目のイスラエル生活でやっと念願のYad Vashem:ホロコーストミュージアムにいくことができた。




::第3位::インプラント治療::
09年12月15日 :唯一の日本人の患者

別にイスラエルでインプラント治療をしなくとも、日本より安値で治療が出来るので決定しました。イスラエルでもっとも高価なお買い物?ということで第3位となりました。




::第2位::追加人員ストレスの1ヵ月::

これは本当にストレス以外のなにものでもなかった。そこに犬が一匹増えているのとわけが違う。人は、私もそうだが相手を思うようなことを言いながら最終的に自分のことを優先に考える(しかも相手を思っているようなことをその相手にではなく、人に言うことにより自分がどれだけ思いやりのある人なのか表現していたよね貴方は)、建前で生きていかなくてはならないこともあるが・・・、私がどんな状況でどうやって生活していたか、知りたいとも思わず、聞くこともなく、同じ国で生まれ、同じ国の言葉を使う人というなかでこんなにも礼儀、思いやりのない人に会ったのはこれが初めてだった。




::第1位::発表は年明けをお楽しみに!!









最終更新日  2009年12月31日 01時21分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年09月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類

なんだか回数を重ねるたびに記憶にはあるけどいくつになるのか忘れたり、

2009年から引き算をして、あ、そうかと・・・どうであってもやっぱりめでたい日ですね。





去年の今日を思い出すと、まったく進歩がないことに気づく。

一つの決断をしたはずなんだけど、それに対して目標を作っていなかったので

結果、目的は果たすことが出来ずにまた新しい年を迎えてしまった。


去年の決断は08年09月20日を読んでください。


限りなく透明に近いブルーが、、

更に限りなく透明度をましてしまった。

。。。 どうしようねぇ~。。。。


ようは、やっぱりその目的は本気で考えていないってことだったてことよねぽっ


去年は金髪君 (恋愛:金髪君参照) とのごたごた、

仕事が超忙しかったわりになんだかやる気がなかった。

そうして、今年はと言うと、もちろん今現在も色々とありますけど、

あんた最低びっくりと言われそうなので・・・控えておきます。





そういえば10日間くらい前に突然

ギディちゃん (恋愛:ギディちゃん参照) からSMSが来たのよ。

「hi」

・・・・・これだけ・・えっびっくり、えっびっくり、ええええ大笑い大笑い??? 

「暇なの」


翌日返事が来た、どうして翌日なんだ??

「いいや、日本にいつ戻るの?」

ギディちゃぁぁぁぁ~~~~ん、本当に笑える。

きっと私がまだイスラエルにいるかどうかなんだかふっと思ったんだろうな。



私からするとギディちゃんが最も適切なパートナーだと思うのよ、

この変な間も好きだし、あまり女の子遊びしないし、頭が良いし、変な冗談言うし、

あまり気を使わなくっていいし、地味に子供好きだし、

そうして、彼・・・体毛がほとんどないのよ。脱毛してたのかしらね??

これはポイント高いのよねぇ~ウィンク

あ、最もポイントが高いのはTSUKI犬ギディちゃんが好きなのよね。




ルームメイトのアサフはユダヤ新年に

「Shana Tova!! 今年こそミリアム (彼がつけた私のユダヤ名) が結婚できますようにどきどきハート


しかし、下の合成写真・・・笑えるでしょ?

この写真をギディちゃんに送って、

「Would you merry me?」どうかな??

こんな写真だったら誰も結婚してくれないわよね!!!





先日、くみポンさんとお食事をした後にバス停の前で撮った写真。

(09年9月17日:お久しぶりの外食!!! )

自分の笑顔を見つめながら、いい笑顔だ!!と思いながら、

新しい私の一年と共にユダヤ教徒たちも新しい年を迎え、

創世記以来5770年たった今もアダムとイブはまったく進歩がないと言うことに気がつき、


来年こそは違った「本日のつぶやき」を語っていたいと思った今日一日です。







最終更新日  2009年09月21日 05時37分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年01月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

昨日に引き続き私の2008年総決算(2009年1月2日


それでは堂々の第二位と第一位の発表でございます。



★☆ 2008年そんなテルアビブ五大ニュース ☆★



第二位 住む場所が見つかった

2008年03月05日:今日からラグール入居 )
2008年05月30日:飼い主様・・・ 募集 )
2008年06月17日:ハイファでアパート見学 )
2008年07月15日:新しい住居 )

(BLOGを始めたのが2008年3月からなのでそれ以前の日記はありません)


これは私にとってはとてつもなく重要なことの2つのうちの1つ。

2007年11月にイスラエルへ戻ってきて、TSUKI犬と一緒に住む家を探していた。

私はこの5年間で何度ともなく住む場所をなくしている号泣



最悪だったのはやはりルームメイトのサリットが入管ポリスを呼んだことだしょんぼり

それ以来ルームメイトと住むということに恐怖を抱いている。

2008年09月07日:サリットと入管ポリス1)
2008年09月08日:サリットと入管ポリス2)
2008年09月09日:サリットと入管ポリス3)


テルアビブは物価が高い、家賃も普通に今だったら$800以上とかする。

探せば安い物件もある、でも安い物件は治安が悪いことが多いしょんぼり



借りていたアパートメントホテルもでなくてはならない、

それに仕事もないから1か月$1100~1500するアパートメントホテルにも住めない・・・ 

それに犬犬がいるからもっと難しくなるしょんぼり



そんな中、ルームメイトのアサフのオファーは私にとってはとても助かった。


アサフは元旦那様関係でもあるんだけど、昔から知っている男の子だから

一緒に住むのも楽、それにTSUKI犬を可愛がってくれる。


だが・・・一向に女っ気がない?大丈夫なんだろうか?


ま~、人のことより自分のことを心配しようウィンク!!





第一位に行く前に、

番外編  やっぱりガザ空爆


突然2008年の年末も押し迫った時にガザ空爆が始まってしまった。

それから毎日、連日ガザとのことがニュースで流れている。



今回の空爆も、結果政治的なことが関連しているとニュースでも言ってる。


私がパソコンを初めて買った2002年7月から購読してりるメルマガがある。

【田中宇の国際ニュース解説】 http://tanakanews.com/


彼の解読はこれまた深し面白い。ただ私からの反対意見もあるが・・・。


もともと、今回のガザ戦争を誘発したのは、ハマスである。ハマスは、12月19日にイスラエルとの停戦協定が切れた後、イスラエルへの短距離ミサイルの発射を再開し、イスラエルを苛立たせた。ハマスは、イスラエル地上軍をガザに侵攻させ、05年のガザ撤退以来やめていたガザに対する軍事占領を復活させた後、占領軍に対しゲリラ戦を展開して、イスラエルを占領の泥沼に引っ張り込むつもりだろうと、イスラエル軍の諜報機関であるモサド系の情報サイト「デブカ・ファイル」が書いている。

http://www.debka.com/headline.php?hid=5815

イスラエルが12月27日にガザを空爆し始めた時、イスラエルは前日にハマスと結んでいた48時間の停戦協定を破って空爆したからである。ハマスは、停戦期間中だったのでイスラエルの空爆を予測しておらず、無防備に集会を開いており、そこを空爆されて多くの死者が出た。空爆開始時、イスラエル軍の死者が異例に少なかったが、これはハマスが停戦の態勢で無防備だ
ったからだろう。エジプトも、事前にイスラエルの空爆予定を知っていたが、自国のイスラム過激派の分派であるハマスに潰れてほしいと思っていたため、ハマスには何も伝えずにだました。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1051211.html
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3646178,00.html

ハマスは、イスラエルとの停戦協定を信じたばかりに、だまし討ちの空爆を受けた。いったんイスラエルにだまされた以上、ハマスはもう簡単には停戦に応じないだろう。

▼リブニとバラクの政争

なぜイスラエルは、わざわざ停戦協定を破って空爆を開始したのか。私の読みは「バラクとリブニの政争」である。イスラエルの国防大臣のバラクは好戦派で、労働党の党首である。外務大臣のリブニは戦争を抑止したい外交派で、カディマの党首である。イスラエルは2月10日に総選挙があるが、バラクの労働党は劣勢だった。ガザ戦争の開戦によって、リブニ支持を食うかたちでバラク支持が急増したと指摘されている。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1051210.html


今回のガザ空爆以外にも国際的な出来事を解説している彼のニュース。

時間のない私にとって彼の今回のガザ空爆ニュース解説は助かる。



じゃぁぁぁぁ~~~ん、堂々第一位


>>>>◎ 就職 ◎<<<<


もう、これに限ります!

2008年05月01日:夢は捨てちゃダメだよ!)
2008年06月05日:期待の新人は41歳!!!)
2008年06月11日:仕事の初日)
2008年07月17日:新人さんがやってきた!)


2007年11月にイスラエルへ戻ってきて・・6月まで仕事がなかったしょんぼり

私は自分の財布に現金が・・・・ 約7万しかなかった号泣



TSUKI犬を日本へ連れて帰るにも、7月21日の係留期間が過ぎない限り

日本へもどれなかったから、本当に死活問題だったしょんぼり



そんな中、家もみつかり、仕事にもついたスマイル!!



私はイスラエルに来てからいつも思っていることがある、

それは私の母をみてそれを学んだのだと思っている。


「頑張っている人がいたら、そこには絶対に応援してくれる人がいる!!


これはどこの国に行ってもそうだって思っている。



頑張っている人を蹴落とそうとしている人は、その人の性格に問題がある。

また人のあらを探して蹴落として上がろうとしている人も性格に問題がある。




イスラエル人のパートナーがいる人にとってはどうってこともない

アパート探しと仕事探し、確かに日本と勝手が違うのでパートナーがいても大変。




そうして、世の中には分からないカップルというのも存在する。

イスラエル人の旦那様にすべてをコントロールされている日本人女性。

ある人は仕事に出されて、もらった給料すべてを管理されている。

自分で稼いだ給料で1か月のお小遣いが4000円。

ある人は時間制限で仕事に出されている、子供がいるなら分かるけど、

旦那の設定した時間でなくては仕事にいけない?



そんな日本人に出会うと聞きたくなる

「彼と結婚したのは外国人だったから?」


本音を聞くと実はそうだったりする。

私も彼女たちのようにうまく人生やって行けたらっと思う、

そうしたら好きなイスラエルに住むことができるから。。。

しかし、そんな男とだったらたとえイスラエル人だからと言っても結婚したくない。



ともかく、年齢とともにますます強くなってしょんぼり

イスラエルに住んで、更に強くなる大笑い


それでも最近はちょっと頑張りが効かないって思うことがある。

2008年のそんな私の五大ニュースでありました!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ


さぁ、今度は2008年総決算;男性編となりますよ!

2008年もいろいろな男性と出会ってきたBON-BONでございます。

PS*写真をアップしたかったのですが、なんだかPCの調子が悪かったです。







最終更新日  2009年04月04日 15時12分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

2日は金曜日なので会社は休み、日本人の私としては気分は「お正月やすみ」


本日は朝の9時から昼の2時まで、歯科医のDOV先生の所に行っていました。

その話は、2008年の決算話が終ってからにします。




★☆ 2008年そんなテルアビブ五大ニュース ☆★

十大ニュースを考えたのだが、それには男性歴も入ってしまうので別々にする。ウィンク



第五位 イスラエル60周年記念のIDFエアーショー

2008年5月7日:60周年イスラエル独立記念前時のテルアビブの街)
2008年5月7日:60周年イスラエル独立記念前夜祭日記)
2008年5月8日:60周年イスラエル独立記念当日+エアショー)
2008年5月9日:60周年イスラエル独立記念に思うこと)





イスラエル60周年を記念してIDFのエアショーがあった。

エアホースマニアの私としてはドキドキのエアショー・・・しかもイスラエル国防軍!

戦争で使われる機材と分かっていても、やっぱり美しい。

そんな美しいと思っている戦闘機もガザに飛んでいくときに聞いた音は違っていた。







第四位 テルアビブで初歯科医と歯科医とデート



イスラエルで初めて歯の治療 & DOV先生とデート

凄い組み合わせなんですけどね~~~(大笑い爆笑大笑い


歯科医衛生士の免許を持っている私、、ですが歯がボロボロなんですよねしょんぼり

私は歯に問題があって行っただけで、デートをしてくて歯科に行ったわけでないです。



イスラエルは医療が進んでいるので比較てい安心して行ける。

国民保険適用の国指定の病院とプライベート・ドクターと別れている・・はず。



衛生士をしていた私は、やはり歯科医選びは慎重になる。

歯科医のDOV先生はオフェルさんの紹介、オフェルさんのプライベート・ドクター



歯科医のDOV先生、毎回私がい行くたびにハグをしてくれる。 あらびっくり!?

ほっぺにキスどきどきハートもしてくれる。。 あらびっくり!?




2008年3月27日:歯科医のDOV先生)



そんな歯科医のDOV先生は自家用ジェットを持っている。(儲かってんだな~賞金

そう、先生から「空の上デート飛行機を申し込まれた。

これも独身日本人女性の特権だウィンク!! もちろん初セスナ搭乗飛行機!!



ヘブライ語でDOVとは「くま:熊」

オフェルさんと私の会話、 「クマさん元気だった?」 「うん、クマさん元気だよ!」




2008年3月29日:神風特攻隊‐イスラエル上空)




第三位 初イタリア:トリノ


ちょっとテルアビブの話ではないが、イタリアは人生の中で必ず行きたかった国だから。

大親友のヴィッキーがイタリアに行ってから約2年近く会ったいなかった。

そんなこともあったからダブルの喜び!!



**2008年2月14日:トリノにてヴィッキーと私**



私はイタリア男に期待をしていたのだが・・・・だが、だか。。。。

なぜならば、サッカー選手のアルキサンドレ・デル・ピエロの大ファン手書きハートだから。



ちょっとね~。 たぶんトリノだったからということにしている。

サッカーはイタリアが強いけど、美男・美女はイスラエルの勝ちウィンク!!



**2008年2月14日:トリノにてHUGマンと私**




本日は第三位までの発表でしたウィンク。..... つづく。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ

そんな2008年のテルアビブ決算ニュースの続きをお楽しみにウィンク

本日もクリックありがとうございます!!

今日は少しダイヤ寒さダイヤも和らぎ、それでも重ね着してい寝ている私しょんぼり


 







最終更新日  2009年04月04日 15時12分11秒
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR

プロフィール


Bon-Bon

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

王島将春@ Re:マラウィ Day36:フィリピン兵のPTSD(06/27) 初めまして。福井市在住の王島将春(おう…
10BetJapan@ Re:オンラインカジノとイスラエル(09/25) 初めまして。弊社は10BetJapanというオ…
あおの@ Re:ブラジリアンカット友達募集(02/25) ユダヤ人って、ウンコみたい
通りすがり@ Re:トルコ風呂(ハマム)とイラン人(08/28) イラン人の話なのに何故「イスラムアラブ…
名無し@ Re:日本人はもてる?(03/31) こんな恥晒しな記事を初めて見ました。 同…

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

マニラ:日々のできごと

(35)

マニラ:犬との生活

(0)

テロ・戦争・IDF

(17)

集団的自衛権

(14)

パレスチナ・中東問題

(54)

2014年 ガザ Operation Protective Edge

(17)

2012年 ガザOperation Pillar of Cloud

(9)

2008年 ガザ Operation Cast Lead

(30)

村上春樹:エルサレム賞

(8)

イスラエル出入国

(32)

テルアビブ観光

(33)

エルサレム観光

(7)

イスラエル観光ガイド

(16)

イスラエル国の祭日

(20)

ユダヤ祭日

(13)

ユダヤ祭:新年、贖罪日

(15)

ユダヤ祭:プリム

(6)

ユダヤ祭:ペサハ

(8)

ユダヤ教

(20)

郵便、銀行、両替

(15)

国内交通、旅行会社、安全情報

(24)

テルアビブの街とファッション

(34)

レストラン、カフェ、食事

(25)

生活、習慣、文化

(28)

日々のできごと

(47)

犬との生活情報

(38)

ペットショップ・獣医

(20)

ルームメイト・友達・日本人会

(24)

アパート、ホテル

(17)

仕事

(27)

恋愛、デート

(23)

恋愛:金髪君

(7)

恋愛:ギディちゃん

(11)

恋愛:年下君

(7)

恋愛:マイク

(8)

美容・医療・健康

(19)

セックシャリティー

(21)

イベント:マドンナ

(16)

イベント、パーティー

(18)

TLV100周年イベント

(8)

09年ローマ法王訪問

(15)

イスラエル⇔イタリア

(6)

イスラエル⇔トルコ

(6)

イスラエル⇔日本

(33)

日本:日々のできごと

(32)

日本:犬との生活

(5)

動物検疫(犬輸出入)

(15)

フィリピン:マラウィ包囲作戦 

(7)

お気に入りブログ

台湾で紫蘇いなり☆彡 New! Belgische_Pralinesさん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

劇団銅鑼 「ENDLESS… kujira_israeli_danceさん

パクス・ジャポニカ… たけB777さん
アンダルシア,Andalu… torres8さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.