1432302 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そんなテルアビブ★イスラエル★

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

ユダヤ教

2009年12月17日
XML
カテゴリ:ユダヤ教

ハヌカが終了するまえに、お知らせ。

さて、第二神殿のミニチュア1/60サイズがハヌカを記念して一般公開となりました。





ハヌカは前2世紀、ユダヤ人がマカベヤの反乱で神殿を奪還したことを記念する祭。新約聖書にも「宮きよめの祭」として登場。(解説:シオンの橋より)

ハヌカの由来から、とても適した時期の公開だなと思いました。
本物の金、大理石を使っての壮大な模型です。金額もそれなりだったことでしょう。

モデルを再現したのは Aish HaTorah Yeshiva 団体で、彼らの施設の3階で公開されている。





歴史的には、第二神殿はバビロン捕囚からの解放後の紀元前515年にゼルバベルの指揮でほぼ同じ場所に再建された神殿。(ウキペディア日本版より)

第二神殿(紀元前516年~紀元70年)は紀元前586年に壊された第一神殿を再建したもので、現在の黄金のドームが建っている場所にあったものである。この第二神殿は紀元70年8月4日に(紀元66年から始まった)第一次ユダヤ戦争でローマ軍によりエルサレム神殿は炎上、エルサレムは陥落。(ウキペディア英語版より)





ローマ軍との戦いというと、マサダ・・・みなさまいかれましたか?

そうして、バル・コクバの乱・・・というと、ラグ・バ・オメル (09年05月12日参照)


ようは、ユダヤ教徒の皆さまがお祈りに行く、観光客必見の

西の壁の神殿の再現モデルでございます。

いかに美しい神殿であったのか、みんなで見に行きましょう!!! 





Second Temple model erected opposite Temple Mount
Ari Galahar Published: 09年07月08日, 09:41 / Israel Travel

Largest model ever to be built with such precision put on permanent display at Aish HaTorah Yeshiva's visitors center overlooking Western Wall. 'We aim o help Jews reconnect with their history,' says yeshiva head





Temple model to open this Hanukkah
Tzofia Hirschfeld Published: 09年12月11日, 08:20 / Israel Jewish Scene

The Second Temple will be open to visitors next week. Albeit in a different location, and a smaller size, not allowing much room for people to enter. Still, it is certainly the next best thing at the moment.

This Hanukkah the Aish HaTorah Jewish studies center in Jerusalem will inaugurate the largest model of the Second Temple to be built to date. The model, which was built on a scale of 1:60, and weighs 1.2 tons, is made of the original materials, namely, real gold, marble and stone, and was placed on the third floor of the center's building, facing the Western Wall.





The model was placed facing the Temple Mount in hopes of giving the visitors a feeling as close as possible to that felt by visitors back in the days when the structure, described as one of the most beautiful of its period, was standing. The place where the Jewish heart once stood, and, with its destruction, became a site of constant longing.

"We knew that our building was in the most beautiful place, and that you can see the entire Temple Mount from it," Aish HaTorah director Ephraim Shore said, "It was clear to us that such a place should be used to illustrate the experience of being there.





"Clearly, this is an experience that cannot be completely reenacted today, but we saw fit to create something close. When you see the model on the backdrop of the Temple Mount, I think you get the feeling that people got in the Temple."

One of the main dilemmas Aish HaTorah faced in building the model was of the character of their temple - Should the aesthetic aspect be emphasized, illustrating the Temple as a work of art, or should the educational aspect be highlighted?





"In the end we decided to go with the educational aspect," Shore said, "Since this is already a creative structure, we felt there was no need to add to it. The next problem was how to demonstrate the experience of the interior.

"There are a number of models of the Temple around the world, but you usually only see it from the outside. You see the hall, but not the Holy of Holies and the menorah. It is true that the building itself is very impressive, but what matters is what happened inside.





"We were really worried about how to go about it because we wanted the final model to be the closest thing to the real structure, and therefore, we finally also ruled out ideas like making one of the walls of the hall out of glass, because we didn't want to compromise its authenticity.

"The solution that we went with in the end was a hydraulic elevator that lifts the walls of the hall and reveals the internal activity in it. This makes the experience more than just an exterior visit."










最終更新日  2009年12月19日 04時39分28秒
コメント(5) | コメントを書く
2009年11月30日
カテゴリ:ユダヤ教

よく、私のルームメイトのアサフは私に『これはミツヴァだから』と言うことがある。

私はこの『ミツヴァ:Mitzvah』とう言葉に非常に弱いのであります。

ルームメイトのアサフが私に付けてくれたユダヤ人名:ミリアム Miriam

彼の中では私はユダヤ人の一人として数の中に入っている(笑)

そうであっても、基本的に私はユダヤ教徒ではない。





それでもこのユダヤ人の『ミツヴァ:Mitzvah』に反応してしまうのは、

やはり道徳心からなのか?

どんな宗教にも共通してある::善行・慈善行為::

この『ミツヴァ:Mitzvah』の本来の意味は『戒律:commandment』


そうして、このミツヴァはヨム・キプールの審判の日とも関連してくる。

09年09月21日:5770年、ユダヤ新年にすることは? を参照)


しかし、ミツヴァと思って行ったことも

人によっては反対(迷惑)にとられてしまうこともあった。

それでも一日一善で育った世代なのでミツヴァを行うことは辞めないだろう。







最終更新日  2009年12月01日 22時33分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月25日
カテゴリ:ユダヤ教

別に私が結婚するわけではないのですけど気になったニュース。

イスラエルでは市民婚がありません。全ては宗教婚となります。


父親がユダヤ人の場合、イスラエルに移民する権利はありますが

イスラエルで結婚できません。

また、リフォーム(改革派)ユダヤ教徒もイスラエルで結婚できないと?





世俗派の人々がイスラエルの宗教婚ではなくキプロスで市民婚を選ぶのは、

面倒な宗教婚にとらわれたくない(離婚も面倒みたいです)。

驚いたのが毎月150~200(毎日5~10)組が飛行機で40分のキプロスで結婚。

キプロスはアメリカでいうラスベガスのような場所なのです。

キプロスでの結婚証明発行金額は282ユーロ(≒36600円:現在1ユーロ≒130円)。


Wedding refugees
Sarah Stricker Published: 11.20.09, 07:58

Happiness waits on the third floor, above a Kentucky Fried Chicken restaurant. “Yes, this is right”, the driver assures the suspicious faces in the rear-view mirror, “Athenon Avenue 38.” Amir grabs Elena’s hand. The sun's glare causes him to squint. Above the image of Colonel Sanders is a sign reading, "Town Hall".

”Romantic, isn’t it?” Amir says and grins. His mother runs ahead with the camera. “This is the happiest day of your lives,” she yells. “I have to film you going in.” Amir sighs, laughs, fusses with the zipper of his suitcase. He tries so hard to hide his nerves, but little drops of sweat drip from his temples.

It has been almost two years since he and Elena became “Amir & Elena”. They met on the Internet. Two, three, four dates, a first kiss at the Wailing Wall. A visit to his parents, then hers. All of them approve. Then, one night in the garden of his Tel Aviv home, Amir kneeled in front of her, his bluish eyes gleaming in the light of the lanterns his mother had hung over the scratched plastic chairs. He opened the velvet jewellery case. Elena nodded, threw her arms around him, called her friends and invited them to the wedding; which both of them knew would have to wait.

It only took them three months to be sure that they wanted to spend the rest of their lives together, but 18 months and innumerable letters, phone calls and petitions later, they still have not received the State of Israel's authorization to wed because Elena is not Jewish. According to Jewish law, only a person whose mother is Jewish is considered a Jew. In Elena's case, only her father is Jewish, and therefore she is considered a gentile. And in Israel this means that the two of them are not allowed to marry.

The separation between state and religion, as most western countries know it, does not exist Israel. It is the only democracy in which there are only religious but no civil marriages. Only an orthodox rabbi, an imam or a priest can perform marriages that are recognized by the state. And the authorities would not even consider allowing mixed marriages, either between Jews and Muslims or Christians, or between Jews and goyim like Elena.

'It's not human'

There is, however, a loophole: according to international law, Israel is required to recognize weddings that are performed abroad. For this reason, every month 150 to 200 couples fly to Cyprus, the Israeli Las Vegas. It takes less than half a day to make the trip and get married. Couples fly over in the morning, say "I do", and off goes a messenger to the Cypriot capital of Nicosia to get the documents certified. By the time the couples head to their complementary massage, a bellboy brings the official documents, mumbling something that is supposed to sound like “Mazal tov”. However, the scenario has little in common with the instant weddings in the Nevada desert. These weddings are not a quick or eccentric option, for some they are the only option.

In the elevator a sign reads: Weddings, 3rd floor. Underneath, someone has posted a handwritten note, “Home of happiness.” Elena’s mother is already crying. All four of them squeeze into the elevator, suitcases between their knees. Elena arranges her hair in the mirror. She’s wearing large gold earrings, a white leather jacket and black jeans.

Along the walls of the waiting room is a line of office chairs, plastic flowers, faded portraits of past mayors. Love might be in the air, but certainly not in the décor.

“I can understand that Israel doesn’t want civil marriages,” says Elena while filling out the questionnaire. “If the state doesn't maintain its Jewishness, it loses its purpose, right? But to dictate people whom they can marry and whom they can't, that’s just not human.”

When Elena was six, her family left Ukraine and followed the call of the Israeli government that was massively soliciting for Jewish immigrants from the East to counter the fast growing number of Palestinians, among other things. Like so many citizens from the former Soviet Union, Elena profited from Israel’s generous immigration policy: “Every Jew has the right to immigrate to the Land of Israel,” states Article One of the 1950 Return Law. However, the interpretation of who exactly can be called Jewish was very flexible at that time.

Basically everyone who was or may have been persecuted during the Third Reich was able to immigrate even if he or she was not a Jew according to ultra-orthodox laws, but, for example, only had a Jewish grandfather. So Elena was Jewish enough to settle in the Holy Land. Jewish enough to celebrate her Bat Mitzvah, Jewish enough to serve in the army. But not Jewish enough for marriage.

Between five and 10 couples take the 40-minute flight from Tel Aviv to Larnaca each morning to get married there. For Cyprus it is a lucrative business; every wedding translates into 282 Euro. For many communities this amount is equal to a quarter of their annual budget. No one is willing to admit it, but if Israel ever decides to allow civil marriages within its borders, the financial ramifications on the island will be disastrous.

But so far, it does not appear as though things are going to change in the Holy Land, even if liberalisation would be widely supported. According to a survey by the Israeli Central Bureau of Statistics, 49%, of the population would vote for a legal alternative. To many people, like Oded and Noa, this alternative is so important that they fly to Cyprus even though they have no legal necessity to do so.

'Come on, smile a little'


Noa and Oded marry in Cyprus/Photo: Sarah Stricker

Both of them have flawless Jewish family trees, so, in theory, they could get married in Israel. However, they are liberal. "My faith is very important to me. I cannot get married while carrying out customs which I do not agree with”, Oded says. "For example, in an orthodox wedding there is a contract in which the groom agrees to pay a certain sum to the bride's family for their daughter. But I don’t want to buy Noa."

“Instead we have made a contract (Kettubah) of our own that stipulates that we are going to honour each other", Noa adds. She shows the rings they are about to swap. "Both of us have two. Only after we hold a liberal wedding ceremony back home will we really consider ourselves to be husband and wife.”

Meanwhile, things are progressing for Amir and Elena. The assistant to the registrar takes them into an old-fashioned conference room. In front of a U-shaped line of office desks stands Takis Vovides, the wedding officer, a proud man with a bald patch, long white eyelashes, and a golden medal hanging around his neck. If this was a mob movie, he would be the godfather. Despotic, cordial, wise and determined to share as much of this wisdom as possible.


Wet kiss. Takis Vovides Photo: Sarah Stricker

"Are you aware of the responsibility you're getting yourself into?" He whispers in the groom's direction. Amir smiles and opens his mouth to say something, but Takis has no time to wait for a response. Tick-tock, time is money. He still has two more weddings scheduled today.

Despite the rush, it is obvious how much Takis enjoys the wedding business. The couples are coming to him. They want to cry, they want to laugh, they want butterflies in their stomachs and Puccini-chills down their backs, and he knows how to give them exactly that. He begins reading a poem: “Whatever we understand, we understand through love. Only love can unite two lives.” As Luther Vandross’ voice from the CD-Player fills the room, he continues: “Our bodies get old but our hearts stay wrinkle-free.” He grasps Elena’s arm. “Grow old together; the best lies ahead of you.”

Amir vows to love and honor Elena. Before saying "till death do us part,“ he pauses for a second to look Elena in the eyes. "Till death do us part, “ Takis repeats impassionedly. While they kiss, the CD changes to;Nights in White Satin“. Takis gives both of them a wet kiss and writes a few lines on a card.

"It was so wonderful“, Amir’s mother says while they are waiting for a taxi in front of the KFC. "Now you are also happy that we came along, right?“ Amir’s cheek is still a little damp. He looks pensively at the building. On the balcony on the third floor, the last bride of the day is smoking a cigarette. “Come on, smile a little,” his mother says. “This is the happiest day of your life.” And Amir laughs.







最終更新日  2009年11月29日 03時49分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月12日
カテゴリ:ユダヤ教

『運命の赤い糸』

なんのこともない、カバラのレッドストリングのことです!!


私は前のイスラエル人のなんちゃってユダヤ人の元旦那様にカバラについて聞いたとき

「女性はカバラを習うものじゃない」

と、言われて以来、一切カバラについて聞こうと思わず、ネットで検索することもしない。

だから、カバラがなにか良くわからない。

でも、知らないのだけどレッドストリングについて書いている。

それは、マドンナの左腕にしているレッドストリングが気になっていたから。



09年09月01日:テルアビブでのコンサート


今から思うと、2003年にイスラエルへ来た時にお葬式に出席する機会があった。

お墓の前で、ある宗教家の男性が私の左腕に赤い糸を巻いてくれたのを覚えている。

今思うと、それがカバラのレッドストリングなのだと。

その人にお布施を渡したかどうか覚えていないが、お友達が

「自然に切れるまで腕にしておくのよ」

それは、単にお守りと言うことなのは知っていたけど、なぜ葬儀場でと思いながら、

葬儀場だし悪い霊 (ユダヤ教にすると悪魔となるのかね?) から守るのかしらと??





ところで、マドンナはこの赤い糸を誰に巻いてもらっているんだろうか?

これって自分で結んでも意味あるのかしらね??


それで、レッドストリング。

どうして赤なんだろうと不思議に思っていた。

実は別に赤でなくてはならないという事はないとネットには書いている。





考えると日本での「運命の赤い糸」が小指に巻かれているって・・

誰が言い出したのだろう??


日本ではその昔、足首だったようで、でもそのほうが小指より納得いくのは私だけ??

ウキペディアの運命の赤い糸に多少カバラのことも書かれている。





それで、カバラのストリングなんですけど、素敵なデザインがたくさんあるんですよ。

「Evil Eys (邪視:じゃし) 」はユダヤ教というより

中東全体で昔からお守りとして身につけたりしていますよね。




まぁ~、ともかく、世の中では「世界を牛耳っているユダヤ人」と言われ、

ノーベル賞受賞者を多く輩出しているユダヤ人たちで頭が良いと言われ、

金儲けもたけていると言われているユダヤ人、





カバラストリングを着けて、

あなたも今日から世界を牛耳っている世界から嫌われてるユダヤ人になろう!


こんなキャッチコピーだったら誰もカバラストリングを買いませんよね大笑い



そうして、私の運命の赤い糸はどこまで長いんだろうかと??

なかなか辿り着いていない私の赤い糸しょんぼり大笑い






最終更新日  2009年09月13日 08時48分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年08月15日
カテゴリ:ユダヤ教


神道とユダヤ教 1
神道とユダヤ教 2



原武史『昭和天皇』は戦時中の昭和天皇をこう批判している。「天皇が最後まで固執したのは、皇祖神アマテラスから受け継がれてきた『三種の神器』を死守することであって、国民の生命を救うことは二の次であった。」

よくこんな悪意たっぷりの嘘を書くものだ。それならば昭和天皇の次の御製(ぎょせい)はどう読むのだ! 「身はいかになるともいくさ、とどめけり、ただたふれゆく、民をおもひて」

天皇は自分の身などどうなってもいいから国民のために戦争を止めたいと思っていた。だがそんな政治的決定権など天皇にあるわけないのではないか!




そもそも原は「三種の神器」がまったく理解できていない。不敬かもしれぬがあえて言うが、「三種の神器」は天皇の命よりも重要なのだ。それは天皇崩御の際、葬儀よりも神器の「継承」が最優先されていることで明らかである。

戦争中、仮に昭和天皇が空襲で命を落としたとしても、「三種の神器」さえ守られていれば皇位は皇太子が受け継ぎ、「天皇」という存在は守られる。しかし「三種の神器」がなくなれば、いくら裕仁個人が生き残ろうと、「天皇」という地位そのものが消滅してしまう。

「天皇」が消滅するということはすなわち日本が消滅するということである。




原は「国民の生命を救うことは二の次であった」と批判しているが、そもそも「国民」とは何なのかを考えてみたこともないようだ。

国民とは、単に日本列島に生息する霊長類ヒト科の動物ではない。国の歴史を受け継いで初めてヒトは「国民」になる。国の歴史が消滅してしまったら「国民」も何もないのだ。




例えば、平等・自由・権利・正義などの近代的価値を実現しようとする思想を「シビック・ナショナリズム」というが、フランスでも人工的な価値以外の歴史に裏付けられた国民性や国柄はあるし、アメリカでもたった二百年なりの歴史もあれば宗教もある。

どんな国にも歴史や宗教や伝統の固有性を持った「エスニック・ナショナリズム」があるはずであり、完全に歴史から切り離されたイデオロギーのみで国を作ろうとしたのがソ連や中国の虐殺と収容所の恐怖国家だった。




昭和天皇が「三種の神器」を守ろうとしたのは、自分の命なんかとは比べものにならないほどの重要な、二千年継承されてきた歴史を守ろうとしたのであり、国を守ることそのものだった。

これを当時、「国体護持」といった。

それは国家元首としても、祭祀王としても、当然の使命だったのである。




「三種の神器」とは単なる「モノ」ではなく民族の「エースト・魂」である。

今も皇居には神話に起源を持つ「三種の神器」がヒトの目に触れることなく安置され、それを受け継ぐ天皇が祭祀王として務めを果たしておられる。これは神秘にして奇跡的な事実である。




「三種の神器」は、日本が「日本」という国号を名乗るより前から存在し、受け継がれてきた。

「三種の神器」が消滅すれば日本はもやは日本とは言えないものになってしまう。日本の終了なのだ。




天皇は「三種の神器」を守り、国民の安寧を祈る「祭祀王」である。祭祀を行うから権威も、人々を癒す力も生まれる。

ごーまんかましてもよいですか?

左翼は天皇から祭祀を奪い、天皇を単なるボランティアの団長にしたがっている。だが「祭祀王」を失った日本は、もはや日本ではないのだ。「ジャパン」になるか? 「倭国」となるか? 日本人はこの重大な事実にあまりにも無自覚である。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ


そういうことで、小林よしのり氏のゴーマ二ズムにクリックありがとうございました。


私は『A級戦犯の東条英機とユダヤ人(09年02月02日)』のBlogである方が

SAPIO 10/25 日号の彼のマンガを紹介していたものを載せた。

今回も同様にSAPIO:サピオ09年05月13日号に書かれていた彼のマンガです。


今回のSAPIO:サピオの他の文章もとても楽しく読ませてもらった。






彼の今回のマンガで、ユダヤの民族と重なる部分があると思った。


イスラエルへ来た時はユダヤ教徒になりたいと勢いがあったけども、

今でも私にとってユダヤ教は特別な存在であるのは変わらないけど、

イスラエルにいて、ユダヤ人に会って、イスラエルから日本を見て、

そうして思ったのは、私はやっぱり天照大神の国で生まれた人間だと。


天照大神から他神教へ改宗することは私にもやっぱり容易ではない。







最終更新日  2009年08月17日 11時16分59秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:ユダヤ教

神道とユダヤ教 1



その後、天照大神の孫である二二ギノミコトが高天原から地上に降臨する際、「この鏡は私の御魂として、私を拝むのと同じように敬ってお祭りしなさい。」、天照大神はそう言って剣、タマ、と共に授けた。

二二ギノミコトのひ孫が、初代・神武天皇であり、「三種の神器」は以降、代々の天皇が受け継ぎ、現在も鏡は伊勢神宮に、剣は熱田神宮に、玉は皇居にある。




神話の世界から伝えられてきた「三種の神器」を引き継いでいることこそが、天照大神の子孫である天皇の証であり、神器を受け継がない者は正式に天皇として認められない。

そんために、南北戦争時代の北朝5代の天皇は歴代125代の天皇の中に入れられていない。南北時代には神器の争奪戦が起き、その所在がきわめて不安定になった。




寿永2(1183)年、源氏に追い詰められた平氏は幼帝・安徳天皇と「三種の神器」を擁して都を離れる。

そして2年後、壇ノ浦における合戦に敗れ最後の時を迎えた、「私をどこに連れて行こうとするのか?」




「悪い縁にひかれて、御運既に尽きておしまいになりました、まず東にお向かいになって、伊勢神宮においとまを申し上げ、その後西方浄土の来迎(らいごう)にあずかろうと思いになり、西にお向かいになって五年ぶつをお唱えなさいませ。この国は苦しい場所でございますので、極楽浄土と言って素晴らしい場所へお連れ申し上げますよ。」

わずか8歳の幼帝は涙を流し、小さくかわいらしい手を合わせ、東に拝し、西に念仏する。




天皇の祖母の二品禅尼(にほんぜんに)・平時子(たいらのときこ)はそのまま幼帝を抱き、「宝剣」「曲玉」を収めた箱と共に、千尋の深い海底に入水した。「浪の下にも都のございますよ」

悲哉(かなしきかな)、無情の春の風、忽(たちまち)に花の御すがたを散らし、なさけなきかな、分段のあらき浪、玉体を沈めたてまつる。 (平家物語より)




続いて大納言侍局(だいなごんすけのつぼね)は「神鏡」の入った箱を持ち入水しようとしたが、袴の裾を船端に射つけられ、倒れたところを取り押さえられ、「神鏡」は無地だった。

「曲玉」の箱は会場に浮かんできたところを回収された。しかし「宝剣」は水没し、海女に探させても、社寺に祈祷させてもついに発見されなかった。




水没した「宝剣」は熱田神宮の本体ではなく、宮中の分身だったが、これ以降二十数年間宮中では神器の剣が不在となった。

その後、順徳天皇の夢に神示があり、伊勢神宮から送られた剣を新たな「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」の分身とすることになった。これが現在の皇居に伝わる剣である。

「三種の神器」は、現在誰もみたことがない。箱の中に厳重に封印され、天皇でさえ実見を許されずに代々伝えられてきたのである。




宮中の「神器」は記録によれば平安時代以来、何度も火災に遭って原形を留めていないと言われているが、実際にどういう形状になっているのかは誰も知らない。

壇ノ浦では水没を免れた「神鏡」を武士が確認しようとした途端、急に目がくらんで鼻血をだしたと『平家物語』は記している。

他にも「曲玉」の箱を開けると白雲が立ち上がり、中を見ることができなかったというような話がいくつも伝えられている。




聖なるものは、世俗の者の目に触れてはならない。触れた途端に聖は俗に墜ちてしまう。宮中三殿を内掌典が厳しく「清」と「次」を分けて守っているように、俗とのかかわりに厳しく制限をかけた「聖域」を作ることによって神聖さは保たれるのだ。

天照大神とスサノオノミコトの父であるイザナギは、黄泉の国で、見るなと言われていた妻・イザナミの姿を見てしまったため、二神の関係は永遠に断たれることになる。




二二ギノミコトの息子・山幸彦(やまさちひこ)は、妻のトヨタマヒメから見るなと言われていた出産の姿を覗き、龍の姿を見てしまったために二神は地上と海上に離れ離れになってしまった。

見るなと言われているものを見て、異世界との関係が壊れてしまう話が神話には多い。ましてや神そのものが宿る「神器」を、世俗の者が見ようなどとは、もってのほかなのだ。こういう話が唯物論の左翼や、それに影響された戦後サヨク、さらに入江相政氏のような近代主義・合理主義者には理解できないのだろうな・・・・




非科学的だぁ! 三種に神器なんてただのモノじゃないか~っ! なんで見ちゃいけないんだ~ぁ! オレが見てやろう! 神話なんか教科書に載せんぞ~ぉ! 

この世のすべてを合理的に説明できると思ったら大間違いだ。相対性理論でも量子力学でも宇宙と物質の全てを解明できてない。人間とて、意識下には得体の知れない欲望が渦巻いている。

堕胎にしても、人工授精にしても、「ならぬものは、ならぬ!」というタブーが壊された時に、
まさにそのタブーこそが人間の知恵であったことを知るだろう。合理主義の傲りに気づく日が来るだろう。




古代人が神話で表現したものは、数人の人間が作為的に捏造した絵空事ではない。神の名において、民族の知恵やイ氏を表現したものである。科学が進歩すればすれるほど、近代的な生活の中で我々の生命力が薄れていくほど、神話に暗示された話の事実性に我々は気づくことになるはずだ。

古代日本において、鏡・剣・玉の三つの器具は、天皇に限らず、統治者の証だった。各地の豪族の古墳からは鏡・剣・玉 がセットで出土しているし、天皇に豪族が恭順の意を示す際に、鏡・剣・玉を差し出した話も伝えられている。




こうして各地に数多くあった鏡・剣・玉で、最後に一組だけ残り、まさに日本の伝統者の証となったのが、天皇の「三種の神器」である。この歴史的意義は否定できない。




「三種の神器」とは、日本の歴史の中で自然に成立し、現在も受け継がれている世界最古のレガリアなのである。

レガリアとは、それを持つことによって正当な王位継承者である証となる象徴のことで、イギリス王室には王冠・玉笏・宝珠が、タイ王室には王冠・短剣・杖・団扇と払子(ほっす)・スリッパが受け継がれている。こういうことはアメリカ人には理解し難いらしい。




日本では天皇が亡くなると、直ちに「三種の神器」のうちの天皇のそばにある「剣」と「玉」が次に天皇に引き継がれる。昭和天皇崩御(ほうぎょ)の際は、そのわずか3時間半後に宮殿松の間で、「承継の儀」が執り行われた。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

神道とユダヤ教 3に続く。
神道とユダヤ教 1

 







最終更新日  2009年08月17日 11時26分16秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ユダヤ教

週末は日本人のお友達と朝まで熱いチャットコースでした。

終戦と言うことも兼ねて、紹介します。




国際情報サピオ:5月13日号『ゴーマニズム宣言:天皇論 (小林よしのり) 』




皇居・御所がある吹上御苑の森の東南に「宮中三殿」と総称される三つの祭殿がある。

それぞれ回廊で結ばれ、真ん中の一段高く一回り大きいのが天照大神を祭る「賢所 (かしこどころ) 」

左側が歴代天皇・皇后・皇族の御霊を祭る「皇霊殿」

右側が八百万の神々を祭る「神殿」である。

三殿とその周辺を「賢所 (けんしょ) 」と総称することもある。




その原形は明治5年にできたが、翌年の火災で赤坂離宮に仮遷。その後、明治22(1889)年に造営、空襲の被害を免れ、今日に至っている。

宮中三殿では多くの祭祀が行われている。皇室祭祀は、古代以来の伝統を踏まえて整備し、明治41 (1908) 年に「皇室祭祀令」として成文化された。

伝統破壊希望を持つ左翼学者は、「宮中祭祀は明治に制定された創られた伝統」とデマを飛ばす、その典型が原武史著の『昭和天皇』だが、憶測だらけで書かれたこんな本が評価を受けるのはどういうわけか?

そもそも伝統とは、昔のある時点の「形式」を形どおりになぞることではない。それは因習になりかねない。左翼学者は「伝統」とは何かが全然わかっていないのだ。




「伝統」とは、歴史の積み重ねの中から醸成される「国民の安寧のための智慧・バランス感覚」のことであり、時代と共に柔軟に表現を変えながらも受け継がれていく「魂・エートス」こそが肝要なのだ。

新嘗祭 (にいなめさい) や大嘗祭 (だいじょうさい) は、古代から行われてきた祭祀であり、戦国時代以来、中断していたが、江戸時代、それぞれ復興し18世紀松の光格(こうかく)天皇が本格的に復興させた。その皇室祭祀の伝統を「明治に創られた」と言うのは完全に誤りであり、デマである。




皇室祭祀は天皇自らが祭祀を行う「大祭」と、男性神職の掌典長(しょうてんちょう)が祭祀を行い、天皇が礼拝する「小祭」に大別される。

一年で最も重要な大祭は11月23日の「新嘗祭」で、これは神嘉殿 (しんかでん) という専用の祭殿で行われる。

天皇陛下は大祭・小祭合わせて年間30前後の祭祀にお出ましになってきた。




天皇陛下とは「祭祀王」であり、祭祀を行うことこそが天皇の本質である。ところが天皇の祭祀を破壊、空洞化しようと目論む者がいる。それもよりによって、天皇を支える立場の宮内庁に。

斎藤吉久著『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか』によると、その元区は長年、昭和天皇の侍従を務めた入江相政(いりえすけまさ)氏である。昭和9年に侍従、昭和44年に侍従長になり、昭和60年に死去するまで務めた入江氏は膨大な日記を残したが、そこには祭祀の神聖さが全く書かれていないどころか、

祭祀に出なくて済むと「こんな嬉しいことはない」と記すほど露骨に司祭を嫌い、祭祀に熱心な女官を「魔女」呼ばわりまでしていた。




入江氏は侍従長に就任するや、まだ昭和天皇がお元気なうちから「ご高齢」を口実に、祭祀の簡略化、という破壊に着手した。天皇の祭祀は誰も見ていないところで行われ、国民は何が行われているかをしらない。それをいいいことに、誰も知らないところで伝統の破壊は行われていた。

昭和天皇はただ一人で、出来る限りの抵抗をなさり、今上天皇も皇位を継いだ際にある程度、司祭を元に戻された。

しかし、昨今、天皇陛下が体調を壊されたのを機に、宮内庁は再び祭祀の「簡略化」を打ち出した。その内容は、入江氏が行った祭祀破壊をそっくり「前例踏襲」するものになっている。




宮内庁職員は戦前の宮内省とは異なり、他省から幹部職員が入ってくる。中には皇室の伝統に対して全く無知で、単なる官僚の保身主義から「政教分離」の批判におもねる者がいる。これにより祭祀軽視が宮内庁に蔓延してしまったと斎藤氏は指摘している。

ご高齢の天皇陛下の負担軽減が必要なのは確かである!だが優先順位を誤ってはならない。祭祀を第一にしなくなったら天皇は天皇でなくなってしまうのだ。

宮内祭祀が行われている宮中三殿は皇室で最も重要な場所であり、まさに聖域である。宮中三殿の祭祀に携わる、神職にあたる男性を「掌典 (しょうてん) 」、女性を「内掌典 (ないしょうてん) 」という。現在、掌典が7名、内掌典が4名いるが、聖域に勤める者であるだけに活動は非公開で、宮内庁職員でさえ、その姿を見ることは稀だという。




特に、「内掌典」は未婚の女性に限られ、皇居内に住み込んでめったに外出もせず、神に仕える。現在は新道系の学校の卒業生などが4年交代で務めているが、かつては生涯をほとんど皇居に暮らし、奉公する者がいた。

その最後の存在で、57年勤めて平成13年に退職した、高谷朝子氏の回想録を読むとその規律の厳しさに驚かされる。

「清 (きよ) 」「次 (つぎ )」の区別の厳格さについては第5章で触れたが、他にも鳥以外の肉系や乳製品を食べてはいけないなど、あらゆるものから穢(けが)れを避けなければならない。整理は「まけ」といって最も穢れであり、ご用は遠慮して1週間、着物や箸まで「まけ」専用のものを使う。




日常すべて着物で凄し、髪は「おすべらかし」に似た「おさえ」という髪型。これはなれないうちは夕のに12時間もかかる。寝る時も髪が乱れないように箱枕を使い、洗髪は月に一度「まけ」のお清めの時だけという。

人知れず、ここまで厳しく伝統を守り、髪に支える人々がいるからこそ、聖域は守られるのであり、戦前は国家公務員の扱いとされていた。ところが、戦後は天皇の「私的」な雇用人となっている。これも「政教分離」を原理主義的に適用しようとする世にも愚かな左翼イデオロギーのためである。




この聖域の中心にある賢所のご神体は「三種の神器」の一つ、八咫鏡(やたのかがみ)である。「三種の神器」とは八咫鏡 (やたのかがみ) と、草薙剣 (くさなぎのつる) =天叢雲剣 (あめのむらくものつるぎ)、八尺瓊勾玉 (やさかにのまがたま) をいう。

中でも天皇の祖先である、天照大神の魂を宿した鏡が別格に重要なものとされ、剣と玉が天皇のお住まいである御所の寝室の隣の「剣璽 (けんじ) の間」にあるのに対し、鏡は賢所の奥深くに安置され、滅多に動かされない。




皇居の神器のうち鏡と剣は「分身」で、八咫鏡 (やたのかがみ) の本体は伊勢神宮に、草薙剣 (くさなぎのつる) の本体は熱田神宮にある。

分身と言うのは「レプリカ」とか「複製」と説明されることが多いが、「模造品」ということではない。振動における「分祀」が、ろうそくの火を分けるように、神様の分身を殖やすのと同様、分身も本体に準ずる神器なのである。




スサノオノミコトの乱暴狼藉に恐れをなした天照大神は・・・

「天の岩戸」に引きこもり、世界は闇に包まれてしまった。そこで神々は一計を案じ、「鏡」と「曲玉(まがたま)」を作って、天の香具山(かぐやま)から掘り起してきた榊(さかき)に懸け、祝詞(のりと)を唱えて祝福した。




そしてアメノウズメノミコトが神がかりして踊ると、高天原が鳴りとどろくばかりに八百万の神々が、どっと一斉に笑った。

天照大神はそれを不思議に思われて・・・
私がここに、こもってすべてが闇夜になっているのに、どういうわけでアメノウズメノミコトは舞楽をし、神々はみな笑っているのか?




「貴方様にもまさる貴い神様がおいでになりますので、喜び笑って歌舞しております。」、そういう間に鏡を差し出し、天照大神にお見せすると・・・

大神はますます不思議に思って鏡の中を覗こうとする。

その瞬間、戸のそばに隠れていたアメノタヂカラオが天照大神の手をとって外に引き出し、フトダマノミコトが注連縄(しめなわ)を張った。




そうして太陽が戻り、世界は明るくなった。

一方、高天原を追放されたスサノオノミコトは出雲の国に降り、クシナダヒメを救うためにヤマタノオロチの退治を引き受ける。

酒に酔いつぶれたヤマタノオロチをスサノオはズタズタに切る。そしてオロチの中ほどの尾を切った時に剣の刃がこぼれた。




不審に思って尾を裂いてみると、素晴らしい「剣」が出てきた。スサノオノミコトはこの剣を天照大神に献上した。

この神話に登場する神鏡、曲玉、宝剣が「三種の神器」である。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ


神道とユダヤ教 2に次く。






最終更新日  2009年08月17日 10時28分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月04日
カテゴリ:ユダヤ教

ちょっと募集しようかなって思った記事でした・・・冗談でねウィンク

Bat Yam looking to hire 'Shabbat goy'

City's rabbis address demand from religious community to employ non-Jew on weekends to help perform acts forbidden for Jews on holy day

市のラビは、聖なる日(安息日)にユダヤ人がしてはいけない禁止された行為を助けるために非ユダヤ人 (ゴイ) を雇用するという宗教コミュニティーからの要請について述べます。


ヘブライ語でゴイとは非ユダヤ人/異教徒のことを指します。

この言葉は、日本の外国人が、外人と呼ばれることを嫌うように、

私も非ユダヤ人だけど、ゴイと言われるのはあまり快く思いません。

ま~、会話の中で非ユダヤ人と表現しなくてはならないこともありますよね。


ユダヤの休息日にユダヤ人が行うことができない労働を非ユダヤ人にやってもらおうと、

『ユダヤ休息日用非ユダヤ人募集』

給料はいくらなんだろうダブルハート?? 一般的に金曜日に労働すると休日手当がつくのよ。

冗談でYnetの読者フィードバックにいくら払ってくれるかな??と書き込んだら、

ある人が、、15シェケルって最低賃金より安いんですけど (大笑い爆笑)

※現在1シェケル≒25円



トーラ (律法) では、安息日には労働をしてはいけません、

しかし、スイッチの押し下げなんかは労働のうちに入らないと思うんだけどね??

正統派の人々時代と共に私たちと同じ生活をしているわけでしょ、

それに、それぞれのラビによってトーラの解釈が違うわけでしょ。






イチゴのドットに虫がいたと、09年05月20日:イチゴ解禁:ユダヤ食事規定参照

でも顕微鏡を使わないと見ることが出来ないから食べてもよい。


2000年以上前のイチゴのほうがもっと虫がいたように思うんだけどしょんぼり

しかも、当時は顕微鏡だってなかったわけでしょう??

昔畑の肥料は中東もその昔は (ウンコ・オシッコ) だったわけでしょびっくり??


私にするとホットプレイートやエアコンのスイッチを切るより、携帯電話のボタンを押すより

扉、ドアや窓を開ける行為のほうがもっと労働だって思うんだけどね。


Haredi volunteers to operate mobiles with teeth
Dr. Itay Gal Published: 09年06月09日, 15:45 / Israel Jewish Scene

Special halachic ruling permits emergency service volunteers to reply to calls on their mobile phone during weekends by operating the device with their teeth

特別ハラディックの判決は、緊急サービスボランティアは週末(安息日)の間、彼らの歯によって携帯電話の呼び出しに答えることを許可します。



Innovative solution (Photo: Haim Zach)


私は緊急時は、人の命にかかわることが最も優先されると聞いているのですけど、

それでもこうして歯を使わなくてはならないのかしらね??


ともかく、スイッチは今の世代でも労働とされるのか理解できないのよ。

ちなみに、聖なる日の性交渉は聖なるものですので歓迎されますダブルハート


ゴイの私が気になるのはお給料と条件かな。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ


そんなユダヤな世界にクリックありがとうございましたウィンク


Bat Yam looking to hire 'Shabbat goy'
Naama Friedman Published: 09年07月30日, 20:20 / Israel Jewish Scene

A group of senior rabbis in the central city of Bat Yam, including the city's chief Ashkenazi rabbi, Rabbi Shaul Yosef Weingerten, recently convened to discuss an increasing demand from the local religious public to hire a "Shabbat goy."

バットヤム市の都市主任ラビ・アシュケナージ、ラビ・サウル・ヨセフを含む年長ラビグループは「安息日の非ユダヤ人」雇用について地方の宗教的市民からの増加している要求を議論するために最近会合を開きました。

A "Shabbat goy" is a non-Jewish person who regularly helps the Jewish community perform certain acts that are forbidden for observant Jews on the holy day.

「安息日の非ユダヤ人」とは、定期的にユダヤ人コミュニティーの聖なる日に禁じられている行為を厳守するユダヤ人を援助する非ユダヤ人です。

Although it is far from being Bnei Brak or Mea Shearim, Bat Yam has a growing ultra-Orthodox community, made up mostly of former seculars, who feel a need for a "Shabbat goy".

それは、ブネイ・ブラックまたはメア・シェリーム (正統派宗教家が住む地域)ほどではないが、バットヤムには成長中の超正統派コミュニティがあり、その大部分は元世俗派の人々から成り立ちます。そのため彼らは「安息日の非ユダヤ人」の必要を感じます。

The rabbis brought examples for such problematic incidents, where a non-Jew's assistance is required: A hot plate being disconnected, a car alarm going off or even the need to turn on the air conditioned on a hot summer day.

ラビはとても問題となっているできごとの例を持ち出し、非ユダヤ人の援助の必要性は:つけていたホットプレートが切れてしまった、なり続けている車の警報装置、暑い日のエアコンを入れる。

In their meeting, the rabbis focused on the question of funding such a person, and no less important, in which cases should a "Shabbat got" be asked to help.

彼らの会合では、ラビはそのような人々のお給料の問題に集中しました、そうして、それは大した重要なことではない、その中では「安息日を得られる」ためには助けを頼まなければなりません。

'Rabbi must be consulted'

『ラビの意見を聞かれなければなりません』

However, the chief Sephardic rabbi of the neighboring city of Holon, Rabbi Avraham Yosef, harshly criticized the new initiative. "Not everything should be copied from Bnei Brak," he said. "More than 10 years ago several religious Jews came to see me and asked that we employ a 'Shabbat goy' here.

しかし、近隣都市ホロンの主任スファラディーのラビ (ラビ・アブラハム・ヨセフ)は、厳しく新しいイニシアティブを批判しました。「全てをブネイ・ブラックからコピーする必要はない」と、彼が言いました。「10年以上前、数人の宗教的なユダヤ人は私に会いに来て、「安息日の非ユダヤ人」雇用について尋ねました。

"I strongly and completely forbade this, mainly because in order to use a 'Shabbat goy' one must be a Torah scholar, and also because unfortunately there were sometimes incidents in which the 'Shabbat goy' turned out to be Jewish," he added.

私は強く。そうして完全にこれを禁じました、主に適切な「安息日の非ユダヤ人」はトーラ(律法)学者でなくてはならない、そうして、残念なことに「安息日の非ユダヤ人」は実はユダヤ人だったという事件があったので、私は強くそうして絶対的にこれを禁じました。

"On the matter of receiving service from a non-Jew not everything is allowed, even not as a personal favor... in order to know what's allowed and what's not one must consult a rabbi," Rabbi Yosef concluded.

「非ユダヤ人から受けるサービスの問題に関して、たとえ個人的な頼み事でも全ては許されません・・・・何が許され、許されないのかそれを知るためにはラビの意見を聞かなければならない」とラビ・ヨセフは言いました。

Shirley Moreh contributed to the report






最終更新日  2009年08月05日 21時51分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年07月26日
カテゴリ:ユダヤ教

全く思ってもみなかったのですけど、

純粋にユダヤ人の血をひいている日本人がいると言うこと。


どうして今まで日本人にはユダヤ人がいないって思いこんでいたんだろう。

それは日本は定義上、単一民族だと。


確かに最近はユダヤ系の女性と結婚したり、ユダヤ教とに改宗する人や、

(ユダヤ教徒、母方がユダヤ人でしたら自動的にユダヤ人と認められます)



しかし、私のお友達、ロシアのクオーターが2人いました。

彼女たちの祖父母のどちらかがロシア人なのね。

すなわち、ロシア系ユダヤ人だった可能性もなきにしろあらずなんですよ。


でも、本当に実際そんな日本国籍をもった日本人がいるんです。

それにクオーターまでになっていると日本人に顔に限りなく近くなっている。





だから、祖父母のどちらかが、ロシア系だったら、調べてみたら面白いかも、

今は日本でもたくさん外国に住みたいと思っている人がいるでしょ、

自分がユダヤ人の血を引いていると証明できたら、イスラエルに入植が出来るびっくり


豚肉を食べていようと、ユダヤの戒律を守っていないくっても、

ユダヤ人と証明さえ出来たら、ユダヤ人としてイスラエルに入植が出来るびっくり




・・・っても、イスラエルに住みたい人ってそうそういないよね大笑い・・・・




ロシア、しかもハバロフスクにユダヤ系のロシア人がその昔たくさんいたとか、

ハバロフスクというと日本軍が占領していた土地でもありますからね。

が、第2次世界大戦後は強制労働に従事させらた事実もありますからね。





あとは、ロシア系以外でも、ドイツ系だったりとか・・その他いろいろね。


ま~、今は日本人も西洋人と結婚する人も増えてきているので

ユダヤ系日本人はこれからもっと増えていく可能性があると。


ユダヤ系日本人、日本系ユダヤ人??

この何系ってよくわからないけど、日系アメリカ人とアメリカ系日本人の違いって何?


今更ながらに新しい発見をしたそんな今日一日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ


実はあなたもユダヤ系かもしれませんよ。

本日もクリックありがとうございました。


で、私の先祖にユダヤ系はいたのか????

う~ん、私自身は世界を牛耳ったユダヤ系の血を引いていると思いこみたいけどね^^







最終更新日  2009年07月27日 17時21分05秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年07月07日
カテゴリ:ユダヤ教


宣言:今日から正しいユダヤ教徒になります。

お母さん、いままで色々と迷惑をかけて申し訳ありません、

でも今日から私はしっかりと

ユダヤの教えを守って行こうと思います。
























・チキン味ドックフードとチーズは一緒に食べません。

・ストリートのキャットフードも食べません。

・暑いからと言って人前でお腹を見せません。









すみません、いつも犬を虐待していて。

さぁ、本日ビッキーがイタリアからイスラエルに1週間の予定で滞在します。

今から彼女とお友達が泊っているアパートメントホテルに遊びに行きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ


すみません。ここのろころ暑くって、、、本日はこんな日記です。

クリックありがとうございました。







最終更新日  2009年07月08日 04時01分00秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

PR

プロフィール


Bon-Bon

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

王島将春@ Re:マラウィ Day36:フィリピン兵のPTSD(06/27) 初めまして。福井市在住の王島将春(おう…
10BetJapan@ Re:オンラインカジノとイスラエル(09/25) 初めまして。弊社は10BetJapanというオ…
あおの@ Re:ブラジリアンカット友達募集(02/25) ユダヤ人って、ウンコみたい
通りすがり@ Re:トルコ風呂(ハマム)とイラン人(08/28) イラン人の話なのに何故「イスラムアラブ…
名無し@ Re:日本人はもてる?(03/31) こんな恥晒しな記事を初めて見ました。 同…

カテゴリ

カテゴリ未分類

(11)

マニラ:日々のできごと

(35)

マニラ:犬との生活

(0)

テロ・戦争・IDF

(17)

集団的自衛権

(14)

パレスチナ・中東問題

(54)

2014年 ガザ Operation Protective Edge

(17)

2012年 ガザOperation Pillar of Cloud

(9)

2008年 ガザ Operation Cast Lead

(30)

村上春樹:エルサレム賞

(8)

イスラエル出入国

(32)

テルアビブ観光

(33)

エルサレム観光

(7)

イスラエル観光ガイド

(16)

イスラエル国の祭日

(20)

ユダヤ祭日

(13)

ユダヤ祭:新年、贖罪日

(15)

ユダヤ祭:プリム

(6)

ユダヤ祭:ペサハ

(8)

ユダヤ教

(20)

郵便、銀行、両替

(15)

国内交通、旅行会社、安全情報

(24)

テルアビブの街とファッション

(34)

レストラン、カフェ、食事

(25)

生活、習慣、文化

(28)

日々のできごと

(47)

犬との生活情報

(38)

ペットショップ・獣医

(20)

ルームメイト・友達・日本人会

(24)

アパート、ホテル

(17)

仕事

(27)

恋愛、デート

(23)

恋愛:金髪君

(7)

恋愛:ギディちゃん

(11)

恋愛:年下君

(7)

恋愛:マイク

(8)

美容・医療・健康

(19)

セックシャリティー

(21)

イベント:マドンナ

(16)

イベント、パーティー

(18)

TLV100周年イベント

(8)

09年ローマ法王訪問

(15)

イスラエル⇔イタリア

(6)

イスラエル⇔トルコ

(6)

イスラエル⇔日本

(33)

日本:日々のできごと

(32)

日本:犬との生活

(5)

動物検疫(犬輸出入)

(15)

フィリピン:マラウィ包囲作戦 

(7)

お気に入りブログ

映画「エンテベ空港… New! kujira_israeli_danceさん

新発田城(越後国)~… New! たけB777さん

呉寶春麥方店(Wu Pa… Belgische_Pralinesさん

2019くじの日 敗者… mkd5569さん

アンダルシア,Andalu… torres8さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.